イタリアンの名店『イル ボッカローネ』元シェフに、


お花いっぱいのお店前で声をかけられたと思ったら、、、
こちらが岩田シェフの新店舗『イル バロンドーロ』さんでした(*^^*)

先週金曜日にオープンしたとのこと。

それは早く行かねばと、
早速予約を入れたら、
「その日は休みなんです」と…。

がーん…。

でも、
まずは、


岩田シェフ、オープンおめでとうございます🎊

お互いのお店のスタッフ同志で、
『イル ボッカローネ』さんで、
まかない食べた日が懐かしいです。。。






かなりご無沙汰していた『アラジン』さんで、

 

 

久々にランチを頂いたのですが、

 
 
昔から変わらない「豚のリエット」と、
「周りはハードで中はふかふかのパン」と、
「トリュフのサブレ」からのスタートでした。

その後、
 
 
「鮮魚のカルパッチョのサラダ仕立て」
 

「具沢山ミネストローネ」と続き、
 
メインの「茄子で包まれた秋刀魚」は、
真っ黒でプリン型のようなビジュアルが衝撃的でした…。
 
 
中から秋刀魚とトロトロ茄子が「こんにちは」でしたが、
ユニークで味わい深く、
感動でした…。
 
 
豊富なデセールも、
迷いに迷った挙句、
 
 
支配人さんから勧められた秋限定「柿とパッションフルーツのスープ&ヨーグルトのソルベ」にしましたが、
最初から最後まで、
自信漲る美味しさで、
圧巻の料理のオンパレードでした。

帰り際、
 
 
できたばかりのグレープフルーツピールチョコを1個頂いちゃいました
 
川崎シェフ、甘くて苦いお裾分け、ありがとうございました

次回は私も美味しいお裾分けを持参致します🍎
 
 

 


 

4年ぶりに、

 

 

虎白』さんの席につきました。

 
 
相変わらず、
 
 
どれもこれもプロの極みワザが光ものばかりで、
 
 
早食いの私にもテンポよく料理が運ばれてきて、
ミシュラン3つ星店とはこういうことなんだと、
改めて勉強になりました。
 
 
自信漲る店主の小泉さんが料理にも乗り移り、
 
 
ご飯もイキイキしてます✨

私も、
素材も料理も喜ぶマメな作り手でありたいなぁと思います。

10月13日の今日は、
豆の日です。
 
 

 

タイトル通り、
いつもお客さんいっぱいの赤坂『なかむら食堂』さんですが、

店内には何台も、


大型テレビが付いてて、
厨房シーンが映し出されてるので、
どこに座っても、
調理姿が目に飛び込んでくるので、
それも美味しさを引き立ててくれるんですよね。

元々そのスクリーンを使って、
料理教室をなさってたからとのことですが、
その頃に通ってみたかったです(*^^*)

メニューは、


季節のおススメや、
定番ものがたくさんありますぎて、
迷いに迷ってしまいますが、

先日は、

 

「里芋と海老のクリームチーズ和え」
「やみつきセロリ」

 
「舞茸とホタテのかき揚げ」


「鮪と秋刀魚のお造り」


「焼き鯖」


「海老とブロッコリーのアンチョビ炒め」


「らっきょうのたまり漬け」


「ライスカレー」 
「お味噌汁」を30分で平らげてしまいました🍛


次回は、
この日、完売してた餃子が食べたいです。

ポールマッカートニーの生ライブもココでやってほしいです(笑)