劇団 月とスカレッタ

劇団 月とスカレッタ

2019年に発足
2022年に旗揚げ公演を目指す
劇団 月とスカレッタ
劇団公式Blog
小西優司 岩崎友香 千葉滋 中西彩乃 渋谷結香
葵ミサ 額田礼子 高村賢 相楽信頼

劇団 月とスカレッタの活動を、メンバーの出演情報などを随時更新します。
主宰は小西優司、副主宰は岩崎友香

2020年12月8日(火曜日)~13日(日曜日)
千歳船橋APOCシアターにて
試演会シリーズ② 『執事たちの沈黙 ~勿忘草の約束~』を上演!
スカレッティーナ演劇研究所です


1月15日〜17日で予定していました
東中野RAFTでの公演
『フェリエラーの盾』
に関してお知らせいたします


年末からの新型コロナの感染拡大と
緊急事態宣言の発出を鑑みて
公演を延期します


劇場やイベントは対象外とのことですが
都は20時以降の外出自粛を掲げていて
その中で
19:30開演の公演は果たして
ガイドラインの中に社会団体として貢献しているか
感染拡大を抑制して主催しているか
我々としても疑問だという結論に達したからです

楽しみにしてくださっていたお客様
ご予約頂いてるお客様には
大変申し訳ありませんが今回は延期致します
何卒御理解頂けますよう宜しくお願いします
ご予約を頂いてますお客様については
担当者ならびに研究所より
メールにてご案内致します

また、延期の日程については
2021年4月16日(金)〜18日(日)を予定しています
予約サイトが立ち上がりましたら発表します
今しばらくお待ちください

感染予防の徹底をして上演する
注意喚起し、除菌、消毒して上演する
マスクのお願い、検温のお願い
全て、なんとかここまで半年はやってきましたが
一週間の感染者が一万人に届くような週の上演は
誰にとっても安心安全でない
という判断のもと今回の決定に至りました

本当に本当に申し訳ありませんが
重ね重ねで恐縮ですが
御理解頂けますよう宜しくお願い申し上げます

また
この時期に対策して上演される全ての団体の皆様
本当に応援してます、頑張って下さい
僕らがこれまでやってきた対策やお客様への思いは
きっと同じだろうと思います
今回たまたま延期を決定しましたが
様の公演が無事に始まり
無事に終わることを心からお祈りしています



スカレッティーナ演劇研究所
小西優司

主宰の小西です。

 

 

 

今年も残りわずかとなりましたね。

複雑な一年でした。

 

僕個人としては演劇で生計を立ててるわけで、作品をリリースしないということは生活できないということです。たまたま、僕はオファーされて生きてるわけでなく自分で仕事と作品を創って生きているおかげで、なんとか精神的にも腐ることなく今年を過ごすことが出来たかなと思っています。

 

もちろん、そこには家族の支えがあり、一緒にこの困難に向かってくれたという心強さがありました。

今年、変革したかったことのほとんどは、全く手つかずで、生きていくので精一杯でした。

 

来年はそこも含めて何とかしたいなと思っています。

今年起きたことはきっと多くの物を変えてしまうでしょうけど、その一方で今年を経過しても変わることのないものにも出会えたと思います。

 

 

さて、今年は本当にお世話になりました。

来年になったからってまるっと全部は変わらないし、捨てられないものも、捨てたくなるものへの予想もなかなか立たないですけど、来年も僕は僕であろうと思います。

 

 

44歳。うむ。

そろそろ目に見えた結果が必要になるなぁと思います。

そろそろ僕にうんざりする人も出てくるだろうなぁとも思います。

そろそろ本当になりたい自分にエゴイスティックにでもなろうとした方がいいなぁとも。

人生、一回ですからね。

僕らのいる世界は、今日出来なかったことが明日には急にできるようになったりする世界じゃないので、だからこそ、日々、どうなりたいかを真剣に考えてストイックなんて当たり前で、それでいて世の中の仕組みや、在り方や、マーケティングに明るくなくてはいけないのだといつも思います。知らなかったでは済まされないのだと思います。

 

コロナの勉強、めっちゃしましたよ。衛生面での工夫と勉強もめっちゃしました。

そこは評価されても意味ないんですけど、そこを通過しないといけない世の中になったんです。

もっと、大胆で繊細な作品を創りたかったし、お客様にかぶりつきで観て欲しかったけど、それ以上に安全で安心に運営できるロールモデルになりたかった。

そういう一年でした。

 

応援してくださったり、温かな言葉をかけて下さったお客様、本当にありがとうございました。

このご恩に報いるためにも、来年から何年かかけて、変わらなきゃいけないなと思います。

 

 

あー

長くなった。

 

 

来年もよろしくお願いします。

僕だけじゃなく、劇団のみんなの活動も、ユニットも、研究所も、そこを卒業して活躍しようとするたくさんの僕の教え子たちも、よろしくお願いします。

 

 

明日は師匠の誕生日なんです。

亡くなって12年です。

なんかね、大みそかはよく思い出すんですよ。

年始によく2人で箱根駅伝みたなぁって。ほんとは二回くらいなんですけど(笑)

全ての人の期待のも応えられるわけないし、全員を裏切れるわけでもない。

そういう年齢になった僕の今後を見ててください、色んなとこから、色んな風に。

 

 

 

では、よいお年をお迎えください。

 

 

 

 


 

 

次回、共同公演(朗読)の詳細をお知らせします

共同公演
『フェリエラーの盾』
作・演出 小西優司
脚色・台本 小西優司
音楽 仲条幸一

2021年
1月15〜17日(金〜日)@東中野RAFT
𝕯𝖚𝖊 & 𝓛𝓪 𝓼𝓬𝓪𝓵𝓪共同公演
Due 左から小西、相楽
La scala 左から三浦、子安、川合、竹田

【あらすじ】

大海に浮かぶ孤島シーペルムには100年もの間、戦争がなかった。それはもちろん隣国との間にはエイラ海という大きな海が存在し、船を使っても50日は航海しなければ辿り着けないからだ。ところが、まさに今、100年の沈黙を破って隣国セージリアが戦争を仕掛けて来るという。

国内は未曾有の危機に天地をひっくり返すほどに大騒ぎとなり、長きにわたって整備されなかった軍は戦いのあり方すら忘れていた。

そこに現れたのがシーペルムの賢者の中でも尊敬を集めるガーライドだった。彼は「フェリエラーの盾を見つければすぐさま戦争は終わる」と言い残して死んだ。賢者の言葉と迫り来る敵軍、フェリエラーの盾とその伝説を紐解くため王に選ばれた精鋭は旅に出るが


【日程】
15日
16:30〜17:30 
A 川合、子安、竹田、小西 

19:30〜20:30 
B 三浦、川合、子安、相楽 

16日
13:30〜14:30 
A 川合、子安、竹田、小西

16:30〜17:30 
B 三浦、川合、子安、相楽 

19:30〜20:30 
C 竹田、三浦、小西、相楽

17日
13:30〜14:30 
C 竹田、三浦、小西、相楽

16:30〜17:30 
全員 川合、子安、竹田、三浦、小西、相楽

【チケット】
前売¥3300
当日¥3500
*全席自由18席のみ
*上演時間は60分

【ご予約】


【販売】
¥1500
*過去公演のものも販売しています

【出演者の組み合わせ】
【A】川合、子安、竹田、小西 
【B】三浦、川合、子安、相楽 
【C】竹田、三浦、小西、相楽
【全員】
の四種類となっております。
お好きな出演者の回をご予約下さい。