働きたい駐在妻・ジャカルタ&バンコク2か国で働き方実験中。
  • 14Oct
    • ワンオペ育児の怖さを実感する。の画像

      ワンオペ育児の怖さを実感する。

      こんにちは!\これからがんばって働くぞ!/元・働きたい駐在妻、ただいま在宅ワーママのまきこです。ご訪問いただきありがとうございます。▶▶詳しい自己紹介はこちらです。2016年~2020年の3年半バンコク、ジャカルタに滞在し、コロナ禍の影響で本帰国しました。うぎゃー!!!ブログに書きたいことは山ほどあるけれど、なかなか書けずに1日が終わっていくみなさま、お久しぶりです。私は今日も元気ですww私はヒーヒー言いつつもなんとか元気に仕事も生活もやってるんですが、ここ最近、ハイパー元気なはずの5歳娘の調子がなんともよくなく。「耳がヘーン」「耳が痛ーい」が先週。耳鼻科にいけど特に問題なし。「喉が痛ーい」と始まり、変な咳をしてるので小児科に行くも風邪でももちろん肺炎でもない。小児科の先生もこれといった病気はないけれどなんとなく体調が悪いそんな感じみたいです。ま、このコロナ禍で6ヶ月激動の日々を私と二人で送ってきて、今まで特に病気もしなかったからここらで疲れも出ますかね。にしても、その娘の咳ここからワンオペ育児って大変なだけでなくて本当に怖いなって心から思いました。少し、「喉が痛いかも」とか言いつつもいつも通り元気にそしていつも通り眠りについて娘。深夜、横でゴホゴホ咳を始める。様子を見ていたらどんどんひどくなる咳。なんなら苦しそう。本人に声をかけてもうまく話ができない様子。これはやばいかも急いで、小児救急相談(#8000)に電話をかけて相談。私のドキドキは止まらないし、娘の咳も止まらない。電話の途中で徐々に咳は落ち着いて、その後も再発なく、朝まで寝られた娘。でも私は寝られないまた咳してないか。息ちゃんとしてるか確認する深夜。無事に朝を迎えて翌日小児科を受診してようやく少しは安心したって感じです。でもこの一件で本当に、私一人で娘一人の命を預かっている。それに改めて気がついて何よりも怖くて。今、娘のそばには私しかいなくて、私が判断を間違えたら万が一のことがあるかもしれない。近くにすぐに相談できる誰か大人がいないこと、めっちゃ怖くなりました。ワンオペ育児って大変なだけじゃなくて、そんな怖さもあると実感しました。そうは言っても、ジャカルタに単身赴任中の夫がすぐに帰ってくる訳でもないのでなんとか乗り切るしかない。育児って人の命を預かること。なんだよなー。ってちょっと身が引き締まるというか怖いような、責任重大なような。母5年目ですが改めてそんなことを考えさせられました。ワンオペ育児の母のみなさま。共に乗り越えていきましょー。抱え込みすぎず。がんばりすぎず。頼れるところに頼って。★ポチっと大歓迎!にほんブログ村■□■□■□■□■□■□■□■まきこ2017年1月~バンコク2017年12月~ジャカルタ、2ヶ国目の働きたい駐在妻。「働く」を通して人が可能性を広げられる世界を目指して「書く」こと、「商品の販売サポート」をメインに駐在妻としてこれからの働き方の実験中。【働きたい駐在妻としての活動】・働きたい駐在妻のコミュニティ「まなとも」発起人。・駐妻のキャリアに関するアンケート実施 (プレスリリースはこちら)【書く・伝える活動】・SALASUSU・日経クロスウーマンアンバサダー・Twitter【私の自己紹介記事】◆自己紹介ストーリーはこちら【人気!】◆駐妻になるまでの葛藤ストーリーはこちら◆今の私を作ったインドのストーリーはこちら■□■□■□■□■□■□■□■

  • 05Oct
    • ニューノーマルな運動会に参戦!の画像

      ニューノーマルな運動会に参戦!

      こんにちは!\これからがんばって働くぞ!/元・働きたい駐在妻、ただいま在宅ワーママのまきこです。ご訪問いただきありがとうございます。▶▶詳しい自己紹介はこちらです。2016年~2020年の3年半バンコク、ジャカルタに滞在し、コロナ禍の影響で本帰国しました。1歳半から海外生活の娘。先日、私も娘も人生初の日本の運動会に参加してきましたー!!各方面でそうだと思いますが、コロナ感染に配慮されたニューノーマルな運動会。いやー!面白かったニューノーマルな感じは開催日前からスタート。運動会開催予定日の3週間前くらいに、各家庭から誰が当日観戦予定かを事前申告のお願いが来ました。(確か各家庭の人数制限もあった気が。。。)そして開催予定日の1週間前から観戦予定者全員に✔ 毎日の検温✔ 健康チェック表が渡され、1週間分の検温と健康状態を記載した書面に記載し当日持参のお願いが来ました。当日もしその書面を忘れたら観戦不可!!!!と厳重に記載されていました。私もしっかり毎日検温!またレジャーシートの大きさやその中に座る人数制限など細かく決められていました。ここまでやっていただけるとなんとも安心感あるそして当日!例年は幼稚園の運動会でも1日かかるプログラムとのこと。親子競技や保護者の競技があったり。でも今年は子どもたちだけの競技のみそして半日の開催でした。我が家は夫はジャカルタ、おじいちゃん、おばあちゃんも遠方なので初めての運動会だけれど母親である私1人で観戦さみしー。なんですが、ここもニューノーマル!!!我が家はジャカルタと東京をzoomで繋いで、夫とおばあちゃんたちは画面越しに、娘の運動会を観戦しました。私は現場で、娘を肉眼で追いかけつつ夫と義理母に娘の動きを実況中継。そしてカメラで娘の動きを撮影!めちゃくちゃ一人で大忙しの私。でも画面越しとはいえ娘のがんばりを遠く離れていても見てもらえてよかった。今年はコロナの影響で家族離れ離れでの行事がたくさんあるだろう帯同家族。オンラインの一般化を利用してうまくzoomなどを駆使して離れていても一緒に観戦するのもできるような気がします。我が家もまだしばらく家族離れての日々ですがオンラインを活用しつつ離れている夫にも娘の成長を見てもらいたいと思っています。それにしても、コロナの制限かかる中でもあれだけの運動会を準備して当日を迎えさせてくれた幼稚園の先生たちに本当に感謝、感謝です!!!日本の運動会、本当にすごかった!!!!来年はどうなるかわかりませんが、それでも楽しみですみなさん、今年の運動会はどんな感じでしたかー?★ポチっと大歓迎!にほんブログ村■□■□■□■□■□■□■□■まきこ2017年1月~バンコク2017年12月~ジャカルタ、2ヶ国目の働きたい駐在妻。「働く」を通して人が可能性を広げられる世界を目指して「書く」こと、「商品の販売サポート」をメインに駐在妻としてこれからの働き方の実験中。【働きたい駐在妻としての活動】・働きたい駐在妻のコミュニティ「まなとも」発起人。・駐妻のキャリアに関するアンケート実施 (プレスリリースはこちら)【書く・伝える活動】・SALASUSU・日経クロスウーマンアンバサダー・Twitter【私の自己紹介記事】◆自己紹介ストーリーはこちら【人気!】◆駐妻になるまでの葛藤ストーリーはこちら◆今の私を作ったインドのストーリーはこちら■□■□■□■□■□■□■□■

