maharsiのブログ

                              maharsiのブログ

                                                                ● 著書のサポートのためのブログ


● 著書サポートのためのブログです。→最新の 「正誤表」をダウンロード
                          いただけます。

● 著者の周辺も知っていただければ幸いです。
● 現在のところ、「読者になる」、「コメント」には対応していません。
● 「いいね!」 にのみ対応しています。
どうぞご了承ください。
● ラマナ・マハルシのウエブサイト
NEW !
テーマ:

「空に関するヴェーダの詩句~クリシュナムルティとデイヴィッド・ボーム

の対話」というセミナーが、2002年秋にあった。

 

 

デイヴィッド・ボウムを高く評価しておられたので、いつだったか、

 

David Bohm:Wholeness and the Implicate Order

 

をお送りしたことがあった。(邦訳はない)

 

 

とても喜ばれた。

 

この頃、第1期にサンスクリット語を学ばれた人たちはテキストが全20

課までで、済まされた方は、もう、ウパニシャッドあたりを読まれていた。

 

私も始めた頃は、全20課のものだったが、途中で倍の40課のテキス

トが出来、第7課位まで進んでいる時、こちらに切り替えて、最初から

やりなおすことにした。

 

この時、ノートの取り方を教えて下さった大阪のS氏、そして、初心者向

きのヴォキャブラリー辞書のコピーや「ナラ王の物語」などを送って下

さった岡山のO氏のことは決して忘れない。

 

 

すべてがアニル・ヴィディヤランカール先生に繋がる人たちで、その存

在があるからこそサンスクリットの学習が出来たのだと思う。

 

 

 

サーンキャとヨーガ サーンキャとヨーガ
3,240円
Amazon

 

 


テーマ:

2通のお手紙。

 

一通は、自宅で栽培していたロータスの絵はがきに、「バガヴァッド・

ギーター」から最も好きな詩句(5-10)のことを書いてお送りした時に

いただいた。

 

ब्रह्मण्याधाय  कर्माणि  सङ्गं  त्यक्त्वा  करोति  यः ।

लिप्यते  न  स  पापेन  पद्मपत्रमिवाम्भसा  ॥ (5-10 )

 

 

そこに次のように記されていた。(英文から翻訳)

私の最も大切にしているお手紙である。

 

2000年8月28日。

 

お手紙をありがとう。あなたの庭のロータスの花の写真は、私を

どんなに喜ばせたことでしょう!

 

ご存じのように、ロータスはインド思想の象徴で、人は人生を常に

快活に生きるべきであり、ロータスの葉が周囲を水に囲まれなが

ら決して水に触れないように、人生で何が起ころうともそれに振り

回されないよう、あなた方ご夫妻がロータスの葉のような気持で

人生を過ごされますように。

 

もう一つは、『ハタヨーガからラージャヨーガへ』を出版した時。

 

 

次のようなコメントをいただいた。(英文から翻訳)

 

2017/3/26

 

お手紙をありがとう。

 多方面にわたるヨーガの研究の成果の著書「ハタヨーガか

らラージャヨーガへ」は、まさにピッタリのもので、他の表

題を付けるなら「ヨーガ~身体的側面から精神的側面へ」が

ふさわしいものですね。

ご存じのように、ヨーガは基本的には、精神的な実践です。

しかし、同時に身体にも効果をもたらしますので、人々は、

こちらの側面に惹き付けられます。しかし、遅かれ早かれ、

ヨーガは、人々を平和で至福の状態へと導く途として本来の

メッセージへと導きます。

 このところ次第に日本語を読む力が落ちてきていますが、この著書を読んで、明らかに、あなたがヨーガのエッセンスを日本の人々、それも、特に若い人々に伝えようと大きな努力をされたことが分かります。この本は、間違いなく、これから先ずっと、ヨーガの本来のメッセージをさらに分かりやすく伝え、人の精神を高めるでしょう。

 このような良い本が出版されたことをお祝いし、この本

は、必ずこれから日本でよく知られるようになることを確信

しています。

 かずかずの精神的なご努力が成功しますように。

 

 

 

 

サーンキャとヨーガ サーンキャとヨーガ
3,240円
Amazon

 

 

             


テーマ:

アニル・ヴィディヤランカール先生のセミナーは、来日以来、関東・関西

の両方で行われたが、最も印象に残っているのは、やはり、1998年

の10月に関東で行われた「ダンマパダ」と、2000年代になってから、関

西やインドで行われた「人間と言語」、「バルトリハリのブラフマカーンダ」である。

 

(ダンマパダ・テキスト)

 

(ヴァーキャパディーヤム・原文)

 

