町亞聖オフィシャルブログ「As I am」Powered by Ameba
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

人を頼れることが自立

親を頼れなかった経験を持つ若者がそれぞれの立場でスピーチを行う啓発イベント「親ありき日本をこえる〜コエール2022



今回「コエール」を一緒に進行してくれた"ヤスくん"こと俳優の古原靖久さん。ヤスくんも5歳から18歳までを児童養護施設で過ごした当事者のひとり。



同じように親を頼れない経験をしたヤスくんだからこそ紡げる愛ある言葉と力強いメッセージをイルミネーター11人に贈ってくれました。



ガォーというポーズを取っているのはヤスくんがスーパー戦隊シリーズ「炎神戦隊ゴーオンジャー」で主演の32代目「レッド」を演じていたからキラキラ



コエール第2部ではヤスくんが子供時代を過ごした施設を含む2つの児童養護施設を訪問した動画を紹介。ヤスくんがなかなか知ることの出来ない施設の""をレポートしてくれました。



ヤスくんを担当していた若松弘樹さんが今は園長に。あまり見た目が変わってないとヤスくんもびっくり!?当時から理不尽な大人の理屈を押し付けないというスタンスだったという若松さん。子供が納得する説明をしてくれたそう。



施設を出たあとのアフターケアは少しずつ制度も整ってきたと若松さん。施設を出たら終わりではなくずっと関係は続いていくのでいつでも相談にきて欲しいとのこと。



そして自立は1人で何でも頑張ってやることではなく"必要な時に人を頼れること"が自立だという若松さんの指摘は大人にも当てはまると思いました。



自分の施設以外を訪ねたことはあまりなかったというヤスくん。今回まだ新しい別の児童養護施設にもお邪魔しましたがハード面だけでなく職員のみなさんの対応も大きく変化していることに感心しきりでした。



大部屋ではなく11人が個室を与えられるユニット化も進んでいて少人数でより家庭的な環境が整えられ個を大切にするようになっているとのこと。



"監視"から"見守り寄り添う"というように職員と子供達との根本的な関係が変わってきていて生活の中で大切にされることで自分を大切に出来るようになりそれが自立に繋がっていきます。



またヤスくんが一緒にハンバーグを食べていましたが以前は献立が決まっていて好きなメニューが出るのは特別な時だけでしたが、今は子供達の意見を聴いて食事を作るというそんな場面でも昔とは違ってきているそう。



全国には612ヶ所の児童養護施設がありますがまだ施設間の差があるのが現実。ですがヤスくんのレポートで確実に"子供ファースト"に変化していることが分かりました。



親を頼れない"社会的養護"を必要とする子供達の問題を知ってもらうために発信しているヤスくん。夏には舞台を控えているとのこと。人生を切り拓いていくヤスくんもまた未来を照らすイルミネーターです。これからも応援しています音譜



今回久しぶりのリアル開催となったコエール。会場に去年のイルミネーターもかけつけてくれました。1年しか経っていませんが今年のイルミネーターよりもお姉さんお兄さんに見えましたキラキラ



すぐに世界は大きくは変えられないけれど勇気を持って一歩を踏み出したイルミネーターの言葉が確実に人の心を動かしていますクローバー



「親ありき日本をこえる〜コエール2022」みんなに逢えて良かったビックリマークまた来年もお手伝いさせていただきます音譜



「コエール」について詳しく知りたいという方はこちらのホームページをご覧ください☞


https://coyell.b4s.jp/


そはにいるだけで。。。

親を頼れなかった経験を持つ若者がそれぞれの立場でスピーチを行う啓発イベント「親ありき日本をこえる〜コエール2022



"自分の命が脅かされない場所がこの日本にもあるなんて。。。"最後のイルミネーターしろしの父親は無職で代わりに母親が一日中働いていたそう。多くの時間を一緒に過ごす父親から暴力を振るわれていました。



"子供は親の奴隷だ。だからお前は親の言うことを聞いていればいいんだ"という父親の暴力による呪縛に幼いしろしは抗うことは出来ませんでした。



包丁を持ち出すこともあった父親。。。母親からの離婚の提案に対しても"お母さんは1人でも生きていけるけどお父さんは1人では生きていけないから"と断っていたそう。



周りの人から褒められるのが嬉しくてどんなときも笑顔で過ごすことを心がけていたしろし。でも心の中では何度も何度も叫び声を上げていました。


 

そして児童相談所に助けを求められる最後のチャンスとなる17歳の時に勇気を振り絞って電話をかけますが返ってきたのは"地区が違うからかけ直すように"という無情な言葉。



この電話から7年後、大人に助けを求められなかったしろしは現在は実家から遠く離れた場所に引っ越して新しい街で暮らしています。



大人に傷つけられ見捨てられ何度も屈辱を味わいますがそんな自分を救ってくれたのもまた大人の人だったとしろし。



マンションの管理人さんや区役所の人など街で出逢った沢山の人が自分の名前を呼んでくれることや朝の挨拶など何気なく交わす会話がしろしの心の壁を溶かしてくれたそう。



福祉の勉強をしながら移動支援の仕事に就いているしろし。休日には着ぐるみを着て街に出て居場所を探す若者の声に耳を傾けています。



必死に生きる理由を探し誰かに話を聴いてもらいたいと切望する彼ら彼女らに対し投げかけられる世間からの言葉はとても冷たいものばかり。



「甘えていないで真面目に働きなさい」「親孝行しないといけないよ」そんな言葉は刃となり彼らをさらに傷つけ助けを呼ぶ声さえも封じ込めてしまうのです。

 