  • 04Oct
    • 公認PRディレクターになりました。の画像

      公認PRディレクターになりました。

      こんにちは!\これからがんばって働くぞ!/元・働きたい駐在妻、ただいま在宅ワーママのまきこです。ご訪問いただきありがとうございます。▶▶詳しい自己紹介はこちらです。2016年~2020年の3年半バンコク、ジャカルタに滞在し、コロナ禍の影響で本帰国しました。今回のコロナ禍での本帰国。本当に大変だし、なんでこんなことにーって何度も運命を呪ったけれど実は人生ってうまくタイミングよくできているモノかもしれない。そんなことを思いつつ、日本で母子STAY HOMEの6-8月にオンラインで新たな学びをしていました。そしてその結果、/PRプロフェッショナル協会認定PRディレクター\に合格することができましたー株式会社LITA 代表取締役,PRプロデューサー笹木郁乃さんが主宰する、在宅PR塾を受講し、最後の試験に合格して無事に認定PRディレクターとなりました。「伝える仕事がしたい」そう思ってから具体的にどう仕事にしようかそう思っていた矢先に出会った。PRという仕事。2020年はその勉強をして仕事復帰に向けてがんばるぞー!って思った矢先のコロナ禍。母子でポーンと日本に帰ってきてしまって仕事のことなんて考えるよりも生きることが先!な毎日でもそんな中で笹木郁乃さんのメルマガで✔ PR未経験者でもOK✔ 完全オンラインのPR講座が新たに開講されることを知り、もうある意味、/このタイミングはもう引き寄せられているとしか言いようがない\と意気込んで申し込み、3か月間初めてのことだらけでしたが講座をオンラインで受講しました。そして、講座を受講しPRディレクターになっただけではなく、実はですね。。。。。私が初めて書いたプレスリリースきっかけに※プレスリリース新聞社等のメディアに情報提供するもの。/新聞掲載と地域放送のTV放送\という結果が出たんです。びっくり過ぎますが。ずっとプロボノとしてお手伝いさせていただいているSALASUSUの記事です。これもPR塾での学びの賜物。本当に自分でもびっくりです。2020年9月13日 熊本日日新聞4月にコロナ禍で突然の帰国となった駐在妻が数か月後に未経験のPRの仕事をしている。たくさんの大変なこともあったけれどたくさんのタイミングとご縁があって、今がある。なんだかんだで人生ってうまくできてるそんなことを思います。ちなみに、PRの仕事って全然私には関係ない。正直私もちょっと前までは本当にそう思っていました。でもこの言葉を聞いてから『あー!これ仕事にしたいっ』と確信が持てたんです。それは/PRは誰かを応援する仕事\と笹木郁乃さんがおっしゃっていた言葉。がんばっている人やいいものを作っている人それを世の中に伝える仕事。「誰かの役に立ちたい」そういう思いがある方にはPRの仕事も一つの選択肢になるような気がします。PRって何!?一体どんなこと!?ちょっとPRを勉強したい。もしそう思っていただけたらぜひ笹木郁乃さんが現在開催されている、0円PR動画講座へ!▶▶pr-professional.jp/mailmagazine「0円」というその名の通り、無料で郁乃さんからPRについて動画で学べます!実はもうスタートしてしまってるんですが、、、(私がブログを書くのが遅かった。。。)まだまだこれから内容盛りだくさん!!!少しでも気になる方はぜひのぞいてみてくださーい!【0円PR動画講座 登録URL】▶▶pr-professional.jp/mailmagazine私も継続してPRの学び中ですコロナ禍に巻き込まれ日本に帰ってきたけれどタイミングとご縁でなんとか私はやっています。まだまだ大変なことも多い帯同家族界隈だけれど何かのタイミングとチャンスで前に進めますように。私もまーだ大変だけれどがんばります最後に、このタイミングとご縁をくださった笹木郁乃さん、本当にありがとうございました!これからもよろしくお願いします★ポチっと大歓迎!にほんブログ村■□■□■□■□■□■□■□■まきこ2017年1月~バンコク2017年12月~ジャカルタ、2ヶ国目の働きたい駐在妻。「働く」を通して人が可能性を広げられる世界を目指して「書く」こと、「商品の販売サポート」をメインに駐在妻としてこれからの働き方の実験中。【働きたい駐在妻としての活動】・働きたい駐在妻のコミュニティ「まなとも」発起人。・駐妻のキャリアに関するアンケート実施 (プレスリリースはこちら)【書く・伝える活動】・SALASUSU・日経クロスウーマンアンバサダー・Twitter【私の自己紹介記事】◆自己紹介ストーリーはこちら【人気!】◆駐妻になるまでの葛藤ストーリーはこちら◆今の私を作ったインドのストーリーはこちら■□■□■□■□■□■□■□■

  • 29Sep
    • 仕事するって生きてるなーって感じがする。の画像

      仕事するって生きてるなーって感じがする。

      こんにちは!\これからがんばって働くぞ!/元・働きたい駐在妻、ただいま在宅ワーママのまきこです。ご訪問いただきありがとうございます。▶▶詳しい自己紹介はこちらです。2016年~2020年の3年半バンコク、ジャカルタに滞在し、コロナ禍の影響で本帰国しました。9月から在宅ワークを初めて間もなく1ヶ月が経とうとしている。早っまだちゃんと振り返ることはできていないけれど、久しぶりに働いてみて、嬉しいこと悔しいこと落ち込むこと色々な感情が押し寄せてくる。やっぱり正直働くって大変だなーって思うことも多々あります。でも一方でこうした喜怒哀楽がどんどんやってくる「働く」こと。私としてはあー!生きてるなーって感じてる部分もあります。今まで私はこれを求めてたんだよなーって。まだまだ仕事としては全然お役に立てていないけれど徐々にエンジンかけて、でも無理しすぎずに頑張っていきたいと思います。はー!仕事するっていいなー★ポチっと大歓迎!にほんブログ村■□■□■□■□■□■□■□■まきこ2017年1月~バンコク2017年12月~ジャカルタ、2ヶ国目の働きたい駐在妻。「働く」を通して人が可能性を広げられる世界を目指して「書く」こと、「商品の販売サポート」をメインに駐在妻としてこれからの働き方の実験中。【働きたい駐在妻としての活動】・働きたい駐在妻のコミュニティ「まなとも」発起人。・駐妻のキャリアに関するアンケート実施 (プレスリリースはこちら)【書く・伝える活動】・SALASUSU・日経クロスウーマンアンバサダー・Twitter【私の自己紹介記事】◆自己紹介ストーリーはこちら【人気!】◆駐妻になるまでの葛藤ストーリーはこちら◆今の私を作ったインドのストーリーはこちら■□■□■□■□■□■□■□■

  • 28Sep
    • 娘の一言から自分の育児の想いに気が付く。の画像

      娘の一言から自分の育児の想いに気が付く。

      こんにちは!\これからがんばって働くぞ!/元・働きたい駐在妻、ただいま在宅ワーママのまきこです。ご訪問いただきありがとうございます。▶▶詳しい自己紹介はこちらです。2016年~2020年の3年半バンコク、ジャカルタに滞在し、コロナ禍の影響で本帰国しました。我が家の5歳娘、0~1歳の間は日本の保育園、1歳半~5歳まで海外の幼稚園。日本に本帰国して久しぶりに日本の幼稚園に通っています。毎日、幼稚園に通ってそりゃ、ものすごいスピードで日本語やら日本文化を吸収してくる娘。新しく覚えた日本語が毎日どんどん飛び出てくる。ある日、ふと娘が言った一言。「我慢しないといけないよ」なんだかその一言に色々と考えさせられました。「我慢する」これも日本の幼稚園に通い始めて初めて発した言葉。きっと先生から「我慢しようね」とかいわれてるんだと思います。とっても何気ない、日本ではよーく使う言葉な気もする「我慢する」。でも娘はこの概念、日本に帰ってきて初めて知ったようなそんな気がします。そして私も今までは娘から「我慢する」って言葉が出てくると思っていなかった。娘がジャカルタで通っていたのはモンテッソーリ教育のインター幼稚園。あまり「我慢しなさい」と言われることはなかったと思う。もし言われていても娘は理解してなかったのかもだし、違う方法で教えられていた。日本の幼稚園とインター幼稚園の違いっていうこともある。でも娘から「我慢するんだよ」って言葉ができてた時に私はいやいや、我慢なんてしなくていいよ。むしろ我慢して生きてくなんて娘にはしてほしくないな。と私は咄嗟に思ったんです。かなり自由人でアクティブな娘なのでちょっとは落ち着いてほしい。そんな気持ちはあるにはあります。でも持ち前の自由さは失わないで欲しいとも思っている。「我慢する」なんだか日本では当たり前のような概念ではあるけれど、私は娘にそれをしてほしくない。そうも思っているんだなってそう思った自分にびっくりでした。我慢しなくちゃいけない場面はあるけれど、「我慢しなくちゃいけないから」それで片づけてほしくない。自分でどうしたいか、どうしたらいいか考えてほしい。って私は思っている。なんだか新しい発見でした。娘の一言で色々と考えさせられることってたまにありますね。私が娘にどう育ってほしいのかそんな想いに久しぶりに気が付いた気がします。「我慢する」を覚えて思考停止にはなってほしくない。そう私は思っているようです。★ポチっと大歓迎!にほんブログ村■□■□■□■□■□■□■□■まきこ2017年1月~バンコク2017年12月~ジャカルタ、2ヶ国目の働きたい駐在妻。「働く」を通して人が可能性を広げられる世界を目指して「書く」こと、「商品の販売サポート」をメインに駐在妻としてこれからの働き方の実験中。【働きたい駐在妻としての活動】・働きたい駐在妻のコミュニティ「まなとも」発起人。・駐妻のキャリアに関するアンケート実施 (プレスリリースはこちら)【書く・伝える活動】・SALASUSU・日経クロスウーマンアンバサダー・Twitter【私の自己紹介記事】◆自己紹介ストーリーはこちら【人気!】◆駐妻になるまでの葛藤ストーリーはこちら◆今の私を作ったインドのストーリーはこちら■□■□■□■□■□■□■□■

