松本伸工房で作られた楽器たち-2(Morioka Quality) | 松本ヴァイオリン工房のブログ

松本ヴァイオリン工房のブログ

東北の岩手-盛岡にある弦楽器専門の工房。バイオリン・ビオラ・チェロの販売、製作、修理、調整を承ります。コントラバスの修理も。秋田や青森、仙台の方もどうぞ!

装飾付ヴィオラの表のアップ画像。二重パフリングとその内にf字とイニシャル。

 

ついでに、ニス塗装前の白木の画像です。

ストラディヴァリ1695年「Axelrod」のオリジナル写真は、弦楽器の写真集で知られてる

「The Decorated Instruments of Antonio Stradivari」(横山進一氏)に掲載されています。

オリジナルの「Axelrod」は、かなり赤系の強い塗装。

今回は、私の好きな「黄金色」にしてみました。