食作家:園山真希絵オフィシャルブログ「こころのごはん手帖-食べる門に福来る-」by Ameba

食作家:園山真希絵オフィシャルブログ「こころのごはん手帖-食べる門に福来る-」by Ameba

食作家・園山真希絵の食べても太らないミラクル幸腹DAYS。 

※園山真希絵へのお仕事のご依頼は、
03-3407-4481 圭三プロダクション)までお願い致します。

※紹介制飲食店『そのやま』

TEL:0363376498

http://www.ebisu-sonoyama.com/

https://www.facebook.com/sonoyama.tokyo


※「TERIYAKI~テリヤキ~ 」(史上最強グルメアプリ)


※『ippin(ぐるなび目利きシリーズ)』~あの人の美味しいに出会う~

http://r.gnavi.co.jp/ippin/curator/sonoyamamakie/


<家庭料理割烹『園山』スタッフブログ> 『園山一家の幸腹日記



園山真希絵流 食べても太らず元気な心身を作る9ヶ条

               ↓


            そ 咀嚼(噛む) 

            の 飲みもの

            や 野菜

            ま 豆

            ま 真っ先に食べるもの

            き 気持ち

            え 栄養バランスとエコ

            で 伝統食

            す 素と酢




テーマ:

未だかつてない割烹着に出逢いました。

 

 

その名も、

 
{89A10CCC-8DFB-4839-87C1-B99EC53464DD}

「kapoc」です。

長年のノウハウが詰め込まれているそうですが、
 
{2C491409-1AFE-4197-97EC-0294B3014208}

袖口にはkapocだけのために編立たフィット性の高いリブを採用し、
ずり落ちにくい仕様になってます。
 
{760874B2-F410-417B-8E60-C81337E566DC}

 
さりげないラインの柄もポイントです。
 
現代の暮らしとマッチさせるために、
 
{CE7A55C6-1833-4349-9431-713D2AFF502A}

 
スマートフォン用ポケットを取り付けられているのも嬉しい限りです。
 
また、
シーンによって使い分けられる5色のカラー展開で、
 
{89F48592-84D0-4B67-B6D5-4B46A32BAADD}
 
ヨーロッパのビンテージスモックを参考に、
やや長めの100cm丈になっているのと、
前後リバーシブルに着用でき、
コートとしても使えるのもびっくりでした。
(コートとして着用する際、ボタンタブは収納可能)

さらに、
 
{7B7E2CBD-D7CD-4515-B769-CE71EC4860CD}

 
ボタンは糸にてkapocのロゴ「K」が出るように別注の5つ穴ボタンが使用され、
生地は麻100%の生地で、
浜松にて織り染めを行っているそうです。
 
この染めについては、
風合いを損なわない様に低温染めで行っているとのこと。
 
麻独特のシャリ感と弾力がある生地が採用されてますが、
季節を問わず着用できるのも利点です。

 

しかも、

着物だけでなく、

 

{B8DC24FD-4788-4D4D-9000-9AC890CEED1A}

 

 
洋服にも合わせられるんです。

 

{43663B2A-4288-402B-95D8-3D53E53D2490}

 

驚きいっぱいの画期的割烹着ですが、
 
おかげさまで、
 
{5B2BAF55-BD54-4484-AC44-735563B5DAA2}
 
料理もますます楽しくできてます。
 
出逢えて良かったkapoc、
たくさんの方にもその素晴らしさを実感してもらえたらいいなぁと思います。
 
そして私は、、、
 
image
 
これからも年中無休でお世話になろうと思います(*^^*)
 
※コンタクト先はこちらです↓
 
会社名:増見哲株式会社 
住所:〒541-0059 大阪府大阪市中央区博労町3-2-14  TEL:06-6252-2291  
メール:y-yamada@masumitetu.co.jp  
HP:
「増見哲株式会社kapocをPRしています」 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

愉快すぎる島田律子さんと、

 

{C45E0119-202D-482A-9D26-DEA5B6613D26}


シンガポールのレストランに来てみました(*^^*)

 

というのは、
マイケル冗談で(笑)、
まるでシンガポールのレストランみたいなカウンターでしたが、
ここは、

日本初上陸のオーストラリオーストラリア発タイ料理店ロングレインさんです。

 
またまた『トランジット』さんの新店舗ですが、
飛ぶ鳥落とす勢いとはこのことです…。
 
ガーデンプレイス39階という立地なだけあって、
 
image
 
東京タワーや、
ミジンコみたいなうちのお店もなんとなく目撃できました(笑)
 
