真菜板 移転オープンのおしらせ | << 真菜板だより >>

<< 真菜板だより >>

長らく東京・高田馬場で愛された<真菜板>
開店20周年を機に高田馬場の店をたたみ
鳥取県智頭にて移転再開致しました
味わいと個性豊かな純米酒と料理との
マリアージュを楽しむお店です

番頭のばんです。

20年間にわたり高田馬場・真菜板をご愛顧いただきまして
ありがとうございました。

常連の皆さんにお手伝いのおかげで高田馬場の店も片付き、
10月末で引き渡しも無事完了。
店主一家も自宅の引越しも終え、長年住み慣れた東京を離れ
新天地である鳥取県・智頭へと11月初旬に旅立ちました。

これで番頭もお役御免と思っておりましたが、さにあらず。
連日のように店主より連絡が入ってきます。
長年東京で忙しくしていたのが、静かな山あいの智頭町に
移ってちょっと身を持て余している感もアリアリで。

で、今日番頭の手もとに届いた郵便には衝撃の1枚が!



なんと、真菜板が鳥取県智頭町にオープンというチラシ。
B5判でしかもオールカラーという気合の入りようです。

ということで、本日はみなさまに真菜板が鳥取県智頭町に
移転オープンしましたというお知らせです。

店主からは、数年前に征子さんの弟さんが智頭に移住して
「うどん家」という手打うどんのお店をやっていて、そこに
合流して移住するんだとは聞いていました。
もう歳だから、あとの人生は旅行でもしてのんびりしたい、
まあ弟も体調が思わしくないから少しはそれを手伝って・・・
などと言っていたのはどこへやら。

もともとの「うどん家」の昼営業に加えて、夜は「真菜板」
を営業とは、高田馬場の時より長くなって見えるのは気の
せいでしょうか。
しかも「宴会のご予約承り中」とあります…
もっとも智頭町は人口6700人で65歳以上が39.5%の小さな
町ですので、夜は予約のみの営業にするそうです。
(しかしすでに11月、宴会予約が2件入っているとか・・・)

とにもかくにも、真菜板は鳥取県智頭町に移転オープンを
致します。
高田馬場の真菜板は閉店しましたが、杉田夫妻は智頭で
真菜板の第2章を綴るということになりましたので、
今後もなにとぞよろしくお願い申し上げます。

智頭は決して東京から近くはありませんが、新幹線からは
意外やたった1回の乗り換えでたどり着けます。
なによりご存知「諏訪泉」の諏訪酒造さんのある町なので
ぜひ日本酒ツーリズムで遊びにいらしてくださいね!