僕が第1クールの水戸戦に勝った理由(わけ) | まぐまぐまぐろんブログ・・・略して、まぐロ
2018-04-22 23:37:06

僕が第1クールの水戸戦に勝った理由(わけ)

テーマ:ヴェルディ

・いやー、いい天気ですねー。まぐは結構いい歳ですよ。ですがねー、昔からこんなキャッチフレーズがあったのですよ。それが「美白のまぐ」・・・色白なんですなー。それが、今日みたいな天気だとマズイんですよ。引き出しに入っていた乳液タイプの日焼け止め・・・こ、これは最低でも1年前の夏のだ。ただ、それが何年前まで遡るかは分からない。分からないけど使うしかない。
 

      -東京ヴェルディのメンバー-

           ドグラス     林 陵平
       (藤本寛也)      (ピニェイロ)
        渡辺皓太  井上潮音  
 奈良輪雄太       (梶川諒太)  田村直也
           内田達也    

     平 智広  畠中槙之輔 井林 章

           上福元直人

SUB:柴崎貴広、若狭大志、李 栄直、藤本寛也、高井和馬


    -水戸ホーリーホックのメンバー-

       岸本武流  バイアノ
      (齋藤恵太)(宮本拓弥)
   木村祐志          黒川淳史
 (伊藤涼太郎)
       小島幹敏  白井永地

  ジエゴ  福井諒司  細川淳矢  伊藤槙人

          本間幸司

SUB:長谷川 凌、佐藤 祥、平野佑一、外山 凌

 


・是非、パソコンでご覧ください。まぐの苦悩が表れております。林 陵平のポジションをごらんください。右ウィングばりに右に寄っております。なのに、3-1-4-2としました。うん、こっちの方が自然なんだもの。実際はどういう表記がいいのかな。ただ、林を右にした意味ってのもしっかりあって。それが水戸の長所であり短所であると同時に、「弱い者いじめ」が大好きなイヴァンコーチの策略なのでしょう。つまり、今回のターゲットは右サイドに林、対面はジエゴっていう選手なんですね。何者でしょうか。


・前半から最終ラインの裏へ放り込んでくるロングパス。熊本戦ではやみくもに蹴ってる様に見えていたが、一応は狙いがあるみたいですね。パスを回して戻ってくる際にCBが逆を観る。右サイドへのロングフィードに魅せかけての縦みたいなことを狙ってますね。しかし、それもあくまでもフリにしか見えませんね。結果的に狙いは右サイドの裏なんですね。たまーにマークを見逃してくれるんですね、このジエゴが。2度ほど林 陵平が飛び出し、1度ほど井上が。どちらもアタッキングサードへ出ていけるので、3度とも決定機を演出してますね。どうやら、このジエゴに2人、3人で絡んでいく事で混乱させてるんですね。


・そのジエゴを狙ってるのは何もマークミスだけではないみたいで。縦をぐいぐいとえぐるタイプかと思ったんですけど、実際はクロッサーなんですかね。意外とシンプルに抜き切らずのクロスをあげてくる。前半終了間際のはなかなかいいクロスだったし、実際シュートまで撃たれてる。なるほど。このジエゴを狙う事で守備に重きを置いてもらいたいという意図もあるのかな。右サイドは伊藤という選手でCBの様だし。水戸の攻撃も封じ、かつ守備での綻びも狙う。


・そういう意味では、守備でこちらにも負担があったんですかね。林のケアをしたいんだけど、いつも後手で守備をさせられてしまうんですね。2度目の警告も倒れなければ前を取られてましたし。元ヴェルディのDF福井が林を倒して、2枚目の警告で退場処分。まぁ、これが勝敗の分かれ目でしたね。もし、これが0-0での退場であれば、そうはならないんだけど。1-0だったからねー。今のヴェルディはほとんどの相手がリスクを賭けてくれない。まぁ、こっちも賭けないからなんだけど。こういう展開は願ったり。


・追加点を獲らせなかったのも本間。ただ、追加点を獲らせてしまったのも本間。評価が難しいですね。先制点もCKで詩音の逃げるボールから繋いで畠中。今回のもファーサイドまでストレートボールを蹴って、平の落としにドウグラスがオシャレなヒールでゴールイン。ここで本間も飛び出しちゃったのよ。まぁ、サッカー格言的に誰もが言うこのセリフ。「飛び出したからには触らないと」。そうなんですけど、あの位置からの角度で言うとめっちゃ眩しかったんよ。飛び出したはいいけど、見えてなかったってのもあるかな。


・ここまで0-0の決着が多いんだけど、それが「GKと一対一」になる程のシーンが無いんだよね。ただ、こういう展開になればおのずと増えてくる訳で。梶川のスルーパスに反応したピニェイロ。いつもなら思い切り蹴って外すというシーン。実はこの数分前にそれをやってるんでね。一度冷静になれたのかな。ワントラップから掬いあげるループシュート。これが決まって3-0。まるで徳島戦の様にハマれば強いんだなー。


東京ヴェルディ 3-0 水戸ホーリーホック
得点者:畠中、ドウグラス、ピニェイロ

MOM:DF畠中槙之輔(4度目/通算6度目)
MOM:FW林 陵平(初選出/通算8度目)
MOM:MF井上潮音(初選出/通算2度目)
MVP:DF平 智広(2度目/通算4度目)
MVP:FWピニェイロ(初選出/通算21度目)

MVP:FW岸本武流(得点の匂いを感じるシュート)
MVP:DFジエゴ(もっとフォローしてあげて)
MVP:GK本間幸司(触れなかったけど、誰かクリアして)



・CK2発って言えば簡単そうに見えるけど、この試合はラストパスまでは出してたんでね。シュートまで行けるカタチが欲しかったかな。サイドをえぐってマイナスパスまで出してるのにワンプッシュが出なかったり。後は本間の好セーブもあったり。流れの中で点が取れてないけど、むしろセットプレイで取れてるという強みがある。むしろ、練習時間もセットプレイの方が多いかもしれんし。まぁ、獲れるんならどっちでもいいし。


・さて、次節は大宮戦ではありますが、向こうは血眼になって攻めてきてくれますね。いやー、ヴェルディとしては組しやすい格好になりますが、それは内緒にしてハメてやりましょう。下を押して溜めて、中足払い連打でいきましょう。さぁ、サマーソルトキックは決まるでしょうか。楽しみ楽しみ。

 

 

まぐろんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス