町亞聖オフィシャルブログ「As I am」Powered by Ameba
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

いつか戦が消える日に。。。

東京芸術劇場プレイハウスにてNODMAP25回公演『QA Night At The Kabuki』を観てきました音譜



時代も国境も超えた3つの伝説を新しい伝説として生まれ変わらせた野田秀樹さんはやっぱり奇才ビックリマークパンフレットでご自身も自称伝説の舞台と書いていましたキラキラ



誰もが知るシェイクスピアの悲恋の物語「ロミオとジュリエット」のそれからを伝説のロックバンド「クイーン」のアルバム「オペラ座の夜」の楽曲の調べに乗せながらなんと舞台を「源平合戦」に置き換えるという奇想天外な「Q」。



映画「ボヘミアン・ラプソディー」を観た方も多いと思いますが私はクイーン世代ではなく全ての曲を明確に把握は出来てないのですが



それでも〈 Love of My  Life〉や〈Bohemian Rhapsody〉などのメロディーがそれぞれの場面に見事にリンクしてコテコテな古典なのに今を生きる物語に見えてくるから不思議でした。



実はロシアとジュリエットは生きていた!?という新解釈から始まる第一幕。尼さんになった松たか子さん演じる〈それからの愁里愛〉の元に



30年の時を経て何も書かれていない白紙の手紙が届けられます。なぜ白紙なのか?なぜ30年も届かなかったのか?投げかけられるクエスチョン〈Q〉。。。



自分達の運命は変えられるはずと〈それからの愁里愛〉と上川隆也さん演じる〈それからの螂壬生〉が時空を超えて



それぞれまだ悲劇の運命を知らない広瀬すずさん演じる〈源の愁里愛〉と志尊淳さん演じる〈平の螂壬生〉の元に。



過去と未来が同時に存在できるのは舞台ならで特に愁里愛を演じる松さんと広瀬さんは一緒にいても全く違和感なし。



上川隆也さんと志尊淳さんは見た目は全然違いますが動きがシンクロする場面でハッとさせられました。2人の中の愁里愛への変わらぬ愛が見えたからだと思います。



まさかの友とまさかの乳母として若き日の自分達の身近に寄り添いながらシェイクスピアの「ロミジュリ」通りの悲劇にならないように物語を改変しようと奔走。



出逢った瞬間に惹かれ合う若きロミジュリ。キラキラ輝く初々しい2人を見守りながら回想するそれからのロミジュリ。



記憶が違うと口喧嘩する松さんと上川さんのユーモアのある掛け合いとは裏腹に舞台上には悲劇までのカウントダウン〈432000秒〉の数字が映し出され時を刻んでいきます。



螂壬生への愛を貫こうとする一途さを全身で表現していた広瀬すずさんが素晴らしく舞台は初めて観ましたが透明感が半端なく立っているだけでスポットライトが当たっているよう。



2人で一夜過ごし朝を迎えるシーン。広瀬さんが裾を引き摺るように身に纏った大きな真っ白な布が純白のウェディングドレスのようでした。



そしてベッドを覆う大きな白い布が翻るたびに2組のロミジュリが入れ替わり純粋な若きロミジュリの美しさに目を奪われたかと思うと



それからのロミジュリが現れて野田さんお得意の言葉遊びを繰り広げ二幕目へと繋がる「いつか戦が消える日に再会できる」という一言を松さんが。。。



みなさんもよくご存知の行き違いのために自らの命を絶つことになる若きロミジュリの悲劇の運命は果たして変えられるのかハラハラドキの第一幕。



それからの愁里愛に自撮り棒で殴られる法皇や陳腐なカラー風船を沢山身に付けて登場する源頼朝など大好きな橋本さとしさんが野田さんのおもちゃになっているのもツボに入りました。



また平清盛と平の凡太郎という正反対の役柄を演じ分けた竹中直人さんの大胆で繊細な演技に脱帽でしたし役者野田さんも相変わらずテンションが高く登場した瞬間から笑いをさらっていく狡さ。



