自家焙煎珈琲 豆散人アルジの公式ブログ 珈琲と日々

愛知県豊明市にある自家焙煎珈琲店 豆散人(まめさんじん)のアルジが、珈琲のこと、お客さんのこと、日々の思いなどを気ままに綴っております。 (旧 ほちほち日記)

営業時間 10:30~20:00

定休日   毎週水曜日



甘い珈琲、あります。

                 

                by アルジ


  

『珈琲教室』 ~随時受け付け中


ひとりあたり参加費 1人参加 3,000円

             2人    2,000円

             3人    1,500円  

所要時間約2時間

店が休みの水曜日の都合の合う時間で調整のうえ。

珈琲の基礎知識と淹れ方実践です。



お問合せ先 mamesanjin☆gmail.com

 ☆を@に変えてください。




NEW !
テーマ:

愛知県豊明市からこんばんは。

自家焙煎珈琲豆散人アルジです。

                              

 昨日書いた珈琲の淹れ方復習会のお客さんが、当店で使っているカリタのナイスカットミルとは違うボンなんとかのミルを持って来られましたので、二つのミルで味を比べてみました。

(彼はナイスカットミルをすでに1台お持ちなのですが、もう1台予備にと思っていたところ、同ミルがバージョンアップしたとかで、2倍近い値段になってしまったので、代わりにボンなんとかのを買われたのです。)

 

 見た感じはそっくりなのですが、ボン・・のほうが、挽くスピードは4倍くらい早いです。そして、粗挽きは不得手のようです。

 味はというと、カリタよりずいぶん落ちます。 

 ただ挽き方の粒度だけの問題ではなく、挽く方式の問題なのでしょうね。香りが失われてしまうように思います。

 

 ネジを緩めて、無理やり粗くしたら、同じくらいの粗挽きができるようになりましたが、それでも味は落ちます。

 

 このミルの存在をお教えしたのはアルジでして、事前に味を試すことができないので、「賭け」を承知で買われたのですが、思った以上にミルによって味が大きく変わるものですね。

 いいミルは高いので、悩ましいところです。

 

 勿体ない投資で申し訳ないことをしました。投資分と思い、取り返していくしかないです。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

愛知県豊明市からこんばんは。

自家焙煎珈琲豆散人アルジです。

 

 昨日、珈琲教室を開催したのですが、以前に一度受講されたことがある方で、再度、ドリップの実技をしっかりと復習しました。というのも、年内にカフェを開業される予定があるからです。したがって、とても実践的にいきました。

 

 彼(男性ですので)が、道具を持って来られた中に、温度計がありましたので、ドリップする時のお湯の温度を測ったのですが、なんと、だいたい65℃くらいでした。

 アルジは温度計を持っていませんし、感覚でやっているので、今までまったく測ってこなかったのですが、そのことを断ったうえで、感覚で「80℃~90℃くらい」と言ってきてました。

 ぜんぜん違いますね。

 (以前に一度、同じように珈琲教室で温度計をお借りして測ったこともありましたが、その時もそういえば65℃くらいでした。ちょっと不具合があるんじゃないかと疑っていまして、そのままにしてきました)

 

 なので、今までの適温は真っ赤なウソです。すみません。信じてはいけません。

 温度計できっちり測ることをアルジはお薦めしていません。感覚でいいのですが、思い切ってぐっと、これでもかってくらいに温度を下げて淹れたほうが美味しいです。

 玉露と同じくらいでしょうか。

 

今までお客さんから、「同じように淹れても同じ味にならない。どうしても雑味が入る」と言われていましたが、その謎はこれでした。

ポットの底を手のひらで触って、熱いけど、持てないほどではない、というくらいまで水を差して湯温を落としてください。

 

こういうことを書くと、

「温度を大きく下げて、ぼかして淹れているから飲みやすいのだろう」 

 と言う人が出てくると思いますが、まったく違います。誤魔化して淹れる方法ではなくて、豆の味をそっくりそのまま引き出す淹れ方ですから、お間違いなく。もちろん、焙煎の良くない豆で同じ淹れ方をすれば、良くない豆の味がそのまま出ます。

 

 焙煎度によっても違ってきますが、数字で覚えるのなら、63℃~70℃くらいと覚えておいてください。

 

 焙煎度が浅いと高めで深いと低いほうがいいです。上の範囲で調節しながら、淹れてみてください。

 珈琲を飲む温度には、好みに個人差があるでしょうが、アルジのお薦めするのは、上に書いた湯温です。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

愛知県豊明市からこんばんは。

自家焙煎珈琲豆散人アルジです。

 

 アルジは珈琲をほぼ独学で勉強したのですが、その言葉使いについて、最近違うことに気づきました。

 「独学」自体に「勉強する」という意味がありますから、「独学した」だけでいいのですね。

 

 小さいことですが、ちょっと賢くなりました。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。