こんにちは星カラフルまひろです顔

 

 

 

息子の長い夏休みもようやく終わり

10月1日から3年生の後期が始まりました。

 

 

と言いつつ、もう10月も半ばに突入してしまっていますがあせる

 

 

 

 

 

今年の後期の始まりに際し、息子の体調は

明らかに去年よりいい感じですおねがい♪

 

 

 

去年書いた記事をアメブロさんが教えてくれるので

比較してみるとよくわかります。

ブログって便利だな~デレデレ

 

興味のある奇特な方のために一応リンク貼っときますね

 

 

 

 

 

去年は今頃、

「来月11月は毎年体調が崩れる月だ~ガーン大丈夫かな~アセアセ」って

心配して、あれこれ対策を練ってる感じでしたが

 

今年は、崩れる気がしない…と言うか

あぶなげないOK

 

 

 

 

 

 

 

それもそのはず

 

実は1~2年生で単位をしっかりと履修した彼は

授業のスケジュール的にはめちゃ余裕なんですグッ

 

 

 

時計息子の1週間の時間割時計

 

月 1・2

火 3・4

水 3

木 休み

金 1・2(しかもこの日の1限は10時始まり)

 

 

(大学なので一講義90分で1時間目は8:50始まり

1・2時間でお昼

3時間目以降は午後始まりです)

 

 

ゆるゆる~ハート

 

 

 

一応お断りです。

 

彼は文系ではありません。

理系の工学系の学部です。

そして彼の所属する学部は

彼の大学では、一番留年する人の数が多い学部なんです。

 

とにかく、各講義とも出題される課題が半端なく多いそうです。

 

なので、バイトしまくってる先輩、とか

遊びまくってる先輩、とかは

いつの間にか隣の席で同級生になってたりするんだそうです。

 

 

ところが、彼は

「病気が治ればざっとこんなもんよゲラゲラ

と、豪語するだけあって

 

体調が良くなった現在では

好きな数学を存分に学べることに

喜びを感じているようです。

 

(受験生の皆さん、大学は自分の学びたいこを学べる学部に行ってくださいね~かお

 

それに、ODっ子の特徴である

生来のマジメな性格がそこにプラスされた結果

 

 

1~2年生と、履修を目いっぱい登録して

しかもその単位を落とすことなく全部取り切ったんですねチョキ

 

なので現在、このゆるゆるの時間割が成立しているのです完了

 

 

 

 

 

「こんなことなら、去年の2年の後期に

1限を4曜日も取らんでもよかったのにぃ~~ねー

つい口にしてしまった母に

 

「去年の1限は全部必修だったのむかっの一言

 

 

はい

余計なことを言った母が悪うございましたあせる

 

 

 

 

去年も1限が週4日ある中、結局無遅刻無欠席で

11月を乗り切った彼。

 

 

今年はもう、何の心配もいりませんブルー音符

 

もともと心配する必要もなかったんだけど…

 

 

 

 

私が想像する来春の彼は

 

自分の希望するゼミに所属し

桜の咲く中、ニコニコ笑いながら

大学へ通う姿ですルンルン

(そこに彼女が隣にいたりしたら嬉しいなぁ…ラブ

 

 

 

桜** 桜** 桜** 桜** 桜** 桜** 桜**

 

 

 

でもこんな彼ですが

受験期なのに不登校真っ盛りの中3の冬

 

 

 

 

「桜の花咲く中、ニコニコ笑いながら学校へ行く姿を

想像してみてごらんよ~ルンルン」なんて

気持ちを上げようとがんばる母の、お気楽発言に対し

 

 

息子から返ってきたのは、マイナスオーラ満載の

「そんなもん、想像できる訳ないやろむかっむかっでした。

 

 

 

そりゃあね、せっかく中2の一年間ゆっくり療養して

満を持して行き始めた中3の春

 

がんばってがんばって

がんばり抜いて…で、やっぱり

 

パッタリ倒れちゃった11月だったからねー

(息子についてご不明な方は、恐れ入りますがこちらの息子の経緯★をご覧くださいませ)

 

その絶望感は、母でさえ死にそうだったから

本人のそれは、相当なものがあったと思います…ガーン

 

