絵本と幸せをお探しのあなたへ

 

絵本と幸せ探しが得意な

絵本セラピスト®️のみほちゃんです。

 

 

昨日、このブログで宣伝させてもらいました

『絵本で乳がん患者のおしゃべり会 オンライン編』

 

午後の部に数名の申し込みがありました。

開催はできます〜嬉しいです。

(午前の部はまだ参加申し込み0です💦)

 

絵本は喋りやすい雰囲気を作ってくれます。

絵本はお子さんに作られたものではありますが、高度なコミュニケーション・ツールです。

 

これは、

絵本セラピストとして、そろそろ5年。

のべ、50回は開催してきました私の確固たる自信からくるものです。

 

 

なんて…(笑)

気軽に自宅でお茶する感じです♪

もし、オンラインがご不安ならば、お申し込みの際、伝えてもらえれば、前もってテストも出来ますので♪

気軽に、気軽に楽しんでいただければと思っております。

 

 

さてさて…

今日は、大人に絵本を読んだらどうなるのか?

実験とご報告です。

 

 

お父さんと私の思い出と最後のお別れを描いた絵本

 

 

 

 

名古屋テレビ塔

 

 

少し前ですが、名古屋で開催されていたこの絵本の原画展へ行って来ました。
柔らかいタッチの絵そして、心に染み入る物語です。

 

 

ここからは、私の主観です

(ネタバレ注意)

 

 

 

 

お父さんと私の何気無い日常が描かれていきます。

子ども時代

少女時代

学生

そして、家を出て行き、結婚して、子供が出来て…
その間に、働き者の父も歳をとり、おじちゃんとなっていく。

お父さんの人生は、ありふれたごく一般的なものかもしれないです。
でも、『私』にとっては大切なもの。
お父さんは、いつも優しく穏やかに見守ってくれていた。

でもやがて、お父さんが病気になり最後のお別れをする場面がやってきます。

その時の私のセリフは胸を突かれます。


『おめでとう おめでとう この人生をまっとうした おとうさん おめでとう』
   本文より

 

 

先日、ZOOMを通してこの絵本を読みました。
 

参加者さまからは、

命を使い切ろう!

とか

日々の何気ない出来事も宝物だね

とか

両親に会いたくなった

とか

亡くなった親を思い出した

とか

かなり深いお話も出来ました。

 

 

私も、
幼かった頃の自分を思い出したり、
今の私より若かった頃の両親を思い浮かべたり
そして、
久しぶりに両親に会いに行きたくなりました。

 

 

 

ここからは、私の妄想です

 

 

 

 

偶然なのでしょうか???

離れて暮らす長男が、フラ〜っと帰って来ました。


三連休をもらったらしいです。

こんなご時世だけれど、ちょっと顔を見たくなったらしいです。

 

仕事の話、

一人暮らしの話

最近ハマっている調理器具の話

なんかをしてくれました。





そうか…
私も、娘であると同時に、母親でもあるのだな。

思いを寄せる側でもあり、
思いを寄せられる側でもあるのか…
と、思いました。

 

 


そして、何より、『死』を扱った絵本でありながら、

何気無い日常の愛おしさ、
せっかくある命を使い切りたい

と前向きに捉えられる絵本でした。
 

 

 

いろんな自分をこの絵本に当てはめる事ができます。

皆さんは、どんな自分をこの絵本に当てはめるのでしょうか?

 

 

人生の最後の時、周りの人からなんと言われたいですか?

 

 

 

こんな感じの絵本でご紹介をしています。

無料です。お気軽に是非♪

↓↓↓

みほちゃんのメルマガ『絵本と幸せ探しの手引書』の申し込みはこちら

 

 

 

ブログを読んでくださりありがとうございました。

 

あなたに、

『たくさんの幸せ』と

『素敵な絵本』が

見つかることを祈っています。

 

 

ランキングに参加しています。

ポチッとしていただければ嬉しいです。

 

 


絵本 ブログランキングへ

 

 

フォローしてね!

 

 

 

みほちゃんの『絵本と幸せの手引書』

平日の朝8時に送られる私からのお手紙です♪

 

無料です。お気軽に是非是非!!!

↓↓↓

みほちゃんのメルマガ『絵本と幸せ探しの手引書』の申し込みはこちら

 

絵本の紹介とその絵本にちなんだ『私からの問いかけ』が載っています。

こちらには、ブログには書けないようなブラックな私もちょいちょい出してます(笑)

 

『登録したのに届いて居ないわ』という方へ

 お問い合わせフォーム

 

 

『乳がん』という絶望の淵から、なんとか立ち直った3つのヒント

 

2020年6月 主治医より『卒業です』と言ってもらえました。

やっと、一区切り、つくことが出来ました。

 

5年前に病気を宣告された時、

なんとか『絶望の淵』から立ち直った3つのヒントと

私の絵本との関係なんかをツラツラと書いてみました。

お申し込みはこちらから

↓↓↓

『乳がん』という絶望の淵から立ち直った3つのヒントの申し込みはこちら

 

 

 

サービスメニューのご紹介

下のバナーをクリックしてください

 

↓↓↓