"5日間の恋で終わらせたくない"という必死の想いが通じて運命を乗り越えたはずなのに4人はもうひとつの運命〈戦争〉に巻き込まれていきます。。。



第二幕は「ロミオとジュリエット」のそれからの物語へ。2組のロミジュリの立場が入れ替わり広瀬さんは〈愁里愛の面影〉そして志尊さんは〈螂壬生の面影〉となり愛する人のそばに。



命は取り留めた〈それから〉の2人ですがお互いが生きていることは知らないまま。後半では「ロミジュリ」の有名なセリフ「名前をお捨てになって」に忠実に従った



〈それからの螂壬生〉は名も無き兵士となり戦場に向かうことを決意し新たな悲劇に巻き込まれていきます。そして〈それからの愁里愛〉は尼寺へ行くことに。



物語を実際の戦争やリアルな出来事と置き換えていく野田さん。舞台はいきなりな感じですが源平合戦から第二次世界大戦へ、そしてシベリアならぬ「滑野(スベリヤ)」へ。



「ロミジュリ」という特別な物語が戦争により2度と故郷に帰れず愛する人と永遠の別れをすることになった名も無き兵士達の物語へと変貌していきます。



2019年の初演の時はまだロシアによるウクライナ侵略は起きてませんでしたが戦争は過去の話ではなく今やいつ何処で起きてもおかしくないリアルに。



捕虜となった螂壬生を敵方の兵士がみんなで殺害しようとする場面ではマザーテレサならぬ尼マザーッテルサ(羽野晶紀さん)が戦争が終わったらそれはただの殺人だと指摘。



「ボヘミアン・ラプソディー」の"ママ〜"に合わせて絶叫する兵士達。戦争で尊い命を散らした若者の多くが母親宛てに手紙を残していることを思い出し胸が苦しくなりました。



愚かな人間が始める戦争がもたらす皮肉で哀しい真実を突きつける第二幕。戦いは終わっても戦争は終わらない。何故なら人の心の中に憎しみが残るから。。。



極寒の滑野で終わりのない過酷な強制労働に従事させられている〈それからの螂壬生〉。出せども出せども検閲に阻まれ届かない愁里愛への手紙。



長い時を経て故郷への帰還が始まりますが名を捨てた〈それからの螂壬生〉の名前はなんと帰国者の名簿に存在せず。。。



非情な運命を前に絶望する螂壬生を見かねた平の凡太郎が自分が手紙を預かろうと申し出ます。ですが手紙は没収されてしまうので全て暗記して必ず届けると約束。



そして物語のラストで幕開けの問い掛けの答えが明らかに。一度は運命を乗り越えながらお互いの存在を知らずに〈面影〉と共に生きてきた〈それから〉の2人。



敵と戦っている時も滑野に抑留されている時も常に螂壬生のそばには〈愁里愛の面影〉がいることは観客には見えていますので絶望と孤独の中でもたった5日間の愛を胸に抱きしめていることが分かります。



そして30年の時を経て届いた手紙により螂壬生の愛を確信した〈それからの愁里愛〉。白紙の手紙を詠む〈それからの愁里愛〉を後ろから〈それからの螂壬生〉が抱きしめるシーンに涙腺が決壊。



螂壬生と同じように凍てつく大地シベリアから戻れなかった兵士ひとりひとりに名前があり届けたかった想いがあったはず。



紙飛行機となり舞台上を飛んでいく届かなかった無数の手紙。未だに争いが無くならないこの世界の空にも見えない紙飛行機が飛んでいます。



「いつか戦が消えた日に」と哀しい誓いをしなくていい平和な世界にしなければ本当の終戦は来ないと強く思った夏の夜になりました。



NODMAP25回公演『QA Night At The Kabuki』東京公演は911日まで。コロナで色々な舞台が中止になっていますがどうか最後まで駆け抜けて欲しいクローバー

エールが生まれる♫

毎週日曜あさ6時25分からオンエアのニッポン放送「ひだまりハウス〜うつ病と認知症について語ろう」



きょうはSOMPOホールディングスが今年4月にリリースした在宅で介護をするケアラーを支援する無料アプリ〈ケアエール〉をご紹介しましたキラキラ音譜


https://careyell.com/


在宅介護はどうしても中心になってケアする人に負担が集中しがちになりますが〈ケアエール〉はケアラーやご本人の日々の出来事や心情を気軽に記録できるアプリで



さらに離れて暮らす家族、親族、ケアマネジャー、医師などの専門職の人達ともその情報を共有することでコミュニケーションをスムーズにするツールです。




1人で抱え込みがちなケアラーの心に余裕が生まれ要介護者や周りの方々との絆を深めることができ「自然と周囲からのエールが生まれるアプリ」とケアエールを開発した韓承娥(はんすんあ)さん。



すでに利用している方からも今まで電話では上手く伝わらなかった本人のありのままの様子が〈ケアエール〉により可視化でき家族にもなかなか分かってもらえなかった悩みも周囲に気軽に相談できたとの声が。



〈ケアエール〉は体温、脈拍、体重などの基本的な体調記録や食事、服薬、睡眠、排便、歩数などの生活記録



さらに日常生活の中で気になることやケアラーの心の天気も記入することが出来ます。また介護サービスや家族の予定などもカレンダーで簡単に共有出来ます。



介護情報の共有は専門職がどうしても主導することが多いですが〈ケアエール〉の大きな特徴は情報を共有したいメンバーをケアラーや本人が決められるという点です。



もちろん信頼できる専門職も個人ルームに招待出来ますが何気ない日常や嬉しかったことは家族や友人と体調記録などケアに関することをケアマネや主治医の先生と共有するなど使い分けが出来ます。



例えば介護認定が要支援180代で1人暮らしをしている女性のケースでは別居している長男と長女、地域包括支援センターの職員とヘルパーさんと情報を共有。



参加者全員でそれぞれご本人に会った時の様子を〈ケアエール〉に記録することで離れて暮らすご家族も専門職との連携やサポートが出来て安心できたそう。



また息子さんが父親をケアしている男性介護のケースでは親子関係もスムーズではなく息子さんがストレスを抱えていましたが



同居していないお兄さんと専門職と情報を共有することで見守ってもらえているという安心感が得られ1人ではないと感じることができ孤独の解消に繋がりました。



ケアしている家族だけでなく離れて暮らす家族も支援に関われたりご本人が元気なうちから専門職とコミュニケーションが取れるのもケアエールの特徴ですひらめき電球



写真のアップはもちろん音声入力も簡単に出来る〈ケアエール〉。ヘルパーさんが写真を撮って送れば電話よりも正確な状況を把握できますし、その際に支えてくれる人への感謝も伝えられます。



私達家族も母が末期がんで闘病している時にアナログですが〈お母さんノート〉を作り家族と看護師さんと情報交換しました。



本人に言語障害がありましたので細かい意思疎通が難しく看護師さんに走り書きでも良いから家族が居ない時に気になったことがあれば書いて欲しいとお願いしました。



また余命わずかな母と向き合う中で家族同士でも面と向かっては口に出来ない弱音や本音がありこのノートが胸の内を吐き出すコミュニケーションツールになりました。



〈ケアエール〉は体調記録のデータをPDFで出力できるので主治医やケアマネに体調の変化や薬の服薬相談なども伝えやすくなりますし



大切な人を中心にそれぞれが出来ることを積み重ねる日常の記録や普段は言葉には出来ない感謝の気持ちなど綴った掛け替えのない家族のアルバムになるのではと思いますクローバー



今後はデイサービスでの導入やケアエールカフェを開催して信頼できるケア仲間を増やしていったりとアプリを活用した新しい地域包括ケアモデルを作りたいと韓さんは話してくれました。