「ダンマパダ」は、423詩句から85詩句が選ばれているが、すべては

やらなかったように思う。原典は、パーリー語であるが、この小冊子は、

サンスクリット語訳の方で行われた。朗々と響く読誦も大変素晴らしい

ものであった。

 

特徴は、対句になっているものがあり、ブッダのダルシャナが鮮明に伝

わってきた。「般若心経」の時もそうであったが、「法句経」の名で翻訳

されているものとは、あまりに違っていて目が覚める思いがした。

 

これは、今回、残念ながら、『インド思想との出会い』には収録されてい

ない。

 

もともとバルトリハリの「ヴァーキャパディーヤム」は、文法書「アシュ

ターディーヤーイー」の注釈書として書かれたもので、こちらも、いくつ

かの詩句がセレクトされ、言語に関しての興味ある解説がされた。

 

恐らく、日本でははじめてのことだったであろう。こちらは、『インド思想との出会い』に録された。

 

 

 

 

 

 

サーンキャとヨーガ サーンキャとヨーガ
3,240円
Amazon

 

 

 


テーマ:

8日夜現地でバジャンが行われたシュリー・オーロヴィンド・アーシュラムは、 2010年に訪れたことがある。

 

その時、最大のハプニングは、ここで使われているサンスクリット・ヒン

ディー語版のテキストを頒けていただいたことである。

 

 

イラストが豊富で、サンスクリットの生徒さんの説明に重宝している。

 

アニル・ヴィディヤランカール先生は、言語学者なので、フランス語は当然のこと、日本語もあっと言う間にマスターされた。

 

その中でも、日本語の勉強用として持ち歩かれていたのが、クリシュナ

ムルティ著・大野純一他訳の『生の全体性』(原著は、The Wholeness

of Life)。

 

中は、書き込みで真っ黒。スゴイナア~、と感心したものでした!

 

よく、「含んでいる」という表現に、「含蓄(がんちく)」と言われることが

あったのは、この本の影響かも?。。。

 

 

 

また、2008年渡印の際には、ご自宅からホテルが近かったので、毎日散歩がてら来て下さり、プライヴェートな形で講義を受けた。

 

その時の、資料。

 

Man and Language(21articles からなる英文)

 

 

帰国後、みなさんにも、是非知ってほしい、と翻訳してセミナーを

開催。

 

日本では、言語がヨーガに密接に関連しているという認識は、殆ど

ゼロでしたから。

 

先生は、アインシュタインにならって、方程式として表された。

 

それが、

 

M ー L = G ( 人 ー 言葉 = 神)

 

人から言葉を無くせば、神を知ることになる。

 

ということであった。

 

2001.6.23の「ジャパン・タイムズ(Japan Times)」に紹介記事

がある。

 

 

Man and Language: by Anil Vidyalankar

 

これは、今回、『インド思想との出会い』(東方出版)177頁に

「人間と言語」として収録された。

 

 

 

 

 

サーンキャとヨーガ サーンキャとヨーガ
3,240円
Amazon

 

 

 


テーマ:

アニル・ヴィディヤランカール先生が、10月5日に旅たたれました。

御年90歳。


改めて「バガヴァッド・ギーター」の詩句が想い出されます。

 

न  जायते  म्रियते  वा  कदाचिन्  नायं  भूत्वा  भविता  वा  न  भूयः  ।

अजो  नित्यः  शाश्वतो अयं पुराणो  न  हन्यते  हन्यमाने  शरीरे  ॥

ナ・ジャーヤテー・ムリヤテー・ヴァー・カダーチン・ナーヤム・ブートヴァー・バビター・ヴァー・ナ・ブーヤハ

アジョーニ・ティヤハ・シャーシュウワトーヤム・プラーノー・ナ・ハンニャテー・ハンニャマーネー・シャリーレー

 

シヴァナンダ・アーシュラムへの途中、ニューデリーのホテルで初めて

先生にお会いした時いただいた、最もよく使ったサンスクリット/英語

辞書。

 

The Student English Dictionary by Vaman Shivaram Apte

 

1998年3月20日のサインがある。

 

 

 

また、サンスクリット語/英語だけでは限界を感じ、ヒンディー語を習い始めた時も、インドで、

 

「真下さん。はい、これ。」と、

 

ヒンディ/英語の辞書をいただいた。

 

ちょうど日本での広辞苑のように、インドで日常使われている辞書

らしく、Oxfordのよりもうんと使いやすい。

 

 

(残念ながら、いただいたものには落丁があり、買い直し、その部分をコピーなどして補修して2冊となり自宅と故郷の家とで使っている)

 

そして、約20年が経過。佐保田鶴治が『古代印度の研究』の序で述べておられるとおり、

 

