<音楽が出ます、音量に注意>

 

 

 

 

11月のある日、

快晴の昼下がり、「愛宕下」に行った。

2度目だ。

初めての時は、桜が咲き出した頃。

満開の桜を見逃した。

今度は、紅葉を狙った。

 

別の路もあるのだが、盛岡グランドホテルに向かって坂を上る。

回り込むようにして進むと急で細い道となり、少し下る。

 

11月ともなると坂を見れば、北国育ちの私は真冬を想ってしまう。

 

さて、私にとって、隠れ家的なカフェ「愛宕下」

 

その日の陽射しは柔らかく、伸びをしたくなった。

「そろそろ、冷えてきませんか?」

とオーナーが気遣ってくれたが、傾いた陽射しを浴びるとまだ、心地良い。

 

 

 

急傾斜にあることも、

明日の予定も忘れて、ゆったりと時間の流れに身を任せて。

「これって贅沢だなあ~」

と一人、頷く。

 

 

そうそう、あとは美味しい珈琲とスィーツが必要条件。

お任せのケーキはチョコレートケーキだった。

 

 

 

まだ緑の残る芝の先に見える盛岡の街。

 

 

 

 

 

 

 

 

籐の椅子に、切株の小さなテーブル。

そして、珈琲に映る樹の枝。

 

60年の時を超えて蘇った建物は小さなギャラリーやイベントにも。

詳しく教えてもらったのに、のんびり気分で皆さんに伝えれる正確性がない(笑)

ここは、いつか経緯から、オーナーのコンセプトやらをじっくりと紹介したい。

 

ただ、一つ「何もしないということ」の言葉はしっかり残っている。

 

今日は、「絵画の様な光景」と「美味しい」で満足。

 

 

 

 

 

「冷えてきませんか?」

と声をかけられた。

だいぶ陽も傾き、少し指先が冷っとしている。

履いていた下駄を置いて中へ。

下駄まで用意したり、細かな処にも心憎い気遣い。

その心も存分に味わった。

 

 

 

 

 

 

冬は暖炉だろうか、素敵だなぁ~

ここがお気に入りの人も多いのも頷ける。

 

 

 

 

 

外は、もう薄暗がり、ゆっくりさせていただいた。

 

 

 

帰り道、坂を下りながら、冬の営業時間が変るのも仕方ないなぁ~ なんて想いつつ、

ゆっくりした後に、どこかへ出かけたくなる自分がいた。

8月以来、病んでいたこともあり、久し振りにそんな気分になってきた。

 

冬も営業している日時を調べて、晴れた日に来てみようと想った。

白と黒の世界で、また別の佇まいの中で、違う時間の流れがありそうだ。

 

 

 

 

time & space 「愛宕下」

 

〇 午前11時から午後6時までで休日は、木・金曜日

※ 1月から3月は、営業時間が変ります。ご注意を

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
にほんブログ村 にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村