居場所を求めているのは子供だけでなく大人も同じで刃物を手にした父親も声にならない叫びを上げていたのかもと理不尽だった父親に思いを馳せたしろし。



私の父も酔って機嫌が悪い時などに"俺の言うことを聞いていれば間違いない"と豪語するような人でした。身体的な暴力はありませんでしたが卓袱台をひっくり返したり物を投げてきたりしました。



どんなに頑張っても抜け出せない貧困の連鎖を娘に断ち切って欲しいというメッセージを送っていたと大人になり理解しましたが中高生の私は気づくことは出来ませんでした。



暴力、虐待、貧困の連鎖は家庭や子供の力だけでは解決することは難しい。では悲痛な叫びをなかったものにしないためにはどうしたら良いのか?その答えをしろしが教えてくれました。



目の前にいる人の名前を沢山呼んであげること。そしておはようやありがとうの言葉をかけること。そしてただそばにいること、それだけでいい。。。



"居場所は人と人との対話の中から生まれ対話によって育てられていく"かつて存在さえ脅かされていたしろしが今度は誰かの居場所になろうとしています。



生き残りの宿命を背負うとしろしは言っていましたが宿命をひとりで背負わずに想いを同じくする仲間と分かち合って欲しい。



母を亡くし慟哭していた父の哀しみに寄り添うことが出来なかったことが私の大きな後悔になっています。叫びを上げている人を取り残さないためにもひとりひとりが出来ることから始めてもらえたらと思います。



"ただそばにいるだけでいい"しろしが私達大人の進むべき道をはっきりと照らしてくれました。勇気を出してスピーチしてくれたイルミネーター達に心からの感謝を。。。

自分の人生を生きる。。。

親を頼れなかった経験を持つ若者がそれぞれの立場でスピーチを行う啓発イベント「親ありき日本をこえる〜コエール2022



"明日死ぬかもしれない"そんな毎日を送っていたKaito。再婚同士の両親のもと4人兄弟の3番目に未熟児で生まれたKaitoの居場所は家の中にはなく幼少期から虐待を受けて育ちます。



父親が違うこと母親も過去に虐待を受けていたことなど複雑に絡まった原因はKaito自身の手で解決できるものではありませんでした。



明日死ぬかもしれないという想いの裏側には恐怖や絶望だけではなく生きる気力さえ奪われている過酷な状況から解放されるというぼんやりとした期待もあったそう。



学校にも行かせてもらえず行事にも参加できないkaitoを気にかけてくれていた中学校の担任の先生が"Kaitoはどうしたいのか"と意思を聴いてくれました。



それまでもアザだらけの身体を見て声をかけてくれた人はいましたがこの先生との出逢いは人生で初めての希望となり"自分の人生を生きて良い"と思えたとKaito



これまで誰にも言えずにいた家庭の中で起きていること全てを話すことができたKaitoは先生と一緒に考えて児童養護施設で暮らすことを選択します。



施設での生活はルールも沢山あり窮屈なものでしたが1番大きな変化は"明日死ぬかもしれない"という日々から抜け出せたこと。



当たり前のことが当たり前でなく「死」と隣り合わせで生きてきたKaito。今こうして話していること、大学で学べていること、仕事ができるという



普通と言われる毎日が送れているだけで以前は持つことが出来なかった希望を持てるように。そして人は生きているだけで可能性に満ち溢れていると言っていました。



また自分の体験は他人事ではなく誰もが加害者や被害者になる可能性があり虐待などの問題を自分事として考えて欲しいとも。



負の吸引力は非常に強く同じ過ちを繰り返すようにKaitoを誘ってきますがそんな時には担任の先生はじめこれまで出逢った沢山の人達がそっちじゃないと導いてくれるとのこと。



"子供に期待してもらえる大人になりたい"あの人なら何とかしてくれそうと思えた人の共通点は前向きに精一杯生きていること。今度は自分がそんな前向きなパワーを作り出して誰かにきっかけを与えたいとKaito



明日死ぬかもしれないと思う日々を過ごしていたKaitoから"夢もある。やりたいこともある。今なら生きていたいと胸を張って言える"という言葉が聴けて胸がいっぱいになりました。



"生きているだけで人は可能性に満ちている"と思えるようにKaitoはなりましたが自分達にとって普通の生活は当たり前ではなく



その"普通"を手にするまでには色々な苦労があり沢山の人に助けてもらわなければならない現実があることもみんなに知ってもらいたいとヤスくん。



負の連鎖を断ち切るために必要なのは自分の意思を持つこと、そして自分の可能性を信じて一生懸命に行動すること。それは子供も大人も同じです。



「親ありき日本をこえる〜コエール2022」最後のイルミネーター【しろし】に続きますクローバー








1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>