自然食品スーパーでよく買っていた元気卵を求めに小田原まで行ってきましたが、
途中、



「もせるごみ」と書かれた看板に遭遇…。

小田原では、
「燃せる」なんですね(^^)

一つ勉強になったところで、


お目当ての養鶏場さん専用ポストが目印となり、
到着。


こちらの🐓は、
小豆や、


大豆や、


米糠、
米粉、



酒粕、


籾殻などを食べて育っているとのこと。


そんな健康的な餌を食べている🐓に逢いに、


🐓の待つ(待ってないですが笑)鶏舎に行くと、


沢山の🐓に囲まれました(^^)


私の足は餌じゃないんだけどなぁと呟きながら、


それでも足に寄ってきて、


かなり長靴を攻撃してくれました笑


一緒に行った3歳のお子ちゃまも、


足を突っつかれてたのに、


全く泣くこともなく、


採れたて卵をその場で割って食べてました🥚


その子の着てた服と同じ色の黄身でした笑


3層になった卵は、


卵白も濃い味わいでしたが、


3歳君は、まんまと落っことしてくれました笑

でも、
やっぱり泣きません(^^)

逞しい彼は、


自然薯棒や、
メロンパンも食べてましたが、
私は彼にマキエッグと呼ばれてます(^^)

しかし、
最近、名前を呼んでくれません😹

それはさておき、


だいたい予想はつきますが、
今夜、


当選した方のお名前が呼ばれるでしょう。。。


ジメジメした季節に体が欲する食材は、



梅干しと胡瓜です🥒

いわゆる「梅きゅう」は定番料理ですが、、、


WOWで梅干しを揚げるって、
聞いたことがないので、
トライしてみました(^^)

梅干しに、
米粉と炭酸水で作った衣を纏わせて。


びっくりなほどカリカリで、
中身はとろりん食感になるんです。

しかも、
梅干しに含まれるバニリンという成分は、
肥満予防に効果があると言われてますが、
加熱することで量が増えます。

バニリンは、
小腸で吸収されて脂肪細胞を刺激し、脂肪が燃焼し、脂肪細胞を小さくすることで体重が減少するというデータも出ているようです。

そして、
冷えてもバニリンの量は変わらないとのこと。

新感覚で体想いな梅干しフリット、
ジメジメした梅雨にも最適です。

※WOWを導入したフライヤーで調理してますので、
一般的なフライヤーでの調理はオススメしません。。。



サシトーク』を7月3日から始めますが、
始まりと言えば日の出、
日の出と言えば、、、
東京「日の出町」の畑で、


とても素晴らしい有機野菜が作られているとのことで、


ありがたいことに、
採れたてを頂きました。



ルッコラ、山葵菜、芥子菜、ケール、
全てがしっかり辛みも苦味もしっかりあって、
味わいも濃く、
とても力強さと生命力を感じるものばかりなんです。


ちょっととんがった形のミニトマトも、
パリッとした歯応えと、
甘みも旨みもギュッと詰まり、
珠玉トマトでしたが、
とにかくどの野菜も、
同じ野菜でも、栄養価が間違いなく優れていることがよく分かる元気いっぱい野菜で、
毎日食べたいと心底思いながら、
バリバリ噛み締めてました。


カレーと合わせても華麗でした🍛

「命を寿ぐ」ような日の出野菜、
日の出を眺めながら、
愛情注いで育てて、
沢山の方にも味わってもらえたらなぁと思います。
恵比寿『馬喰ろう』さんの前を通るたび、


「私、午年生まれだし、馬好きだから行きたいなぁ」と思いつつも、
ここ10年ちょっと素通りばかりしてて、
気付いたら42歳になってました(笑)

でも、
先日、10年越しの想いが実って、
お店に伺い、


オリジナルワインと、


ウーマンサワーを呑もうと意気込んで、
いざオーダー時、、、
結局、
梅酒と日本酒にしてました(笑)

でも、
日本酒も馬に因んだものが揃い、
さすがウマイなぁと感心して、


「馬の白子」や、


「馬モツポン酢」や、


「馬カルパッチョ」や、


塊の素敵なステーキを瞬く間に食べてましたが、


魅力がありすぎる馬肉なので、
「私もそんな馬肉を目指そう!」と、
また新たな抱負ができました(o^^o)

