僕が岡山との試合で勝ってた理由(わけ) | まぐまぐまぐろんブログ・・・略して、まぐロ
2018-05-19 22:27:45

僕が岡山との試合で勝ってた理由(わけ)

テーマ:ヴェルディ

・タイトル付けづらいわ。試合中止になったというだけあって、今後の試合はどうするのかと思ってましたが、どうやら途中から同じメンバーでプレーするそうですね。ただ、スタミナは満タンですが。個人的には藤本寛也のJ初ゴールがスーパーゴールだっただけに、記憶だけじゃなく記録にも留めておきたかったので良い措置ですね。そして、一か月後とかにされちゃうと、このメンバーでやるのって意外と難しいかもしれん。ケガするかもしれんし、ケガから治った選手も使いたくなるしねー。
 

     -ファジアーノ岡山のメンバー-

          赤嶺真吾
    仲間隼斗        齊藤和樹


 三村 真  上田康太  末吉隼也  関戸健二

    喜山康平  濱田水輝  塚川孝輝

          金山隼樹

監 督:長澤 徹
SUB:一森 純、阿部海大、武田将平、伊藤大介
    大竹洋平、藤本佳希、リカルド・サントス


       -東京ヴェルディのメンバー-

            ドグラス

     佐藤優平          渡辺皓太

         李 栄直  井上潮音

奈良輪雄太                  藤本寛也
      平 智広  井林 章  若狭大志(田村直也)

           上福元 直人

SUB:柴崎貴広、畠中槙之輔、橋本英郎
    梶川諒太、林 陵平、カルマル

 


・実際は3-4-2-1という事ですが、とてもそうは見えなかったという事でまたフォメがこんなんなってます。公式見解ではありません、あしからず。先制点が入る前からミラーゲームが想定されていましたが、ヴェルディはほとんどの時間を5バックで挑むという展開になっておりました。まぐは中盤を厚くした方が良いと話しましたが、実際は最終ラインを厚くするという解決策で来ましたね。まぁ、事実カウンター以外ではピンチも無かったですね。


・常に人に着いてるし、スペースは与えないし、サイドの出し手にも行けてるし、こぼれ球も奪えないなりに寄せてはいる・・・うん、守備に比重をだいぶ置いているけど、リスクマネージメントを考慮するとこうなるんだろうか。何度かカウンターからの赤嶺ていうシーンがあったぐらいで、岡山も自分達のいいところは出せないでいた。しかし、こうなるとヴェルディのチャンスも皆無。ベンチではイヴァンコーチがしきりにロティーナ監督と話し込んでいるシーンも映ったりするし、どうなんだろ。狙ってこうなった訳ではないのかな?


・それでも、ワンチャンスをものにした事で俄然勝利への道も見えてきた。スローインから李がキープし、こぼれを拾った寛也がダブルタッチでかわしてシュート。このダブルタッチがGKの飛び出すタイミングを外してくれたね。そこを肩口を抜くシュートで先制。いやー、これはスーパーゴールだね。あそこで咄嗟に体が動くってのが凄いね。さて、どうやら後日になって発表されましたね。それが試合途中から再開になるという事だそうで。寛也のゴールは残りましたね。更に渡辺もワンツーパスからGKと一対一になるシーンもあったりと、チャンス数そのものは2度・・・しかし、2度とも決定機という格好。2-0にしちゃいたかったね。



・・・はい、試合は終わってないのでMOM、MVPはやめときましょうか。この続きはまた後日と。まぁ、雷ですからね。お客さんを守らないといけませんし。屋根無いし。ただ、まだ5月ですからね。まだまだ、夏場になったらこういうことは置きますしね。ただ、いつになるのか次第で結構嫌な感じになりますね。また平日だろうし。岡山まで行かれたヴェルディサポーターの皆様、本当に本当にお疲れさまでした。

 

 

まぐろんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。