Ran's レポート

着けて、眠るだけ。どんなめんどくさがりやでも測り続けることができる、Ran's Night(ランズナイト)という機械を作りました。http://rans-night.jp

基礎体温をはかるのって、ほんとに大変なんです。慣れてくると意外と続くとはいうものの、平日は6時とか6時半起きでも、土日はのんびり眠っていたいのが本音です。Ran's Nightは、一晩中(2つの温度センサが10分おきに6時間計測します)測ったデータを、1枚のQRコードに表示することができるので、携帯電話で読み取ると、即座にサーバーに計測温度データを送信できます。


計測した温度や月経開始日などデータ管理は、Ran's Story(ランズストーリー)という、女性健康情報サイトで行います。http://rans-story.jp

様々な年代の女性会員が、基礎体温や月経、妊娠、不妊、子育て、ダイエット、更年期などの話題で情報交換しながら、楽しいコミュニティを作っています。     

Ranちゃんのブログ


※ 「QRコード」は株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

<第30回 基礎体温計測推進研究会定例会ご案内>

とても久しぶりの投稿ですみませんm(__)mあせる

 

いつもは6月に開催する基礎体温計測推進研究会の勉強会ですが、今回は7/5(火)14時よりWEB開催となります。まだ世の中で情報が少ない男性の更年期や女性の更年期の基礎体温などがテーマです。

 

記録用の録画は致しますが、今回はアーカイブを一般に公開することはありません。どなたでも無料で参加いただけますので、リアルタイムでご視聴いただけますよう、事務局までお申し込み込み下さい。よろしくお願い致します。

---

 

 

<第30回 基礎体温計測推進研究会定例会ご案内>

 

第30回 基礎体温計測推進研究会定例会は、「女性と男性の更年期」をテーマに、以下の日程でWEBミーティングとして開催いたします。男性更年期については、獨協医科大学埼玉医療センター教授、低侵襲治療センター長の井手久満先生より、「男性更年期とヘルスケア情報-精巣のコンセプションケアの視点から-」と題して、ご講演いただきます。皆さま、ぜひご参加ください。

 

■日 時 : 2022年7月5日 (火) 14:00~16:00

■方 法 : ZoomによるWEBミーティング

■参加費 : 無料(研究会会員)※事務局にお申し込みいただければ、会員以外も無料でご参加いただけます。

 

■プログラム:

14:00 開始

① 開会あいさつ 当研究会会長 堀口貞夫

② 講演Ⅰ『女性の更年期』 堀口貞夫・堀口雅子(産婦人 科医)

③ 講演Ⅱ『男性更年期とヘルスケア情報-精巣のコンセプションケアの視点から- 』井手久満(獨協医科大学埼玉医療センター教授、低侵襲治療センター長)

<休憩>

④ ディスカッション「女性と男性の更年期」

   指定発言:キューオーエル㈱ 代表取締役 北沢真澄 

「なぜ今基礎体温なのか?__妊娠出産以外の活用法は?」

16:00 終了

 

●お申込、お問い合わせ宛先

参加ご希望の方は、以下の情報をご入力のうえ、以下のメールアドレスまでメールをいただけますようお願い致します。

基礎体温計測推進研究会事務局:info@kisotaion.org

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

件名:研究会参加申し込み

本文:<第30回 基礎体温計測推進研究会定例会>に参加します。

お名前:

ご所属:

メールアドレス:

電話番号:

ご住所:

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

第29回基礎体温計測推進研究会定例会ご案内

更新が、すごく久しぶりとなってしまいました(;^ω^) ごめんなさいm(__)m

---

 

第 29 回 基礎体温計測推進研究会定例会は、以下の日程で、WEB ミーティングとして開催いたします。 今回は、日本医科大学多摩永山病院院長の中井章人先生に新型コロナウイルス流行下での周産期医療の現状と 妊産婦の状況、社会や医療がどのように妊産婦を支えて行ったらよいのかなどについてお話しいただきます。 皆さま、ぜひご参加ください。

 

■日 時 : 2021 年 11 月 18 日 (木) 14:00~16:00

■方 法 : Zoom による WEB ミーティング

■参加費 : 無料

 

■プログラム: 14:00 開始

① 開会あいさつ 会長 堀口貞夫 ・ 発起人 堀口雅子 

② 講 演 『新型コロナウイルス感染症と周産期医療』 中井章人(日本医科大学 多摩永山病院 院長) 

③ 企業発表(トッパン・フォームズ株式会社) 『温度リズムを知ることから始まる行動変容~「わたしの温度」の取り組み』 名和 成明(研究開発本部 中央研究所 次世代商品開発部 部長)

 ディスカッション

16:00 終了 

 

●お申込方法 参加ご希望の方は、以下の情報をご入力のうえ『11 月 10 日』までに、下記のメールアドレスまでメールをいただけま すようお願いいたします。 宛先メールアドレス:info@kisotaion.org(基礎体温計測推進研究会事務局)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

件名:研究会参加申し込み

本文:<第 29 回 基礎体温計測推進研究会定例会>に参加します。 

お名前: 

ご所属:

メールアドレス: 

電話番号: 

ご住所: 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ご不明点などございましたらお気軽に事務局にお問い合わせください。 

 

 

 

 

Ran's Pick

 

クラウドファンディング、あとのこり5日!!

『更年期に備えて、自分の身体の周期を知ろう!生理の話をしよう!』のクラウドファンディングもあとのこり5日間となりました。1stゴールはおかげさまで、200%の達成となりましたが、『Ran's Story+継続』のためのNEXTゴールには、遠く苦戦しています。どうかみなさま、ご支援いただけますようお願い申し上げます。

https://readyfor.jp/projects/rans-naight

 

以下のような、心のこもった応援メッセージもいただいて、感激しています。開発から20年、つらく苦しい道のりでしたが、本当にこの仕事を続けてきて良かったとあついものがこみ上げてきました。知識があれば、自分の身体を理解していれば、もっと上手に様々な不調とつき合っていける!手遅れになるようなことも減らせる、つらい思いをする人を一人でも減らしたい。。。ある意味自分が感じてきた理不尽を計測機器開発にぶつけ、ユーザーと一緒にサポートシステムを向上させてきました。そんな思いが独りよがりの空回りではなく、誰かを支える助けになっていたんだと、このメッセージで胸がいっぱいになっています。皆さま、本当にありがとうございます。m(__)m

---

 

・これまで心身つらい時に支えてきてもらいました。支援できるのは少ないですが、応援しています。

・頑張ってください!(多数)

・少しでも長く継続して欲しいです!

・応援しています!!(多数)

・長いこと利用させてもらっています。少しでもお力になれればと思い支援させていただきました。

・不妊治療中の私が自分自身の体の変化を数値化する為に必要性を感じました。活動の応援も微力ながらさせて頂ければと思います。

・微力ではございますが応援しています!!Ran's Nightと出会って、身体の変化に気づき、自分を大切にすることを教わりました。こんなに人柄の表れた温かいサイトはそうないですから、可能性があるなら、引き続き多くの方を癒してほしいです!

・10年あまりお世話になっています。これからもがんばってほしいです。実はお腹で基礎体温を測れるよって、たくさんの人に知ってほしいです。友人分も購入しました。

・基礎体温、妊活以外に大切な事ですね!応援しています♪

・少しでもお役に立てればと思い、応援させていただきます??

・応援しています!共にがんばりましょうヽ(´ー`)ノ

・途中さぼってますが子供を妊娠する前から最中、月経再開など大事なステージを記録してきました。二相になってるかな?とか毎日のアドバイスが楽しみでした。出来たら閉経のときのアドバイスも見たかったです…((T_T))どこか継続してくれる企業はないのでしょうか。データはどこか先生が引きとってくれるのでしょうか。スタンドアローンでも寝てる最中に測れるメリットはありますが、QRコードで簡単にデータ収集できるところが続けやすい大きな魅力ですよね。女性にとって大切な体温記録が続けられる素敵な商品とサービスがなくなることが勿体無くとても残念です。

・ズボラな私でも継続して測定できるツールの存在がありがたいです。なんとかウェブの記録サービスも継続できるよう祈ってます!