  • 24Sep
    • 「お母さん最近忙しいですか?」にドキッとするの画像

      「お母さん最近忙しいですか?」にドキッとする

      こんにちは!\これからがんばって働くぞ!/元・働きたい駐在妻、ただいま在宅ワーママのまきこです。ご訪問いただきありがとうございます。▶▶詳しい自己紹介はこちらです。2016年~2020年の3年半バンコク、ジャカルタに滞在し、コロナ禍の影響で本帰国しました。5歳娘は日本の幼稚園生活、そして私は9月から在宅ワーカーに。娘は幼稚園の延長保育をめいっぱい使ってなんとか幼稚園でも仕事との両立中です。先日のお迎えの時に担任の先生から聞かれた一言。「最近、お母さんお忙しいですか?」のドキドキ感。たいていその後にはよくないことが知らされるとなんだか知っている私。SNS界隈や友人から聞いたことはあったけれどこのドキドキ感というか、情けなさというか、申し訳なさというか、何とも言えないこの気持ち。。。「最近、お母さんお忙しいですか?」の後に先生が伝えてくれたのはその日、娘がお友だちとのケンカが多かったということ。一つはなかなか大きめのケンカをしたらしい。はぁ、申し訳ありませんもうその気持ちでいっぱい。まだ仕事を始めたばかりだし「忙しい」訳ではないけれど環境が変わったのは確か。それが娘に何か影響してるのか。。。先生も別に何を思ってな訳でなくシンプルに心配して伝えてくれているのはわかる。それに対しては本当に感謝。ただ、「お母さん忙しいですか?今日はなんだかケンカが多くて」って聞くとなんとも余裕のない私は、あぁぁぁぁ。私の余裕のなさが娘に影響を与えているーごめんなさーーーいと何とも申し訳なく、情けない気持ちになりました。娘のケンカはたまたまだったかもしれないし、私の仕事や余裕のなさとは関係がないかもしれない。でもなんだか気にしてしまう私がいる。私が日本で働いていたのは娘が0歳の赤ちゃんの時。5歳となった娘と一緒に生活して仕事するのはまた違った悩みというか、考えなきゃいけないことがあるんだなーと、実感しました。はぁ。もうしばらくは母子生活だ。なんとか娘も私も息抜きしつつ乗り切ろう!★ポチっと大歓迎!にほんブログ村■□■□■□■□■□■□■□■まきこ2017年1月~バンコク2017年12月~ジャカルタ、2ヶ国目の働きたい駐在妻。「働く」を通して人が可能性を広げられる世界を目指して「書く」こと、「商品の販売サポート」をメインに駐在妻としてこれからの働き方の実験中。【働きたい駐在妻としての活動】・働きたい駐在妻のコミュニティ「まなとも」発起人。・駐妻のキャリアに関するアンケート実施 (プレスリリースはこちら)【書く・伝える活動】・SALASUSU・日経クロスウーマンアンバサダー・Twitter【私の自己紹介記事】◆自己紹介ストーリーはこちら【人気!】◆駐妻になるまでの葛藤ストーリーはこちら◆今の私を作ったインドのストーリーはこちら■□■□■□■□■□■□■□■

  • 21Sep
    • 現代の完全非接触のホテルに滞在中!の画像

      現代の完全非接触のホテルに滞在中!

      こんにちは!\これからがんばって働くぞ!/元・働きたい駐在妻、ただいま在宅ワーママのまきこです。ご訪問いただきありがとうございます。▶▶詳しい自己紹介はこちらです。2016年~2020年の3年半バンコク、ジャカルタに滞在し、コロナ禍の影響で本帰国しました。ただ今、日本は4連休コロナ禍で母子生活だとなんとも引きこもりな連休になりがちですが。。。/今回は娘とプチ二人旅\とはいっても遠出せずに県内でホテルステイです。それにしてもこのコロナ禍でのホテルの対応すごいなーと関心。私たちが滞在したところは/完全非接触\✔ チェックイン時の記入事項は  事前にWEB上で事前に。✔ カードキーもなく暗証番号で。✔ チェックイン時のやり取りも  入口の電話で。ここまで徹底してくれるとなんとも安心しますね。観光地でもないので行くところもなく、ホテルでダラダラしていますが、ちょこっと観光的なこともして。5歳娘と一緒に私が5歳の時に幼稚園で遠足に来たところに遊びに来てみました!あの時も親子遠足で私も母と一緒に来た場所。そこに娘と一緒に私が来る。なんだか感慨深い日本に帰ってきてからこうやって出かけるのは何気に初めて。やっぱりいいな旅は。また自由に旅に行ける、そんな日々がくるかしら。来てほしー!!!!★ポチっと大歓迎!にほんブログ村■□■□■□■□■□■□■□■まきこ2017年1月~バンコク2017年12月~ジャカルタ、2ヶ国目の働きたい駐在妻。「働く」を通して人が可能性を広げられる世界を目指して「書く」こと、「商品の販売サポート」をメインに駐在妻としてこれからの働き方の実験中。【働きたい駐在妻としての活動】・働きたい駐在妻のコミュニティ「まなとも」発起人。・駐妻のキャリアに関するアンケート実施 (プレスリリースはこちら)【書く・伝える活動】・SALASUSU・日経クロスウーマンアンバサダー・Twitter【私の自己紹介記事】◆自己紹介ストーリーはこちら【人気!】◆駐妻になるまでの葛藤ストーリーはこちら◆今の私を作ったインドのストーリーはこちら■□■□■□■□■□■□■□■

  • 15Sep
    • 【本帰国】我が家のリモート引っ越しの全貌はこれだ!の画像

      【本帰国】我が家のリモート引っ越しの全貌はこれだ!

      こんにちは!\これからがんばって働くぞ!/元・働きたい駐在妻、ただいま在宅ワーママのまきこです。ご訪問いただきありがとうございます。▶▶詳しい自己紹介はこちらです。2016年~2020年の3年半バンコク、ジャカルタに滞在し、コロナ禍の影響で本帰国しました。一部の国の駐在妻における今年の本帰国のトレンド。/リモート引っ越し\※リモート引っ越し本人(妻)は日本にいて帯同国に残った荷物をオンライでやり取りして、引っ越しを進めること。インドネシア駐在妻の方の多くもこれをやっているかと思います。我が家は夫は現地、私は日本でのリモート引っ越しなのでまだマシな方と思います。家族全員が本帰国になって完全に業者にリモート引っ越しをお願いするパターンもありますからねそれに比べたら我が家はぜんぜんいい方かと。8月にコロナ本帰国した我が家もリモート引っ越しを決行その全貌をこちらに記しておきます!我が家のリモート引っ越しのポイントは✔ 事前の写真のやり取り✔ 必要なものだけを日本に送るでした。もし万が一これからのリモート引っ越しに参考になれば。【一時帰国前】荷物の整理を始める夫の会社より帰国令が出たのが4月。当時は既にあまり飛行機の便がなく帰国令が出てから1週間後のフライトを予約しました。帰国令が出て翌日のフライトで帰国。なんて方も多かったので我が家はかなり猶予があった。なのでもうこの時に私はある程度整理しておいたんです。特に大切なものたちを。✔ 重要書類✔ 娘の作品✔ 絶対に無くなったら困るものをまとめておきました。そして不用品はじゃんじゃん捨てる。この時はジャカルタに戻るつもりでしたが「万が一戻れなかったとき」を考え荷物の整理をしておきました。そして家じゅうの棚や家具の写真を撮っておきました。思えばもうこの時にある程度本帰国を覚悟して準備していました。【見積時】捨てる&仕分けする本帰国が決まって引っ越し前の見積もりの時に写真を使って夫に大枠の仕分けをしてもらいました。そして大物の不用品処分も。一時帰国時に自分で撮った家の写真と足りない分は夫にお願いして撮影→LINEで写真を送ってもらう。その写真に印をつけているもの、いらないものを具体的に連絡。不用品は本来なら本帰国の時にまだ残る友人にあげたりバザーで販売したりしたかったけどそれは叶わないので基本的にまだ我が家を助けてくれるドライバーさんに貰ってもらいました。そして家じゅうの棚の中を写真で✔ 黄色い×はいらない✔ 青丸は船便✔ 赤丸は航空便と写真で仕分けていきました。【引っ越し直前】最後の仕分け引っ越し業者が来る直前の週末に夫とzoomを繋ぎながら最終の仕分けをしました。ある程度写真で仕訳けてはいたけれど服や細かいおもちゃは実際に見ながらでないと仕分けが難しかったので映像で。夫にモノを映してもらって私はじゃんじゃん判断する。「いる!いらない!いる!・・・・」もう即時の判断。あまり迷わず決めていきました。事前に写真で仕分けていたり、捨ててあるので事前のzoomは30分くらいでした。【引っ越し前日】最終確認かなりここまで事前に仕訳けてるのである程度はもう出来上がり。でも、やっぱり心配になる私最後に念押しで自分の頭の中に家の映像を映し出しつつ、最終まとめ。/パワポの資料作っちゃいました\家の収納別に今まで仕訳けてきたものの最終確認を写真付きパワポでここまでしなくてもよかったと思いますが、最後の念押しで。そして夫が✔ 船便✔ 航空便を仕分けてくれて最終仕分けを写真で送ってくれました。✔ 船便には付箋を貼って。✔ 航空便は1ヶ所にまとめて。そして引っ越し当日を迎えます。引っ越し業者さんが来てから全ての作業が終わるまでに1時間!!!!はやッ途中夫から電話も入りましたがかなりスムーズに引っ越し完了。そして、航空便:2箱船便:20箱の引っ越し作業が完了しました。かなりミニマルな引っ越し荷物。というのも、✔ 夫はそのまま単身赴任✔ 不用品はとにかく送らない  (ジャカルタで処分する)としたので本当に必要なものだけを送ってもらうことにしたので荷物量は少なくなったと思います。それにね、本当の本帰国なら「記念にアレ買って♡」「これも思い出に買おう♡」とインドネシアのもの買いたかったけどそれ全くできなかったから。。。それに約半年もジャカルタで使っていたものを使わずに生活しているとそこにあるものの愛着というか捨てられないって気持ちは薄れて。じゃんじゃん捨てました(貰ってもらいました)さて、あとは荷物が届くのを待つのみ。ちゃんと届くだろうか。また荷物届いたらその内容もお知らせしたいと思います。はぁ!大仕事終わりました!!!★ポチっと大歓迎!にほんブログ村■□■□■□■□■□■□■□■まきこ2017年1月~バンコク2017年12月~ジャカルタ、2ヶ国目の働きたい駐在妻。「働く」を通して人が可能性を広げられる世界を目指して「書く」こと、「商品の販売サポート」をメインに駐在妻としてこれからの働き方の実験中。【働きたい駐在妻としての活動】・働きたい駐在妻のコミュニティ「まなとも」発起人。・駐妻のキャリアに関するアンケート実施 (プレスリリースはこちら)【書く・伝える活動】・SALASUSU・日経クロスウーマンアンバサダー・Twitter【私の自己紹介記事】◆自己紹介ストーリーはこちら【人気!】◆駐妻になるまでの葛藤ストーリーはこちら◆今の私を作ったインドのストーリーはこちら■□■□■□■□■□■□■□■

  • 10Sep
    • ワーママってすごいな。尊敬する。の画像

      ワーママってすごいな。尊敬する。

      こんにちは!\これからがんばって働くぞ!/元・働きたい駐在妻、ただいま在宅ワーママのまきこです。ご訪問いただきありがとうございます。▶▶詳しい自己紹介はこちらです。2016年~2020年の3年半バンコク、ジャカルタに滞在し、コロナ禍の影響で本帰国しました。いやー!毎日があっという間です!ブログに書きたいことは山ほどあるんですがもう体力が追い付かない夜の20時には完全に充電切れです。でも幼稚園でお昼寝して帰ってくる元気すぎる5歳児が21時半過ぎまで全く充電が切れないので過酷な夜を送っております私は在宅勤務なので「出社する」ことはなく。それでもこれだけ疲労困憊なのだから出社してがんばる母たち、本当にすごいな。。。。私もスタートしたばかりなので慣れない部分もあって疲れることもありますが、健康第一にがんばりまっす!また週末にでもしっかりブログ書きますー★ポチっと大歓迎!にほんブログ村■□■□■□■□■□■□■□■まきこ2017年1月~バンコク2017年12月~ジャカルタ、2ヶ国目の働きたい駐在妻。「働く」を通して人が可能性を広げられる世界を目指して「書く」こと、「商品の販売サポート」をメインに駐在妻としてこれからの働き方の実験中。【働きたい駐在妻としての活動】・働きたい駐在妻のコミュニティ「まなとも」発起人。・駐妻のキャリアに関するアンケート実施 (プレスリリースはこちら)【書く・伝える活動】・SALASUSU・日経クロスウーマンアンバサダー・Twitter【私の自己紹介記事】◆自己紹介ストーリーはこちら【人気!】◆駐妻になるまでの葛藤ストーリーはこちら◆今の私を作ったインドのストーリーはこちら■□■□■□■□■□■□■□■

  • 06Sep
    • 9月1日よりワーママに復帰いたしました!の画像

      9月1日よりワーママに復帰いたしました!

      こんにちは!\これからがんばって働くぞ!/元・働きたい駐在妻、ただいま在宅ワーママのまきこです。ご訪問いただきありがとうございます。▶▶詳しい自己紹介はこちらです。2017年~2020年の3年半バンコク、ジャカルタに滞在し、コロナ禍の影響で本帰国しました。お久しぶりの更新になりました私はと言いますと、9月1日よりワーママ復帰なんだか気持ちばかりがドキドキ、慌ただしい1週間でブログ更新できずでした。。。。さて、私事ですが、9月1日より株式会社MYコンパスにジョインさせていただき、ワーママ生活に復帰いたしました。株式会社MYコンパス:女性向けライフキャリア教育・コミュニティ運営MYコンパスのミッションは、自分らしいライフキャリアを自走する女性を増やすこと。 キャリアコンサルティングを軸に、オンライン×コミュニティを活用し、企業の女性ユーザーコミュニティ企画運営から、研修・人材採用など人事領域まで、御社の課題に応じてサポートいたします。mycompass.co.jp私のブログを長く読んでくださっている方なら「MYコンパス」と聞いてピーンとくる方もいらっしゃるかもしれません。なんせ、私の駐在妻生活においてMYコンパス社との出会いが万が一なかったら。。。。そう考えるだけでも恐ろしいくらい私の駐在妻生活を語る上で欠かすことのできない存在です。駐在妻になりたての暗黒期に受講したMYコンパスアカデミーたくさんの挑戦をしてきた場所MYコンパスラボビジコンに挑戦し駐妻メルマガも始めたりビジコン&メルマガの軌跡私が3年半の駐在妻生活で色々なことに挑戦できたその原点ともいえる場所です。そのMYコンパス社に今回ご縁あって働かせていただくことになりました。ワーママ復帰と言っても基本的にフルリモートで在宅ワークの働き方をしています。なので、正直なところ働き方や日中過ごしている時間はあまり変わり映えなく、家におります。でも、やっぱり「働く」っていいなーとなんだかよくわからない緊張感と充実感に満たされているような感じです。正直まだ全然余裕はないんですがねまだまだ「働く」ことの感覚を取り戻すところからな状態の私ですが、頑張っていきたいと思います!これからの発信は、✔ 駐在妻が働き初めて感じること✔ いきなり本帰国のその後  (絶賛リモート引っ越し中!)✔ リモート&在宅での働き方✔ 私の感じていることや✔ 我が家の娘のこともなど、なかなかみんなが発信してくれない/働きたい駐在妻が働き始めたらどうなるの!?\をリアルにお届けできたらと思っています。あと、キャリアコンサルティング会社にジョインさせていただいたので✔ 女性のキャリア✔ 駐在妻のキャリアについても!徐々にタイトル等も整えていかねばいけないと思いつつ手が付けられていない(やる!やる!やる!)駐在妻から立場は変わりますが私と言う人はそのままですwちょっと発信の方向性は変わることもありますがこのままブログは続けるつもりです。よかったらこれからもお気軽に覗きに、来ていただけたら嬉しいです今後ともよろしくお願いいたします。★ポチっと大歓迎!にほんブログ村■□■□■□■□■□■□■□■まきこ2017年1月~バンコク2017年12月~ジャカルタ、2ヶ国目の働きたい駐在妻。「働く」を通して人が可能性を広げられる世界を目指して「書く」こと、「商品の販売サポート」をメインに駐在妻としてこれからの働き方の実験中。【働きたい駐在妻としての活動】・働きたい駐在妻のコミュニティ「まなとも」発起人。・駐妻のキャリアに関するアンケート実施 (プレスリリースはこちら)【書く・伝える活動】・SALASUSU・日経クロスウーマンアンバサダー・Twitter【私の自己紹介記事】◆自己紹介ストーリーはこちら【人気!】◆駐妻になるまでの葛藤ストーリーはこちら◆今の私を作ったインドのストーリーはこちら■□■□■□■□■□■□■□■

