じゃむまるのシネマデイズ

「トリコロール」3部作で知られるポーランドの名匠クシシュトフ・キエシロフスキーが手がけたテレビシリーズ。旧約聖書の十戒をモチーフにした、ワルシャワ郊外の同じアパートに住む人々を描いた10のエピソードからなる。1989年ベネチア国際映画祭で上映された後に各国で劇場公開され、カンヌ国際映画祭審査員特別賞ほか多数の賞を受賞した。第1話「ある運命に関する物語」、第2話「ある選択に関する物語」、第3話「あるクリスマス・イヴに関する物語」、第4話「ある父と娘に関する物語」、第5話「ある殺人に関する物語」、第6話「ある愛に関する物語」、第7話「ある告白に関する物語」、第8話「ある過去に関する物語」、第9話「ある孤独に関する物語」、第10話「ある希望に関する物語」の全10話(このうち第5、6話はそれぞれ「殺人に関する短いフィルム」「愛に関する短いフィルム」のタイトルで単独の映画としてロングバージョンが製作・公開されている)。合計585分。HDリマスター版が「ポーランド映画祭2020」(20年11月20~23日/東京都写真美術館ホール)で上映され、21年に劇場公開。

1989年製作/585分/ポーランド
原題:Dekalog                           映画.comより転載

 

 

この映画を鑑賞できた幸せ

かなり高価だと思うがDVDを購入すれば鑑賞できるんだろうが、思い入れのある映画は映画館で観たい、映画の世界にどっぷりと浸りたい、『デカローグ』はずっとそう思い続けてきた映画です。

元々はテレビ放映用のミニシリーズとして作成されていて、一話1時間、最後の十話目を除きずっしりと重い内容が詰まっている。
1時間が全く無駄がなく、1時間でなくてはならないという描き方であって大変な集中力が要る。

デカローグ=十戒は原案者が15世紀の絵画”モーゼの十戒や旧約聖書の出でエジプト記を描いたもの)を眺めているときに構想を思い描いたものを友人であるキエシロフスキが関心を持ち映画化となったようだ、現代版十戒という・・・現代版十戒とは?幸福とは?愛とは?希望とは?絶望とは?それらを失くすとは?
様々なテーマを見応えのあるドラマとして描いている。
提起されたことに関する答えはほぼ鑑賞者にゆだねられている、なので爽やかではない、とても重い気分になる、そんな余韻が好きかどうか、好きであれば最上の映画体験だと思う。

十話はまったく別のお話であるが、場所はどれも同じワルシャワ市内の集合住宅とその周辺で撮影されている、そこに住む住人たちのお話ということですが、狭い社会であっても一人一人にはそれぞれの歴史もあり生活も違う、もちろん思想も愛も家族も恋人も、この場所に人の悲喜こもごもが集約されているという設定が良い、そして別のお話でありながら各挿話の登場人物が交錯する瞬間が随所にある。
この仕組みが、特別な人たちのお話ではない、普通の人々のかけがえのない人生の一端を切り取ったと感じさせてくれるのは秀逸だ。


それぞれの人生は特別だ、平凡な人生などありはしないと思わせられる。

関西のコロナ感染者の数も危機的状態、大阪は緊急事態宣言発令、まあ、宣言がなくとも阪神デパートでのクラスターが100人越えか?という状態ではとても映画館へは行けません。

どうしても観たい映画は京都でだったのですが、これも自粛、もっぱらリビング映画、集中できそうな短尺というのが基準。

 

メメント

強盗犯に襲われて妻を失い、頭部を損傷し、約10分間しか記憶を保てない前向性健忘という記憶障害になったレナード。彼は、ポラロイド写真にメモを書き、体中にタトゥーを彫って記憶を繋ぎ止めながら、犯人を追う。実在するこの障害を持つ男を主人公に、時間を遡りながら出来事を描くという大胆な構成が話題を呼び、全米でインディペンデントでは異例のヒットを記録。監督は本作が第2作の新鋭、クリストファー・ノーラン。

2000年製作/113分/アメリカ
原題:Memento

鑑賞済み、一回目で仕組みがわかり、二回目で味わうという二度おいしい映画でした、余韻が深いです。

レビューは後ほど。

 

コーヒー & シガレッツ

さまざまな登場人物がコーヒーを飲み、タバコをくゆらしながら繰り広げる11のエピソードを、ジム・ジャームッシュ監督がつづったショートストーリー集。1986年にアメリカの人気番組「サタデー・ナイト・ライブ」の依頼で撮影された、ロベルト・ベニーニとスティーブン・ライト出演の短編「コーヒー&シガレッツ 変な出会い」をきっかけにスタートし、89年には2話目のジョイ・リー、サンキ・リー、スティーブ・ブシェーミ出演の「双子」が製作され、93年に製作された「カリフォルニアのどこかで」ではイギー・ポップとトム・ウェイツが共演し、カンヌ国際映画祭の短編部門で最高賞を受賞。それ以降も10年以上にわたって撮りためられた、全11編を収録。そのほかの出演にビル・マーレイ、ケイト・ブランシェット、アルフレッド・モリーナ、スティーブ・クーガンら。

2003年製作/97分/G/アメリカ
原題:Coffee and Cigarettes

鑑賞済み、ショートショート集、これね~あるあるなんです。若いスティーヴ・クーガンが男前で、変わらず嫌な奴なんです(笑)

レビューは後ほど。

 

THE  GUILTYギルティ

電話からの声と音だけで誘拐事件を解決するという、シンプルながらも予測不可能な展開で注目され、第34回サンダンス映画祭で観客賞を受賞するなど話題を呼んだデンマーク製の異色サスペンス。過去のある事件をきっかけに警察官として一線を退いたアスガーは、いまは緊急通報指令室のオペレーターとして、交通事故の搬送を遠隔手配するなど、電話越しに小さな事件に応対する日々を送っている。そんなある日、アスガーは、今まさに誘拐されているという女性からの通報を受ける。車の発進音や女性の声、そして犯人の息づかいなど、電話から聞こえるかすかな音だけを頼りに、アスガーは事件に対処しなければならず……。

2018年製作/88分/G/デンマーク
原題:Den skyldige

公開中高評価でした、88分ですよ!かなり楽しみ。

 

ラスト・ムービースター

「脱出」「ロンゲスト・ヤード」「トランザム7000」「ブギーナイツ」など数多くの作品に出演し、2018年9月に82歳で亡くなったバート・レイノルズの最後の主演作。劇中にレイノルズの過去作品が多数引用され、落ちぶれたスターという役柄をユーモアたっぷりに演じる。かつては映画界のスーパースターとして一世を風靡したが、今では人びとからほぼ忘れられている状態のヴィック・エドワーズのもとに、ある映画祭から一通の招待状が届く。功労賞を送りたいという映画祭にしぶしぶ参加はしたものの、騙しに近い名もない映画祭であることがわかり、エドワーズは憤慨する。しかし、そこは彼が生まれ育ったノックスビルの町の近くだった。育った家、大学のフットボールで活躍したスタジアム……久しぶりにふるさとの町を訪れたエドワーズに懐かしい思い出が去来していく。監督は「デトロイト・ロック・シティ」「LOOK」のアダム・リフキン。

2017年製作/103分/アメリカ
原題:The Last Movie Star

公開時観ています、味わい深いです。

 

グッバイ、レーニン!

自国ドイツのアカデミー賞では9部門受賞、昨年の世界各地の映画祭でも話題を独占した感動コメディ。舞台は東ベルリン。アレックスの母親が心臓発作で昏睡状態に陥っている間にベルリンの壁が崩壊して社会が激変。母親は8カ月後に意識を取り戻すが、今度ショックを受けたら命が危ない。そこでアレックスは、母親になんとかベルリンの壁崩壊や社会の変化を隠そうと奮闘していく。音楽は「アメリ」のヤン・ティルセン。

2003年製作/121分/ドイツ
原題:Good Bye Lenin!

以前から気になっていた映画です、少年のダニエル・ブリューリュが観たい!

 

ブックスマート 卒業前夜のパーティデビュー

「リチャード・ジュエル」「トロン:レガシー」などの女優オリビア・ワイルドが長編監督デビューを果たし、女子高生2人組が高校最後の一夜に繰り広げる騒動を描いた青春コメディ。高校卒業を目前にしたエイミーと親友モリーは成績優秀な優等生であることを誇りに思っていたが、遊んでばかりいたはずの同級生もハイレベルな進路を歩むことを知り、自信を失ってしまう。勉強のために犠牲にしてきた時間を一気に取り戻すべく、卒業パーティへ繰り出すことを決意する2人だったが……。主演は俳優ジョナ・ヒルの妹としても知られる「レディ・バード」のビーニー・フェルドスタインと、「ショート・ターム」のケイトリン・デバー。「俺たち」シリーズのウィル・フェレルとアダム・マッケイが製作総指揮。

2019年製作/102分/PG12/アメリカ
原題:Booksmart

近作です、たまには生きの良い映画を♪

 

ウィッチ

「魔女」をテーマに、赤子をさらわれた家族が次第に狂気の淵へと転落していく姿を描き、第31回サンダンス映画祭で監督賞に輝いたファンタジーホラー。1630年、ニューイングランド。ウィリアムとキャサリンの夫婦は、敬けんなキリスト教生活を送るために5人の子どもたちと森の近くにある荒地へとやって来た。しかし、赤ん坊のサムが何者かに連れ去られ、行方不明となってしまう。家族が悲しみに沈む中、父ウィリアムは、娘のトマシンが魔女ではないかとの疑いを抱き、疑心暗鬼となった家族は、狂気の淵へと転がり落ちていく。第70回英国アカデミー賞で新人賞にあたるライジングスター賞にノミネートされ、M・ナイト・シャマランの「スプリット」でもヒロインを務めたアニヤ・テイラー=ジョイが、家族から魔女と疑われるトマシン役を演じた。監督はホラー映画の古典的名作「吸血鬼ノスフェラトゥ」(1922)のリメイク版監督に抜てきされ、本作が初メガホンとなるロバート・エガース。

2015年製作/93分/G/アメリカ
原題:The Witch

お呼びじゃないホラー映画ですが、『ライトハウス』のロバート・エガース監督作なら観るしかない!

93分というのが決め手。

バンド・デシネ作家でアニメーターのシルバン・ショメによる長編初監督作品で、誘拐された孫の救出のため奔走する祖母の姿をユーモアたっぷりに描いたアニメーション映画。セリフを極力排し、ジャズをはじめとした軽快な音楽にのせてデフォルメされたキャラクターが織りなす冒険を描き、フランス映画として初めてアカデミー長編アニメーション部門にノミネートされるなど世界的に高い評価を受けた一作。内気で孤独な孫のシャンピオンが、自転車に興味を持っていることを知ったおばあちゃん。シャンピオンは自転車選手になるため、おばあちゃんと二人三脚で特訓に励み、ついに世界最高峰の自転車レース「ツール・ド・フランス」に出場するまでに成長する。ところがレースの途中に事件が起こり、シャンピオンが何者かに誘拐されてしまう。おばあちゃんは誘拐された孫を助けるため、愛犬ブルーノとともに冒険に出る。伝説の三つ子ミュージシャンの老婆たちの協力と、これまでに培った人生経験や知恵やユーモアを武器に、数々の難局を潜り抜けていく。アカデミー賞では長編アニメーション賞のほか、主題歌賞にもノミネートされた。

2002年製作/80分/G/フランス・ベルギー・カナダ合作
原題:Les triplettes de Belleville

 

 

 

傑作に出会えた幸せ
ノスタルジックでシックな色調、ダイナミックな構図。
僅かな台詞、犬が吠える以外はほとんど無声映画のよう。

三つ子のジャズ歌手が歌い、ジャンゴ・ラインハルトが超絶技巧でギターを弾く、ジョセフィン・ベイカーのデフォルメされたダンス、ちょっと斜め目線からのフレッド・アステア、彼らの舞台で華々しく幕が開く(早くもブラックテイストが見え隠れ)。

時は過ぎ、おばあちゃんと幸せに(寂しくかも)暮らすシャンピオン、孤独な孫のためおばあちゃんはある日子犬をもらってくる、大喜びのシャンピオンだが何かが足りない、おばあちゃんはシャンピオンへの愛で気が付く、そうだこの子は自転車に夢中なんだと三輪車を買い与える、シャンピオンの喜びようが凄い。
ここまでが布石の部分。
シャンピオンは今でいう自転車ヲタク、おばあちゃんと二人三脚で遂にツール・ド・フランスに出場することになる。
そこで事件が起きる、孫の一大事、おばあちゃん八面六臂の大活躍。

絵の構図もダイナミック、大きな船とおばあちゃんとブルーノ(犬)を乗せた小舟の対比、荒れた海の表現の美しさ。
行きついた先の大都市ベルヴィルの絵が素晴らしい、ペン画の魅力が出色。
老いた三つ子歌手が再登場、おばあちゃんとセッション、ムムム凄いアイデアです。中盤から盛り上がる三つ子も巻き込んでのストーリー展開も斜め上を行っていてワクワクしました。
そして・・・・フランス映画独特の辛辣な目線が見え隠れ、人生の機微を描く大人の映画たらしめています。

何よりも音楽が素晴らしい、ジプシージャズという感じですが、おーーーー!グレングールドじゃない?ジャズバッハよ、スウィング感がごきげん、サントラが欲しいです♪
色彩、構図、音楽最高♪、DVDも欲しいです。

緊急事態でも修学旅行実施 大阪市長「五輪やっている」

 大阪市の松井一郎市長は30日の記者会見で、大阪府などに新型コロナ対応の緊急事態宣言が出されても、8月に予定されている市立中学校4校の修学旅行は実施すると表明した。出発前に生徒全員にPCR検査を行い、陰性が確認された人が参加する仕組みとする。「感染者がいなければオリンピックもやっている。一生の思い出に残る行事は実施したい」と述べた。

 政府は現在、大阪府に「まん延防止等重点措置」を適用しているが、8月2日から緊急事態宣言に切り替える方針だ。期限は同月末まで。市教育委員会によると、4校の修学旅行はいずれも8月下旬に予定されており、行き先は長野県や岐阜県など。

 松井氏は「東京はずっと緊急事態宣言中だが感染が始まって以来、一番の感染者が出ている。宣言をしたら(感染拡大が)止まるわけではない」とも述べ、緊急事態宣言の発出に反発。「政府の専門家会議の皆さんには具体的な行動指針を示してほしい」と注文を付けた。

 

本気なんでしょうか、私が親なら行かせません、子供たちを政争に巻き込まないのは当たり前のことです。

1000人規模感染の大阪から大挙して長野や岐阜に行く、感染拡大ということを考えないのでしょうか。

 

 

あーーーーっ💦

大阪に衝撃が走る、あほなことを言っている場合ではないですよ。

大阪梅田の阪神百貨店でクラスター、26~29日の間に53人の従業員がコロナ感染。

大阪へは暫く行けません。

昨日発見、お隣の空き地に何やらイチジクのような、でも葉の形が違うし、ついこの前までは見かけなかった、ずいぶん生育が早いような。

実を割ってみるとイチジクそっくり、食べられるのかしら(そこかい)。

調べました・・・・インターネットより解説拝借。

 

・関東から九州、沖縄に分布するクワ科イチジク属の落葉低木。温暖な西日本の沿岸部や丘陵に多いが、種子によって容易に増え、公園の植え込みなどでも見られる。日本以外でも東南アジア(韓国、台湾)の山地に生じる。

 

・葉は長さ10~20センチと比較的大きく、黄葉期にはよく目立つ。葉柄も1~4センチほどある。縁にギザギザはなく、先端が急に尖る。

 

・4~5月頃になるとイチジクのように外からは見えない花(「花のう」という)をつけ、その後8~10月には直径2センチ弱の実ができる。

 

・イヌビワは雌雄異株であり、メスの木にできる実は微かに甘味があって生食できるが、小さな種がたくさん入っているため、ジャムにして食べるのが普通。枇杷ほど美味しくはないという意味でイヌビワと名付けられた。オスの木にできる赤い実は、共生する小蜂の巣になっており食用にならない。

 

 

 

 

 

                       高さ1.5メートルくらい。