・この商品は気になっていたので、今回を機に購入しました。勉強します??

・基礎体温を測り慣れない頃にピッタリな商品だと思っています。継続できるよう応援しています。

・サービス継続して欲しかったので、このような取り組みで応援する機会があって嬉しいです!

・Ran's Story+の継続をしていただきたいです。頑張ってください!

・正しい知識が必要な高校(あるいは中学生も含め)で学校の理解を得て、講演や体温計の配布など普通にできるようになればよいなと思います。 受験に限らず人生の様々な大切な場面に突入する前に自分の体調のリズムを知ることはとても大切だと思います。

・以前から娘のために欲しいと思っていました。大切な知識を必要な方に届けてください。

・前から気になっていた商品でした。これからの女性にとって,基礎体温を知ることはとても大事なことだと思うので,応援させていただきました。

・基礎体温はいつまでも必要な項目です、測定がとても便利で気に入ってます。継続してほしいです。

・以前、娘用に購入しましたが、しばらく使っていなかったです。しかし、更年期の生理不順の自分のために使おうと思います。

・素晴らしい商品だと思うので、もっと必要としている人に届いてくれたら、と思います。

・現代女性の健康支援にとても役立つ商品だと思います!

・世の中の女性に絶対に必要なツールです。

・ランズナイトすごく善い商品だと思います!残していきたいです!

・ランズナイト大事にしたいです

・今後女性が社会で活躍していくのに避けては通れないトピックだと思います。色々な世代の大勢の女性に届いてほしいです!

・是非この便利で素敵な健康課機器が多くの女性のところに届きますように

・女性のための素敵な活動、応援しております。

・今年月経がはじまった娘にいろいろ教えてあげたいと思います。

・女性の健康にとって大切な活動だと思いました。

・このプロジェクトにかける想い、取り組みに勇気づけられてきました。



 

 

 

 

 

Ran's Pick

 

びっくりした~~~(>_<)

人生の中で、3大びっくりに入るかどうかの経験。

 

んなことがあるとは、想像もしていなかったけれど・・・

 

友人と待ち合わせした、とある駐車場で車のギアをバックに入れた瞬間

 

 

ぎゃああああ~~~~

 

巨大タランチュラに襲われる~~と思ってブレーキ踏んで振り返ったが、なにも起きず。

 

バックモニターに映った巨大蜘蛛はのっそりと立ち去ってゆきました。。。

 

 

Ran's Pick

 

クラウドファンディング、ネクストゴールに向けて、あと一押し!お願いします

ご支援、ありがとうございます

『更年期に備えて、自分の身体の周期を知ろう!生理の話をしよう!』のクラウドファンディングは、おかげさまで1stゴール(50万円)を達成しました。皆さまのご支援、ありがとうございます。m(__)m」

 

本日現在181%の達成率となっております。たくさんの応援のメッセージもいただいて、本当にうれしいです。8月上旬に、1回目の健康セミナーの開催を予定しています。

しかし、「サービス継続して欲しかった」「なんとかウェブの記録サービスも継続できるよう祈ってます!」「出来たら閉経のときのアドバイスも見たかったです」など、Ran's Storyの終了を悲しむ意見もあり、胸が痛くなります。

2022年3月でRan's Story+終了というところを、ネクストゴール(300万円)達成で、2023年3月までサービスを1年間延長というお約束をしております。ほかにもなんとかスポンサーを確保したいと動いていますが、ネクストゴールまではまだほど遠いので、残り25日間、どうかみなさまのお力も貸してください。m(__)m

---

 

Ran's Storyって

Ran's Story(ランズストーリー)という名前は、たくさんの原始卵胞の中から1つだけが選ばれて成長、排卵して、受精しなければ消えてゆくという、約1ヶ月ほどの短くも壮大な『卵子の物語』という意味で決めました。これが、多い方なら生涯で500回も繰り返されるわけですが、その卵子一つ一つが、少しずつ違うそれぞれの物語を抱えているわけです。

 

たまたま、産婦人科医の早乙女智子先生が「卵子story(ランコストーリー) 女性のからだと卵子のひみつ」(小学館)という本を出されており、偶然ですがよく似てしまったのでこの名前を使用してよいか?うかがったところ、ご快諾をいただき、この名前に決めました。

 

早乙女智子先生は、現在、世直し産婦人科医、新宿区の候補者として都議会選挙を戦っています。こちらの応援も、よろしくお願いします。

 

 

 

 
 
 
 

 

 

 

 

Ran's Pick

 

COMING SOON!! クラウドファンディング応援よろしくです!

来る6/10(木)、午前10時スタートで、クラウドファンディングを実施しようと計画しています。

 

公開後のURL: https://readyfor.jp/projects/rans-naight

 

『更年期に備えて、自分の身体の周期を知ろう!生理の話をしよう!』というタイトルです。

 

最近PMS(月経前症候群)とか、PMDD(月経前不快気分障害)という言葉も一般的になってきて、憂うつやイライラの原因が月経前の時期だからなんだ!と納得しておられる方も増えています。

 

また、ダイエットのしすぎや激しいスポーツで無月経になってしまった人、拒食と過食を繰り返してメンタルも病んでしかも何ヶ月も無月経など、月経周期は心身のトラブルと関連が深いですね。

 

もちろん更年期も様々な不調がおき、女性ホルモンに守られなくなった体には、肥満・高血圧・高脂血症・糖尿病などの成人病が一気におしよせます。 

 

年代も原因も違うけれど、それもこれも「ホルモンバランスの乱れ」という一言で、説明されてしまいがちです。もっとも、PMSとかは、ホルモンの変動に対して感受性が強いということはあるのでしょうが、決してバランスが乱れているということではなく、しっかり排卵があって、その後に黄体が形成されて黄体ホルモンがしっかり分泌されている証拠でもあり、基礎体温を測ったら、ちゃんと高温期が確認されるはずです。

 

テレビCMでも、週刊誌などでも、よくホルモンバランスの乱れが原因と言っているのを聞いていて、乱れているのか~~、すっかり身体がダルおも~~~と、思い込んでいる方も多いようです。

 

不調の原因を、しっかり把握し、絶対にやってくる『更年期&閉経』に備えて自身の身体をよく知る機会にして下さい。若い方は今から基礎体温のことを知っておけば、きっと一生幸せに暮らせるでしょうし、もうじき更年期という方も、きっと閉経を正しく理解し、ケアしながら乗り切ることができるでしょう。

 

日本の性教育では、なかなか基礎体温の変動や排卵に関する知識を教えてくれません。青森中央学院大学 看護学部外千夏(ホカ チナツ)助教の「学習指導要領とその解説および体育科・保健体育科の教科書における月経に関連する記載内容と保健指導への一考察」

https://core.ac.uk/download/pdf/231209615.pdf

によると、高校の教科書で基礎体温がちょこっと出てくるくらいなので、もちろん小中学生はなにも教えてもらっていない。小学生だって、排卵があることもあるのに。自身が望まない妊娠をしてしまう可能性があることを、知らない怖さ・・・

 

逆に、40代後半や50代でも、しっかり排卵があり、望まない妊娠をする可能性はあります。

 

日本女性の閉経の平均が50歳といっても、すごく個人差があることで、更年期が始まる年齢も40代前半の人もいるし、50歳くらいでも、月経周期がそれほど乱れていない人もいます。

 

とにもかくにも、みなさんが自身の状態をよく知る!という機会になれたらうれしいです。クラウドファンディングの応援、よろしくお願い申し上げます。m(__)m

 

 

Ran's Pick

 

第28回 基礎体温計測推進研究会定例会ご案内

第28回 基礎体温計測推進研究会定例会を以下の日程で開催いたします。ZoomによるWEB開催で、どなたでも参加いただけますので、ぜひお申し込みください。

 

■日 時 : 2021年6月10日(木) 14:00~16:00

■方 法 : ZoomによるWEBミーティング

■参加費 : 無料(研究会会員および希望者)※メールにて事前申し込み

■テーマ  : 蓄積されたデータをどう活用していくか

■プログラム:

14:00 堀口貞夫会長・堀口雅子先生よりメッセージ

14:30 戸川達男(役員:元早稲田大学教授 現早稲田大学人間総合研究センター客員研究員)

       「我々はどこから来たのか?我々は何者か?我々はどこへ行くのか?」

14:50 質疑応答

(休 憩)

15:10 北沢 真澄(キューオーエル株式会社)

「日本中の基礎体温~14年間の蓄積データより~」

15:50 質疑応答

16:00 終了

 

●お申込方法

 参加ご希望の方は、以下の情報をご入力のうえ『6月8日』までに、下記のメールアドレスまでメールを頂けますよう、よろしくお願いいたします。

宛先メールアドレス:info@kisotaion.org(基礎体温計測推進研究会事務局)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

件名:研究会参加申し込み

本文:<第28回 基礎体温計測推進研究会定例会>に参加します。

お名前:

ご所属:

メールアドレス:

電話番号:

ご住所:

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ご不明点などございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

 

Ran's Pick

 

【重要】『Ran's Story+』2022年3月終了のお知らせ(2021年4月1日)

お客様各位

 

たいへんお世話になっております。日頃は衣服内温度計Ran's Nightおよび、女性健康システムRan's Storyをお引き立て賜り、誠にありがとうございます。

 

昨年から続くコロナ不況に伴い、弊社事業売上が激減し、現在無料で提供させていただいているRan's Storyサービスの継続が難しくなりました。2007年スタートでもう10年以上基礎体温や月経周期のデータを蓄積し、健康管理を行って下さっているユーザーも多く、大変申しわけありませんが、2022年3月31日をもって、Ran's Storyを終了させていただきたく、よろしくお願い申し上げます。あと丸一年ですが、精いっぱい皆さまの健康をサポートしたいと考えております。引き続きよろしくお願い申し上げます。

 

2021年4月1日 キューオーエル株式会社代表取締役 北沢眞澄

 

Ran's Pick

 

「Ran's Story【ダイエットを中心に健康管理をしよう】コミュニティトピック②

※Ran's Storyは2020年末でクローズし、ユーザーのみなさんや計測データはRan's Story+に移っていただいたのですが・・・世の中から消してしまうにはもったいないコミュニティでの書き込みの中から、可能なものをこちらに残そうと思い、記します。

【コミュニティ説明文】
ダイエットを中心に健康管理について情報交換しましょう。ひとりでもおおくの方が実践できる「健康的なダイエット」や「健康管理」を、一緒に考えていきたいと思います。 管理者は、「健康管理」「ダイエット」「栄養成分」を日々猛勉強中。

※この掲示板の管理者は珍しいことに、男性です。

 

■ 燃焼生活を始めましょう♪

A: 

■効率よく燃焼させる
運動はただやみくもに沢山やれば良いというものではありません。 強く激しいだけの運動では,糖質は使われますが,脂肪はほとんど燃えません。 せっかくやるのですから,効率良く脂肪を減らす方法を実践して下さい。

■脂肪を燃やすのは有酸素運動である
体脂肪は,激しい運動では消費されません。 本来貯蔵エネルギーですから,時間をかけてゆっくり暖めていかないと燃え始めてくれません。 また,燃やすには多量の酸素を必要としますので,有酸素運動が最も有効な手段です。

■運動の初期10分程度は糖質をエネルギーとしているので,脂肪が燃えるのはその後の運動である。
軽い運動を続けていると,初期は血中のブドウ糖や,筋肉中のグリコーゲンがエネルギーとして使われます。 その後しだいに体脂肪が使われるようになり,10~20分たつとようやく脂肪が燃え始めます。ですから,運動は30分~1時間続けた方が効果的です。 軽い運動として,だれでも出来て簡単なのが歩行です。 やや早足で歩きますが,隣の人と会話も出来ないほどでは運動として強すぎです。 軽く汗ばむ程度の運動で,脈拍では1分間120回程度が最も良いと言われています。

---

B: Aさま、おはようございます。
オリンピックをみて、私もからだうごかさなきゃな~~っては思うのですが・・・今まで、毎日30~40分程度は犬の散歩で歩いていたのですが、犬の調子が悪くなってからその散歩もしなくなり・・・田舎にいると通勤も買い物も車なので、ほんとに1日3歩の生活になってしまいました。 一日中デクスワークしてるような者にとって、まずはここからスタートみたいなよい方法があったら、教えて下さい。ただし、家に帰ればできればひっくりかえっていたいという、とてもズボラな性格なのでそこんとこよきアドバイスを!m(__)m

---

A: 書き込みありがとうございます♪ なかなかの曲者ですね^^;;;
では。。。
自宅→駅→会社→駅→自宅
上の矢印で1つだけでも、1駅だけ手前か奥で降りる!(あくまで無意識で降りてください)

気にはなっていましたが、人間は元々4本足で生活していたものが、2足歩行に進化していますよね。。。極論ですが、便利がこれ以上加速し、歩行することがほとんど無い生活になれば、人間の足は退化していくのではないでしょうか。 当然不要な物なので、おたまじゃくしの尻尾のごとく消えてなくなるのではないかという不安があります。 「ふべん」も人として進化してきた大事なものですよ^^v

---

B: んんっ(>_<)使っていないから私の足は退化し、こんなに短くなってしまったのか。。。(-_-;) って、A さんコメントありがとうございます。 そう、通勤が電車ならまだ歩くんですよね。東京にいるときは、最寄り駅まで15分(でも駅まで100円バスに乗っちゃうときもあり反省)歩くときもあるのですが、今年の夏は暑いからほとんど信州におり、田舎は自宅から会社までドア2ドアで車通勤です。 時々写真を見てドッキリ(>_<)私はこんなに太ってない!撮り手がわるい!と怒ってはみても、まわりの反応はまんまだよって。。。思い切ってスポーツクラブ通うことにしようかなあ~~

---

 

■スポーツの秋^^

A: むせぶ暑さがなくなり、朝夕の涼しさが心地よくなりました。これは今まで運動をしていなかった人が運動を始める絶好のタイミングでもあります^^ 軽くジョギングを30分してみようと思います。

 

涼しいけど、少し運動すれば暑くなるのでTシャツでやろう。。。 これはいけません^^; 人は恒温動物。逃げていく体温を補う為にエネルギーをつかいますので、運動以外の身体に負担となるエネルギーを使う為、バテたり、後日体調を崩してしまうなどが起こる可能性があります。

今の時期(10月)でお勧めなのは、
上着: Tシャツの上にジャージ。もしくはトレーナーなどを1枚着る。
ズボン: ひざを冷やすと怪我の元になるので足の先まであるようなジャージ。もしくはスウェットなど(動きやすければOKです)
準備運動: 絶対やって下さい^^; めんどくさい方はジョギングを始める前に10分間ほど歩いてください。 (手を大きめに振って歩幅をひろめに)体が温まってきたと思ったら自分のペースで運動をはじめてください^^
いきなり10km走らないように。。。

---

 

■回避!回避!

A: ダイエットでリバウンドを引き起こしたら冷え性や生理不順になりやすいです。 結論的にはリバウンドを繰り返すことにより、内臓脂肪の増加、代謝が悪くなるため痩せにくくなりますが改善出来ないものではありません。 正常な性機能を働かせるためには、女性の場合ですと体脂肪率18%以上を必要とし、又、体脂肪率が高過ぎないことが条件となっています。 体脂肪量は月経の開始と深い関係があります。 誰もが男性ホルモン(アンドロゲン)、女性ホルモン(エストロゲン)の影響を受けていますが、月経の発現や維持を促進させる女性ホルモン(エストロゲン)の働きを守るのが実は体脂肪なのです。 このため極端に体脂肪が少なかったり多過ぎると、生理不順、性欲減退、不妊、冷え性などの性機能障害を引き起こしてしまいますが、体脂肪率が正常になってくれば自然と代謝が改善されるようになります。 一般に女性の体脂肪率が正常範囲とされるのは、【20%以上~30%未満】です

---

B: 間違ったダイエットによる無月経・・・不妊だけでなく、長期的な体の不調や、心の不安定にも影響を及ぼす怖いことなんだという事実を、特に若いみなさんにはしっかり考えていただきたいですね。不妊治療だけでなく、次の世代を考えると、不妊予防のことしっかり考えてほしいです。って、このサイトに来ているみなさんは、きちんと健康のこと、考えておられるのですが、生理周期のみだれも、ほとんど意識してないような方が問題なんですが(-_-;) 体脂肪率は25~30%を目標としてほしいです。

ほっそりスマートが良いという価値観をつくりだしたのは誰なんでしょうね。やはり世の中の男性には、健康的でしっかりした体の女性がいいんだとしっかりアピールしていただかないと(#^.^#) 少子化をなんとかしたい政府の偉い方々は、これから子どもを産む大切な女性の体を守れるように、ちゃんと正しい国民の感性を育ててほしいです。きちんと性教育を行なうこともないような今の教育も改めてほしいです。

---

 

■食生活がアレルギーの原因(>_<)

A: くしゃみ、鼻水、咳、かゆかゆ、アレルギー性結膜炎、喘息と、アレルギーがマーチの速度を速めています。(T_T)
かかりつけのクリニックにアレルギーのお薬もらいに行ったら、肥満細胞がアレルギー反応の原因だって、Dr.が資料を印刷してくれました。 肥満細胞と肥満は全くちがうのもだけれど、とりあえず私のアレルギーは高脂肪の食生活が引き起こしているものらしい。(-_-;) 喘息と肥満は切っても切れない関係で、太ると喘息になりやすいって。 体内に脂肪や脂肪酸がいっぱいの状態は、アレルギーを悪化させるって。。。高脂肪のえさをラットに与え続けたらクシャミをはじめたんですって! 一月ほど前に血液検査した結果では、γ-GTPと中性脂肪が異常な高値で、すべては食べ過ぎの肥満が原因。糖尿病はないので、今のうちになんとかしないと、アレルギーも一生治らなくなるって(>_<) 

お昼のコンビニ弁当、よく見たら955kcalだし(@_@;)1/3ほど残しました。いつもいつも、苦しくなるまで食べるこの性格をなんとか改善しないと。。

---

B: 終戦後、日本人の食生活で最も増えたのは【タンパクの摂取量】ではなく【動物性脂肪の摂取量】です。 これがアレルギー性疾患の増加の原因のひとつと考えられます。

昔の子供は冬場でも裸足に半ズボンでもカゼをひかなかったという話。穀物中心の食生活で青鼻を垂らしながらでも外で遊んでいた時代。自分が小さい頃どうでしたか? 今の子供達には欧米化の進んだ現在の食生活に関して「幸せ」と思えるかもしれませんが、実は「不幸」なことでもあると考えます。

【食事は体を造る】
今の子供達の中で、アトピー性皮膚炎・喘息(ぜんそく)この2つの割合が非常に多いということ。食生活の変化と共に日本人のカラダも当然変化します。昔はこんなにたくさんいなかった。病気知らずで元気いっぱい走ってた。変革の代償は大きいと深く考えさせられます。

子供達のお母さんに伝えたい。食事は子供のカラダを造ります。手間ばかりかかる子供達にもう一手間かけて食事内容をバランスの良い食生活にしてあげてください。外に出にくい冬場でもお休みの日には力いっぱい走れる場所に連れて行ってあげてください。ちょっと咳をしはじめたくらいで病院に連れて行き、薬漬けの生活から開放してあげてください。ちょっと感情的になってしまいました(;-;)

---

A: Bさん、こんばんは。経済環境が悪くなってくると、ジャンクフードなどしか食べない人が増え、大人もですが、特に子どもが心配ですね。ハンバーガーやコンビニ弁当もたまにならいいのですが、ほとんど毎日になってしまったら・・・年明けの経済状況がほんと心配(>_<)

---

C: 先日書いた望診法の先生によれば、「草木に水をあげすぎれば根ぐされを起こすように、体にも栄養を入れすぎれば臓器が疲れて働きが悪くなる」だそうです。 調子が悪いと、何かを摂らなくちゃ(食べたり薬を飲んだり)と思いがちですが
何かを摂らない(摂取をやめる)と言うことが大事だそうです。

私もやはり、お菓子や動物性脂肪が多かったために、子供にアトピーが出てしまったんだろうと今も思っています。何よりも私自身が除去食をして、健康になれたから。 「粗食のすすめ」などと言う本が出る日本は、本当に豊かなんだろうなと思います。 それだけに、食べ物=体に入れる、をもう一度考えて欲しいというメッセージがアレルギーに込められていると思います。

そういえば、榊原郁恵さんが夫の渡辺徹さんのダイエットのためにしたことは、食事のおかずの数をすごく増やしたそうです。 ドカッと食べるのでなく、いろいろなものを少しずつで満足できるように。 私も1人だと苦しくなるまで食べてしまいがち・・・。 なかなか自分のためにいろんなものを作ることは出来ないんですねぇ・・(-_-;)

---

 

■集団ダイエット?

A: 「集団」とは若干ニュアンスが違いますが、自分ひとりでダイエットを試みるよりは2名以上でお互いのモチベーションを維持していこうという考え方です。 これまで数々のダイエット法を試したが長続きせず途中で断念してしまった。 自分の意志が弱いせいかすぐに元通りの生活に戻ってしまう。というような方には「集団ダイエット」がむいているかもしれません。
たとえばフィットネスクラブに入会しよう!と思った時に1人で入会する場合と友人と2人で入会する場合、明らかに2人の方が習慣化しやすいのです。 だからダイエットも同じ。
人間の意志は弱いものですが、他人と同じ事をし、比較し、競い合う事で長く続ける事ができるモチベーションを維持できるのだと思います。 また2名以上の場合、毎日の運動時間、運動内容、体重変化グラフや食事内容をノートに残しておき、会う機会がある時に交換して、お互いがどのように工夫しているか「知る」ことも大切です。

---

 

■基礎代謝

A: 基礎代謝を高めること、これが、太りにくい体質になるために必要不可欠なものだという認識だけは浸透しているようですが。。。なかなか難しいものですよね^^; 基礎代謝が低いとどうなるのでしょうか。基礎代謝が下がる、もしくは低い場合にはエネルギーの消費量が低くなります。 その分のエネルギーは体に蓄積されますので、太りやすくなるといえますね。 そして、どのような影響があるかというと、肥満になったり、高血圧、そして糖尿病などになる可能性を高めてしまいます。 ということは生活習慣病になってしまう可能性をとても高めてしまうということです。

そうならないためにも、基礎代謝を上げていきましょう。 基礎代謝を上げるために必要なことは、まず筋肉をつける(使う)こと。 筋肉があることで、消費するエネルギー量が増えることになります。 ちなみにまもなく30の私で1800overあります。(中学生並)

そのほかに基礎代謝を上げる方法としては、体温を上げることなどがあります。 運動をすると体が温まりますね。要は「汗をかきやすい環境に自分を置く」ということになります。 そして、運動を継続してすることによって筋肉もついていきます。

ですから、基礎代謝を上げるには有酸素運動が最適、ということになります。 ウォーキングや水泳などの有酸素運動を継続して、健康的にダイエットをしていきましょう。

---

管理人: A さん、今、低体温で悩んでおられる方が多いのですが、体温が上がれば基礎代謝もあがって太りにくい身体にもなりますよね!?皆さんにはまず朝ごはんをしっかりと食べるように!ということと、シャワーでなくお風呂は湯船につかってしっかり温まりましょう!とお話しています。 運動で筋肉をつけることは、もう当然痩せやすい身体づくりには欠かせないと思いますが、女性にはなかなか難しいことですね。(特にわたしのようなオバサンになると^_^;) またなにか健康的なダイエットの秘訣などありましたら、教えて下さいね(@^^)/~~

---

 

■今話題のバナナダイエット・・・

A: 森公美子さんで一躍有名になったバナナダイエット。朝食はバナナと水。あとは好きなものを食べる???

正月から森さんのブログを見たりしながら朝バナナしています^^ そして、、、もう1月の終わり。。。減らない。。。どころか、増えてる。。。どなたか実践された方、いらっしゃいませんか^^?

もし朝バナナでウエイトダウンできると確認できたら、(自分が思ってるだけ)ダイエットの基本 【摂取<消費】の方程式が大きく崩れてしまうのではないかと思っています~^^;;

---

B: 朝バナナダイエット、半年程続けました。体重減少はほとんどありませんでしたが、便通が良くなり、それによる成果はいくらか見られたように思います。主には、肌トラブルが改善され、朝の目覚めが良くなりました。 ただ、やはりごはんやパンに比べて腹もちが良くないのが・・・💦

---

A: そうですね^^ バナナは即効性が高いのが特徴で持続力が少なめです。 吸収の早い糖質は朝にピッタリの食べ物です^^b

また便通を促す食物繊維が豊富に含まれているので非常に有難いものでもあります。 「便通を良くする=腸内環境を整える」 なので肌のトラブルが少なくなったのだと考えられます。 便秘気味だと、腸内環境が悪くなり悪玉菌が優勢になってしまい、インドール、スカトール、ニトロソアミンなどなどの体に悪影響を与える様々な成分が腸の中に滞留します。 人の免疫の60%は腸にあるとされているので、定期的な排便を心がけることがトラブルだけでなく病気の予防にもなります。

---

 

■ 「米食と日本人の健康」

A: ダイエットネタが少々手薄になっており、今回は少しだけ違った観点から記述したいと思います。
世界の三大穀物は、米、小麦、トウモロコシです。 国際連合食糧農業機構(FAO)の統計資料によりますと、2006年の米の生産量は6億3,461万トン、小麦は6億595万トン、トウモロコシは6億9,523万トンとなっています。

 

稲作はアジア農業の根幹をなすものであり、日本では夏季に多量の雨水をもたらすモンスーン気候により、水稲栽培が主流であり、7,000年前に成立した水田稲作に立脚する農業形態がその生活文化や食生活に影響を与えています。 米はデンプン含量が多く、エネルギー源として有用な作物であると同時に8%のタンパク質を含んでいます。しかも植物性タンパク質の中では、最も生物価の高いタンパク質の一つです。


精白米のタンパク価は68で、全粒小麦値は41です。つまり米とわずかの副食物を摂取すれば、生命活動を維持できるわけです。このようにエネルギーとタンパク質が一つの食品から供給される食品は米以外にありません。

日本人は、タンパク質を植物、動物からほぼ同量とり、植物性タンパク質は、米と大豆製品から、動物性食品は魚介類と畜産物から等量摂取しているので、脂質摂取の少ない食生活が可能です。タンパク質(P)、脂肪(F)、炭水化物(C)のPFC比率は、和食では13:29:58で、栄養学的に理想とされるバランス値(P12~13%:F20~30%:C57~68%)に近い値です。


国民の所得が増加すると、食事中のデンプン質エネルギーが減り、動物性タンパク質、油脂と砂糖が増えることは世界的な傾向ですが、日本は先進国の中では特異な存在で、適正なPFC比率を維持し続けています。 しかし、昭和40年、昭和60年、平成17年についてPFC比率を経時的に比較すると、それぞれ11.9:15.7:72.4、12.1:24.9:63.0、12.1:26.8:61.2となっています。 タンパク質摂取量は変わっていませんが、炭水化物の減少と脂肪の増加がみられ、食生活の欧米化が進んでいることを意味しています。

これまで適正な栄養摂取を継続してきた日本では近年、若年層を中心に食習慣の乱れや運動不足などの生活習慣が主たる原因で引き起こされ、メタボリックシンドロームに総称される生活習慣病が増加しています。病気を要因とした死亡患者の約3分の2に、生活習慣病との関連が示唆されています。生活習慣病発症は、両親から伝えられる遺伝素因と個人の周りに存在する環境因子との相互作用によっています。遺伝素因は個人では治すことは不可能ですが、環境因子は、個人の努力により治すことができます。ただし、生活習慣は個人が時間をかけて身につけてきたものであり、簡単に改善するのは難しいため、若年時より好ましい生活習慣を身につけることが必要です。

米は人間の良好な食糧・栄養源ではありますが、同時に人間と共生している微生物の格好の栄養培地となりえます。 デンプンは自然界で最も豊富な炭素源であり、麹菌、酵母によりアルコールという物質に変換されます。 高温多湿のアジアでは、この気候に即した微生物、とりわけ麹菌がよく生育し、米デンプンを原料とする自然発酵が利用されています。 例えば、日本では酒がつくられ多彩な食文化が形成されてきました。

以上のように米は日本人の食と健康のベースであり、米食文化(和食文化)の歴史的重みは日本文化そのものと言えます。 できれば1日2回はお米を食べる食事を習慣化し、バランスの取れた栄養摂取が維持できる食生活を継続していただきたいと思います。

---

 

■ 体重と体脂肪の最終目標が正しい値なのか迷ってます

A: 現在取り寄せ中の婦人体温計が来るまでは、普通の体温計で基礎体温を記録していくつもりです。 体脂肪を何とかしたくて、栄養計算と運動(運動音痴なのでwiiメイン)を実行中ですが、体脂肪は30%の壁をなかなか突破できません。
身長157.4cmm、朝の数値で体重58kg、体脂肪率35〜38%だったのを3ヶ月ほどかけて体重は53kg前後まで落としたのですが、体脂肪は29%と30%の間をウロウロしています。 体脂肪30%を落としたいというのは、そんなに身体に負担のかかる無茶なダイエットとは思えないのですがうまく行きません。 最終目標は48kg、体脂肪24%(体重はプラスマイナス2kg、体脂肪はプラスマイナス2%は健常の範囲とみなす)です。1年以上かかっても、いつか到達できるものとして精進したいと思っています。

妊娠・出産を考慮せず、閉経まで健康に過ごす為に必要な体脂肪の下限はどの程度なのでしょう? 25〜30%までを適正とするデータ、20%までは健常の値とするデータ。ネットで検索すればするほど落としどころに迷います。 閉経後は体脂肪を20%位まで落としても問題ないのでしょうか?ちなみにインフルエンザ等への免疫力が落ちるらしいので、18%以下にするつもりはないです。

---

B: 文章を一目見ただけでよく勉強され、努力されている事が伝わってきました。 体脂肪だけ見た時のコツとしては、以前書かせていただきました「燃焼生活」の、運動の初期10分程度は糖質をエネルギーとしているので,脂肪が燃えるのはその後の運動(有酸素運動)である(人にもよると思いますが・・・)ということになります。 有酸素運動を始める前に、お風呂などでカラダ全体を温めておくと代謝が上がっているのでエネルギーを消費しやすい状態で運動を始める事が出来ます。

あと数値に関してですが、非常に判断が難しいです。 それぞれの分野が出している数字は統計学から算出しているだけで、絶対というわけではありません。 理想とされる数値でも免疫異常や病魔に侵される場合も多数あります。
BMI値を基準に考えてみます。 日本肥満学会によると、BMIが22の場合が標準体重。 BMIが25以上の場合を肥満、BMIが18.5未満である場合を低体重とされています。 Bさんは58kg時で(23.4)という数値です。非常に立派です。 53kg時で(21.3)こちらも±2の範囲内なので理想的ですね。

しかし、このBMI値の基準も日本だけの物なのです。 WHOでは25以上が「標準以上」、30以上が「肥満」とされています。 結局この基準も(コレくらいだったら健康に過ごせる人の割合が高い)というだけのものなので必ずしもではありません。

>妊娠・出産を考慮せず、閉経まで健康に過ごす為に必要な体脂肪の下限はどの程度なのでしょう?

このご質問ですが、正直ないです。申し訳ありません。 理想とされている体脂肪が何%でも健康に過ごせる可能性は100%ではないからです。 私の思う正解は、毎日、適度な運動と適切な食事に、ストレスを溜め込まない(熱中できることを見つける)充実した生活をおくること。 これが生涯健康でいられ、いわゆる「ピンピンコロリ」に一歩でも近づけるものだと思っております。

私の勉強不足もあり、満足なお返事を書く事ができておりませんが、「基準・指針・標準・理想etc」とされているものが当てはまっている場合もあれば当てはまらないものもある、というのが現状です。

---

A: Bさん、お返事ありがとうございます。確かに健康に……というと語弊がありますね。
婦人系の病気のリスクを軽減できる値というのが質問の意図でした。 妊娠・出産の可能性がなくても、体脂肪25%より下に落とすと病気になる可能性が増すのかなと思ったのが質問の動機です。

同年代の友人知人が相次いで子宮癌、乳がんを患い、中には帰らぬ人も。 今まで顧みなかった婦人系の機能にも目を向けようと思ったのがここへ来たきっかけです。 閉経すると体脂肪が増えるらしいので、駆け込みでぐぐっと減らして自分なりの調節法や食事量を確立したいと思っています。 代謝が上がる時期を基礎体温で把握し、苦手なジョギング等はその間に集中して行い、残りの時期はゆるめの運動を継続して効果の有無を検証してみます

---

 

■サラシア

A: 気がつけば夏真っ盛り!になっていました・・・。ふと面白い成分を見つけました。「サラシアレティキュラータ」
糖分の吸収を阻害(厳密には消化酵素の抑制)してくれる賜物のようです。「サラシアの会」というところで詳しく紹介されていました。興味のある方は是非どうぞ!(まわしものではありません) 普段の生活が「摂取=消費」と均衡がとれていて、基礎体重に変化の無い方には期待できるかもしれませんね^^ 

糖分の吸収抑制ということは、血中に入る糖分も少なくなる(血糖値が下がる?)でしょうから糖尿の方にも良いのかもしれませんね。 ちなみにわたくし朝ご飯を食べない生活が10年以上続いており、血液検査のある日の朝にサイダーをたっぷり飲んで検査したところ血糖値が高すぎるので糖尿病の可能性があるので検査入院が~~~と、真剣に言われた事があります。もちろん事情を説明したら笑われましたけど^^;
---

B: サラシア・レティキュラータは肝保護や抗酸化作用もあるのですね!うれしいかも(^_^;) 糖尿病の心配はまだないのですが、中性脂肪や高血圧は気になっているので。。。

ちなみに、スポーツクラブに通いだして2カ月ほどで高血圧はずいぶん改善されていたのですが、夏休みを取っている間、運動はせず酒浸りの生活をしていたら、10日ほどで高血圧に戻ってしまい(>_<)自分では気付かなかったのですが、社長に、顔がずいぶんむくんでいると指摘されてしまいました。orz これからジムで汗を流してまいります。

---

 

 

 

 

 

Ran's Pick

 

「Ran's Story【ダイエットを中心に健康管理をしよう】コミュニティトピック①

※Ran's Storyは2020年末でクローズし、ユーザーのみなさんや計測データはRan's Story+に移っていただいたのですが・・・世の中から消してしまうにはもったいないコミュニティでの書き込みの中から、可能なものをこちらに残そうと思い、記します。

【コミュニティ説明文】
ダイエットを中心に健康管理について情報交換しましょう。ひとりでもおおくの方が実践できる「健康的なダイエット」や「健康管理」を、一緒に考えていきたいと思います。
管理者は、「健康管理」「ダイエット」「栄養成分」を日々猛勉強中。

 

■まずは気持ち編

A: ダイエットをする上で何よりも大事なこと。「自分の気持ち」なかなか継続できないのは自分の気持ちなのです。では、どうすればよいのか。

1日3食。中には1人で食べる方もいらっしゃるかも知れませんが、大抵は家族・友人などと食事を共にする場合が多くあると思います。そこがチャンスです。「わたし、夜はあんまり食べないのよ」と、言うだけでいいのです。無理に我慢するのではなく、食べれないのですから。


顔見知りに言った以上、その場で「多く食べ過ぎてしまう」ことはなくなります。食事をする前に同席者(夜小食を知らない方)がいれば必ず言うようにしましょう。たったコレだけの事で興味深い結果が後々でてきますよ。

---

 

■ダイエットの基礎編

A: 

【ダイエットのウソ】
ダイエットの法則はたったひとつ「脂肪を減らす」ことにつきます。さまざまなダイエット法が流行っていますが、その中には正しく脂肪を減らす方法とはいえないものも数多くあります。間違ったダイエットは繰り返せば繰り返すほど、効果がないばかりか、かえって体脂肪を増やす悪循環を引き起こします。

【正しいダイエットの考え方】
まずは、太った原因を知ることが大切です。ほとんどの場合、生活習慣や環境にあります。太る体質というものは存在しませんし、肥満の遺伝子を持っていたとしても太りやすい環境がなければ太ることはありません。肥満の方は「私は水を飲んでも太る」とか「食べていないのに太る」とおっしゃいます。自分が太った原因に気づいていないのです。たとえば、3食の食事量は減らしていても、おやつや夜食を食べていたり、外食でカロリーの高いものを摂っていたり、ジュースをよく飲んでいたりなど、結局摂りこむカロリーが多いことがよくあります。なかにはストレスで無意識のうちにお菓子を食べている人もいます。

■ダイエット計画のポイント
〇無理な目標を立てない。・・・「できるだけ○○を食べない」「できるだけ運動しよう」などできそうな目標をゆるやかに守ることからはじめましょう。
〇プラス思考。・・・ダイエットの途中で食べ過ぎたり、運動をサボったり、ということは誰にでも起こります。「やっぱり意思が弱いからだめだ」と落ち込むと挫折してしまいます。あまりがんばり過ぎないことです。
〇きちんとした動機を持つ。・・・長続きしないのは意思が弱いからと思っていませんか?必要なのはきちんとした動機です。なんとなく始めてもダメです。どうしてダイエットをするかを明確にして、それを忘れないように!
〇少しでも運動は取り入れる。・・・ 食事制限だけでは限界があります。駅まで歩く、散歩する、電車で座らない、エレベーター・エスカレーターにはのらない等軽い運動から無理なく取り入れましょう。 
〇1ヶ月に1~2㎏減らすのを目安に。・・・「1ヶ月で絶対に5㎏減らしたい」といった無謀な計画は最初から捨ててください。

【ストレスはどうすればいい?】
ストレス解消には、ショッピングに出かける、人に話を聞いてもらう、スポーツやゲームに熱中する、等さまざまなことが考えられます。「なぜ、食べ過ぎたんだろう?」「なぜ、太ってしまったのか?」などと後悔するのではなく、「今、何をしたら良いのか」と意識を変えるのです。口癖を「なぜ」ではなく「何を」にして、プラス思考に変えてください。

【ダイエットに向いた食事の摂り方とは?】
●朝ごはんはきちんと取りましょう。
●お腹が空いてから食べましょう。
●ニセの食欲にだまされないようにしましょう。
●外食は和食にしましょう。
●ながら食いはやめましょう。

【挫折しそうな時は・・・】
人間の体は慣れてくると少ないカロリーでまかなえるようになります。脂肪が消費されなくなるので順調に減っていた体重が減らなくなります。この停滞期は誰にでも起こります。1~2週間がまんすればまた減り始めます。精神的な面が大切です。スローなペースで着実に継続してダイエットを成功させてください。

【死ぬよ?と医者に言われる】
自分の話なのですが、過去に体重制限のスポーツをやっている時のことでした。2週間で-14kg。当時、医者が選手の体調などをサポートしてくれていましたが、注射針を刺しても血液が採取できない。。。血液中の水分まで失っていました。その場でドクターストップ「死ぬよ?」と真顔で言われました。幸い死ななかったものの、5年を過ぎた今でも血液検査をすると、肝機能・腎臓機能が異様な数値になって表れます。

絶対カラダに負担の大きい無茶はしないで!なってからでは、取り返しがつかないんです!自分と同じような人を作らないためにも。。。

---

管理人: Aさん、こんにちは!男性陣を押し込めてしまいまして、申しわけありません(~_~;)
A さんは、死ぬほどの体重制限のスポーツをやっていたとのことで、ボクサーだったんですか?なんだか、興味津々(#^.^#) よろしければ、ご自身のプロフィールとか、ちらっと教えてください!!このコミュニティのことは、私の日記で、皆さんにお知らせしておきますね。これからもよろしくお願い申し上げます。

※Ran's Storyは月経周期を記録し健康を目指す女性向けのシステムで、アドバイスをくれるニコチャン大王先生と、システム担当者以外女性だけ。いわゆる女性専用者のようなコミュニティでした。と言っても男性が入会できないようにブロックしていたわけではなかったので、このコミュニティーを立ち上げた男性会員さんには、基本女性に限定の大前提をお伝えしました。

---

A: ぬぉ!まさか自分のこと聞かれると思ってなかったので^^;;;
誰が見てもわかるとおり、わたし男です^^ 6歳と4歳の娘(鬼×2)がいます。現在28歳になりました。
15の時からスポーツをし、大学にもスカウトされ行きました。日の丸もつけたことあるんですよ^^(たいしたこと無いって?w) その時に、トレーナーや栄養士・健康管理士・大学教授などから、健康管理も含め徹底的に叩き込まれたおかげで、健康管理には入り込みやすかったのもあります。 自分は男ですが、妻やこれから大きくなる娘のためにも、こちらで勉強させていただければと思っております。
P・S 決して怪しいものではありませんので、どうぞよろしくお願いいたしますm( _ _ )m

---

B: おぅ!28歳男子!!でも最近、私の周りにあらわれる20代男子は、嫁と子どもが・・・ってパターン多いんだよね~。東京事務所に新しく男子(たぶん27とか)がはいって、向かいの机なんだけれど、嫁と10歳をかしらに3人子どもがいるそうで、娘の話になると、顔がデレ~~って感じで、かわいいっすよーって。
ちなみに、男は怪しいくらいがちょうどいいかな(^.^) で、あてにならないのはやさしいってヤツ。そういうのを信じちゃうと、誰にでも優しくて、あとで泣きをみることになるし。ほんとはおかあさんに一番やさしいマザコンタイプだったりして(>_<) って、ぜんぜんダイエットのはなしじゃないジャンね。

---

 

■ 太りにくい食事と生活習慣のヒント

A: 40歳を過ぎた頃から体重が増えるとおなかだけがぽっこり出るようになった、いつものダイエット方法では痩せなくなってきた、太ってしまってもあまり気にしなくなった・・・など、「若い頃とは違ってきたな」と感じたことはありませんか?これらは、いつまでも若いと思っていても体や気力が年齢を重ねてきている証拠です。「若い頃とは違う」自分に気づいていますか?

■子供より食事量は少なくてよい
40歳以上の男性の必要カロリーは2,250kcal、女性は1,700kcalといわれています。これは男性は10歳、女性は8~9歳の子供より少ないカロリー量です。体重が増えるということは、必要以上のカロリー量をとり続けている証拠です。

■過ぎたるは及ばざるがごとし
「よい」といわれる食品でも、量が過ぎれば予想外の体重増加の原因になります。 何かを追加したら、そのぶん、別の何かを減らさないと、単なる食べ過ぎになってしまいます。

■体によい、悪い食品はあなた次第
「よい」といわれる食品ばかり集中的に食べていたり、「悪い」といわれる食品を回避し過ぎて栄養バランスを崩してしまうこともあります。 砂糖は避けていても黒砂糖や蜂蜜なら安心と考えていませんか?カロリー量に違いはないので過信は禁物です。

【できることからはじめよう】
一度にたくさんやろうとがんばり過ぎることが、挫折の原因になります。あせらずに続けることが重要です。 タイプ別に具体例を紹介しますので、実行できそうな項目にチェックを入れてみましょう。少しずつできる項目を増やしていくのを目標にするとよいですね。

●食べ過ぎてしまう人
□よくかんで食べるようにする(ひと口20回ぐらい)。1回の食事に20分はかける。
□食物繊維の多い食品(海藻、寒天、こんにゃく、きのこ、ごぼう、大豆、枝豆、玄米など)を意識して多めに食べる。
□食前にコップ1杯の水を飲む。(胃が膨らんで食べ過ぎをセーブ)
□スープ、汁物、野菜など水分の多いものを最初に食べる。
□腹8分目にする。
□薄味を心がける。(濃い味つけはごはんが進む傾向あり)
□1人分ずつ小皿に取り分け、最初に食べる量を決める。
□食後にすぐ歯磨きを行う。
□食事が済んだら食卓から離れる。

●おやつが多い人
 □おやつは見えない場所にしまっておく。
 □おやつの買い置きをしない。
 □おやつを食べたくなったら低カロリーのものを選ぶ。
 □間食の回数を最初に決める(1日1回など)
 □おやつを購入するときは小袋のものにする。

●脂っこい食事が多い人
 □肉類の皮、脂身は除いて調理する。あるいは食べるときに残す。
 □油を使うより、焼く、蒸す、ゆでるといった調理を多めにする。

●外食が多い人
 □カロリー表示を見て、少ないものを選ぶ。
 □野菜が豊富なメニューを選ぶ。
 □洋食、中華より、和食を選ぶ。
 □肉料理より魚、野菜料理を選ぶ。
 □丼ものより定食メニューを選ぶ。

●運動不足を感じている人
 □歩数計を用いて、毎日の歩数を記録する。
(少しずつ増やす。10分ずつとか1,000歩ずつ)
 □自転車、バス、車を使わず、歩く機会を増やす。
 □階段を使う。(エレベーター、エスカレーターを避ける習慣をつくる)
 □電車の中で立つようにする。
 □自分の体力に見合った運動をはじめる。
 □日常生活でこまめに体を動かす。
 □朝や寝る前にラジオ体操やストレッチを行う。
 □休日や時間に余裕がある日にはウォーキングやサイクリングを行う。

●理由がわからないけれど、体重が増えてしまう人
 □毎日体重計にのり記録する。
 □朝食を必ずとるようにする。(昼食の過食防止)
 □食事を1日3回、ある程度一定の時間にとる。
 □朝食と昼食をきっちり食べることで、夕食のドカ食いを防ぐ。
 □寝る2時間前までに夕食を終える。できない場合はいつもより軽めにする。
 □朝起きて水を1杯飲む。便秘で悩んでいる人におすすめ。
 □夕食が遅くなる場合は、夕方5時ぐらいに軽くおにぎりなどを食べ、帰宅後はいつもより少なめ(7割程度)にして、遅い時間でのドカ食いを防ぐ。
 □無理して食べきろうとしない。ひと口残す勇気を持つ。
 □お酒の量を控える。1日の目安はビール500ml程度まで。
 □食べ過ぎ、飲み過ぎたときは、次の2日間の夕食をあっさりめの味つけにし、量も控える。

いかがですか、チャレンジしてみようと思われた方は、とにかくどの項目でも良いですからスタートしてください。「継続は力なり」です。絶対にあきらめないでください。

---

管理人: Aさん、こんにちは。 「女性は1,700kcal、8~9歳の子供より少ないカロリー量です。体重が増えるということは、必要以上のカロリー量をとり続けている証拠です。」ハンマーで頭をガーンって感じです。 小学3年生より少ないカロリーでよいなんて、いままで思ってもみませんでした。 でも、「1日の目安はビール500ml程度まで。」は少しうれしいかも! 貴重な情報をありがとうございました。m(__)m

---

B: おはようございます。 私は今書き込みダイエットをやっていますが、甘いものが好きで、それをセーブするのが一番辛いですね。 上に書かれていること、ホントにその通りだと思います

---

A: 書き込みダイエット(*´▽`*)食べたものを意識するだけでも十分に効果があると思います^^
甘いものが好き・・・ですよねぇ~^^* タバコの禁煙と似たような感じですが、やっぱりつらいものはツライ。でも、【一時の幸せ】と【永遠のスタイル】どちらを選びます^^?

---

 

■ 実践♪自分で健康管理を始めよう

A: TVや新聞、雑誌、インターネット等でたくさんの健康情報があふれています。整理して、基本的なことをおさらいしておきましょう。

1.正しい食習慣を身につけるには、まず、1日3回、規則正しく食事をとることから始めましょう。

2.早食いは肥満の原因になります。ゆっくりよくかむことで食べ過ぎや認知症を防ぎます。

3.薄味でも、だしをきかせるとおいしくなります。干しえびや糸こんぶを一緒に煮てもよいでしょう。

4.体重や血圧は1日のなかでも変化するので、時間を決めてはかるようにしましょう。

5.適度な運動は生活習慣病の予防・改善に効果的です。1日30分程度のウォーキングがお奨めです。

6.禁煙して太るのは、胃腸の調子がよくなり、口寂しくなって食事量が増えるから。氷水を飲んで食べ過ぎを防ぎましょう。

7.減塩だけでなく減量を同時に行うと、高血圧の予防・改善効果がぐっとアップします。

8.食物繊維は余分なコレステロールを抑え、肥満予防の効果があります。野菜やきのこ、海藻、大豆製品に豊富です。

9.寝る前の軽いストレッチは疲労を軽減します。

10.食べたりないと思ったら、野菜をプラスしましょう。エネルギーも低く、噛むことで満足感がアップします。

11.便秘予防のために食物繊維の多い根菜類やいも類を積極的にとりましょう。毎朝、トイレタイムをもうけましょう。

12.マヨネーズは約65%、ドレッシングは約30%が油です。摂り過ぎはエネルギーオーバーの原因になります。

13.食べ過ぎてしまったら、次の食事は軽めに摂りましょう。1週間単位で調節してみましょう。

14.枝豆は大豆の未熟な状態です。大豆と野菜の健康効果の両方を得られる優れた食品です。

15.揚げ物を食べたら、ほかの2食はノンオイルを意識してください。また、週に2~3回までにしておきましょう。

16.レストランではメニューの写真をよく見てオーダーをしましょう。お皿の半分以上が黄色っぽいと脂肪多めのメニューです。

17.さば、あじ、さんま、いわしなどの青魚はコレステロールを下げ、脳の老化防止にも役立つ成分が豊富です。

18.貝類は低カロリーなうえ、良質のたんぱく質源です。鉄などのミネラルやコレステロールを下げるタウリンも豊富です。

19.ハンバーグよりステーキのほうがコレステロールは低めです。脂身を残せば脂肪も抑えることができます。

20.市販されている野菜ジュースは野菜の代わりにはなりませんが、不足を補助してくれます。  1日200mlが目安です。

21.回転寿司では2~3種類の重ね食べよりも、さまざまなネタを食べるのが栄養バランスアップのコツです。

22.ストレスがたまると無意識に食べ過ぎていることがあります。散歩や買い物、趣味などで気分転換をはかりましょう。

23.お酒のおつまみには、枝豆や豆腐料理、酒蒸しなどの貝料理がおすすめです。
肝臓を守る効果があります。

24.外食をするときは、ラーメンやソバなどの単品メニューより、栄養バランスがとれた定食を選びましょう。

25.缶コーヒー類は以外に高エネルギーです。1本でごはん半膳くらいのエネルギー量なので、1日1本までにしましょう。

 

26.食べ物を自分の歯でかみ砕くことは健康増進につながります。80歳で20本以上自分の歯を保つのがベストです。

27.食事の量が多いときは1皿全部を残すのではなく、全部の皿を少しずつ残すようにしましょう。

28.歯周病や胃腸障害は口臭の原因になります。毎食後の歯磨きのほか、食後に緑茶を飲むと予防に役立ちます。

29.暑さや寒さが厳しい時期は、買い物ついでにデパートやショッピングセンターなどの屋内でウォーキングしてみましょう。

30.お酒を飲む前に乳製品をとると、アルコールの吸収を抑え、胃の粘膜を保護してくれます。飲みながら食事もとってください。                             

まずは意識する事。情報がなければ普段意識しない事も見えてくるはずです^^

---

 

■夜ご飯を早くしてみよう

A: 夜ご飯を早める方法は、テレビでも有名人の方が実行していると言って話題になったりしたのでご存知の方も多いと思います。 具体的にはどのようなものかというと、朝食を重点的にし夜ご飯は制限する。さらに、なるべく夜ご飯は早い時間に済ませてしまい、食べてから寝るまでの時間をなるべくあけるのです。 これは大抵の場合、夜ご飯を食べた後は特に大きなエネルギーを摂取するような活動はないと思います。

しかし、そこで夜ご飯でカロリーを取ってしまうとそのエネルギーはどこへ行くか・・・それがあなたの身体になるのです。それを避けるためになるべく夜ご飯を制限し、寝るまでの時間をあけます。 それに対して朝は一日のスタートですから、エネルギーを消費することがたくさんありますよね。だから、朝の食事の量を増やし、夜ご飯の量を制限するのです。この方法は身体を理想的な状態に戻しつつ痩せようとするものなので、痩せる上に健康になると一石二鳥の効果を得ることが出来ます。

---

B: Aさま、わかってはいるんですけどね~~
最近は女性もオヤジなみに夜遅くまでお仕事して、帰宅するとすでに10時、11時(-_-;) おなかも空いていて、まずビールからはじまって、いっぱい食べちゃうんですよね。 であわててシャワーをあびてからアイスも食べたり。 どうしても食べてすぐ寝ることに。 メタボおやじの気持ちがわかるよ~~~

---

C: はじめまして。私も、ダイエットが難しい年齢になってしまいました。 いくら食べても体重かわらないなあ、と好きに食べ続けていると、ある日急に、どかっと太っている…。 あわてて食事制限してみても、体重はぜんぜん変わらず。 で、1週間ほどでやる気をなくしちゃうパターンです。
代謝が悪くなっているのでしょうかね。なにより運動不足で筋力が落ちているので、ビリーをやったり、時間がないときは
腕立てのみとかですが、ちまちま続けています。 夜は子どもが寝てからこっそりお菓子を…やっぱり食べてるなあ(笑)

---

D: 夜ご飯を9時までには食べて、9時以降は間食をしないというダイエット目標を立てました。そうすると、以前より朝の胃のおも苦しさが無くなっていい感じですが、家人が9時以降に食べることが多いので、実行するのが難しいですね。
働いていると夜型の生活をせざる終えない人が多いと思うので、1日のトータルでカロリーを考えると、夜重い分、朝と昼で調整するしかないかなと思っています。働いている時にガソリンが少ない状態ですね。 ダイエットは健康的な生活を送ることと比例するような気がします。

---

A: 僕の場合ですが、夜どうしても遅くなるじゃないですか。 そのときは、茶碗のご飯(米)をキャベツの千切りに変更しています。 デンプンを取らない=糖の摂取を抑えれる といった感じで実践しています^^

---

B: 夜のご飯(米)をキャベツ!うん頑張ってみようかな(^^ゞ でももともと、夜はビール+おかずって言う日がほとんど。早く帰ったら、それだけ酒量が増えるから、寝るまで飲んでるこの生活自体を変えなきゃっては思うのですが・・・変えたいって強く思うことが出来るまで、Aさんのアドバイスなんども読み返さなきゃなって思う、今日この頃です。

---

 

 

 

 

 

Ran's Pick

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>