  • 31Aug
    • なぜ働きたいのか。の画像

      なぜ働きたいのか。

      こんにちは!\これからがんばって働くぞ!/働きたい元駐在妻のまきこです。ご訪問いただきありがとうございます。▶▶詳しい自己紹介はこちらです。コロナ禍によるジャカルタからの一時帰国から本帰国しました。8月も最終日!!ちょっと一旦締めくくり的なというか、私も忘れないようにここにしっかり書いておきたいこと。『なぜ働きたいのか』「働きたい駐在妻」を卒業した今、改めてこれに向き合って書きます。私がなぜ強く働きたいと思うのか。その原動力は何なのか。『働くことは自由を得ることだから』これが私の答えです。実は先日のセミナーでこのことを質問いただいたんです。でも正直うまく答えられなくて。ずっと考えてきたのに、ちゃんと結論はあったのに答えられなくてちょっと悔しく。。。改めて残しておこうと思いました。『働くことは自由を得ること』そう思うようになったのは私の人生の中の3つのストーリーから。まずは私の学生時代に遡ります。私は大学を1年休学してインドの農村でNGOのインターン生として仕事をしていました。村の隅に生活する日雇い労働者の家族。子どもたちは学校に通えず友人とものを「シェア」することすら知らなかった。彼女たちが学校に行けないのは親の仕事でずっといろんな場所を転々としていることやもちろんお金の問題もあった。この子たちの親が「定職」と言われる職に付けたらこの子たちの未来も変わるんだろうな。そう思った私は、途上国と呼ばれる国に「雇用を生み出せる」そんな仕事をさせてもらってきた。そしてもう一つは前職のマザーハウスでの経験。ものづくりをするバングラデシュの工場にヘルパーとして雇われた青年がいた。※ヘルパー:掃除など雑務がメインの仕事親がそういった仕事をしてきたから彼の仕事もヘルパー。そういう習わしだからそう。でも彼は自分の可能性を諦めなかった。就業後に職人たちに教えを乞うてものづくりの練習を重ねた。そして彼は技術とやる気が認められヘルパーから職人の仕事に移った。自分で自分の人生を切り開いた。「働くこと」を通して人生を変えていくことができる。それをリアルに見せてもらった。そして最後は私が駐在妻になったこと。働くことが好きだった私が夫の海外転勤という転機によって仕事ができなくなった。初めて仕事をしなくなってその喪失感の大きさに自分でもびっくりした。なんだか不自由になったと心から思った。私にとっては働くってお金を稼ぐだけじゃなくて社会と自分の繋がりを感じることだったんだと強くわかった。仕事がないから家族が学校に行けなくて苦労していたインドの家族たち。既に決められていた運命を仕事の力で切り開き変えていったバングラデシュの職人。そして働くことが私こんなに好きだったと感じた駐在妻の経験。これの3つをもって働くことは自分を自由にすること。私はそう捉えている。自分の力で仕事をしてお金を稼いで家族のためや自分のためにまた新たな毎日を生きていく。自分の力でお金を稼ぐことは大変なこともある。でも喜びもある。そして自分で自分の未来を切り開くことでもある。私は自分の未来は自分で切り開きたいと思う。自由に。だから働きたい。明日から9月。長く願ってきた「働きたい」を「働く」に変える日になります。「働きたい」私から「働く」私へ。それが決まったらやっぱり久しぶりに働くことの怖さは正直あるけれど自由になった気もする。さ!新しい生活!がんばります!★ポチっと大歓迎!にほんブログ村■□■□■□■□■□■□■□■まきこ2017年1月~バンコク2017年12月~ジャカルタ、2ヶ国目の働きたい駐在妻。「働く」を通して人が可能性を広げられる世界を目指して「書く」こと、「商品の販売サポート」をメインに駐在妻としてこれからの働き方の実験中。【働きたい駐在妻としての活動】・働きたい駐在妻のコミュニティ「まなとも」発起人。・駐妻のキャリアに関するアンケート実施 (プレスリリースはこちら)【書く・伝える活動】・SALASUSU・日経クロスウーマンアンバサダー・Twitter【私の自己紹介記事】◆自己紹介ストーリーはこちら【人気!】◆駐妻になるまでの葛藤ストーリーはこちら◆今の私を作ったインドのストーリーはこちら■□■□■□■□■□■□■□■

  • 28Aug
    • 抜け殻からのおやすみ中。の画像

      抜け殻からのおやすみ中。

      こんにちは!\これからがんばって働くぞ!/働きたい元駐在妻のまきこです。ご訪問いただきありがとうございます。▶▶詳しい自己紹介はこちらです。コロナ禍によるジャカルタからの一時帰国から本帰国しました。先日のイベントが終わってからなんだか抜け殻な私です『【開催レポ】コロナ禍に翻弄される駐在妻~これからのキャリアの考え方~』こんにちは!\これからがんばって働くぞ!/働きたい元駐在妻のまきこです。ご訪問いただきありがとうございます。▶▶詳しい自己紹介はこちらです。コロナ…ameblo.jp何だか、コロナ一時帰国からのここ数ヶ月のひと段落がついたようなそんな気がしています。だからちょっとおやすみ中。コロナ一時帰国から本帰国となるまでとにかく駆け抜けた数ヶ月でした。※この荷物で帰ってきたのがもう相当昔の様ここ数日、最低限のやらねばならないことだけをやって、あとは何をしているかと言うと、/100均でのお買い物祭り\引越し先の家を整えてまた9月からがんばろー!と思って。にしても、日本の100均って本当にすごいね。「あーこんなのあったらいいな」と思うものが百円で手に入る。もうね、病みつきです女の子専用ドリル!なんてのも発見!娘、喜んでやっておりました。すごいわ日本、本当にすごいわー。これが100円ですぐに買えるなんて本当に凄すぎるわー。と、ただの徒然日記の記事。ちょいと休んでまた9月から頑張ります!!!★ポチっと大歓迎!にほんブログ村■□■□■□■□■□■□■□■まきこ2017年1月~バンコク2017年12月~ジャカルタ、2ヶ国目の働きたい駐在妻。「働く」を通して人が可能性を広げられる世界を目指して「書く」こと、「商品の販売サポート」をメインに駐在妻としてこれからの働き方の実験中。【働きたい駐在妻としての活動】・働きたい駐在妻のコミュニティ「まなとも」発起人。・駐妻のキャリアに関するアンケート実施 (プレスリリースはこちら)【書く・伝える活動】・SALASUSU・日経クロスウーマンアンバサダー・Twitter【私の自己紹介記事】◆自己紹介ストーリーはこちら【人気!】◆駐妻になるまでの葛藤ストーリーはこちら◆今の私を作ったインドのストーリーはこちら■□■□■□■□■□■□■□■

  • 26Aug
    • 【開催レポ】コロナ禍に翻弄される駐在妻~これからのキャリアの考え方~の画像

      【開催レポ】コロナ禍に翻弄される駐在妻~これからのキャリアの考え方~

      こんにちは!\これからがんばって働くぞ!/働きたい元駐在妻のまきこです。ご訪問いただきありがとうございます。▶▶詳しい自己紹介はこちらです。コロナ禍によるジャカルタからの一時帰国から本帰国しました。昨日登壇したイベントから一夜明けてもなんだか余韻が残っている、そんな感じがします。【8/25オンライン開催】コロナ禍に翻弄される駐在妻~これからのキャリアの考え方~★50名のオンライン参加枠が満席となりました。ご好評につきオンライン参加枠を【増席】しました。(2020.8.19)・・・・・今春以降、コロナへの対応によって私たちの日常は大きく様... powered by Peatix : More than a ticket.mycompass0825.peatix.com最終的に230名もの方にお申込みをいただいたこのイベント。もちろん、私が今まで登壇したイベントの中で最大規模です。働きたい駐在妻の締めくくりとしての集大成のイベント。今日はそのイベントをレポートしていきたいと思います※オンラインでの配信中のMYコンパスオフィス。今回のイベント、決まってから開催までなかなかスピーディー私の本帰国が正式に決まったのが8月3日、そして開催が8月25日!もう本当に「本帰国したてのリアルな気持ち」をお話するのにぴったりなイベント開催となりました。今回のイベントで私が伝えたいと思ったのがこの2つ。✔ コロナ禍で多くの方が感じたであろう  モヤモヤや大変さを言語化する。✔ 私の駐在妻期間の体験談を  「働く」にフォーカスして伝える。モデレーターをしてくださった岩橋ひかりさんはキャリアの専門家なキャリアコンサルタント。でも私はキャリアの専門的はことは伝えられない。なので私の体験談を余すことなく、伝わるように伝えることにフォーカスしました。そして準備の言語化作業。いやー。なかなか大変でした大変なコロナの時期と自分の3年半の駐在妻生活。改めて振り返るよい機会になりました。当日のオンラインでのリアル参加は約70名の方と!!!見慣れた駐在妻仲間の顔もあって緊張MAXが少し落ち着けましたひかりさんのオープンングから私のトーク部分へ。まずはコロナ禍で感じたことについて。インドネシアでコロナの感染が確認されてからほんの数週間でみんな一気に一時帰国していった。その間は本当に毎日、毎日苦しかった。それがなぜ辛かったのかそれを私なりに言語化してお伝えしました。そしてもう一つは私の駐在妻生活で何をやってきたのか。私の3年半の活動を駐在妻の経歴書としてに初めてまとめてみました会社員だった私が自分でブログを書いて発信して自分でお茶会なんかを開催して。そして企業やNGOなどをお手伝いさせていただきながら自分が社会に対して何をしたいのか。それを見つけていくまでの3年半を具体的にお伝えさせていただきました。最後はQ&Aセッション。事前アンケートでいただいた質問にお答えしていきました。いやー。でもこのQ&A。もっとお話できることあったんじゃないかと振り返って反省していますなんだかトーク部分で力を使いすぎてしまった感があって、きちんと回答できなかった。そんな気がしています。。。。。でも、画面越しに頷きながら、微笑みながら聞いてくださるたくさんの参加者の皆さんにパワーをもらい、1時間のイベントを無事に終えることができました。1時間のイベント。本当にあっという間でした。ただ、「もっと伝えられたな」とか「私の話ばっかりだったな」とかなんだか振り返ると反省も多く伝えきれなかった分はブログなどを通してまたお伝えできたらと思っています。改めてこのコロナ禍と一時帰国からの本帰国を振り返って。いやー!本当に日々決断の連続!だったなーと思っています。まだコロナの渦中だしきっとこれからももうしばらくそんな日々が続く。この日々がこれからの未来にどう活きてくるのかそれはまだわかりません。でも毎日なんとか生きてることやってること、きっと未来に繋がると信じて。大変な中なので自分のことも大切に、無理をし過ぎないように。私自身、この本帰国直後に自分の日々を振り返ることができとてもいい機会となりました。イベントを用意してくださった、ひかりさんはじめ、MYコンパス社のみなさま、そしてご参加いただいたみなさま、本当にありがとうございました!!当日のリアル参加でなく、これから動画配信をご覧いただく方もたくさんいらっしゃるのでぜひ楽しみにしていてください★ポチっと大歓迎!にほんブログ村■□■□■□■□■□■□■□■まきこ2017年1月~バンコク2017年12月~ジャカルタ、2ヶ国目の働きたい駐在妻。「働く」を通して人が可能性を広げられる世界を目指して「書く」こと、「商品の販売サポート」をメインに駐在妻としてこれからの働き方の実験中。【働きたい駐在妻としての活動】・働きたい駐在妻のコミュニティ「まなとも」発起人。・駐妻のキャリアに関するアンケート実施 (プレスリリースはこちら)【書く・伝える活動】・SALASUSU・日経クロスウーマンアンバサダー・Twitter【私の自己紹介記事】◆自己紹介ストーリーはこちら【人気!】◆駐妻になるまでの葛藤ストーリーはこちら◆今の私を作ったインドのストーリーはこちら■□■□■□■□■□■□■□■

  • 25Aug
    • 【速報!】コロナ禍駐在妻のイベント終わりました。の画像

      【速報!】コロナ禍駐在妻のイベント終わりました。

      こんにちは!\これからがんばって働くぞ!/働きたい元駐在妻のまきこです。ご訪問いただきありがとうございます。▶▶詳しい自己紹介はこちらです。コロナ禍によるジャカルタからの一時帰国から本帰国しました。今朝のブログで緊張をお伝えした本日登壇させていただきましたこちらのイベント。【8/25オンライン開催】コロナ禍に翻弄される駐在妻~これからのキャリアの考え方~★50名のオンライン参加枠が満席となりました。ご好評につきオンライン参加枠を【増席】しました。(2020.8.19)・・・・・今春以降、コロナへの対応によって私たちの日常は大きく様... powered by Peatix : More than a ticket.mycompass0825.peatix.com無事に終了いたしましたー!!ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。動画をお申込みいただいた方は配信を少々お待ちくださいね。最終的に230名もの方にお申込みをいただいたイベント。もう本当に緊張しましたでもオンライン越しにバンコクの仲間たちやMYコンパスの仲間たちの顔が見えてなんとか落ち着いたのも事実です1時間の中で私の今までの体験をお伝えしました。本当に一駐在妻としての体験談なのでどこまでお役に立てるか心配な部分もありますが、画面越しに頷いてくださる参加いただいたみなさんにパワーをいただき、やり切りました。これからのこと、セミナーの振り返り、また詳細書いていきますね。はぁ!終わりました!大仕事!!!ちょっとひと段落です。★ポチっと大歓迎!にほんブログ村■□■□■□■□■□■□■□■まきこ2017年1月~バンコク2017年12月~ジャカルタ、2ヶ国目の働きたい駐在妻。「働く」を通して人が可能性を広げられる世界を目指して「書く」こと、「商品の販売サポート」をメインに駐在妻としてこれからの働き方の実験中。【働きたい駐在妻としての活動】・働きたい駐在妻のコミュニティ「まなとも」発起人。・駐妻のキャリアに関するアンケート実施 (プレスリリースはこちら)【書く・伝える活動】・SALASUSU・日経クロスウーマンアンバサダー・Twitter【私の自己紹介記事】◆自己紹介ストーリーはこちら【人気!】◆駐妻になるまでの葛藤ストーリーはこちら◆今の私を作ったインドのストーリーはこちら■□■□■□■□■□■□■□■

    • 緊張!お申込みが200名を超えたって。。。の画像

      緊張!お申込みが200名を超えたって。。。

      こんにちは!\これからがんばって働くぞ!/働きたい元駐在妻のまきこです。ご訪問いただきありがとうございます。▶▶詳しい自己紹介はこちらです。コロナ禍によるジャカルタからの一時帰国から本帰国しました。さて!本日の私はとてつもなく緊張していますブログでもお伝えさせていただいたこちらのイベント当日です!【8/25オンライン開催】コロナ禍に翻弄される駐在妻~これからのキャリアの考え方~★50名のオンライン参加枠が満席となりました。ご好評につきオンライン参加枠を【増席】しました。(2020.8.19)・・・・・今春以降、コロナへの対応によって私たちの日常は大きく様... powered by Peatix : More than a ticket.mycompass0825.peatix.comしかもですよ、なんとお申込みが今朝の時点で219名半数以上は後日の動画視聴をお申込みいただいているとのことで200名以上の方が画面越しに直接いらっしゃる、と言う訳ではないんですが。でも予想以上すぎるお申込みの数にとてつもなく緊張しています。。。。私自身はキャリアの専門家でもなくシンプルに体験談をお伝えすることしかできません。でもこのコロナ禍、きっと他の方が何を思ってどう判断していたのかきっとみなさん気になるのかなと思っています。そして3年半の私の駐在妻生活で一体何をしてきたのか、たっぷりリアルにお伝えしたいと思っています。はー!緊張します!!!!がんばりまっす!★ポチっと大歓迎!にほんブログ村■□■□■□■□■□■□■□■まきこ2017年1月~バンコク2017年12月~ジャカルタ、2ヶ国目の働きたい駐在妻。「働く」を通して人が可能性を広げられる世界を目指して「書く」こと、「商品の販売サポート」をメインに駐在妻としてこれからの働き方の実験中。【働きたい駐在妻としての活動】・働きたい駐在妻のコミュニティ「まなとも」発起人。・駐妻のキャリアに関するアンケート実施 (プレスリリースはこちら)【書く・伝える活動】・SALASUSU・日経クロスウーマンアンバサダー・Twitter【私の自己紹介記事】◆自己紹介ストーリーはこちら【人気!】◆駐妻になるまでの葛藤ストーリーはこちら◆今の私を作ったインドのストーリーはこちら■□■□■□■□■□■□■□■

  • 23Aug
    • レンタル家電&家具で本帰国の大変さを和らげる。の画像

      レンタル家電&家具で本帰国の大変さを和らげる。

      こんにちは!\これからがんばって働くぞ!/働きたい元駐在妻のまきこです。ご訪問いただきありがとうございます。▶▶詳しい自己紹介はこちらです。コロナ禍によるジャカルタからの一時帰国から本帰国しました。/本帰国したとき、軽く100万円近く使ったよ。\ぎょえーーーーー!本帰国済みの友人からそんなことを聞いたことがあります。まあ。そうですよね。日本での新生活。家を借りて、家電を買って、家具を買って、車も何なら買って。。。。。そりゃお金が飛んでいく我が家も日本での新生活を立てていかねばならないんですが、コロナのおかげさまでなんせ、なーんの準備もなく帰国してしまった。。。ので、ちょっと生活の準備をするにもかなりの苦労。なので、一旦、これに頼ることにしました。まだ仮生活の方、本帰国時にとりあえず生活を立て直したい方、レンタル家電&家具お勧めです!!!ジャカルタからの仮生活。生活に必要な家具や家電は揃えねばならないけれど、ジャカルタに帰る予定だから買うわけには行かない。。。。そう思ったときにTwitterからの情報に助けられ、私は家電&家具レンタルを利用していました。そして、仮生活から引越し、本格的な日本の生活スタートとなりましたが、まだレンタルを利用しています。その理由は✔︎ もう新しい家具&家電を  考えて買う余力なし!  (コロナ母子帰国で余力なし)✔︎ 夫が数年後に帰国するため  今もある意味では仮生活。✔︎ イレギュラーな本帰国のため、  船便や倉庫からの荷物が  当分やってこない。。。ま、一番の理由は家具家電を考えるほど余力がない!!!ってのが一番ですね。。。結構パワー使うじゃないですか。お金もだけれど。だからそこに力を使うのをやめて、一旦、レンタルで生きることにしました。調べてみるとレンタル家電や家具って本当にたくさんある!!!おしゃれ家具を借りれたり。家具・インテリアのレンタルサービス | airRoom(エアールーム)高品質でオシャレな家具・インテリアを月額制(サブスク)でレンタル利用が可能。また、いつでも交換可能!airRoom(エアールーム)であなたらしい毎日を実現しよう。air-room.jp仮生活でなくても試したい家具をレンタルしてみるのも良さそうです。私が利用しているのは実用性あり!と私が思ったところです。かして!どっとこむ家電レンタル・家具レンタルのかして!どっとこむ厳選された家具・家電を新品、中古で全国にお届けレンタル。圧倒的な品揃えとレンタル後のアフターサービスが人気です。家電レンタル、家具レンタルは業界35年、年間受注実績60,000件(2016年度)の「かして!どっとこむ」にお任せください。www.kasite.comこちらで、✔︎ 冷蔵庫✔︎ 洗濯機✔︎ レンジ✔︎ ガスコンロ✔︎ 扇風機✔︎ ダイニングテーブル✔︎ 自転車をただいまレンタル中です。これを1年レンタルしています。/それでお値段だいたい10万円ちょっと!\我が家はコストを抑えたくて中古品のレンタルですが、全く気にならない綺麗さです。買い換えたくなったら途中で返却もできるのでひとまず生活を整える!その目的にはぴったりです。本帰国ってただでさえパワーがいる。それにこの時期の本帰国ならなおさら。。。。そんなときにレンタル家電&家具で一時的に凌ぐ選択肢もありだなーと思っています!便利だー!さて、我が家のジャカルタからの航空便と船便はいつか届くのだろうか。。。(いまだ未定。。。。。)◆こちらのイベントまだお申し込み可能です!【8/25オンライン開催】コロナ禍に翻弄される駐在妻~これからのキャリアの考え方~★50名のオンライン参加枠が満席となりました。ご好評につきオンライン参加枠を【増席】しました。(2020.8.19)・・・・・今春以降、コロナへの対応によって私たちの日常は大きく様... powered by Peatix : More than a ticket.mycompass0825.peatix.com★ポチっと大歓迎!にほんブログ村■□■□■□■□■□■□■□■まきこ2017年1月~バンコク2017年12月~ジャカルタ、2ヶ国目の働きたい駐在妻。「働く」を通して人が可能性を広げられる世界を目指して「書く」こと、「商品の販売サポート」をメインに駐在妻としてこれからの働き方の実験中。【働きたい駐在妻としての活動】・働きたい駐在妻のコミュニティ「まなとも」発起人。・駐妻のキャリアに関するアンケート実施 (プレスリリースはこちら)【書く・伝える活動】・SALASUSU・日経クロスウーマンアンバサダー・Twitter【私の自己紹介記事】◆自己紹介ストーリーはこちら【人気!】◆駐妻になるまでの葛藤ストーリーはこちら◆今の私を作ったインドのストーリーはこちら■□■□■□■□■□■□■□■

  • 21Aug
    • 新しい家。ここからはじまる。の画像

      新しい家。ここからはじまる。

      こんにちは!\これからがんばって働くぞ!/働きたい元駐在妻のまきこです。ご訪問いただきありがとうございます。▶▶詳しい自己紹介はこちらです。コロナ禍によるジャカルタからの一時帰国から本帰国しました。ここ2日間でやっていたのは自力引越し!!!お世話になった仮の住まいから本格的に住む家へ、引越し業者に頼まず自力でレンタカーで引越ししました。真夏の引越し、舐めてかかったらダメですね。。。。予想以上に体力を奪われました。。。。引越しとはいっても、数ヶ月前にスーツケース3つでジャカルタから帰国して、そこから極力荷物を増やさない、そんな生活をしていたので全然荷物はありません。箱詰めもせず、ぽいっと車にそのまま積んで次の家に運ぶ。かなり自分がミニマリスト的生活ができていたんじゃないかっていう荷物の量でした。なーんとか一人で頑張って2日間でほぼ引越し完了。ふーっと一息ついた時、あー、ここから本当の新しい生活がスタートするんだなって思いました。もう仮の生活ではなく、日本での本格的な新しい生活が始まる。前の記事にも書きましたが、自分の名義で借りた賃貸。『無職の元駐在妻が賃貸契約に挑む!』こんにちは!\これからがんばって働くぞ!/働きたい元駐在妻のまきこです。ご訪問いただきありがとうございます。▶▶詳しい自己紹介はこちらです。コロナ…ameblo.jp自分で家賃も支払っていかなければならない。夫はまだまだ帰ってこない。さー、娘と二人でここからまたがんばらねば!なんだかじんわりまだ片付かない部屋を眺めながら思いました。はじまる。ようやく、新しい日々が。宙ぶらりんからは卒業したけれど、これから先の生活を立てていくのも大変だ。でも自分で決めたから。なんとか頑張っていきたいと思います。先日、告知させていただいたオンライントークイベント。な、な、なんと160名もの方にお申し込みいただいていて。もう、本当にありがとうございます。【8/25オンライン開催】コロナ禍に翻弄される駐在妻~これからのキャリアの考え方~★50名のオンライン参加枠が満席となりました。ご好評につきオンライン参加枠を【増席】しました。(2020.8.19)・・・・・今春以降、コロナへの対応によって私たちの日常は大きく様... powered by Peatix : More than a ticket.mycompass0825.peatix.comオンライントークイベントの経験はあるものの、こんなに大人数は初体験。。。。ドキドキと責任感がドーンとでもせっかくの機会、何かのお役に立てるようにしーっかり準備してのぞみます!当日は難しくても後日の動画視聴もできるのでよかったらお申し込みくださいね。【8/25オンライン開催】コロナ禍に翻弄される駐在妻~これからのキャリアの考え方~★50名のオンライン参加枠が満席となりました。ご好評につきオンライン参加枠を【増席】しました。(2020.8.19)・・・・・今春以降、コロナへの対応によって私たちの日常は大きく様... powered by Peatix : More than a ticket.mycompass0825.peatix.comさー!新しい家での再出発!!!がんばるぞー!!!!★ポチっと大歓迎!にほんブログ村■□■□■□■□■□■□■□■まきこ2017年1月~バンコク2017年12月~ジャカルタ、2ヶ国目の働きたい駐在妻。「働く」を通して人が可能性を広げられる世界を目指して「書く」こと、「商品の販売サポート」をメインに駐在妻としてこれからの働き方の実験中。【働きたい駐在妻としての活動】・働きたい駐在妻のコミュニティ「まなとも」発起人。・駐妻のキャリアに関するアンケート実施 (プレスリリースはこちら)【書く・伝える活動】・SALASUSU・日経クロスウーマンアンバサダー・Twitter【私の自己紹介記事】◆自己紹介ストーリーはこちら【人気!】◆駐妻になるまでの葛藤ストーリーはこちら◆今の私を作ったインドのストーリーはこちら■□■□■□■□■□■□■□■

  • 18Aug
    • 私の駐在妻生活の全てを語りつくします!!!の画像

      私の駐在妻生活の全てを語りつくします!!!

      こんにちは!\これからがんばって働くぞ!/働きたい元駐在妻のまきこです。ご訪問いただきありがとうございます。▶▶詳しい自己紹介はこちらです。コロナ禍によるジャカルタからの一時帰国から本帰国しました。じわり、じわりと先週の本帰国の報告からたくさんの方にコメントいただいたり、引き続き記事を読んでいただいたり。ブログを通してたくさんの方と繋がれていることにとても感謝しています。本当にありがとうございます。正直、正直なところまだまだ気持ちの整理がつかないそんな部分はたーくさんあります。でも、そんな今だからこそできることがあるような気がしています。ブログでもこれからも書いていこうと思っていますが、せっかくなので今の想いをリアルに語ります!!来週、オンラインイベントに登壇します今日はそのお知らせをさせてください。今回のコロナ禍からの一時帰国、そして本帰国。もう本当に予想外!!2020年のはじめにはこんなことになるなんて全く予想していませんでした。でもね、振り返ってみたら私の帯同生活、けっこう予想外!!が既にあって。海外出張もしたことがない夫がいきなりの海外転勤の辞令をある日もらってくるという予想外!!基本的には1か国で数年勤務して終了予定が1年未満でインドネシアへスライドという予想外!!正直、今回のコロナ禍の予想外が一番予想外過ぎたけれどそれでも今まで予想外のことはいくつか乗り越えてきている。人生100年時代と言われ、さらにはより不確かさを増すこれからの社会。その中で巻き起こる予想外の変化の中でどう生きていったらいいのかなんだかその渦中に私の帯同生活はあったような気がします。正直まだその変化の渦中にいるので誰かに何かをアドバイスするとかそんな偉そうなことはできません。(渦中にいなくなってできませんが)でも私の経験をお話することはできるし、それが何かのお役に立てたら。それに、渦中にいるからこそ今しか話せない言葉がきっとある。そう思って、今回のイベントに登壇させていただきます。【オンライン無料開催】8月25日(火)12:00-13:00(日本時間)コロナ禍に翻弄される駐在妻~これからのキャリアの考え方~▼▼詳細はこちら【8/25オンライン開催】コロナ禍に翻弄される駐在妻~これからのキャリアの考え方~今春以降、コロナへの対応によって私たちの日常は大きく様変わりしました。そんなコロナ禍においては、日本国内だけでなく国をまたいで生活の変化を余儀なくされた人たちがいます。夫の海外転勤... powered by Peatix : More than a ticket.mycompass0825.peatix.comイベントのモデレーターをしてくださるのは駐在妻生活ずっとお世話になってきたキャリアコンサルタント岩橋ひかりさん。私の駐在妻生活3年半の苦楽を何でも知っているのでは!?と思えるそんな方です。そんなひかりさんと、✔ 私のコロナ禍で何が起きたのか✔ それをどう判断してきたのか✔ なぜ本帰国を選んだのか✔ 駐在妻3年半で結局何を得たのか✔ これからの私の働き方などなど、素直にリアルに今の私の生活と今までの駐在妻生活を振り返っていきたいと思います。ブログの文字では書ききれないこともここではきっと話せる気がします。日本時間のお昼の時間。無料のオンラインイベントです。当日、参加が難しい方は後日の動画視聴もあります。でも当日、一緒にオンラインで見ていただけたらとーっても励みになります!今だから話せる私の駐在妻3年半がぎゅーっとつまった1時間。ぜひお時間許せばご参加いただけたら嬉しいです。▼▼詳細&お申込みはこちら【8/25オンライン開催】コロナ禍に翻弄される駐在妻~これからのキャリアの考え方~今春以降、コロナへの対応によって私たちの日常は大きく様変わりしました。そんなコロナ禍においては、日本国内だけでなく国をまたいで生活の変化を余儀なくされた人たちがいます。夫の海外転勤... powered by Peatix : More than a ticket.mycompass0825.peatix.comよろしくお願いします★ポチっと大歓迎!にほんブログ村■□■□■□■□■□■□■□■まきこ2017年1月~バンコク2017年12月~ジャカルタ、2ヶ国目の働きたい駐在妻。「働く」を通して人が可能性を広げられる世界を目指して「書く」こと、「商品の販売サポート」をメインに駐在妻としてこれからの働き方の実験中。【働きたい駐在妻としての活動】・働きたい駐在妻のコミュニティ「まなとも」発起人。・駐妻のキャリアに関するアンケート実施 (プレスリリースはこちら)【書く・伝える活動】・SALASUSU・日経クロスウーマンアンバサダー・Twitter【私の自己紹介記事】◆自己紹介ストーリーはこちら【人気!】◆駐妻になるまでの葛藤ストーリーはこちら◆今の私を作ったインドのストーリーはこちら■□■□■□■□■□■□■□■

  • 16Aug
    • 無職の元駐在妻が賃貸契約に挑む!の画像

      無職の元駐在妻が賃貸契約に挑む!

      こんにちは!\これからがんばって働くぞ!/働きたい元駐在妻のまきこです。ご訪問いただきありがとうございます。▶▶詳しい自己紹介はこちらです。コロナ禍によるジャカルタからの一時帰国からそのまま本帰国しました。/本帰国したからには日本で住む家を自分たちで確保せねばらなぬ!\当たり前のことなんですが、コロナ禍で急に一時帰国した無職の駐在妻なものでそれで家が借りれるのか!?この本帰国でなかなかドキドキしたポイントです。結論:契約できました!今回は無職の元駐在妻が賃貸契約に挑む!!!をお届けします。今回の記事は専門家の話ではなく、あくまで私が経験したことです。詳細の内容はケースによって違いますのでご参考までにお願いします。賃貸契約のハードルは入居審査が通るか否か!!入居審査とは物件を持つ不動産屋や貸主が入居希望者の支払い能力やその他の信用をチェックし入居させるかどうか決めることです。審査の基準は各不動産屋、貸主、彼らが利用する審査会社によって様々基準があるようです。我が家は✔ 夫は会社員。日本非居住者。✔ 住む妻は現状無職。これで審査が通るかどうか。なかなか苦戦するかもしれない状況を予想してかなり早めに家探しをスタートしました。我が家は現状を仲介してくれる不動産屋さんに話してそれでも借りられそうな物件を紹介してもらいました。「でも審査が通るかどうかは審査に出してみないとわからないです。」とのアドバイスの元、気に入った物件の審査をまずお願いすることに。提案された審査の方法は2つ。①会社員である夫を契約者にする。②私を契約者にして、私の預貯金額を提示する。①の場合は支払い能力は認められるだろうがなんせ日本非居住者。②の場合は預貯金額次第での判断。ちょっとどちらも確実性はありません。でもやってみるしかない!ドキドキダメなら次を探そう!と審査に挑みました!結果。①夫を契約者にしての審査は通らず。。。やはり予想通り日本に住んでいない人を契約者にすることは認められない。と審査会社に言われました。そして同じ物件で私を契約者にして、私の預貯金額を提示して再度審査に挑みました。ちなみに「預貯金額で審査」とは、無職の人の支払い能力を貯金額で提示するためのもの。これも物件によって違いますが1-3年分の家賃が預貯金がひとつの基準のようです。そして私名義の口座の貯金額を審査会社に提出。ドキドキ、、、、、、数日後、、、、、審査が通った!!!一度審査に落ちたものの、同じ物件での再審査で無事に審査通過できました。よかった。。。。。ちなみに現状無職でも就職先が決まっていればそちらの会社に「内定証明書」を発行してもらうことでも審査は通るようです。また本帰国になった友人で単身赴任のご主人の名義で賃貸契約された方もいます。私の場合は、仕事を決める前に家を決めねばならなかったので無職での賃貸契約となりました。こちらにも無職での契約についてまとめられていたので参考に。【ホームズ】無職や求職中でも賃貸アパートは借りられる?入居審査について | 住まいのお役立ち情報物件を借りるときの審査基準と契約時の状況別(無職・求職中、フリーランス、新社会人)での契約に必要となるものをご紹介します。 | 住まいのお役立ち情報【LIFULL HOME'S】www.homes.co.jpはー!ドキドキしたけれどまずは第一関門突破!そんな気持ちです。賃貸契約や審査は不動産屋さんや貸主によって個別ケースと思いますので相談しつつ進めてくださいね。以上、無職の元駐在妻の賃貸契約でしたー!★ポチっと大歓迎!にほんブログ村■□■□■□■□■□■□■□■まきこ2017年1月~バンコク2017年12月~ジャカルタ、2ヶ国目の働きたい駐在妻。「働く」を通して人が可能性を広げられる世界を目指して「書く」こと、「商品の販売サポート」をメインに駐在妻としてこれからの働き方の実験中。【働きたい駐在妻としての活動】・働きたい駐在妻のコミュニティ「まなとも」発起人。・駐妻のキャリアに関するアンケート実施 (プレスリリースはこちら)【書く・伝える活動】・SALASUSU・日経クロスウーマンアンバサダー・Twitter【私の自己紹介記事】◆自己紹介ストーリーはこちら【人気!】◆駐妻になるまでの葛藤ストーリーはこちら◆今の私を作ったインドのストーリーはこちら■□■□■□■□■□■□■□■

  • 14Aug
    • 冷静に考えると大変すぎるコロナ禍一時帰国&本帰国の画像

      冷静に考えると大変すぎるコロナ禍一時帰国&本帰国

      こんにちは!\これからがんばって働くぞ!/働きたい元駐在妻のまきこです。ご訪問いただきありがとうございます。ご訪問いただきありがとうございます。▶▶詳しい自己紹介はこちらです。本帰国の記事を書いてからたくさんの方にブログを読んでいただき本当にありがとうございます。コロナ禍の一時帰国からの今回の本帰国。なんだか心にぽっかり穴がまだ空いているようなそんな気持ちになる時があります。きゅーっと胸が苦しくなるような。ふと、何気ない時にジャカルタのいつも行っていたショッピングモールで「あ!あそこであれ買わなきゃ」と無意識に思ったり。もう私は日本でジャカルタのあのモールには飛行機に乗っていかないといけない。。でもなんだかまだご近所な感覚がふと湧き出てくることがあります。そして、こんななんだか辛い気持ちは私だけじゃなくて本当にたくさんの、世界中の駐在妻に今回起こっていることです。なんだか私も駐在妻だったからそれが当たり前の環境だったけど冷静に客観視するとなかなか稀な辛い体験だと思います。だってね、冷静に捉えたらこのコロナからの一時帰国って、ある日突然、「明日の飛行機で日本に家族は帰ってください。夫はそのままジャカルタで。この先のことはわかりません」と言われてとにかくスーツケースに急いで物を詰めて飛行機に乗って。数ヶ月、実家だったり、仮住まいで生活して。そのうち家に帰れると信じて。そしたら「もう家には帰れません。日本で新しい生活を築いてください。夫は単身赴任で」と言われた感じ。というかそれが事実。私は本帰国は自分で選んである意味自分のタイミングで決めることができたけれど、そうじゃない人の方が多い。ある日突然、日常がなくなって、家に帰れなくなる。お家なくなっちゃった。。。冷静に考えるとなかなかない、辛い経験だ。もちろん日本人駐在家庭はいつかは日本に帰る。でも数年住んだ場所が例え海外だってもうそこが自分家なのよ。日本に帰れてよかったとも思っているけれど、なんだろうこのぽかーんと放心状態になる気持ち。そんな気持ちのコロナの影響を受けた駐在妻の方がきっと、きっとたくさん、たくさんいる。でも、毎日の新しい生活は築いていかねばならなくて。我が家もポーンと帰国してしまったので日本に家無し、私に仕事なし!本帰国して、夫が単身赴任なので、我ら家族の家と生活は自分たちでなんとかせねばならぬ!というわけで、なんとか無職の元駐在妻、家を借りたり、仕事するために頑張ったり日々、奮闘しております!!!ここからはそんな私の奮闘の日々や少しでも情報シェアになればと実際の新しい生活の立て直しについて書いていきたいと思います。結論からお伝えすると、無職の元駐在妻ちゃんと私名義で賃貸の家借りれたよ一時帰国中、本帰国済みの駐在妻のみなさん、本当に大変で、辛くてやるせない気持ちだけれど暑さに負けずに乗り切りましょー!!!!きっといいことあるはずだ★ポチっと大歓迎!にほんブログ村■□■□■□■□■□■□■□■まきこ2017年1月~バンコク2017年12月~ジャカルタ、2ヶ国目の働きたい駐在妻。「働く」を通して人が可能性を広げられる世界を目指して「書く」こと、「商品の販売サポート」をメインに駐在妻としてこれからの働き方の実験中。【働きたい駐在妻としての活動】・働きたい駐在妻のコミュニティ「まなとも」発起人。・駐妻のキャリアに関するアンケート実施 (プレスリリースはこちら)【書く・伝える活動】・SALASUSU・日経クロスウーマンアンバサダー・Twitter【私の自己紹介記事】◆自己紹介ストーリーはこちら【人気!】◆駐妻になるまでの葛藤ストーリーはこちら◆今の私を作ったインドのストーリーはこちら■□■□■□■□■□■□■□■