こころ、デトックス

こころ、デトックス

自傷癖国家日本。絶滅危惧種日本人。

一寸の虫にも五分の魂、負け組爺のぼやき節。ひねくれ男の逆切れ記。
Amebaでブログを始めよう!

テーマ:


教科書に「竹島・尖閣は日本の領土」と明記。当たり前のことを当たり前に書いただけ、言いたい奴には言わしておけば良い。 http://t.co/yjXqkxQmo7
4/5 11:53

ブログを更新しました。 『教科書に「竹島・尖閣は日本の領土」と明記。当たり前のことを書いただけ、言いたい奴には言わせておけ』 http://t.co/5H2HxgW3pZ
4/5 12:13


テーマ:

日本は挑発やめよ…尖閣「領土」明記に中国


2014年04月04日 18時55分 読売新聞
 【北京=牧野田亨】中国外務省の洪磊ホンレイ副報道局長は4日の定例記者会見で、来春から使われる日本の小学校教科書に沖縄県の尖閣諸島が「日本固有の領土」と初めて明記されたことについて、「日本がこの(島の)問題で挑発をやめるよう要求する」と反発した。

 洪副局長は「我々は日本が誠実な態度で歴史と向き合い、正しい歴史観で次の世代を教育するよう一貫して求めている」と強調。「日本は教科書で、次の世代に釣魚島(尖閣諸島の中国名)の真相を話すべきだ。それは釣魚島は中国に属し、日本が不法に盗み取ったということだ」と語った。

「慰安所」とされる廃屋、中国・南京で保存計画


2014年04月05日 08時32分 読売新聞
 中国江蘇省南京市が、旧日本軍の慰安所だったとされる廃屋を修繕し、歴史的な遺産として保存する計画を立てていることが分かった。

 中国の関係者によると、修繕後、記念館などとしての公開も検討している。中国が歴史問題を利用して日本に圧力をかける動きが強まっており、その一環とみられる。
 南京市の文化財保護の担当者や専門家が3月、旧慰安所とされる廃屋の歴史的価値を検討し、保存が妥当だと判断した。

 慰安所とされる廃屋は南京市中心部にあり、7棟が現存する。住人はおらず、外壁が損傷し、窓が割れるなどしている。昨年11月に複数の研究者が共同で市に調査を訴えるなど、保存の動きが活発化していた。

中国・習、韓国・朴体制下での反日行動が日に日に高まっている。
これまで、日本が(中韓に気兼ねして?)慰安婦問題や、領土や関連する教科書問題で日本固有の領土と明記してこなかったツケが今、彼らの強い攻撃となって現れている。

世界に向けての喧伝ですっかり後れを取っている現状では、中韓の領土に「日本がちょっかいを出している」と思い込む外国の人々も増加するのではないだろうか?。

中韓の反日姿勢は一貫している。
日々日本の悪行?を世界に向けて流布し、日本の抗議には、強烈な糾弾文ですぐさま反撃をして、自らの正当性を広く宣伝する。

日本の腰の退けたおとなしい抗議では到底対抗できない。
まるで、宣伝戦という武器まで放棄しているようにみえる。

これ程あからさまに、日本に対して侮辱的な言動を繰り返す中韓に、いつも物欲しげに対応している日本政府の態度、或いは、中韓との亀裂で困るのは日本と受け取られるような弱腰の態度を見透かされているような歯がゆさがある。

これほどまでにコケにされながら・・・“Give me chocolate.”・・・でいいのか!?
  自虐思想蔓延の日本でも、悔しい思いの日本国民は多い筈だ。

大戦で歴史を停滞させ、歴史に逆行させようとしているのは、日本ではなく、中国・韓国だ!!。

韓国「挑発の水準上げた」…日本の教科書検定に


2014年04月04日 18時50分 読売新聞
 【ソウル=吉田敏行】日本の小学校の教科書検定結果で、竹島(韓国名・独島)を日本領と明記した教科書が合格したことについて、韓国外交省は4日、趙太庸チョテヨン第1次官が別所浩郎駐韓日本大使を同省に呼び出し、抗議した。

 同省は声明で、前回検定よりも「挑発の水準を上げた教科書を通過させた」と批判し、「日本政府が教科書検定制度を借りて、独島に対する挑発を続けるなら、韓日関係改善の道は遠ざかることになる」と主張した。ただ、韓国側としてはいわゆる従軍慰安婦問題の解決を最優先しており、近く開催する方向で調整が進む外務省局長級協議への影響は限定的とみられる。



ペタしてね

中国・韓国が死んでも隠したい 本当は正しかった日本の戦争 (一般書)/黄 文雄

¥1,080
Amazon.co.jp

貶める韓国 脅す中国 新帝国時代 試される日本/産経新聞取材班

¥1,404
Amazon.co.jp


テーマ:


「日本海・東海」併記法が成立 米バージニア州 http://t.co/TYrD5SCzba →それにしてもバージニア州議会場の韓国系住民の居座る姿は異様だね!。なんか戦前の野蛮な匂いがプンプンする。この気色悪い雰囲気で平気な米国の州議会議員のおつむもどうかしてるよね!。
4/3 17:58


テーマ:


「安重根は犯罪者」に韓国反発 菅官房長官発言 - 朝日新聞デジタル (http://t.co/7NV6L0B3Ia) http://t.co/U3ujjpGvxo →ところで、朝日新聞はどう思っているのかな?韓国外交省の言葉を借りて憎っくき安倍政権の批判をするということだろう。
3/31 10:31

中韓にとって日本叩きは国家戦略だ。 黙って見ていて良いはずはない。 http://t.co/YbFz6KN3HP
3/31 11:42

ブログを更新しました。 『中韓にとって日本叩きは国家戦略だ。 黙って見ていて良いはずはない。』 http://t.co/TO3n0ymLTX
3/31 12:04


テーマ:

習主席の発言は「非生産的」、政府が中国に抗議


2014年03月30日 20時42分 読売新聞

 菅官房長官は30日、中国の習近平シージンピン国家主席がドイツでの講演で、旧日本軍による南京事件に関し「日本は30万人以上を虐殺した」と述べたことについて、「第三国で中国の指導者が、あのような日本の歴史に関しての発言をしたのは極めて非生産的だ」と批判した。

 外務省が在京の中国大使館の参事官を29日に呼んで抗議したことも明らかにした。東京都内で記者団に語った。

 菅氏は南京事件について「日本政府も南京で旧日本軍が殺傷や略奪をしたことは否定していないが、(犠牲者の)人数には意見が分かれている」と述べた。


中韓首脳の対日批判が激しさを増している。

彼らにとって対日批判が国民の支持に繋がる甘い汁というだけでなく、言い続けることで国際的な共感を得ることも可能だということに自信を深めたのに違いない。

本当であれ怪しいことであれ、繰り返し聞かされると聞いたものにはそれが事実となっていく。
 ましてや、事実をよく知らない海外の人々には効果テキメンということだろう。

日本政府が、彼らの対日批判の内容について間違いの指摘や、大げさな表現についての抗議、反論をするのは当然のことだが、世界に向けての大きな舞台で、強い言葉で繰り返す中韓首脳の対日批判に対しては余りに弱すぎる。

彼らは長年にわたって海外での反日の組織作りや宣伝を続けているが、日本は敗戦国としての負い目なのか、人のよい国民性のせいか、或いは、国内に蔓延する自虐史観を恐れてか、さしたる反論もせず耐えてきた。

しかし、戦後一貫して戦争責任を悔い、平和国家として歩んで来た日本の歴史を無視し、彼らが異様な反日宣伝を繰り返すのを呆然と見ていて良いはずがない。

中韓にとって「反日カード」が政治的な切り札であるかぎり、日本が如何に反省や贖罪を繰り返しても手放さないだろう。

ならば、日本も中韓が流布している間違った歴史の是正と、日本の戦後の平和への歩みや、現在の日本の姿を、中国・韓国の理不尽な反日活動への抗議とともに世界に向けて広く発信すべきだ。

もうこれは、サイバー戦争と同様、武器なき戦い、現代の戦争だ。


ペタしてね

中国・韓国が死んでも隠したい 本当は正しかった日本の戦争 (一般書)/黄 文雄

¥1,050
Amazon.co.jp

破綻する中国、繁栄する日本/長谷川 慶太郎

¥1,575
Amazon.co.jp


テーマ:


朴槿恵大統領といい、習近平国家主席といい、日本の隣人の振る舞いにはいい加減辟易する。 http://t.co/NGpSlE7bgd
3/30 11:46

ブログを更新しました。 『朴槿恵大統領といい、習近平国家主席といい、日本の隣人の振る舞いにはいい加減辟易する。』 http://t.co/reGfkRMpUJ
3/30 12:06


テーマ:

習氏が独で講演、名指しで一方的に日本批判


 【ベルリン=五十嵐文】ドイツを訪問している中国の習近平シージンピン国家主席は28日夜(日本時間29日未明)、ベルリン市内で講演し、旧日本軍による1937年12月の南京事件について「日本は30万人以上を虐殺した」と述べた。また、「日本軍国主義による侵略戦争で中国人3500万人の死傷者が出た。悲劇の記憶はいまだに鮮明だ」などと強調し、日本を名指しで批判した。

 中国は、昨年末の安倍首相の靖国神社参拝以降、ホロコースト(ユダヤ人虐殺)の歴史を反省して近隣諸国と和解したドイツと対比し、対日批判を展開。今回は習氏自身が公開の場で日本を一方的に批判し、沖縄県・尖閣諸島を巡る対立に加え、歴史問題でも安倍首相との対決姿勢を鮮明にした。

(2014年3月29日15時15分 読売新聞)



習氏はこの講演で周辺諸国外交について次のように述べている。

「遠い親戚より近くの隣人だ。友人は選べても、隣人は選ぶことはできない。
   隣人と仲良くすることが唯一正しい選択だ」


   ・・・・それを言いたいのは、中国ではなく日本だ!!

この講演での習氏の発言は、韓国の朴大統領が25日付独紙のインタビューで慰安婦問題を取り上げ安倍政権を批判した上で「日本もドイツに学ばなければいけないのではないか」と発言したことと重なる。

  朴大統領、安倍政権を改めて批判 慰安婦めぐり独紙で
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140325-00000039-asahi-int


ひょっとして? 朴槿恵さんと習近平さんはできてるの?
  ・・・・・ ん~まさかね~、でも疑いたくなるほどの親密さではないか!?。

 
習近平・中国国家主席のベルリン講演での主な発言

 【旧日本軍】

 日本軍国主義の侵略戦争で中国人3500万人以上が死傷した。この悲惨な歴史を中国人民は深く心にとどめている。七十数年前、南京市で、中国人30万人以上を虐殺した。

 【国防費増強】

 大国建設の必要性に合致している。アヘン戦争以来、西側列強諸国の植民地にされた悲劇を繰り返すわけにはいかない。自衛のための国防建設は必要だ。

 【周辺諸国外交】

 遠い親戚より近くの隣人だ。友人は選べても、隣人は選ぶことはできない。隣人と仲良くすることが唯一正しい選択だ。

 【南シナ海の領有権】

 中国の主権と領土保全を断固として守り抜く。中国は問題を起こさないが、問題を恐れもしない。国家間の海洋権益の問題は国際的な規範にのっとり処理する。


ペタしてね

笑えるほどたちが悪い韓国の話/竹田恒泰

¥1,050
Amazon.co.jp

面白いけど笑えない中国の話/竹田恒泰

¥1,000
Amazon.co.jp

テーマ:


朴大統領、安倍政権を改めて批判 慰安婦めぐり独紙で(朝日新聞デジタル) - Y!ニュース http://t.co/B1EbXWCNPq →中韓北が隣人であることの不幸。 韓国こそ大戦の恨みに拘泥していないで、ドイツ周辺国の未来に向けた協調関係に学ばなければいけないのではないか。
3/26 10:24

朴大統領、安倍政権を改めて批判 慰安婦めぐり独紙で(朝日新聞デジタル) - Y!ニュース http://t.co/B1EbXWCNPq →日本にとって中韓北が隣人であることの不幸。韓国こそ大戦の恨みに拘泥し、立ち止まらず、ドイツ周辺国の民主的で未来志向の協調姿勢を見習うべきだ。
3/26 10:44

民主党幹部ら外遊に出かけて行っては、国益を損ねる「独自外交」。 http://t.co/km8Hwh5qgu
3/26 11:12

ブログを更新しました。 『民主党幹部ら外遊に出かけて行っては、国益を損ねる「独自外交」。』 http://t.co/QleqQgI3Ou
3/26 11:32


テーマ:

民主幹部が外遊ラッシュ…存在感アピール狙うが


 今月に入り、民主党幹部らの外遊が相次いでいる。

 野党第1党として、「独自外交」で存在感を見せようという狙いだ。

 野田前首相は24日、中国・香港で講演し、「TPP(環太平洋経済連携協定)の早期合意とともに、アジアの包括的な経済連携を追求することも大切だ」と力を込めた。20~22日には細野豪志前幹事長、中川正春、渡辺周両幹事長代行も訪中し、北京市内で唐家センタンジアシュエン・中日友好協会会長らと会談。今後の交流促進などで一致した。

 また、菅元首相は17~26日にドイツ、ポーランド、フィンランドを歴訪し、建設中の使用済み核燃料の最終処分場などを視察。前原誠司元外相は11~14日に訪米し、海江田代表も4月中の訪米を検討している。

(2014年3月25日10時41分 読売新聞)


民主党議員は、きっと暇なんだろう?!。

海江田代表が宣言しているように「安倍政権の政策には何にでも反対する」と鼻から決めているわけだから、国会での論戦についても提出された法案の良し悪しを判断したり、研究したりする必要はなく、ただ、粗捜しをしてイチャモンを付けるだけで良い・・・そりゃ、暇に違いない。

口を開けば、「議論を尽くされていない」などと駄々をこねるが、最初から反対だと宣言している連中と議論するのもバカらしい話だ。

安倍首相もそんな国会で野党と付き合うよりは、多数与党でサッサと法案を通し、作った時間で、被災地訪問や、国際会議にでも出席して、日本のために有意義な仕事をしたほうがナンボかマシだ。


「国益」の反対語が・・(そんな言葉はないようだが)「国損」だとしたら、民主党の元首相や幹部たちは、海外にわざわざ出かけて行って「国損」を撒き散らして帰ってくる。

高給を食むだけでなく、国民の税金で「国損」に励む・・・そんな暇の持て余し方は勘弁してくれ!!


ペタしてね

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス