Ran's レポート

着けて、眠るだけ。どんなめんどくさがりやでも測り続けることができる、Ran's Night(ランズナイト)という機械を作りました。http://rans-night.jp

基礎体温をはかるのって、ほんとに大変なんです。慣れてくると意外と続くとはいうものの、平日は6時とか6時半起きでも、土日はのんびり眠っていたいのが本音です。Ran's Nightは、一晩中(2つの温度センサが10分おきに6時間計測します)測ったデータを、1枚のQRコードに表示することができるので、携帯電話で読み取ると、即座にサーバーに計測温度データを送信できます。


計測した温度や月経開始日などデータ管理は、Ran's Story(ランズストーリー)という、女性健康情報サイトで行います。http://rans-story.jp

様々な年代の女性会員が、基礎体温や月経、妊娠、不妊、子育て、ダイエット、更年期などの話題で情報交換しながら、楽しいコミュニティを作っています。     

Ranちゃんのブログ


※ 「QRコード」は株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-10-15 17:42:59

第24回 基礎体温計測推進研究会定例会のご案内

テーマ:ブログ

第24回基礎体温計測推進研究会定例会を以下の日程で開催致します。今回の勉強会は、相良洋子先生より「女性のホルモンバランス~周産期のメンタルヘルスを中心に」 についてお話いただきます。続いて、「女性のココロとカラダサポートプロジェクトの取り組みについて」 を江尻綾美 (コニカミノルタ株式会社BIC-Japanインキュベーションリード)よりご発表いただきます。皆様、ぜひご参加ください。

 

■日  時 : 2018年12月16日(日) 13:30~16:10

■場  所 : 主婦会館プラザエフ 4階シャトレ

■アクセス : JR四ツ谷駅 麹町口前(徒歩1分)

■参加費  : 1,000円

■お問合せ・申込先 :基礎体温計測推進研究会事務局

Tel: 03-5565-4919 Fax:03-5565-4914 Mail:info(アットマーク)kisotaion.org

 

■内 容

13:30開始

会長挨拶 堀口貞夫 (主婦会館クリニック院長)

 

13:35~15:00

講演1 「女性のホルモンバランス~周産期のメンタルヘルスを中心に」 

相良洋子 (さがらレディスクリニック院長・日本産婦人科医会常務理事)

女性の生涯とホルモン、周産期のメンタルヘルスの問題と育児支援に関する日本産婦人科医会の取り組みをお話ししいただき、後半に日本産婦人科医会が制作したビデオの上演と、意見交換を行います。

 

15:15~16:00

講演2 (企業発表) 「女性のココロとカラダサポートプロジェクトの取り組みについて」 

江尻綾美 (コニカミノルタ株式会社BIC-Japanインキュベーションリード)

コニカミノルタ株式会社では、働く女性のキャリアデザインをサポートする「女性のココロとカラダサポートプロジェクト」として、月経前の不調を抱える方向けの体調記録ツールの開発を進めております。開発の際に行った、アンケート、インタビュー、実証実験から得られた女性たちのココロとカラダに関する調査結果をご紹介します。

 

■懇親会: 16:15 ~       主婦会館プラザエフ8F パンジー 

☆参加費は、お一人4,000円となります。当日お支払いいただけますようお願いいたします。

 

2018-10-10 10:53:46

睡眠グラフ

テーマ:睡眠

クラウドファンディングで、「睡眠状況をデータ化。上質な睡眠を求めるあなたへビックリマーク」という言葉にひかれて、『SLEEPON』という機器を購入してみました。もうずいぶん前にポチッとして・・・忘れたころに宅配便で届き・・・Androidアプリの不具合でしばらく使えずでしたが、やっと使えるようになりました。あせる

 

付属のやわらかカバーに入れて、指輪のように(実際は指輪と反対に手のひら側に)装着して眠ります。

 

眠る前はなんか気になったのですが、眠ってしまえばストレスはなく、朝起きてからデータを吸い上げてみました。さらにRan's Nightのぐっすりグラフも重ねてみました。

 

 

体動のタイミングと温度変化のタイミングは、何気にリンクしているような・・・あっ、夜中にトイレに立ったタイミングは、さすがに体動100でしっかり記録されていました。ウインク

2018-08-28 18:14:58

35.875℃

テーマ:体温

Ran's Nightの代表温度は、何時に測ったものですか?という質問をよくいただきます。Ran's Night計測の代表値は、計測時刻で決めているわけではなく、外気側センサ計測値をもとに、一番良い条件で計測できたタイミングの計測値を代表温度としています。

 

以下は、いずれも代表温度が35.875℃だったグラフです。まっすぐにグラフが伸びていくのではなく、寝返りなどに合わせてギザギザと変化しますが、一晩(6時間)の間には、とても上手に測れるタイミングが1~3回くらいは訪れます。

 

 

 

普通の電子体温計や電子婦人体温計はいわば短時間計測の温度計。なるべく短い時間で予測する技術が向上してきましたが、人が眠っている間は6時間とか8時間など長時間計測が可能なので、そんな機械を創ってみました。

 

 

 

2018-08-28 16:38:31

閉経を挟んだ更年期の10年間で、何回発熱?

テーマ:更年期

10年間、毎日毎日基礎体温を測り続けた、グラフをご覧ください!!

もちろん、たまにはRan's Nightの装着を忘れて、データが欠損している日もありますが、発熱した日の記録なども、しっかり残るので、1年ごとに見ると、今年はインフルエンザや風邪で2回発熱したとか、今年は結構元気で、一度も高熱を出さなかったなど、楽しいグラフができます。

 

 

初経はいつだったか?覚えていますか?私は何歳だったという記憶はあるのですが、細かな日にちは覚えていません。女性としてこんなに大切な日を、なぜ忘れてしまったのか、後悔しきり。。。

 

さらに、閉経は、最後の月経開始日から丸1年たった時点で判断しますので、意外とそれが何年何月何日だったと記憶している人は少ないと思います。でも私は、しっかり記録が残っているので、女性としての『2ndステージ』の始まりは、ちゃんとわかります。

 

更年期に入って、徐々に月経不順が表れ、周期がみじかくなり長くなり、またみじかくなり長くなりの様子がしっかり記録できて、なんだかちょっとうれしいです。

 

さらに、眠っている間に、どんなことが起きていたのか?体温の変動を衣服内温度から予測もできます。

 

一晩中発熱に苦しんでいた夜。お腹の皮膚温が37.5℃以上はけっこうつらいです。

 

38℃越えは、たぶんインフルエンザ。明け方下がってよかったビックリマーク

 

一晩中高熱に苦しんでいただろう夜

 

ピンポイントで発熱

 

夜中に発熱しても、朝方下がってしまっているとき、朝検温したら平熱と思ってしまいますね。

 

熱はなくても、なんだか身体が重たくて、やる気が出ない、脱力感という日は、もしかしたら夜中に発熱していたのかもしれませんね。

 

 

2018-08-27 18:06:34

基礎体温グラフ VS 体重グラフ

テーマ:ダイエット

PMSの症状に悩まされる月経前から月経中までは身体がむくみ、2kgくらい体重が増える人がいるとか。

 

さらに、月経が終わるとむくみも解消し、体重は減り代謝もよくなるので、ダイエットに適している!!というのが、最近の流行りのようですが、それってホントはてなマークまあ、ダイエットはもともと健康のための食事療法なわけですから、『正しい」とか『適度な』という形容詞をつけてほしいですね。

 

若い人や、特に若いアスリートが体重を気にするあまり、間違ったダイエットで無月経になってしまうという話は、産婦人科の先生からもよく聞きます。特に無排卵・無月経の期間が長くなると、女性の健康を守ってくれる「エストロゲン=卵胞(卵子の入っているふくろ)が成長するときに分泌されるホルモン」の分泌が減ってしまい、骨粗しょう症から疲労骨折となってしまうケースもあるそうです。もちろん

 

月経不順から抜け出し、正常なリズムを取り戻すまでの治療にも長い時間がかかり、その間パフォーマンスの低下に加え、メンタルの不調も抱え込むような切ないことにも。

 

以下は、Ran's Storyユーザーさん(10代後半)が記録した、Ran's Nightで低温期/高温期の二相性を確認しつつ体重管理もしたデータです。よく見ると、高温期に体重が増え、低温期に体重が減っている周期もありますが、毎回そうとは言えず、体重はダイエットの状況にも左右されますね。

 

また、Ran's Nightは、夏場の計測温度が低くなり冬場が高めになります。これは冬場はしっかりj掛布団で保温された環境で計測でき、夏場は薄手のタオルケットなどであまり保温されないため、お腹の皮膚自体が冷やされてしまうためです。そして体重も、夏場のほうが少なくなり、冬場増えるのは、大半の女性と同じかもしれませんあせる

 

アスリートも、そうでない方も、減量が必要な際には、基礎体温と体重の両方を測り、こんなグラフを楽しみにしながらダイエットしましょうビックリマーク

2018-07-13 09:52:45

曜日や潮の満ち引きと、月経開始日の関連

テーマ:ブログ

NICT委託研究では、6万5千を超える月経周期を収録し対象としましたが、これまでいろいろ疑問に思っていたことを集計してみました。

 

■週末に「海水浴のお出かけの予定を組んだ時に限って、月経がはじまってしまった」「せっかくの旅行なのに、お腹は痛いし、生理用品でバッグがパンパン」など、ガッカリな思い出が多かったような気がして、70,800件の月経開始日について、曜日別に集計してみました。

