朝から養成講座の一日
今日はバストとヒップの解剖生理学について
学んでいきました


講座の中でも
私も大好きな内容で


バストとヒップの内部や仕組みを
詳しく知れば知るほど
この部位のケアの魅力に惹かれていきます



バストとヒップのケアに携わるプロとして
この2箇所の部位のことを深く知ることは
欠かせないことですし、


この基本の知識が
施術の結果の有無に繋がってくるんです


今日は皆さん、頭ふる回転で学んでくれました
これからの成長が楽しみですね୧⍢⃝︎୨⚑︎゛





さてさて、
THE BEAUTIFULでは
サロンのコースとして

・ビューティフルバスト(バストケアコース)
・ビューティフルヒップ(ヒップケアコース)
・ビューティフルボディ(バスト&ヒップコース)

の3つのご用意があります



それぞれ、ケアに取り組みたい部位は
あるかと思いますが 


やはり、バストケアとヒップケア
併せて取り組まれることで
施術の効果はさらに高まります



当サロンのケアのベースには
女性の美と健康の要『女性ホルモン』を整えることを
目的としているのですが


実は、バストケアとヒップケア
そのどちらもに女性ホルモンを整える秘密が
隠されているんです



バストケアやヒップケアというと
一見、サイズや形といった
見た目の部分を整えるケアという印象がありますが


バストケアには
自律神経を整える効果があり

ヒップケアには
女性ホルモンを分泌する臓器がある
骨盤内の環境を整える効果があります



痛みを伴うようなバストケアの場合
これにかぎりませんが、


バストケアは本来
バスト周りの硬さや強張りを
リセットしていくことが大切



それにより、
バストの形やサイズが変わってくるのですが


もう一つ現れる大きな変化としては
『呼吸』がしやすくなるということなんです


呼吸というのは
自律神経を整えるという面においても
非常に重要なもの


深くゆっくりした呼吸ができるようになることで
心が落ち着き、自律神経が整い
女性ホルモンの分泌の指令が
しっかりと出せるようになるのです



そして、その指令を受けて
実際に女性ホルモンを分泌するのが
骨盤内にある『卵巣』になります


ただし骨盤が歪んでいたり
ヒップが硬くなっていたりすれば
骨盤内の巡りが低下してしまい
 
卵巣機能が低下してしまったり
せっかく分泌されたホルモンの
巡りが悪くなってしまう・・・


それをリセットする役割を担うのが
ヒップケアということになるのです



女性らしい身体作りには
内側からの女性ホルモンの働きを
無視することはできません


それぞれのからだの中に分泌される
女性ホルモンをしっかりと活かすことが大切


そのためには、
外から姿形を整えるケアと合わせて
内側のバランスが整うための
環境作りをしていくことが欠かせないのです



バストケアとヒップケア
ダブルのアプローチは


バストとヒップの形やサイズだけでなく
内側の美の種を育ててくれる
女性のためのボディケア


さらには、このケア
閉経前の更年期世代の女性にも
お勧めしたい理由があるんです



また次回のブログに書いていきますね!
中村ひろ美

★2020年は女性のケアのスペシャリストに!バスト・ヒップケアを含む女性のためのトータルボディケアの技術と深い知識を習得しませんか養成講座のご案内


女性ホルモンを学び深める【美ホルモン塾】美ホルモン塾

🎀『オトナ女性の愛される身体』
バストケアや美容情報をお届けしています
お友達になってくださいね❤︎
下記お友達追加ボタンまたは
LINE ID検索→@mkj3912k

友だち追加