毎週日曜あさ6時25分からオンエアのニッポン放送「ひだまりハウス」SOMPOホールディングス韓承娥さんのインタビューはこちらから


https://www.1242.com/hidamari/





アンコンシャスバイアス

あさ630分から850分から生放送ラジオ日本「スマートNEWS」木曜日音譜



きのうは〈気になる話題〉で「がんと仕事に関する意識調査」をご紹介しましたメモ母と父をがんで亡くしたことをきっかけに長年がん医療の取材をしてきましたが



今回この調査に関わったみなさんは長年がん医療を取り巻く環境を改善しようと活動してきた方達で私も取材や啓発活動を通じてご縁のある方ばかりひらめき電球



ドラッグラグの問題、がん教育、がんと仕事、緩和ケア、未婚の若年性がん患者の卵子凍結技術、がん対策基本法成立など



多岐にわたるテーマを取材しましたが20年前はまだ〈がんは=不治の病〉と思われていましたし、医師もまずは治療優先で命が助かれば良いと考えていました。



ドラッグラグの取材では余命半年の患者さんに向かって解消にはあと数年かかるから待ってくれと大学病院の先生が口にする場面も。



治療は外科医による手術が中心でしたので緩和ケアなどの終末期医療を敗北の医療だと言い切る医師も少なくありませんでした。



そんな時代がありましたが当事者が声をあげ続けたこと、そして医師や家族など様々な立場の人達が連携したことでがん医療は大きく変化しましたし



また今回のテーマでもあるがんを取り巻く様々な〈アンコンシャスバイアス〉も改善してきました。



〈アンコンシャスバイアス〉とは"無意識の思い込み"です。このアンコンシャスバイアスは周囲の人だけでなく実はがん経験者も持っています。



この調査はがん経験者と経験者以外を合わせて3000人を超える人にアンケートし意識の違いなども浮き彫りにしています。



がんと診断された時に以前のように働けないかもと思った当事者は6割もいますが時間の経過と共に2割まで減少しています。



そして実際にがんになっても〈これまでどおり〉働いている人は6割いることが調査で明らかになりました。



また6割の当事者ががんになっても仕事を続けたいと思っていますが周囲の人の6割は仕事と治療の両立は難しいと考えていました。



そんな中で会社の上司が理解支援してくれこれまでどおり働いたという当事者は6割、理解してもらえずに辞めた人が3割もいました。



がん経験者の部下を持つ上司の6割が治療と仕事の両立に対するイメージがポジティブに変化していることも調査から分かります。



がん医療をより良いものにするためには当事者が語れることが重要だと考えて取材啓発をしてきましたが



今回の調査結果を拝見しても〈本人がどうしたいのか〉をきちんと周囲に伝えられることが働く環境を整える鍵だということを再確認。



がんと分かったからもう働けないは明らかに思い込みですが、同じように働かなければ。。。というのも実はアンコンシャスバイアスのひとつ。



無理をせずに治療中は出来ることから始めて体調が戻ったらがん以前のように働くなど仕事を長く続けための選択肢は沢山あります。もちろん選択肢を用意するのは会社や上司の重要な役割です。



詳しい調査結果では当事者が職場や家族から受けた対応で嬉しかったことや傷ついた言葉なども具体的に紹介していますので身近な人ががんと診断された時の声かけの参考になると思います。



全員が当事者になるというコロナ時代をいま生きていますが、だからこそ〈もし自分だったら〉という想像力を育むチャンスだと私は思っています。がんも2人に1人がなりますので全員が当事者です。



がんと仕事の両立だけでなく〈アンコンシャスバイアス〉は色々な場面で負の影響をもたらしますが逆に当事者の想いを知り正しい知識を得ることで解消することが出来ます。



一般社団法人アンコンシャスバイアス研究所のホームページから〈がんと仕事に関する意識調査結果〉を見られますのでぜひチェックして下さい☞


https://www.unconsciousbias-lab.org/cancer


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>