こんにちは。

 

幸せ&ビジネスを満たすカウンセラー兼気功師の牧野行洋です。

 

 

今年の秋は暖かい時が長かったためか、先週までベランダに植えた大葉がずっと葉をつけていました。

 

とても美味しく貴重な栄養と風味でした。

 

取れた種を植えて来年も楽しみたいと思います。

 

 

 

前回のー男女間の会話の話ー 男と女は違う人種2で、

 

夫婦で旦那さんが(男性)が奥さん(女性)を旅行に誘う時を例に出して、

 

その会話のギャップを書きました。

 

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

↓↓↓ 今すぐチェック!「自分の可能性を増やす無料メール講座」 ↓↓↓

今までの自分のやってきたことを大事にしたいけど、それだけじゃ大きく変化しにくい。

そんな時、自分の「今ある中に」新しい可能性を見つけ、それを育てて大きく成長しませんか?

そんな可能性と楽しい未来を創る無料のメール講座をお届けしたいと思います♪
↓↓↓
今すぐクリック

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 

今回以降はは、前2回の会話をとりあげながら

 

男性向けに

 

「どう声掛けしたり、誘ったりしたらいいのか」

 

「何故、自分の言ったこと(しかも相手にとって良い話なのに)で相手の女性が機嫌を損ねるか」

 

について書きたいと思います。

 

 

まあ、こういう書き方自体が、男性的なんですけどねw

 

後、勿論、女性のことが全部わかっているわけではないので、書いたことと実際にズレがあるのは理解しています。

 

 

数は多くないハッキリいう人なら一言「もっとちゃんと誘ってよ!」とかで終わりです。

 

 

例えば、何か誘ったり、相談する時に、男はいきなり本題から入りますが、それがNGで、

 

女性はそもそも相手との「明るく親しく見える(実際にそうなのかは別)」雰囲気を作った上」で本題に入るのが重要です。

 

 

よく、カフェやレストランで複数人いる女性グループが何かたわいもない会話を繰り返していますが、あれです!

 

あの雰囲気になった上で「本題」に入らないと、女性は「内容が頭に入ってきにくい」のです。

 

 

後、誘う時のポイントは、女性は記念日が好きなので、それを元に言葉を考えると良いです。

 

私が書いた例では、

 

「そういえば、そろそろ結婚記念日だね(この「何とか日」は奥さんの誕生日とか、少し前にたくさん家事をしてもらったお礼とかでも可)」

 

です。

 

 

これは、女性は「親しい相手の誕生日とかは普通に覚えている」ので、それを取り入れています。

 

誕生日だと年に1回しかないので、相手の方が意識しているだろう日や事を絡めて誘えばよいわけです。

 

 

 

コミュニケーションとは、「相手の視点を踏まえて、こちらから歩み寄った上で自分のことを伝える」のが本質なので、

 

相手が自分と同じ考え方ではないのなら、それを踏まえて自分の言い方を変えるのが重要です。

 

 

これ以降は次回に。

 

 

 

 

今日も私のブログを読んで頂き、ありがとうございます^^

 

↓↓↓ 今すぐチェック!「自分の可能性を増やす無料メール講座」 ↓↓↓

今までの自分のやってきたことを大事にしたいけど、それだけじゃ大きく変化しにくい。

そんな時、自分の「今ある中に」新しい可能性を見つけ、それを育てて大きく成長しませんか?

そんな可能性と楽しい未来を創る無料のメール講座をお届けしたいと思います♪
↓↓↓
今すぐクリック

 

はじめての風景

テーマ:

こんにちは。

 

幸せ&ビジネスを満たすカウンセラー兼気功師の牧野行洋です。

 

空がキレイな季節になりました。

 

 

住んでいるマンションのベランダの手摺を交換する工事がこれから2週間あり、

 

先日に足場とカバーが出来上がってそれっぽくなりました。

 

 

今まで住んでいたマンションでこれだけの期間を掛ける工事は初めてなので、結構新鮮です。

 

工事中はベランダに洗濯物を干したりはできませんが^^

 

 

 

今日も私のブログを読んで頂き、ありがとうございます^^

 

↓↓↓ 今すぐチェック!「自分の可能性を増やす無料メール講座」 ↓↓↓

今までの自分のやってきたことを大事にしたいけど、それだけじゃ大きく変化しにくい。

そんな時、自分の「今ある中に」新しい可能性を見つけ、それを育てて大きく成長しませんか?

そんな可能性と楽しい未来を創る無料のメール講座をお届けしたいと思います♪
↓↓↓

今すぐクリック

こんにちは。

 

幸せ&ビジネスを満たすカウンセラー兼気功師の牧野行洋です。

 

 

近頃、服がよく破れて買い替えになっています。

 

そういう時期ってあるんですよね~

 

 

 

ー男女間のコミュニケーションのヒントー 男と女は違う人種1の続きです。

 

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

↓↓↓ 今すぐチェック!「自分の可能性を増やす無料メール講座」 ↓↓↓

今までの自分のやってきたことを大事にしたいけど、それだけじゃ大きく変化しにくい。

そんな時、自分の「今ある中に」新しい可能性を見つけ、それを育てて大きく成長しませんか?

そんな可能性と楽しい未来を創る無料のメール講座をお届けしたいと思います♪
↓↓↓

今すぐクリック

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 

前回、男女間の違いの例として、夫婦の旦那が奥さんを家族旅行に誘う会話を書きました。

 

で、それは女性目線で見ると

 

「冷たい」

 

とか

 

「行きたくない」

 

とかになるって書きました。

 

 

じゃあ、同じ内容で誘うにしても、女性ウケが良い、喜んでもらえる誘い方を次に書きます。

 

 

「そういえば、そろそろ結婚記念日だね(この「何とか日」は奥さんの誕生日とか、少し前にたくさん家事をしてもらったお礼とかでも可)」

 

「確か○月○日ならお前の予定も空いているし、子どもたちの予定も空いてるよね?」

 

「でね、折角だからいつもと違う風にお祝いしたいと思って、お前が以前良いと言っていた△県の□温泉の宿がいいと思うんだ」

 

「勿論、子どもたちも一緒だよ」

 

「君も近頃忙しいだろうし、俺も今からその時期まで仕事が立て込んでるから今の内に

 

予約しておいた方がいいと思って、事前にとってあるんだ。相談せずに決めてゴメンね。喜んでもらおうと思ってさ」

 

「でね、本当は皆で一緒に向かいたいんだけど、できるだけ調整するけど、仕事の締めの日が近くてスケジュールが読みにくいんだ」

 

「だから、ひと足先に言ってくつろいでいてもらいたいんだ。俺も急いで終わらせて、着ける時間が判ったらすぐに連絡入れるよ」

 

「そうだ、宿の女将さんにお前の君の好きなカニを特別に出して貰うようにしておいたよ」

 

「じゃあ、仕事に行ってくるね。いつもありがとう、愛してるよ」

 

って感じで誘うと

 

奥さんは、まだ言葉だけなのに満足と感謝を旦那さんに感じると思います。

 

「この人は私のことを大事にしてくれている」って感じです。

 

 

 

じゃあ、前回と今回の違いは何でしょうか?

 

それは、次回に。

 

 

 

 

 

 

今日も私のブログを読んで頂き、ありがとうございます^^

 

↓↓↓ 今すぐチェック!「自分の可能性を増やす無料メール講座」 ↓↓↓

今までの自分のやってきたことを大事にしたいけど、それだけじゃ大きく変化しにくい。

そんな時、自分の「今ある中に」新しい可能性を見つけ、それを育てて大きく成長しませんか?

そんな可能性と楽しい未来を創る無料のメール講座をお届けしたいと思います♪
↓↓↓

今すぐクリック