先日、電車に乗っていた時のこと
前に3人の女性が座っていました
(女子高生と20代、30代といった感じ)

目に留まってしまった『3人の座り方』


3人とも背もたれにダラーっともたれかかり
膝パカーン状態(笑)



1番若い女子高生なんてね
完全に酔っ払いのおじさん状態でした🥴






膝をくっつけて座れない状態というのは
【内側に締める筋力が低下しているということ】


つまり、
★太ももの内側がたるんだり
★O脚になりやすかったり

さらには、【骨盤低筋群の緩み】にも
つながってしまいます



骨盤低筋群って
膣や肛門周りの小さな筋肉の集まりで


この筋肉が緩むと
膣の締まりも悪くなるので


★月経血が、だだ漏れしたり
★尿もれしたり
★進行すれば子宮などの臓器脱にさえなります



目立たない小さな筋肉群ですが
女性の機能を維持するために頑張ってる筋肉なんですよ



人には言いにくい事なので
あまり知られていないことですが


今や女性の3〜4人に1人が
尿もれの悩みを抱えていると言われています


産後などは骨盤低筋群が緩みやすく
尿もれを経験しやすくなると言われていますが
出産の有無問わず増えているとのこと



ちなみに、フランスは骨盤底筋先進国と言われ
女性のペリネケア(骨盤低筋ケア)が強化されています。ペリネケアにかかる費用が保険適用だったりと
産後の女性を中心に、当たり前のケアになっているんですよね(日本はそういった部位のケアはやはり遅れてますね)



本来尿もれって、産後や
老年期の筋力低下が著しくなる世代に
起こりやすいもの



それが今では、20〜30代の女性にも増え
女性全体の4割にも発症している状態




ドラックストアを見てみても
尿もれパットの種類、増えましたものね・・・
それだけ需要があるということなんでしょう




最近では、美尻ブームと共に
ヒップトレーニングに励む女性も多くなりました




年齢が出やすい場所だから
私も、もちろん取り組んでます



でも、お尻の筋力と同じくらい
小さな【骨盤低筋群】の筋力も大事



将来もし、
尿もれパッドが欠かせない状態になったら
不自由に感じることたくさんあると思う



それに、内側に締める筋力が弱まるということは
お尻の形だって外へ広がりやすくなります




お尻の形の維持のためにも
女性としての快適な人生のためにも


ヒップトレーニングと同じくらい
骨盤低筋トレーニングもしていきませんか



(もし今、すでに尿もれが気になっていても
トレーニングで改善していくことができるそうです)



まずは膝をくっつけて
お尻から膣を締めるイメージで
座るところからスタート❗️


これだけでも、毎日の時間が
トレーニングタイムになりますし


膝を閉じてスッと座る姿勢は
見た目の印象だって格段に良くなりますよー



私も40代になってから
本格的に骨盤低筋トレーニングを始めましたが



月経血もコントロールできるようになったし
最初はよく分からなかった膣の筋肉もふっくら



今でも移動中など座ってる時は
ひっそりと膣トレやってます(笑)



(お手洗いで大や小をするとき力むことは、骨盤底筋にとっては🆖になるそうです)



毎日を快適に過ごすことは
女性の人生のQOL向上に繋がること



まだまだ長い人生、
女を満喫できますように♡


中村ひろ美

女性のケアのスペシャリストに!バスト・ヒップケアを含む女性のためのトータルボディケアの技術と深い知識を習得しませんかスクール詳細


女性ホルモンを学び深める【美ホルモン塾】10年後の綺麗をつくる美ホルモン塾







🎀『オトナ女性の愛される身体』
バストケアや美容情報をお届けしています
お友達になってくださいね❤︎
下記お友達追加ボタンまたは
LINE ID検索→@mkj3912k

友だち追加