町亞聖オフィシャルブログ「As I am」Powered by Ameba
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

人生の道標

きのうはSOMPOケアさんが主催した

演歌歌手川中美幸さんと遠藤健社長の

スペシャル対談のお手伝いをしましたニコニコ



オンラインならではで約200施設と中継を

繋ぎ4000人以上の方が視聴したそうです音譜



なんとトークだけでなく「ふたり酒」

「二輪草」などの名曲も生披露してくれ

川中さんの歌声を特等席で聴くという幸せラブラブ



今年デビュー45周年を迎える川中さんひらめき電球



昭和、平成、令和とずっと第一線で

活躍し続けられているのは"本物だよ"と

なかにし礼さんが言ってくれたそうクローバー



本当に気さくでそこにいるだけでパッと

周りを明るくする太陽のような方でしたヒマワリ



17歳でデビューした川中さんをずっと

支えてきたのは一卵性母娘と言われるほど

仲の良かったというお母さんの存在です。



お好み焼き屋さんを営んでいて80歳を

過ぎてもお店に立っていたほどの働き者。



川中さんの元に届いた封筒の中からは

お好み焼きの香りのしわくちゃの紙幣が。



そんなお母さんが2014年に心筋梗塞を

患いますが奇跡的に復活するもやはり

徐々に体力が無くなっていき介護が必要に。



実はデビュー40周年の節目の年でしたが

お互いに忙しく生きてきたので一緒に



ゆっくり過ごす時間は少なく出来るだけ

最愛の母のそばにいたいと仕事をセーブ。



夜中にトイレに行く時は鈴で知らせてと

約束しても娘を起こしちゃいけないと



無理をしてしまうので寝る時は手と手を

紐で繋いで寝たこともあったそうです。



賑やかなことが好きだったお母さんらしく

大勢の人が駆けつけてくれて悔いのない

お別れができたと振り返っていました。



そしてお母さんは亡くなったけれども

今もより近くに感じていると川中さん。



だんだんお母さんに似てきたそうですが

お母さんとの実際のエピソードを歌にした

「おんなの一生〜汗の花」の歌詞の中に



''母の背中が人生の道標"とあるように

強い絆で結ばれていたことが伝わります。



コロナ禍でままならない生活が続いてますが

川中さんの素敵な歌声と笑顔に癒された

素敵な時間を過ごすことが出来ましたクローバー












あすの語りに。。。

コロナの影響を受けて去年中止になった

MED群馬がきのう感染対策をしっかりし

万全の体制を整えた中で開催されましたひらめき電球



「いのちの場から社会を良くする。」を

テーマに本当に多彩なプレゼンターが登壇にひひ



コロナ禍の中で自粛が続き外食産業が

大きな打撃を受けていますがだからこそ



心豊かにし健康になる外食の可能性や

一緒に食べる幸せをプレゼンしたのは

薬膳イタリアンシェフの松井祐友貴さん。



食べることは"生きること"であり人が

人生を活き活きと"活きること"に繋がると

語ったのは歯科医師の鈴木宏樹先生です。



病院では疎かにされがちの"食"に関しての

重要性を熟知する医師以外の管理栄養士や



歯科医師などの専門職により様々なケアが

現場で実践されるようになってきました。



病気が治っても寝たきりになってしまったら

本末転倒ですので広い視野を持ち暮らしを



支え見守るケアができる歯科医師など

多職種にもっと活躍して欲しいと思います。



コロナの最前線でも尽力している看護師。



"フリーナース"という働き方を提案するのは

NICUでの看護の経験もある天田美鈴さん。



"休んでいる"と菅さんが潜在看護師に

関して無神経な表現を使っていましたが



働きたくてもそれぞれに事情があって

復帰が出来ていないから"潜在"なのです。



バーンアウトした経験を人に言えずに

悩んだという天田さんは自分の人生を



大切にしながら看護師を続ける道を

築きたいと現在は病院を飛び出し学校や



ケアが必要な子供の外出支援など看護師

プラスαの資格も活かして活躍しています。



救急救命士の藤森花さんからは学校で

起きる心臓突然死を防ぐために小中学校で

AEDの普及を目指す活動をする報告が。



私もAEDを普及させようと尽力する医師を

取材しましたがその先生の熱意が届いて

2004年に一般の人もAEDを使えるように。



"AEDが使われていたら救えた命がある"

このことをぜひ覚えていて欲しいです。



最近はメディアなどでLGBTという言葉を

見聞きすることが増えている一方でまだ

カミングアウトできてない人も多くいる



現状があり当事者の居場所作りや学校での

啓発活動をしているのは間々田久渚さん。



LGBTだけでなく生き辛さを解消するために

必要なのは皆が様々な社会課題を知ることと

当事者が語れる環境を整えることのふたつ。



"当事者が声をあげれば社会は変わる"



間々田さんの「まちのほけんしつ」は

実はと語れる場所になるに違いありません。



"医療は生き辛さを変えられる"とLGBTの

人達が医療を受けやすくするための

活動をしている家庭医の坂井雄貴さん。



診療所が地域の中で「アライ」理解者や

支援者になることで困っている当事者が



声を上げやすいようにと坂井さんが

立ち上げたのが"にじいろドクターズ"です。



もし自分だったらと考えて理解しようと

することがダイバーシティーの第一歩。



アナと雪の女王の"ありのままで"の熱唱で

プレゼンをスタートした新井舞さんは



長年抱えた自身の外見コンプレックスを

覆したお嬢さんの小児脱毛症と向き合う

ありのままの日々を包み隠さず語りました。



"大事なことは楽しく伝えないと伝わらない"

ぐんま特使で芸人の富所哲平さんの言葉。



脳腫瘍のため視力を失ったご当地アイドル

「あかぎ団」の加藤さやかさんが自身の

病気や闘病の様子を話すのは初めてだそう。



自分を待ってくれているファンや大好きな

仲間ともう一度一緒に歌いたいという想いを



叶え再びステージに戻れた喜びをメンバーの

サポートを受けながら堂々と語りました。



歌っているのがさやかさんですが本当に

目が見えないとは思えないパフォーマンスアップ



さやかさんの復活によりボーダレスな

グループとなった"あかぎ団"のこれからの

活躍に期待ですしファンになりましたにひひ音譜



私からは生き辛さは当事者のせいではなく

環境や社会の側に原因があるということ



そして全ての人が当事者となっている

コロナ禍だからこそ様々な社会の問題を



"もし自分だったら"と想像力と共感力を

発揮して考えるチャンスだとメッセージクローバー



生き辛さを解消するために立ち上がった

当事者の声が社会を動かし変えてきました。



きょうの語りは必ずあすの語りに。。。



コロナ禍という厳しい状況の中で準備を

進めてきたMED群馬のスタッフのみなさん

素敵な語りの場を創っていただき感謝クローバー



また来年群馬で逢えたら嬉しいですニコニコ


メタルブルー♫

気分は"花の子ルンルン"初夏シリーズ音譜


花弁は可愛らしいハート型をしていて

繊細な白いレースで編んだように見える



こちらの花の名前は「オルレア」で

ホワイトレースとも呼ばれていますラブラブ



花言葉は見た目から「可憐な心」「静寂」

「細やかな愛情」という意味がありますひらめき電球



写真を撮っているところに飛んできた

黒いレースのような羽を持ち身体が



綺麗なメタルブルーをしたこの虫は

ブドウスカシクロバでなんと蛾だそうショック!



幼虫はブドウなどの天敵だそうですが

名前の通り貴婦人のマントのような羽根も



ブルーの触角もよく見るとマスカラを整える

コームのように精巧に出来ていました目



自然の造形は本当に見飽きませんねにひひ音譜

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>