女性の美の心強い味方とも言える
『女性ホルモン』




美乳や美尻だけでなく
お肌や髪、脳や血管、代謝や脂肪などなど
女性の身体と心にたくさん関わっているので



女性らしい心とからだ作りには
女性ホルモンが欠かせないのですが


この『美容ホルモン』に関わるのは
生理から排卵前に分泌量が上がる
女性ホルモンのエストロゲンになります




エストロゲンには
女性らしさをつくる特性があるので


上手に活かすことで
美肌や美髪、美乳や美尻
美ボディや美心も叶いやすくなります!


綺麗に維持したい女性のにとっては
とても頼もしい存在ですよね♡



そのため
『ならば、女性ホルモンを補おう!』と
女性ホルモンに似た働きをする
大豆イソフラボンなどの成分を
積極的に摂る方も多いと思います


豆乳を飲んだり
お豆腐や納豆などの大豆製品を摂ったり・・・


毎日の食事の中で
程々に取り入れている分にはいいのですが


【イソフラボンが女性ホルモンにいい】
と聞くと、過剰に摂取してしまうパターンも
少なくないと思います

 

でももし、その過剰なイソフラボンが
【女性らしい、からだ作りを邪魔してる‼️】
のだとしたら・・・⁉︎



ちょっと残念ですよね

 


大豆イソフラボンは
女性ホルモンと構造が似ていることから
女性ホルモンと似た働きをしてくれます



そもそもホルモンというのは
分泌を担う臓器から分泌され
血流によって運ばれ

そのホルモンの受容体がある場所までいって
初めて、ホルモンの特性が生かされる仕組み




言ってしまえば、
女性ホルモンが着席できる座席数は決まっていて
そこに座ることで、効果を発揮してくれるのです



大豆イソフラボンは
女性ホルモンと構造が似ているため


女性ホルモンの座席に
座ることが出来てしまうのですが 


もし、本物の女性ホルモンが
座席を探しているとしたら・・・⁉️



本物のホルモンは
受容体という座席に座れなくなって
その効果を発揮することが
出来なくなってしまうのです





女性ホルモンと似た働きをする
イソフラボンが座っているならいいんじゃない⁉︎
と、思ってしまいますが



女性ホルモンに似た働きをするものは
あくまでも似た物であり、本物ではありません



本物と真似っこでは
そのパワーは数百倍違うと言われています



同じ座席に座れたとしても
座った後のパワーの発揮力に
大きな差が出てくるのです


やはり本物のパワーを
しっかり活かしていきたいですよね୧⍢⃝︎୨⚑︎゛


女性ホルモンについては
良い面ばかりがクローズアップされているため


女性ホルモンに似た働きのものを
活かそうという誤解も生まれていますが


デメリット面や、補う時期、年齢などが
情報として少ない気がします


本物のパワーが活かしきれず
せっかくの綺麗のための習慣が無駄にならないように

本物の女性ホルモン力を
まずは高めて活かしていくことが大切なんです




女性ホルモンって、味方にすることで
女性の美と健康を底上げしてくれ
人生を豊かに輝かせてくれるもの




しかし、デメリット面もあるので
むやみやたらに補う、増やすことばかり
しないように気を付けたいですね





女性ホルモンをもっと知って攻略したい!
そんな方にご好評いただいている『美ホルモン塾』


女性ホルモン以外の話はしません(笑)
ってくらい


ホルモンの基礎から
美容法・生活法・ファッションから下着
食事に至るまで


本物の女性ホルモン力を上げるための
情報満載の講座になっています

★10年後の綺麗をつくる
美ホルモン塾ベーシック・アドバンスコース→詳細


ベーシックコースで基礎を学んだら
閉経後や更年期に向けての
ホルモンとの付き合い方を学ぶアドバンスコースへと
ステップアップが可能



女性の一生を左右する女性ホルモン
正しい知識と攻略法を身に付けて

女としての人生を
美しく豊かに過ごしていただけますように♡


定員制となりますが
講座でお会いできますことを楽しみにしています



THE BEAUTIFUL
ビューティフルボディセラピスト協会
代表理事 中村ひろ美

女性のケアのスペシャリストに!女性ホルモンをベースとしたバストヒップケアの知識と技術が習得できます→養成講座


🎀『オトナ女性の愛される身体』
バストケアや美容情報をお届けしています
お友達になってくださいね❤︎
下記お友達追加ボタンまたは
LINE ID検索→@mkj3912k

友だち追加