 

 

 

しばらくはどうしようもなく落ち込んでいたけれど

 

 

それでも、クヨクヨしても仕方ない

 

 

これを合言葉にコタローと三人裏山の散歩に出かけたり

母は瞑想にハマったり

 

苦しみながらも、できることをやっているうちに

 

 

なんとか進む道を見出すことができました。

 

 

 

 

 

あの頃を思い出して

何が一番大事だったろう…と考えるに

 

やっぱり母が諦めないこと…なんじゃないのかなはてなマーク

 

 

諦めずに

明るい未来を信じること…

 

桜の花の咲くころ、楽しそうに笑っている子どもと自分の姿を

想像し続けること…

 

 

悪い予感が湧き出てきたら、そんなのはポイポイッと捨てて

 

根拠なんてなくていいから

「この子は絶対大丈夫」って

心から信じるの

 

そして大丈夫な我が子の笑顔を思い浮かべる…

 

それの繰り返し

 

 

そうしてるうちに、それが実現しました。

 

 

 

 

「未来を思い描く時、自分から出ている波動が

そのまま未来を創る」んだそうです。

 

 

「明るい波動で未来を思うと、明るい未来が

暗~い波動で未来を思うと、暗~い未来が

 

やってくる」のだそうですよ。

 

 

いろんな方の本を読んだり

いろんな方のブログ記事を読んだり

いろんな方の講演会でお話を聞いたり

 

ま、私もいろいろ勉強してみましたが本メガネ

 

皆さん、たいがい同じことをおっしゃる

 

 

 

 

まひろがなんとーなく実践してたこれ

どうやら真実みたいですよーびっくり

 

 

 

 

 

今、このブログをお読みの皆さんで

暗~い気持ちの方

 

もしいらしたら

もったいないですよーニコ

 

暗~い気持ちはポイッと捨てて

明るい未来を思い描きましょう

 

そうすると自分から明るい波動が出るので

明るい明日がやってきますよチュー

 

 

 

 

暗い気持ちはポイッ

 

で、明るい未来を想像してニッコリニコニコ

 

 

たとえ少しずつでも、毎日続けていけば

1年後にやってくる未来は

きっとまるで違うものになってるいるはず…ルンルン

 

 

 

 

 

 

「明るい気持ちになんて、なれっこないわえーん

 

な~んて思った時は

自然に触れてみるといいかもねニコ

 

 

山歩きはおススメグッ

海もいいと思うし、川もいいね~ラブラブ!

 

なんなら空を見上げるだけでも、ほっこりできたりするよねラブラブ

 

まひろんちの窓から見た、いつぞやの夕焼け

 

 

 

私たちはみんな大きな力で守られているそうです

 

だから、何も悪いことなんて起こらない

 

 

 

 

私たち一人ひとりが見えない力にちゃんと守れていて

 

行くべきところに行くよう、最善が用意されている

 

 

 

私たちは

 

できることを精一杯やって

 

そのあとは

安心して、ただただその流れに乗っかっていけばいいだけ

 

 

 

 

 

あなたとあなたのお子さんには

キラキラ輝く未来が待っています

 

絶対、大丈夫キラキラキラキラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで

前に書いた息子の時間割

 

 

月 1・2

火 3・4

水 3

木 休み

金 1・2(しかもこの日の1限は10時始まり)

 

 

これ

お気づきの方、おられますかね?

 

お昼をまたぐ日がないのです。

 

 

彼は自宅から自転車で大学に通う自宅生

 

つまり、

 

毎日お昼を家で食べるって言うんです~滝汗滝汗滝汗

 

 

 

いや、思わぬところが不登校時代に逆戻りで

真っ青なまひろでありました…チーン

 

 

 

 

 

近い将来、皆さまにおかれましても

こういう事態も起こりうるかも…

 

 

 

 

 

 

 

いやもう、お前とはやっとられんわねー

 

ほなさいならバイバイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またそんなオチで終わる気かーっ!!プンプンむかっって

思ってる方も 思ってない方も

よろしければ、ポチっとなルンルン♪

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

 

 

 


起立性調節障害ランキング