自家焙煎珈琲 豆散人アルジの公式ブログ 珈琲と日々

自家焙煎珈琲 豆散人アルジの公式ブログ 珈琲と日々

愛知県豊明市にある自家焙煎珈琲店 豆散人(まめさんじん)のアルジが、珈琲のこと、お客さんのこと、日々の思いなどを気ままに綴っております。 (旧 ほちほち日記)

470-1154
愛知県豊明市新栄町6丁目78
自家焙煎珈琲 豆散人
0562-97-3722

営業時間 10:30~20:00
定休日   毎週水曜日

甘い珈琲、あります。

                by アルジ


当店の珈琲豆を発送いたします。

珈琲豆のお持ち帰りメニューはこちら。
https://ameblo.jp/mamesanjin/entry-12571486718.html?frm=theme

メニューに載っていない季節限定珈琲豆もありますので、お問い合わせください。
豆のままか、粉に挽いたものかをご指定ください。
浅煎り(軽め)、中煎り(甘め)、深煎り(苦め)から、焙煎度のみのご指定で、アルジ一任でも結構です。
300gなら、豆代が2,000円程度の目安でお選びします。
100g×3種類 の量でしたら、ポスト投函式のレターパックライト(370円)でお送りできます。
400g以上は、ゆうパックで所定の送料を申し受けます。
ご注文後3日以内に発送いたします。
郵便振替用紙を同封しますから、到着後1週間以内にお振り込みください。

お問合せ先 mamesanjin☆gmail.com
 ☆を@に変えてください。



『珈琲教室』 ~随時受け付け中

ひとりあたり参加費 1人参加 3,000円
             2人    2,000円
             3人    1,500円  
所要時間約2時間
店が休みの水曜日の都合の合う時間で調整のうえ。
珈琲の基礎知識と淹れ方実践です。

お問合せ先 mamesanjin☆gmail.com
 ☆を@に変えてください。

愛知県豊明市からこんばんは。

自家焙煎珈琲豆散人アルジです。

 

今日、お客さんと話していて思ったのですが、やはりあれこれやるよりも、一点集中のほうがいいですね。

 

二兎を追わず、一つの強みを持つこと。

勉強でも運動でも、何かひとつ突出していたほうが本当はいいのですが、教育では全科目平均点以上を求められることが多いので、大人になってからもそのクセが抜けない人が多いです。

 

和洋中何でもありの食堂よりも、各種定食が美味しいとか、麺類が安くて美味しいとか、丼ものとか、オムライスとか、ひとつウリがあったほうが強いです。

愛知県豊明市からこんばんは。

自家焙煎珈琲豆散人アルジです。

 

15年ほど前のことですが、兵庫県のとある町の珈琲豆屋さんに入ったら、豆の名前が農園名しかなくて、国名が分からなかったため、非常に戸惑いました。

 

グァテマラなどと書かれていなくて、いきなり農園名なのです。国旗の表示だけはあったようでした。でも、普通分かりませんよね。

 

今日、お客さんと話したら、さすがに国名はあるものの、農園の細かい説明や、農園主の人柄や、いかに良い豆かという蘊蓄ばかり並べる、そういうお店が増えているようです。

また、生豆以外の情報では、どんな焙煎機を使っています、とか、どんな機械で抽出していますとか、そういうことを発表します。

 

本質はそういうところじゃないと思うのですが、今どきのやり方をしたほうが儲かるので、仕方がないのかもしれません。

愛知県豊明市からこんばんは。

自家焙煎珈琲豆散人アルジです。

 

今日もソロー「森の生活」の言葉をひとつ。

 

「私は生活に広い余白を残しておきたいのだ。」

 

これはいい言葉ですね。

そういう余白を楽しみたいものです。

 

一昨日、この秋はじめてジョウビタキを見ました。

昨日は、豊明市内の小さな川にキセキレイを見つけました。ハクセキレイは当店の入り口の数cm前を歩いたりしていますが、キセキレイを市内で見るのは初めてです。

 

余白がないとはみ出してしまいますから、心の余裕を持ちたいものです。

珈琲も余白にはぴったりですよ。