木曜日・金曜日が若干多かったものの、曜日による偏りがあるとまでは言えませんでした。

 

■「満月の夜にはお産が多い」など月の満ち欠けと出産の関係がよく言われるので、月経開始日も関係があるか?月経開始日を月齢別に集計してみました。

 

月経について神秘的なイメージを持ちたい気持ちが少しだけあったのですが(^^; ほぼ均等で偏ったというほどの差はありませんでした。

2018-07-13 09:20:04

10年間の基礎体温グラフ

テーマ:月経周期

衣服内温度計Ran's Nightを発売して10年が経ちましたが、開発者自身が10年間蓄積してきたRan's Night一晩の代表温度をグラフにしてみました。

 

 

50代の閉経を挟んだ10年間ですが、徐々に月経周期が短くなり→長くなり→短くなり→長くなり→長くなり→最後の月経から丸1年がたち、人生の『2ndステージ』に入っていく様子がしっかりと記録できました。

 

50歳代前半の平均値は35.98℃。不順もあるけれど、高温期が来て次の月経が予測できる場面も多くありました。

 

最後の月経(と呼んでよいかどうかわかりませんが)から丸1年が経過した57~62歳の5年間のグラフには、規則性のあるリズムは見られないものの、発熱などの記録はしっかり残るので、閉経後も楽しく計測を続けております。

2018-05-07 16:58:59

第23回 基礎体温計測推進研究会定例会のご案内

テーマ:体温

第23回基礎体温計測推進研究会定例会を以下の日程で開催致します。今回の勉強会は、陳 文西先生より「日常入浴中における心電信号の全自動計測とウェルネス管理システムの構築」についてお話いただきます。続いて、「現代女性の月経周期の傾向と、新しい予測法(仮)」を北沢 真澄さん(キューオーエル株式会社 代表取締役)よりご発表いただきます。皆様、ぜひご参加ください。

 

■日 時 : 2018年6月23日(土) 13:30~16:10
■場 所 : 主婦会館プラザエフ 3階シャトレ 会場Tel: 03-3265-8111
■アクセス : JR四ツ谷駅 麹町口前(徒歩1分)

■参加費 : 1,000円


■内 容:
会長挨拶 堀口貞夫(主婦会館クリニック院長)
 

①講演 13:35~15:00
陳 文西 (会津大学 生体情報学講座 教授)
「日常入浴中における心電信号の全自動計測とウェルネス管理システムの構築」

②企業発表 15:15~16:00
北沢 真澄(キューオーエル株式会社 代表取締役)
「現代女性の月経周期の傾向と、新しい予測法(仮)」
 

■懇親会: 16:10 ~ 主婦会館プラザエフ8F パンジー
☆参加費は、お一人4,000円となります。当日お支払いいただけますようお願いいたします。

---

■お問い合わせ先 :基礎体温計測推進研究会事務局 


Tel: 03-5565-4919 Fax:03-5565-4914

2017-12-19 18:50:38

2017/12/16 第21回基礎体温計測推進研究会定例会報告

テーマ:ブログ

12月16日(土)13時半より東京・四ツ谷の主婦会館3Fの会議室で開催した、第22回基礎体温計測推進研究会定例会についてご報告いたします。

 

最初に堀口貞夫会長より、これまで11年間継続し、第22回を迎えた基礎体温計測推進研究会の成り立ちをお話しいただき、講師である、泌尿器科医師岩室紳也先生をご紹介いただきました。岩室先生には、堀口先生に頼まれてはイヤとは言えないと、講演をご快諾いただいた次第です。

 

講演 コンドームより大事な性感染症・HIV/AIDS、望まない妊娠の予防方法とは

ヘルスプロモーション推進センター(オフィスいわむろ) 岩室 紳也先生

 

 基礎体温からは少しテーマがそれるかもしれないとは思いつつも、ぜひに!とお願いし実現したご講演は、予想を上回る素晴らしい内容で、会長から早くも第2段のお話が聞きたいとリクエストがあったほどです。本研究会と同じく「性」をテーマに、長年研究や医療、教育に携わってこられた岩室先生からは、日本の現状を分析した、楽しくも興味深いお話しでした。

 

 人は経験に学ぶもので、様々な経験をするまでは、他人事で、解決したい課題が出てきたとき、例えば性のトラブルなどを解消するために、課題の根っこ(ネット・悪仲間・知識不足・家庭問題)対策・リスク対策という視点が重要になってきます。そこに大切なのは、かかわり・つながり・ささえ続ける環境や複数の居場所。自立するためには、依存先を増やすこと=居場所、絆(きずな+ほだし)などの関係性が不可欠になります。健康面やその他のソーシャルキャピタルの効用を考えた時も、つながりや居場所がキーワードになりそうです。

 

 また、スマホ・携帯が自分中心のコミュニケーションを作り出してしまう中、情報がどんなに正確でも、教育をどんなに充実させても、知識が増えるだけ。対話・関係性・絆(きずな+ほだし)を通した課題の実感、感動や経験の共有、ピア(居場所の仲間からの)プレッシャーがなければ、「Life Skill」生きる力・健康は育めなないというのがこれからの健康づくり・人づくりの考え方のようです。

 

 さらに、自分で決められない、恋愛できなくても困らない童貞連合も少しびっくりですが、ショックだったのが、「妊娠に気がつけない女の子が増えている」という事実。大人がもっと子どもたちとつながらなくては、と反省しきりです。

 

 純潔が一番、ノーセックスか?コンドームか?、結婚前提ならOK、ゲイもOK、道徳を教えたい、ピル推進派、中絶反対、できることから一歩ずつと多様性を認める社会、そして、多様な大人とつながる中で子どもが育つ社会を!という先生の言葉が印象に残りました。

 

岩室先生のネクタイは、いつもコンドーム柄です(^-^)

 

 

企業発表 「女性と医師をつなぐサポートツール ルナルナメディコのご紹介」 

株式会社エムティーアイ ルナルナ事業部事業部長 日根 麻綾さん

 

 企業発表は、「すべての女性の幸せの実現に貢献する」をミッションとして2000年に携帯サイトがスタート、生理日や排卵日を予測し女性の身体と心のサポートをするサービスを続けてきたルナルナについて、事業部長の日根さんよりお話をいただきました。(エムティーアイ社には、当研究会発足当時から、企業会員としてご協力・ご支援をいただいています)

 

 月経日管理アプリとして「ルナルナ」は現在利用者№1で、すでに1,100万インストールを突破、その中の約半数が月に1回はアクセスしているそうです。またその中で約100万人の女性が妊娠を目指しており、毎月1万人が実際に妊娠に至っているそうです。

 

 また数百万人分のビッグデータを活用し、その分析結果を排卵日予測に役立て、ユーザーに還元している循環ができているとのこと。医学研究へのデータ活用も行い、リニックや大学等研究にも、データを提供し共同研究や論文発表を行っているそうです。そんな中、産婦人科診療現場に導入し、患者が計測した温度をタブレットで医師が確認できる、6/1にルナルナメディコのサービスがスタートし、電子カルテとして、データ保存を行えるシステムを目指しているとのことでした。

 

 発表後会場からは、医認可についてなど、活発な質問が出されました。今回の「ルナルナメディコ」は医療機器にはしない方針で、患者さんのスマホを見せられても、Dr.はグラフが細かくてよくわからないという点を解消するため、患者が持っているものを大きくしてみせる「虫メガネ」をイメージしているとのことでした。京大の江川美保先生からは、医療機関を変わった場合の対応について、質問がありました。現状は、ルナルナサーバーが発行した6桁の番号をDr.に伝え、グラフを表示させるのですが、このパスコードは24時間でリセットされるため、医療機関が変わっても安心とのことでした。

 

 研究会の後は、いつものように8Fに会場を移し、懇親会を行いました。戸川先生の乾杯のご挨拶で始まり、美味しい食事をいただきながらの交流会。今回、メーカーなど比較的企業のメンバーも多く出席いただきましたが、宴会中盤では自己紹介タイムもあり、親睦を深めることができました。

 

 次回、第23回は、2018年6月23日(土)を予定しております。陳文西先生にご発表いただくこととなり、楽しみです。みなさま半年後も、ぜひご参加ください。またお目にかかるのを、楽しみにしております。

 

2017-12-19 18:36:11

生理の話をしよう!Vol.2

テーマ:ブログ

2017年12月22日(金)午前10~12時 より

「生理の話をしよう!Vol.2」~一生を健康で楽しく過ごすために~医師や薬剤師との上手なつきあい方~

と題して、キューオーエル(株)が運営する古民家サロン「ひめこざわハウス」で健康セミナーを開催します。

 

講師は、薬剤師の傍ら、全国で講演会や勉強会を開催している宮原富士子先生です。

 

こたつにあたりながら、間近で先生のお話を聴き、日ごろなかなか聞きにくい、Dr.や薬剤師と上手くコミュニケーションをとるコツを、先生から直接うかがいましょう。

 

参加費は無料、おにぎりとお茶等をご用意いたします。古民家の雰囲気は、初めて会った人でも、不思議に昔から親しかった気分になり、女性ならではの悩み、昔の生理用品話など、おしゃべりに花が咲きます。年代も問いませんし、小さなお子様連れもOK!もちろん、性別も問いませんので、お気軽にご参加l下さい。

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス