鍼治療のご案内

テーマ:
こんにちは。4月も半ばに入りました。今月から新しい生活が始まったママさん方も少し慣れてきたでしょうか?うちの子も上が小学校、下が幼稚園にそれぞれ入学入園しましたが、新しいお友達と仲良くなれるかなーとか心配が尽きません。

今回は当院で行なっている鍼治療のご案内です。

1.パルス治療
一言で言うと電気鍼です。「鍼を刺した上に電気まで流すの〜!?」なんて声も聞こえてきそうですが、感覚としてはビリビリというよりトントンといったリズムを刻むような感じでとても心地よいですよ。
これが電気を流す機械です。
このクリップを鍼に繋げてます

この治療は主に症状のある局所に使用します。

2.YNSA
YNSAとは山元式新頭鍼療法の略で、宮崎の山元先生が考案された療法です。中国から伝わった鍼治療とは全く違う概念でツボも独自で発見されたポイントを使います。そのポイントのほとんどは頭にあります。そう、腰が痛くても膝が痛くても頭からに鍼を打ちます。「え〜、ほんとに効くの?」と言われそうですが、この治療の効果は高く、山元先生が定期的に開催されているセミナーには世界中からドクターが学びに来ています。
これは私が坐骨神経痛で座ってるのも辛い時に自分で施術した様子です。この後30分程刺したまま痛みなく座ってPC作業ができました。
(実話です(^.^))
この治療は痛み以外に麻痺、パーキンソン病などにも使われます。当院ではストレスからくる不定愁訴にも使用しています。

3.M- test
30の身体動作をチェックしてもっとも症状のある動きに対応する経絡の要穴に刺さない鍼「ソマニクス」を貼る治療です。当院では通常の治療のオプションとして多用しています。
プラスチックの台座に付いているシールに小ちゃい突起が沢山ついていて、ツボに貼付することでそれが皮膚を刺激して鍼と同じ様な効果を出します。

4.美容鍼
このブログでも以前ご紹介しましたが、当院では皮内鍼というシール状のとても短い鍼を顔に貼りますので痛くなく怖くもありません。鍼初心者の方にオススメです。

5.耳鍼
耳鍼と言うとダイエットに使用しているイメージがあると思いますが、実際にはそれだけではなく
痛みの治療や花粉症、喘息、うつなどにも使われます。当院でも今後、積極的に使用していく予定です。
耳には上の図のように、各臓器や運動器に対応するゾーンがあり、該当するゾーンに鍼若しくはソマニクスを貼ります。

昨日もちょっと腰が痛いと言ってたうちの奥さんの腰のポイントを押しただけで楽になってましたよ〜(^^)



以上が当院で行なっている鍼治療です。実際の臨床では患者様の症状を診て、鍼だけでなく手技や物理療法などと組合せて最適な治療を行なっています。原因がはっきりせず、痛みだけではない不定愁訴などにも鍼の効果が期待されます。病院で検査しても異常がない、色々治療しても治らないなどお困りのの事がございましたら、一度ご相談下さい。