祖母を思い出した絵本

テーマ:

大人に絵本 暮らしに絵本

絵本セラピスト®︎ の みほちゃん です。

洗濯日和の奈良県です。

 

 

 

 

昨日…。

zoomで絵本朝活を体験しました。

朝から…ほぼ、すっぴんで洗濯も掃除もやりかけで…。

時間になったらパソコンの前に座ると、全国…いやいや、世界各国の方々と絵本を囲める。

ネットって凄いね〜。

ハイテク環境で、アナログな絵本を楽しむ…。

朝からとっても楽しいひと時でした。

 

 

 

今回、読んでもらった絵本は…

 

 

 

痴呆症の老人のお話でした。

 

普通の、ごく普通の…でも、一生懸命生きてきたお婆ちゃん。

確かに生きてきた…。

そんな証を、

お婆ちゃんは、『ぜーんぶわすれた』のかもしれないけれど、決してそうではない。

周りの人は確かに受け繋いでいる。

 

だから、お婆ちゃんは、

次に…次のステージへの扉を開ける準備をしているのかもしれない…。

なんて、朝から涙ぐみながら思いました。

 

 

そしたら…

夕方、母から『来月、九州の施設にいる祖母に会いに行ってくる〜』と連絡がありました。

デジャブ!!!。

 

 

 

私の祖母も働き者で、苦労人でした。

若い頃、夫を亡くし…生活も落ち着いた頃、最愛の長男も亡くしています。

 

でも、私の知っている祖母は、そんな事を全く感じさせない…。

とっても明るく、ユーモアたっぷりで可愛い声のお婆ちゃんでした。

 

畑仕事が大好きで、新聞も大好き、そして、毎日毎日…欠かさず日記をつけている方でした。

 

私が短大の時、一人で九州を巡って、お婆ちゃんの家に泊まった時も、朝ごはんを食べた後、畑仕事に行く前に机の下から日記を取り出し書いていました。

 

『なに、書いてるの?』

と、私が聞くと…

祖母『な〜んて…今日は、みほちゃんが来てくれたって書かんばね』

私『書いた日記は、全部あるの?』

祖母『あったけど…長男が亡くなった時のは、辛くて捨てた』

祖母は、そう言ってちょっと寂しそうに笑いました。

 

ずっと、ずっと元気だと思っていました。(そんな事有り得ないのに…)

80歳を超えても元気で、お医者さんから『あと20年は大丈夫!』と言われた祖母は、もう100歳を超えています。

食事も自分で取れますが、3年ほど前から痴呆が始まりました。

今では、この絵本のおばあさんのように『ぜーんぶ わすれた』な状態です。

 

 

 

 

 

blogを書いていて思い出しました。

 

白寿のお祝いの時、祖母の日記を元に、子供達(私からすると叔父さん、叔母さん)が祖母の一生を一冊の冊子にして配ってくれました。

 

あれ…。

実家にあるのかな??。

もう一度、読みたいな…。

今度、実家に帰ったら、しっかり読もう。

私の中に確かにある祖母の『ぜーんぶ わすれた』を再確認するためにも…。

 

 

 

深い絵本でした。

でもでも…一般書店やネットではもう、取り扱っていないらしい…。

zoomで絵本朝活では、取り扱っている本屋さんを紹介しています。

ご興味のある方は是非〜。

 

 

 

 

 

 

清々しい一日を過ごせることに感謝!

神様に感謝!ご先祖様に感謝!両親に感謝!

さよならGさん!

 

 

 

 

 

 

絵本セラピー開催予定

 

 

3月 9日(金)

10時~11時半まで

奈良県香芝市 庭カフェ ぼちぼっち

参加費1500円 (ドリンク・おかし付)

お帰りに直接カフェにお支払いください

定員8名

お申し込み4名様。

お申し込みありがとうございます。

残席4つ

庭カフェぼちぼっちにての予定日

第2金曜日

4/13 5/11 6/8 7/13

 9/14  10/12 11/9 12/14

(8月はお休み)

 

申込み・お問い合わせはお気軽に

こちらへ

 

 

 

 

新企画

4月 8日(日)

1時~2時半まで

奈良県香芝市 『柿の葉寿司 本舗 たなか』

参加費1500円 (お茶・お菓子付)

 

 

申込み・お問い合わせはお気軽に

こちらへ

 

 

 

 

ランキングに参加しています。

ポチッとしていただければ嬉しいです。


絵本 ブログランキングへ