自家焙煎珈琲 豆散人アルジの公式ブログ 珈琲と日々

自家焙煎珈琲 豆散人アルジの公式ブログ 珈琲と日々

愛知県豊明市にある自家焙煎珈琲店 豆散人(まめさんじん)のアルジが、珈琲のこと、お客さんのこと、日々の思いなどを気ままに綴っております。 (旧 ほちほち日記)

愛知県豊明市新栄町6丁目78
自家焙煎珈琲 豆散人
0562-97-3722

営業時間 10:30~20:00
定休日   毎週水曜日

甘い珈琲、あります。

                by アルジ


当店の珈琲豆を発送いたします。

珈琲豆のお持ち帰りメニューはこちら。
https://ameblo.jp/mamesanjin/entry-12571486718.html?frm=theme

メニューに載っていない季節限定珈琲豆もありますので、お問い合わせください。
豆のままか、粉に挽いたものかをご指定ください。
浅煎り(軽め)、中煎り(甘め)、深煎り(苦め)から、焙煎度のみのご指定で、アルジ一任でも結構です。
300gなら、豆代が2,000円程度の目安でお選びします。
100g×3種類 の量でしたら、ポスト投函式のレターパックライト(370円)でお送りできます。
400g以上は、ゆうパックで所定の送料を申し受けます。
ご注文後3日以内に発送いたします。
郵便振替用紙を同封しますから、到着後1週間以内にお振り込みください。

お問合せ先 mamesanjin☆gmail.com
 ☆を@に変えてください。



『珈琲教室』 ~随時受け付け中

ひとりあたり参加費 1人参加 3,000円
             2人    2,000円
             3人    1,500円  
所要時間約2時間
店が休みの水曜日の都合の合う時間で調整のうえ。
珈琲の基礎知識と淹れ方実践です。

お問合せ先 mamesanjin☆gmail.com
 ☆を@に変えてください。

愛知県豊明市からこんばんは。

自家焙煎珈琲豆散人アルジです。

 

野球の野村克也さんが、先日亡くなりました。

現役時代は三冠王、監督としてはID野球の人です。

ONの陰に隠れて、自らを月見草に喩えたこともありました。

 

言葉が面白いので、図書館で本を借りて読んだこともあります。

数々の名言を残されたのですが、「超二流」というのを最近知りました。

 

二流を超えるのですから、2.5流とか、そういうことではなくて、脇役、サポート役に徹する、縁の下の力持ち、スターではないが何かひとつ秀でたものを持っている、己を殺しチームプレーに徹することができる、などなど、いろんな意味があるように思います。

 

タレントでいうと、出川さんのことを明石家さんまさんが「出川は一流や」と言っていたそうですが、あれもノムさん流に言うと「超二流」ということかもしれません。

 

アルジも超二流のタイプかもしれません。

一流なんてかっこ悪くていやですから。

 

愛知県豊明市からこんばんは。

自家焙煎珈琲豆散人アルジです。

 

喫茶店、カフェ、珈琲専門店を開業したいという方が、ちょくちょく来られるので、そういう方と話をするのは楽しいです。

 

早期退職とか、定年後などで考えている方もけっこうあります。

当店のような弱小店でも13年続いていますから、なんだか気楽なように思われるかもしれませんが、そんなことはないので、厳しいですよ、と脅しています。

 

しかし、年金が入るようになって、または入るようになるまでの間つなげばいい、という余裕のある方であれば、家賃・光熱費・その他経費を支払って、多少黒字が出る程度

でもいいというケースもあります。

 

それなら儲けを考えなくてもいいので、気が楽ですよね。

やりたい人は、早いうちに始めたほうがいいと思います。

店を立ち上げる時の労力は、半端でないものがありますから。

 

自家焙煎をするかどうか、という相談もありました。

それなりに研究や修行が必要ですから、「やってみたほうがいいかな」とか「かっこよさそうだな」という程度の気持ちならやめたほうがいいと思います。

 

アルジは、会社員時代から自家焙煎の珈琲店を探して行きまくってました。旅行に行く時などは、真っ先にそれを探しました。それどころか、珈琲屋さんを先にチェックして、ついでにそこを旅先にする、といったほうがいいくらいでした。

 

行けば1日に5軒くらい廻りますから、他のことはほとんどできません。

まあ、夜は別で居酒屋でお酒を飲むのですけど。

 

普段の週末でも、自家焙煎ばかりとはいきませんが、3軒くらいの珈琲屋さんは平気で行ってました。

 

そのくらい珈琲中心で生きていないと自家焙煎は厳しいと思います。

実際、焙煎の仕事でかなり時間を取られてしまいますから、ランチやモーニングをやろうと思ったら、1人では無理だと思います。

 

もっとも、最近は手数のかからない焙煎機もありまして、スイッチひとつで自動焙煎できるマシンもありますが、中途半端な自家焙煎よりは、しっかりした店の豆を仕入れたほうがいいと思います。

 

自家焙煎はあくまでも手段であって、目的ではありません。

愛知県豊明市からこんばんは。

自家焙煎珈琲豆散人アルジです。

 

今日から変わった季節限定珈琲は、

甲が「円熟のコロンビア2号」、乙がニカラグア中深煎りです。

 

コロンビアの2号さんはおなじみです。とてもすっきりした甘みのある珈琲です。

ニカラグアは、ずいぶん久しぶりだと思います。そして、ニカラグアの中でもまた初めて使う豆なのですが、今までの(といっても多くはないのですが)ニカラグアの中で、一番良いように思います。

 

なんというか、寡黙な職人肌のおじさんのごつごつした手でつくったような味です。

今更ですが、珈琲にはいろんな個性があって面白いですね。