意気込みが体中に走ったのか、


「馬ハツとキャベツ炒め」


「馬味噌とキャベツそのまま」


「うまーぼー豆腐」


「チンジャオホース」


(私が考えそうなネーミングです笑)


「馬カツ」等を馬く馬く(バクバク笑)食べ進めてましたが、


食べれば食べるほど喝が入る馬肉料理ます🐎

途中で、
馬愛に満ちた社長様から、


貴重なパイポを頂いて、


再びキャベツで胃の粘膜を保護しつつ、


「ウマかった〜」と心の中で叫び、


日本酒をチビチビ(グビグビが正解です笑)いきつつ、


タイ料理研究家ジュンさんイチオシのパスタも頂きましたが、


「馬ベーコンのカルボナーラ」です(^^)

馬社長なら、
「カルボウマナーラ」って名前付けちゃうだろうなと勝手な想像を膨らませていると、、、


「すき焼きセット」のご登場でした。


どれだけ食べるんだろうって半信半疑になったのが無駄だったぐらい、


どんどん馬肉を投入して、


溶き卵と合わせて、
またまた馬く馬くいっちゃいました(o^^o)

しかも、、、


ここからお寿司です🍣


こんなに食べても、


美味しさがしっかり伝わり、


恐ろしいほどいくらでも箸が進んでました…。

さすがにこれでフィニッシュかと思いきや、


「ささみ」


「モモ」


「ロース」のお造りと、


トリプルのせ握り寿司まで頂いてしまい…🍣


足の先から頭のてっぺんまで感謝と馬肉が充満して、
次なる目的地でまた食べてましたが(笑)、


「馬肉新書」というイカツイ本も出版されているので、


皆さんもぜひ立ち読みでもして(立ち読みできそうなところで売ってないので、立ち読みできませんが笑)、
馬肉の素晴らしさを脳に焼き付けて、


『馬喰ろう』さんでユニークな美味しい馬肉料理を食べてみて下さい🐎



馬肉の魅力がとてもうまく伝わると思います🐴

さて、
今日6月30日は、
「夏越の祓」という神事が各地の神社で行なわれる日ですね。

穢れを祓い清め、
無病息災を祈願しながら、
大きな茅の輪をくぐりますが、
身も心も清めて、
美味しい馬肉食べれば、
全て「馬九行久(うまくいく)」はずです(o^^o)

ハンバーガー試作のために、



米粉パンで、ミニミニバーガーを作ってましたが、


サンドしたハンバーグは、
グラスフェッドビーフ100%です。

そんなグラスフェッドハンバーガーを食べた後は、


恵比寿『肉塊UNO』さんで、


肉汁滴る「グラスフェッドビーフ100%ハンバーグ」を食べてました(^^)


目の前で切って頂きましたが、


見てるだけで、
もう美味しい反応が脳に伝わってました(^^)


肉肉しい噛み応えの中には、
程よく空気を含み、


噛み締めるほど旨味も口いっぱいに広がって、
なくなるのが寂しいほどの美味しさでしたが、

下に敷いた「貝割れ大根」は、


コースに付いてくる貝割れ大根でした🥗

ちなみに、


↑こんなコースですが、
これで3500円とは破格すぎます…。


飲み放題の「マテ茶」や、
「効酸果アサイーソーダ」や、
「ベジパワープラス」の価格も、
え、これでいいの!?
って疑うほど良心的で、


しかも飲み放題まで…。


「マテ茶」は、こんなユニークなカップと、


茶こし用途のあるストローがセットになり、
何とも楽しい感じなので、
これだけで30分は話題が持ちそうです笑


グラスフェッドビーフも、


スタッフさんが切り分けて下さって、


私の大好物の脂身もしっかり付いて、



山葵醬油や、
岩塩で頂きましたが、


食べてパワーが漲りました。。。

ベジパワードリンクも合わせて飲んで、


「オニオントマト」も一緒に食べれば、
栄養バランスも尚のことバッチリです。

さらに、


ユッケや、

 
チキン、
ソーセージ、


豚肉、


ポンデケージョ、


ラム、


再びグラスフェッドビーフと流れていき、


おまけのカレーまで出して頂き、



パイナップルで締めくくってましたが、

皆様、
今日29日の「肉の日」には、
『肉塊UNO』さんのパワーミートと、


パートナー役の健康ドリンクで決まりです(o^^o)