ランチタイムも、
 
{C3A733BA-2E07-4D60-B227-F434E37A349A}
 
アラカルトOKとのことで、
店員さんイチオシメニューをいくつかオーダーしたのですが、
まずは、
 
 
{B905B75A-5D50-48DC-B318-CAC375AB226D}
 
お店ご自慢のカクテル(ノンアルコール)から。
 
{3E2E6C11-371A-4C34-BDB7-FABAB891618A}
 
特に辛みのきいたトマトジュースは、
飲むスイートチリソースみたいな感覚でした。
 
お料理トップバッターは、
 

{42A4608D-38A7-42AC-B0A2-B198D8E0A260}
 
「ミャンカム(エビ)」と、
 

{2546C1D5-2DF4-4055-8930-541EF9F9944D}
 
「ミャンカム(フレッシュシトラスとココナッツ)」でしたが、
 
{83B2E2EA-C30C-4798-BCC8-FBE83429F4D8}
 
あ、島田さんの表情が険しい(笑)
 
でも、
基本、とても楽しすぎる方です。。。
 
そんな島田さんも、
美味しい美味しいと、
のっけから喜んで下さってましたが、
 
{3284DB8B-19AA-42E1-8AE3-1188E857D669}
 
続くこの丸い網状の料理も、
 
{6B1E131C-5782-4100-AFD9-CE5BC78DD1A2}
 
スタッフさんおススメでした。
 
{95C15BA7-DC91-4241-BD6C-06C9C2D5EC4E}
 
見た目通り、
「エッグネット (ビーンズスプラウトサラダ)」と名付いてましたが、
豚ひき肉・もやし・海老が入り、
日本人好みなサラダでした。
 

{88DE2EC5-51BC-4762-90E0-14128E0FD18C}
 
 
一般的に辛い「ソムタムサラダ」が多い中、
この「ソムタム」は、そこまで辛くなく、
 
{92E725B5-3179-4ADB-9BBB-94BCCC7ADA94}

 

「ポークホック スパイシーキャラメリゼチリビネガー」も、

 
 
{E9611380-E79D-4E67-ADD3-AC762A0345C8}
 
甘辛い豚の角煮を揚げたもので、
とても食べやすく、
お店でも作って出したくなってました(*^_^*)
 
{3DD84CAE-E214-4505-A72E-CAD07A6C47ED}
 
「パッタイ」も、
添えられたスパイスをふりかけなければ、
甘めな焼きそばで、
子供でも安心して食べられそうな優しいパッタイでしたが、
 
 
{7A90116B-BEED-4D6B-A4F2-E3E5F8956D65}
 
辛みが一番マイルドなはずの「秋野菜のレッドカレー」は、
 
{EC9BD6CE-9F74-47B2-BDBB-2FC1AB2E93EE}
 
ジャスミンライスに合わせて頂きましたが、
 
{8C544F0C-3972-4B47-9F75-F9A4B1600159}
 
今回のお料理で、一番辛かった気がします。
 
でも、
 
 
{7CCFDD01-B34C-4BC2-ACA6-7673E73DF30F}
 
スプーンがススミまくる美味しさで、
ヒーヒー言いながらも、
瞬く間に完食でした。
 
思いのほか、
お腹ぱつんぱつんになったのですが、
 
{C66C2814-8CDC-498C-9D60-8529353C1DC9}
 
「タロイモプティングココナッツジェラート」が女子スタッフさんから大人気とのことで、

 

{9A782001-F32A-4931-8A9D-D5E6713E6044}

 
「キウイ&バナナジェラート」と共に頂いちゃいました。
 
美味しいごちそうと、
島田さんの面白トークに、
 

気づいたら、

 

{3BDEFD5A-75EB-4B59-84EC-EC8D29B6BBEF}


長居し過ぎて、

外の色が変わってましたが、

 

改めまして、
『ロングレイン』様、
オープンおめでとうございました。
 
クリエイティブなお料理をありがとうございました。
とても勉強になりました。
 
流行る理由が分かった気がします。
 
商売繁盛すぎて、
うちにお裾分けしてほしいぐらいです(笑)

早速、次回の予約も入れちゃいました(*^^*)
 
まるで長い雨の後に虹がでてきたような清々しいお店です。

 

※『そのやま』のご予約は、「ポケットコンシェルジュ」、

もしくは、03-6337-6498までお願い致します。 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

ずーっと気になっていたLounge1908さんにやっとたどり着きました。

 

image

 
1階は、
厳選に厳選を重ねたコロンビア産コーヒー豆使用のとっておきコーヒーと、
 
image
 
ヴィーガン対応フードも兼ね揃えたロハスをテーマに掲げるオールデイカフェですが、
 
image
 
自社焙煎されたコーヒーを本格的アメリカンプレスで頂けるのは、
こちらが日本初とのこと。

 

image

 

私もアメリカンプレスでコーヒーを飲んだのは、

人生初でしたが、

とても繊細で、しとやかで、

こんな人間になりたいと思わされちゃいました。。。

 

{45DB7909-1004-4F76-A2F2-1621141AB4E9}

 

 

 

びっくり嬉しい出会いに、

また自分磨きにも励もうと意欲が高まったのですが、

 

とってもヒーローみたいなコーヒーショップの二階には、

レストランがあったんです。

 
{DF3C87BC-BCEF-4BD8-86EA-05997539A085}
 
大好きなカウンターがあったのと、
コースメニューだけでなく、
 
{E4BC6C22-9246-4B9F-BF0E-CAD5F8456CFF}
 
アラカルトメニューもあっただけで、
食べる前から99点まで点数が上がってました(笑)
 
でも、
 
{EBA169C2-233E-400F-8A97-FA0D9A776E5D}
 
パンのお供のオリーブオイルにもコーヒー豆が浸けてあったり、
 



{7878094F-73F0-4F09-9982-E92D46D97AE6}
 
自家製の温かいブリオッシュも、
風味豊かでしっとりふんわかで、
 
{F5DB34A2-6DAF-4A24-9CB2-CA9A450A36A5}

 
大好物の秋刀魚や、
 
{BEE09FF0-866F-49F7-BDE0-82293AECBA44}
 
サーモンを使った前菜も、
急遽リクエストして作って頂いたり、、、
 

{FE3E5691-6BC1-4F61-B47A-43680F2661BA}
 
なぜかテンション上がるポーチドエッグも、
 
{17B71787-4A3F-4ADA-AEA6-7F532456AEEC}
 
半熟黄身が顔を出すと、
より一層気分も上向きになったり、
 
{DAB7F2B0-CDBD-40F0-A150-7F58A73C9550}

 

またまた大好きなアボカドと蟹のサラダも登場したり、

 
{B098BDA8-211C-404C-8001-3B3A185A1A69}
 
魚介たっぷりのパスタも、
 
{4731913A-12B2-4AD9-AB78-1FBA9FE29DA3}
 
最高なパスタの茹で具合とトマト加減に瞬く間に食べきったり、
 

{E5BF80C1-A842-4FFA-A2F2-C478AB8937ED}
 
このあたりから赤色ワインが恋しくなり、
 
{7707CD14-E859-453D-8ACD-F0D068F318E5}
 
迷いに迷った挙句、
 
{3BCA5359-3087-405A-93BB-78A85A424A3F}
 
MEDOCを頂き、
お肉にいざ突入と思いきや、
 
{F1A70D89-15D4-417E-BC58-4CA9CAC5822B}
 
お魚さんがやってきて、
 

{66A57411-CEF1-4C83-9A4C-A52DEB957F87}
 
フォトジェニックな姿と、
 

{72DDE9B3-A5CF-4EE6-A01A-C8A8B33EDABC}
 
パリッとした皮目と、
ヒジキのクーリや芽キャベツが、
予想以上にレッドワインにも合い、
気持ち良く、
 
{CFB222C0-51CD-477F-BB82-2EE4EA185ECC}

 

スペシャリテ「EMO牛のグリル」に進んでました。

 

この牛肉、

 

{898D1CD3-43DA-44D2-91F7-D5394BA43305}
 
ストレスなく育ったようで、
元気いっぱいの力強い味わいでした。
 
{F33DD327-6C38-4590-9436-541DA7132DC0}
 
お肉に足りない栄養素をいんげん豆や芽キャベツで補い、
満福になり、
のっけの99点から200点位まで点数が上がって続くドルチェへ移ってました。
 
 
image
 
1階のカフェから、
 
{4CFDABA1-B2C1-4E13-BE69-CDBD7C190AC9}
 
「あまおう&マンゴー」と、
 
{B4708D08-F928-4B15-B655-92B952D7FD35}
 
「抹茶&チアシード入りヨーグルト」の4種を頂いてしまいましたが、
 
{31CF67BF-D0BA-453F-99D7-FFA7F656D51E}

 

欲張って大正解なほどの美味しさでした。
 
拘りコーヒーの奥様的存在でもあるこのジェラートは、
「ViTO」のプレミアム級のみ。
 
万人受け間違いなしの馴染み深い素材から、
チアシードやタイガーナッツといった今話題のスーパーフードも取り入れられたものまで、食べて美が宿るジェラートが揃ってるんです。

 

同じく1階から作って頂いたドッピオを合わせて、
瞬殺で食べ終えていたのですが、
2階でもドルチェは作っているということで、
 
 
{3C7022B4-3B6F-419A-9872-A40764C50265}
 
エスプレッソで作られたティラミスも頂きました。
 
若きシェフの繊細且つダイナミックなイタリアンフレンチでしたが、
最初から最後まで、
素晴らしいの一言でした。
 
ココだけの話、
うちの店に欲しいです(笑)
 
というほど絶賛というわけですが、
2つのフロアで、
2つのホンモノが味わえるありそうでなかったロハス店だと思います。
 
因みに、
コロンビアと日本が国交を開始した年という背景から、店名の「1908」が名付けられたとのこと。
 
オーナーの熱き想いがお店中に充満し、
美味しいご縁を結ぶ聖なるロハスサロン『1908』様、
改めまして、
オープンおめでとうございました。
 
今度は、
1階のモーニングとランチを一気に食べたいです

朝昼晩、こちらの1階と2階で過ごせそうな気がします(笑)
 

※『そのやま』のご予約は、「ポケットコンシェルジュ」、

もしくは、03-6337-6498までお願い致します。 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

つい最近、

 
{9871B422-974D-473D-8B86-319E6D468AAD}

園山真希絵監修の「きなこ甘納豆」が発売となりました。
 
老若男女(言えない)問わず食べて頂ける出雲のお菓子です。
 
{3060B213-D8AD-4BB1-97A6-D31E0C8176AE}

黒豆の甘納豆を、
きな粉と小豆のパウダーで包んでます。
 
スーパーのお菓子売り場で見つけて下さいね。
 
《販売店》
・イオン(近畿・中四国)
・マックスバリュー(近畿・中四国)
・ゆめタウン
・東急ストア     
・イオンマーケット(旧大丸ピーコック)  
・マルナカ(四国)
・コノミヤ(近畿・東海)
・北野エース
・コープ宮崎
etc…。
 
バタバタの毎日を送る方にも、
ほっこりしてもらえたら嬉しいです。

 

宜しくお願い致します。。。

 

※『そのやま』のご予約は、「ポケットコンシェルジュ」、

もしくは、03-6337-6498までお願い致します。 

 

 

 
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

お蕎麦大好き人間の私に、

 
{8129F989-32FA-4FA0-8A01-3759C0E4EED6}
 
願ってもない十割蕎麦が届きました。
 
{9080303D-E8B7-4D9A-8F10-51C3F2330A3C}
 
武蔵野』店主の笠牟田さんお手製蕎麦です。
 
{A6950FD2-6FA3-4D16-9B8B-13A934063D8B}
 
十割蕎麦ですが、
やや海藻由来のつなぎが練り込まれていて、
千葉(成田)と出雲のブレンド蕎麦粉とのこと。
 
故郷のお蕎麦を入れて下さったなんて、
嬉しい限りです。
 
{B708760B-7CB2-4AF3-9473-BBBFCC31B162}
 
熱湯で20秒茹でて、
冷水にとり、
 
{FFB688FA-C95D-474F-8AC8-76D71B881D4F}
 
まずはそのまま食べてみたのですが、
風味最高でした。。。
 
その後、
笠牟田さん自家製麺つゆにつけたり、
 
{B02FBB19-9B03-4395-97A0-8B9FA0E6700B}
 
七味や藻塩をふりかけたりして頂いてましたが、
 
{EAA874E0-03F0-4A27-A23F-A9519A867435}
 
毎日そばにいてほしいお蕎麦です。
 
そろそろ新蕎麦の季節ですね。
 
また届かないかなぁ(笑)
 

※『そのやま』のご予約は、「ポケットコンシェルジュ」、

もしくは、03-6337-6498までお願い致します。 

 
 
いいね!した人  |  リブログ(0)

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
芸能ブログニュース