「研究の基礎的準備として印度古典語たるサンスクリットに専念すること十年、漸く印度古典に直参し得るの自信を得た。」

 

佐保田先生が10年かかられたのなら、倍の20年かけたらと思い、やってみました。

 

これが本当だということが分かりました。

 

すべては、ヴェーダ、ウパニシャッド、サーンキャなどに書かれています。

 

どこかに、何かを習いに行くということがなくなりました。

 

アンル先生の残された最大の遺産は、インドで出しておられた

ヒンディー語の雑誌。

 

「バーラタ・サンダーン」(38号まで出た)

 

 

数部送っていただいていて、当時のインド総領事のスワルーパ氏

やヒンディー語の恩師にもお渡しした。

 

母国語を非常に大切にされ、インド人が公式の場で話す時は、ヒン

ディー語で話し、通訳を付けるべきだとこの雑誌で主張され、英語で

済ます傾向に警告を発しられた。

 

ヴィヴェーカナンダ、シュリー・オーロヴィンド、クリシュナムルティ、OSHOなども多く取り上げられている。

 

とかく、誤解されがちのOSHOについては、ほとんど日本で語られる

ことがなかったが、やはり、ここではちゃんとした評価がなされ、私

たちの知らない、また、本にもなっていないものが紹介されている。

 

今回出版された『インド思想との出会い』のベースになっているもの

は、すべてがここにある。

 

インドの友人からの便りによれば、8日夜現地のアーシュラムでバジャンが行われるそうです。

 

当日、私も日本でお祈りを捧げたいと思います。

 

 

 

サーンキャとヨーガ サーンキャとヨーガ
3,240円
Amazon

 

 

 


テーマ:

インド映画「ガンジスに還る」が近々、放映になります。

 

 

2016年ヴェネチア国際音楽祭でエンリコ・フルキニョーネ賞に輝いた

作品です。

 

詳しくは、

 

シネリーブル大阪・神戸・三宮などで公開時期などをお調べ下さい。

 

 

 

 

サーンキャとヨーガ サーンキャとヨーガ
3,240円
Amazon

 

 

 


テーマ:
 『般若心経入門  好評発売中です!

 

神戸・三宮KCCにて「般若心経セミナー」も同時開催中!

 

 

主な内容:
 
●漢訳・サンスクリット・カタカナ表記・邦訳対照) で意味を取る。
 
●ヨーガの流れ~ブッディズムとサーンキャ、ヨーガ、ヴェーダーンタ、
           シャンカラのダルシャナ
 
●ブッダの実践法~アーナーパーナ・サティ
  ~ 「ハタヨーガ」への応用
 

 

 

 

サーンキャとヨーガ サーンキャとヨーガ
3,240円
Amazon

 

 

 


テーマ:

市民講座「般若心経を(サンスクリット)原典から読もう!」

 

これだけ多くの場面で唱えられている「般若心経」も、意味を知って唱えませんか?

 
なるだけ多くのみなさんに原典から、その意味を知ってほしいです。
 
その理由は、

 

漢訳の音写(原文の漢字によるフリガナ)から起こる混乱が起こっています。

 

原語の意味でなく、著者の人生観が語られています。

 

テキストは、

 

漢訳:サンスクリット(カタカナ読み):意味を対訳で易しく説明。

 

サンスクリット原語でも唱えましょう。

 

詳しくは、下記宛お問い合わせください。

 

● 第1回 10月5日(金)開講  (第1・第3金曜日)

  第2回 10月19日(金)

  第3回 11月 2日(金)

  第4回 11月16日(金)

  第5回 12月 7日(金)

  第6回 12月21日(金)

 

● 3ヶ月 12,960円

 

●テキスト:1,000円(受講料の他に必要です)

 

● お問い合わせ&お申し込み:

 

  神戸三宮KCC TEL: 078-265-1100

 

● インターネット

    

http://k-cc.jp/Course/Detail/01/15359111

 

 

 

サーンキャとヨーガ サーンキャとヨーガ
3,240円
Amazon

 

 

 

 


テーマ:

 

 

 

 

● 10月3日(水)開講 第1回 

   (第1・第3水曜日)

 

  第2回 10月17日(水)

  第3回 11月 7日(水)

  第4回 11月21日(水)

  第5回 12月 5日(水)

  第6回 12月19日(水)

 

● 3ヶ月 8,748円

 

●テキスト:1,000円(受講料の他に必要)

 

● お問い合わせ&申し込み:

 

  姫路KCC TEL: 079-281-7566

 

● インターネット:

http://k-cc.jp/Course/Detail/07/02502021

 

 

 

サーンキャとヨーガ サーンキャとヨーガ
3,240円
Amazon

 

 

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス