こんにちは。雨が続きますね。

 

小学生・中学生・高校生と指導しているマスラボ

春期講習前ということで無料のプレテストを実施しています。

小学生は算数・国語

中学生は数学・国語・英語

高校生は数学のみです

 

自分の実力をみてみたい!という人はぜひ受けてみてくださいね。

チラシ(中学生用)

 

チラシ(小学生用)

 

春期講習は新しい学年になるにあたって

もう一度勉強の姿勢や習慣を見直す大事な時期です。

 

個別指導でノートの使い方、間違いの直し方など

しっかりできるようになって、

家庭学習でもできて欲しいと思っています。

 

当然そのあたりをしっかりと指導していきます。

できるできないではなく、

まずは勉強の姿勢を正すこと

そこからスタートです。

 

その上でテストの結果から、個人に合わせた指導をしていきます。

宿題も結構でますが、それはそのはず、

勉強量と成績は比例します。

 

当たり前ですけど、最小限の努力で最大限の結果を求めることはできません。

最悪、4つの問題が解ければ大学入試は満点合格できます。

 

でも、そんな問題がピタリとあたるなんてことは

まずありません。

 

そもそもみたことのない問題がほとんどです。

 

そのあたりを次回お話ししていきます。

 

おはようございます。

あと国公立入試まで1週間を切って、いよいよ最後の授業になった生徒もいます。

私立入試で合格をいただいている生徒も、結果がまだの生徒もいて色々思うところもあると思います。

 

先生も国公立の前は気楽なもんで、毎日オリンピックみながら(その年は冬期オリンピックでした)、

好きな数学と物理を交互にやるという感じでした。

 

センター試験(共通テスト)までは、苦手科目もやらないといけないということで嫌だったなぁと思いますが、乗り切ればあとは自分の好きな科目だけになるので、勉強が1番楽しい時期でもあります。

 

そして不安もあるかもしれません。

 

でも、それはみんな同じなんです。

ちょうどボーダー付近にいる子は何百人といて

その子達とわずかな席を争うので、倍率的には2〜3倍になる受験ですから

当然、不合格になる人の方が多いです。

 

国公立は前期1校、後期1校と2校しか受験できないので本当に一発勝負ですね。

 

生徒たちにはいつもいってることですが、採点するのは人間ですから、

きちんと言語化して数学も証明や記述をしていこうねといっています。

 

計算はめんどくさいけどそれがあっているかどうかよりも、

この問題に対して、どのような方針を立てて、やっていこうと思ったのか

今から私はこういうことを証明していきますよ。と伝えてください

 

そうすると採点する方も、なるほどそういうふうに考えたんだな。どれどれ。。。

となるわけです。

 

ただの式の羅列だと、なんか式をこねくりまわしてるだけの答案なので

見ている方も疲れます(なんとか点数あげたい!と思っても???)

 

赤本の解説通りじゃなくっても、先生は丸つけします。それが1番いい指導だと思います。

わからないといって、赤本の解説通りをただ写すだけだったら先生いらないんですよね。

 

生徒たちが考えた方針で解けるのか?解けないのだったらどの条件が足りないのか

そのあとで、こういう方法もあるよ。と教えてあげます。

 

どんくさい方法でもいいんです。だって、それで解けるんですから。

 

すぐにあれはダメ。これはダメという人が多いですが、

僕はあんまりそんなことは言いません。

 

数学は積み重ねの科目です。だから、今自分のもっている知識を組み合わせて解くしかありません。

自分の知識の最大がそこまでしかなかったらそこまでで解いてみるしかないのです。

 

だからすぐに解答をみて、あぁその方法ね。はいはいはい。ではないのです。

それが僕が高校生を指導する理由だし、彼らもマスラボに通う理由です。

 

確かに採点は大変ですが、昨日も生徒と話していましたが、数年前まで中学数学で(´ヘ`;)ウーム…と言っていた君が

こんな問題を解こうと思って頑張ってるの見るだけでも先生胸熱ですな。と言いました。

 

本当にそう思います。

 

残り数日。最後まで諦めず、驕らず、走り抜けて欲しいです。応援しています。

 

 

【リブログ 医学部受験体験記】

試験は逃げない。逃げているのは自分。逃げても必ず試験はやってくる。だったらやるしかないやん。

 

 

おはようございます。

大阪はあいにくの雨模様です。

 

今日、ご飯食べてたら

歯が欠けてしまって、歯がない状態です。

どこにいったのやら?もしかして食べた?

 

めっちゃ気になりますがとりあえず書きます。

 

さて、今日は春期講習についてです。

 

プレテスト→春期講習→通常授業 という流れですが、

 

プレテストだけでも構いませんし、プレテストの後、春期講習だけでも構いません。

特にこちらから強い営業をかけるわけでもありません。

 

気楽に受けてもらったらと思います。

地元の方にとって、愛される塾でありたいと思っています。

 

だから、新学年に向けて不安なお子様は、一度テストだけでも受けてみて、

どこができてないのかをチェックされるのもいいかと思います。

 

プレテスト申し込みはこちらからどうぞ

 

次の記事では春期講習は何をするのかについてお話ししていきます。

今日も医学部ブログの再編集してました。

 

受験間際になると、SNSで試験の出来をみたり、みんながどれくらいできたか調べたりととにかく不安だらけ。

でも、もう受験は終わったのだから次に切り替えるしかありません

 

その見ている時間がもったいないっていうことに気づかないんですよね。

 

受験はこれだけインターネットが発達した今ですから、

情報がたくさんありすぎて

いったい何を信じればいいのかがわからんのです

 

だから、自分を信じてやりきることしか道はありません

 

ちょっと失敗したからまた別の方法

また失敗したから別の方法ではなかなか力はつきません

 

とにかく、この先生、この塾にした。って決めたら

しっかりと言われた通りやってみることが大事です

 

結果が出るまでに少し時間はかかるけど

結果が出るまでやるしかないんです

 

それがすぐに出る人もいれば、1年かかる人もいます

 

でも、そうやって教えてくれる塾や先生は

これまでやってきた経験があるからそう言ってくれるんです

 

自分には合わないなと思ったら

相談して軌道修正をしましょう

 

インターネットの情報はそれができません

 

アドバイスはくれないのです

 

僕もまた勉強中です。入試日程や入試科目もだんだん変遷していきます。

大手塾はこの情報はすごく広く早いです。

 

え?そうだったの?っていうこともたびたびあります。

 

逆にマスラボのいい点は、

中学受験や高校受験を終わった子がたくさんマスラボで継続して勉強してくれることです。

それは、生の声を聞けるので僕にとっても生徒にとってもありがたいことです。

 

大手塾には絶対にない点ですからね。

 

受験生だけでなく、保護者にたいしてもいいアドバイザーになれるように

アンテナ高くはって、学んでいきたいです。

 

 

医学部受験ブログの目次の改変作業をしています。

今回は「自分との戦いに負ける」です。

 

結局のところ、受かっている生徒は娘も含めて勉強しています。

圧倒的に勉強しています。

それでも落ちるのが受験です。

もちろん、もっと少なくても受かる人もいます。

でも、限界まで勉強することってそれだけですごいことだと思っています。

今日も朝から体験授業の参加の方がいらっしゃいました。

ありがとうございます。

 

みなさん来られて驚くのが

自学自習をしている子供たちの様子です。

 

本当に、自学でみんな黙々と勉強をしています。

もちろん、途中でバテてしまってだらっとなる生徒もいますが、

そういう生徒もみてもらおうと思って特に注意はしません。

 

ダラダラしていたと思っていた子が、急にスイッチが入ってやり出すこともあるのです。

そういうのも見ていただけたらと思っています。

 

大手塾に比べて授業時間が短いですね。

と言われます。

 

そうなんですよ。

でも自分でやらないといけないので、同じくらいの演習量はしています。

実際そうです。

 

即時丸つけ、即時やり直しです。

 

大手塾の授業のように、わからない問題をぼーっとする必要はありません。

わからなかったらすぐに聞いたらいいのです。

 

みんなの演習が終わるのを待つ必要もありません。

自分が終われば即丸つけ、テキストチェック、やり直しです。

 

効率的に学びたいのなら圧倒的に個別がおすすめです。

 

よく大手塾の方が切磋琢磨できる

テストの点数でクラスの順位が決まる

 

ということを聞くのですが、

 

クラスアップのために

テストの点数を取らせるために

何周も宿題をさせて睡眠時間がなくなって、

子供も親も疲弊する

 

という話を聞くと、なんのための受験勉強なのかと思います。

 

いや、先生そうしないと受験は合格できないんです

 

と言われたこともあります

 

もちろん、全然そんなことはありません。

正しい勉強の仕方をみにつけて欲しいと思います。

 

合格がゴールではないし、

受験が終わったらもう勉強しなくていいこともないです。

 

受験勉強で何ができるようになってほしいのかを

もう一度考えて欲しいと思います