二次カリエスの予防

テーマ:
こんにちは(^^)
マチダデンタルオフィスの吉田です!

みなさんは一度虫歯になった歯が、もう一度虫歯になってしまったことはありませんか?
治療後の詰め物や被せ物と歯の間に細菌が入り込み再び虫歯になることを二次カリエスといいます。
一度治療した歯の再治療は、自分の歯を大きく失うことになり、とても悲しいですよね(>_<)
何度も治療を繰り返すと最終的に歯が残らなくなってしまう可能性があります‼︎

☆二次カリエスよ防ぐ予防策☆
①歯と治療した部分の境目をしっかり磨く!
デンタルフロスや歯間ブラシが有効です。
②規則正しい食生活を!
甘いものの食べ過ぎは注意!
ダラダラ食べはしないようにしましょう。
③フッ素の活用!
フッ素入りの歯磨き粉をつけて磨いた後の
うがいは少量の水で1〜2回にしましょう。
高濃度フッ素配合歯磨剤(1450ppm)も効果的!
④劣化しにくい歯科材料を選ぶ!
詰め物や被せ物にはいくつか種類があります。
それぞれ特徴や金額が異なりますので、
自分に1番合ったものを選びたいですね。
気になる方は当院の
トリートメントコーディネーター大滝が
ご説明しますので、お声がけください!
⑤定期メインテナンスを受ける!
一度削ってしまった歯は
再び虫歯になりやすいです。
お家ケア➕プロフェッショナルケアで
健康な状態を維持していきましょう!!

原市南小学校☆フロス指導

テーマ:

こんにちは♩

マチダデンタルオフィス西です。

 

6月4.5日に上尾市にある原市南小学校の5.6年生へフロス指導を行いました糸ようじ

児童のみなさんは初めは苦戦していましたが、コツを掴むと上手にフロスを動かせていましたきらきら

フロスにはホルダータイプの物や、糸のみの指巻きタイプの物など色々な種類があります!

自分の使いやすいタイプの物を見つけて使っていきましょう人差し指

お子さんや初めてフロスを使うときに1番使いやすいフロスはホルダー付きのY字型のフロスになります★

 

歯ブラシだけでなく、歯と歯の間の虫歯予防にフロスも毎日行えると良いですね♪*

 

 

 

こんにちはニコニコ

トリートメントコーディネーターの大瀧です。

梅雨明けしそうで、もうすぐ夏浮き輪本番ですね!!

 

ここ最近暑かったり、寒かったりと寒暖差が激しく

風邪をひいてしまう方や、体調を崩してしまう方も多いと思います。

 

私自身も免疫がさがり、ダウンしていました。もやもや

そんなことになる前に体にいい食事をとりましょう照れ

 

 

先日読んでいた本に、体にいいメニューがのっていたのでご紹介しますおにぎり

 

A 根菜の和風ヨーグルトピクルス

材料

れんこん…6センチ長

ごぼう…1/2本

かぶ…1個

ニンジン…1/2本

ブロッコリー…8房

プレーンヨーグルト…1/2パック

塩こんぶ(細切り)…20g

しょうゆ…少々

 

B 塩麹の鮭汁

材料

【鮭の下味用】

鮭の切り身…2切れ

塩麹…大さじ2

大根…4センチ厚

ニンジン…4センチ厚

干ししいたけ…2枚

こんにゃく…1/4枚

【汁の味付け用】

だし汁…4カップ

塩麹…大さじ2

塩…適量

万能ねぎ…適量

 

C 豚肉の納豆巻揚げ

材料

豚ももしゃぶしゃぶ用…24枚

しそ…12枚

納豆(ひきわり)…2パック

片栗粉…適量

小麦粉…大さじ4

たまご…1個

水…適量

パン粉…適量

揚げ油…適量

キャベツ…3枚

大根おろし…適量

ポン酢…適量


 

 

D 雑穀ごはん

材料

白米…2合

雑穀ブレンド…適量

作り方

白米を洗い、雑穀を加えて軽くかき混ぜる。浸水し、いつも通りに炊く。

 

 

 

 

美腸メニューというだけでなく

 

A(はじめに酵素が豊富な食材を摂ると体内の酵素を浪費せず効率的に消費)

B(生もので冷えた体を温め、代謝を上げる)

C(代謝アップ後にタンパク質を摂ることでさらに代謝量が上昇)

D(食べ過ぎてしまいがちな炭水化物は最後に)

 

この順で食べることが大事です。

 

食べ合わせ食べ順を気をつけるだけでさらに美腸になります。

是非皆さんも作ってみて下さい星

 

 

水分の摂り方

テーマ:
こんばんは星空
マチダデンタルオフィス
歯科衛生士の天野ですロップイヤー

最近暑い日が続いていますねアセアセ
みなさん体調管理は大丈夫ですか?

暑い時期は水分補給が欠かせないですよね!
大切な水分補給ですが、糖分の入った飲み物のダラダラ飲みは要注意です!!
無糖の物にするようにしましょう

また食事の際に、お茶や水を飲むことはありますか?
実はこれもなるべく控えた方がいいのです!
主な理由としては、飲み物で食べ物を流し込むことになり、結果丸呑みになってしまうからですショック
特にお子さんにはよく見られることがあります。
本来、食事はよく噛んで唾液を出し、その唾液が食べ物をまとめてくれて上手く飲み込むことができます。
唾液には消化作用も含まれており、私達の身体にはとても重要なのです!
このことから、食事をしながら水分補給をするのはなるべく控えましょう(・ω・)b
水分は食事の前に少し摂るか、食後にお茶を飲むことをオススメします流れ星

こんにちは^^
マチダデンタルオフィスの齋藤です!


みなさんは歯ブラシでしっかり磨いたつもりでも、磨きにくかったり、汚れが残ってしまうところはありませんか??!

そういったところを磨くのに、オススメなのがワンタフトブラシです!👀👏

ワンタフトブラシとは、ひとつの毛束でできている歯ブラシのことです。
磨き残しやすい部分にピンポイントでねらいをつけて汚れをスッキリ落とすことが出来ます!✨

特に磨き残しやすいところは…
・歯並びの悪いところ
・矯正装置のまわり
・奥歯の奥(背の低い奥歯)
・抜けた歯のまわり
・前歯の裏側

お口の中の状態は人によって異なりますので、当て方等、詳しくは歯科衛生士に聞いてみてくださいね★

定期的に歯科医院に通ってクリーニングを受けるだけでなく、自宅で行うセルフケアもとっても大切です!
いつまでも健康な歯を保ちたいものですね☺️💘