哀愁のヨーロッパ/サンタナ 

<音楽が流れます、音量に注意>

 

 

盛岡の街を歩いていて、ふと見上げた空。

 

 

秋の空高く、横切る電線の数々。

一本一本に役割がある。

しばらく腕を組んで見上げていた。

通りすがりのご婦人も空を向く。

若い女性は、こちらを見ないようにして急ぎ足。

これ以上見ている図太さもない。

歩き出した。

たぶん昭和の頃から、こんな感じの空なんだろう。

 

 

だらりとした黒い曲線の中を一瞬で、

遥かな距離を走り回る電流。

電波が空から飛んでくる時代。

もし、目に見えたなら、

隙間なく空を行き交っているのかもしれない。

デジタルを支える黒い曲線。

 

考えているうちにランチの約束の時間。

 

 

急ぎ、待ち合わせのホットライン肴町の入口へ。

 

先に着いたらしく手を挙げている。

「遅くなりました。」

「いや、まだ5分前です。」

笑いながら横断歩道を渡り、

向かいの小さなビルの地下へ誘った。

一段、下りるごと昭和の世界へ。

 

 

昔は何軒か入っていたが、

その後、長い間「えぞっこ」だけだった。

ようやく向かいにも出店したようだ。

少し、明るくなった気がする。

 

 

入るなり、元気な親方の声。

「オッ!いらっしゃい」

天井からアクリル板が吊るされている。

テーブルに置かれるタイプが多いが、

不思議とこれは違和感がない。

水をテーブルに置きながら、親方の決まり文句。

「なんにしやすか?」

モヤシラーメンを頼むと向かいは焼きそば。

すぐに、中華鍋が鋳物のガスコンロにぶつかる音。

「ガタゴト、ゴトゴト」

いいリズムの中、資料を渡し、軽く打合せ。

 

来た来た「モヤシラーメン」

餡かけが優しく麺を覆う。

綺麗だ。

 

 

熱々で、ふうふう。

とろみがいい感じに太麺に絡む。

シャキシャキのモヤシの歯ごたえ。

濃い目に見える汁に、

とろみが溶け込むといい具合になる。

美味しい!

 

 

向かいの彼は「お~!」と言い、箸を割る。

山になっている焼きそばは、これで普通もり。

 

 

一度蒸した細い麺は、モチモチとしているはずだ。

あっさりとしているが、

箸が止まらなくなるだろう。

美味しそうに顎を上げては頷いている。

少し食べたい。

彼は、そんなに量を食べないはずだ。

途中で、

「少し、手伝いません?」

「はい!!」

小さな皿に分けてもらった。

美味しい、嬉しい。

 

 

早くて、たっぷり。

美味しくてリーズナブル。

この4つを兼ね備えた中華を黙々と一気に食べる。

満足してテーブルの水を飲み干し、ぱっと立って会計。

職場に戻る前に本屋、銀行などへ寄ったり、散歩したり。

サラリーマン時代には、なくてはならない「まち中華」だった。

 

階段を上ると令和の街。

軽く、手を挙げて別れた。

何か話し忘れた気がする。

しばらく歩いて思い出した。

青空の電線の写真を見せて、

デジタルだって黒い電線があって使えるのだ、なんて話を。

まあ、たわいもない話。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へにほんブログ村

にほんブログ村 スイーツブログへにほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへにほんブログ村

美味しいものなんでも大好きグルメなコミュ グルメブログ・テーマ
美味しいものなんでも大好きグルメなコミュ