大阪でヨガインストラクター・ヨガ講師の資格を取るならジュン・エンジェル・ヨガで♬ジュン・エンジェル・ヨガのブログ

大阪でヨガインストラクター・ヨガ講師の資格を取るならジュン・エンジェル・ヨガで♬ジュン・エンジェル・ヨガのブログ

インド中央政府公認ヨガ講師、全米ヨガアライアンスRYT200 認定証のいずれか、または両方取得いただけます!少人数制。急な欠席にも、補講で対応します。インド中央政府公認ヴィヤサ・バンガロールの提携校。大阪・箕面・茨木・北摂。https://www.juneangelyoga.com

Amebaでブログを始めよう!
2020年3月11日。東日本大震災から今日で9年が経ちますが、この大震災で犠牲となられた方々に謹んで哀悼の意を表します。
 
Wakeup Call(ウェークアップコール)。ウェークアップコールという言葉には、「ショックを与える経験や出来事で、それによって状況を変えなくてはならないと気づかせてくれるもの」という意味があります。
 
私にとっては、2011年3月11日の東日本大震災がまさにウェークアップコールでした。
 
子どもが生まれて一年もしない内だったので、原発事故と放射能のことは、本当にショックでした。
この先、どうやって、子どもが安心して暮らせる世の中にできるのだろう。。。
親として、出来得る限りの事をしないと、と、思いました。
 
子どもが大きくなった時に、子どもに「どうしてお母さんは、何もしなかったの?」と、言われないように。
親として、大人として、恥ずかしく無いように。
 
数ヶ月前に、グレタ・トゥーンベリさんの"How dare you!"というスピーチを拝見して、まさに、一番私が避けたいことはこれなんだと思い出しました。より良い世の中のために、出来得る限りのことをしたい。

 

"Nothing ever goes away until it has taught us what we need to know."

Pema Chödrön

 

アメリカのチベット仏教徒であられるペマ・チョードロンさんはおっしゃいました。

「私たちが、ソレから学ぶべきことを、しっかり学び終えなければ、ソレはいつまで経っても、消えて無くならない」

 

私たちの人生における様々な出来事は、私たちの学び(=魂の成長)のためにあります。

 

私たちがしっかり学ばなくては、姿形を変えて、何度でもやってきます。

 

今、学ぶべきことは何なのか?

しっかり、地に足をつけて、考えなくてはなりません。

子どもたちの将来、未来を考えると、環境問題もそうですが、このままでは行けないと思うことが多々あります。
出来得る限りのことをしたい、しないと、と、思うのですが、未だどうすれば良いか分からず、もがいている自分がいます。

地に足をつけて、グラウンディングしながら、しっかりと、学びたいと思います。