I Left My Heart In San Francisco   Beegie Adair

<音楽が流れます、音量に注意>

 

 

陽がさして心地良い日。

打合せを兼ねたランチに出かけた。

岩手県庁と盛岡城址の桜山神社に挟まれた一角。

東西を堀の跡の池にも囲まれる。

盛岡の人は「桜山」と呼ぶ。

 

 

 

 

 

 

幾つかの路地があり、昭和の雰囲気が色濃く残る街。

 

 

待合わせの人は先に来ていて「猫がいますよ」と指差す。

猫の家族がいた。

 

 

まだ片手にのりそうな子猫たち。

 

 

 

 

見ていると、模様や顔つきもそれぞれに個性がある。

 

 

動きの一つひとつが愛らしい。

カメラのレンズを望遠に変え、

遠巻きに小さな命を見ていた。

母の周りで無邪気に遊ぶ。

見ていて飽きない。

 

 

お母さんは疲れ気味の様だ。

立って戯れる猫ちゃんをほかの二匹が見ている。

 

 

しばらくしてその場を離れ、桜山の路地へ。

 

 

 

 

あさぬま商店参道店の看板の下に「稲庭うどんの店」。

172に〇でイナニワ。

なるほど。

ここに決めた。

 

 

中に入り、話しを聞くと、8月8日に開店。

平日のランチだけの営業で夕方からは、あさぬま商店参道店。

岩手の方に、もっと秋田名産の稲庭うどんを食べて欲しい。

そんな思いで始めたと語る秋田出身の高堰さん。

 

 

一緒の方は、あんかけの稲庭うどん。

 

 

 

 

食べ始めると「野菜たっぷりで、美味しい!」と言った。

彩りもいい。

北国盛岡は、いよいよあんかけの美味しい季節。

 

 

私は鶏の稲庭うどんでおにぎりつき。

 

 

好みの組み合わせ。

 

 

 

 

 

 

稲庭うどんのコシと喉越しを楽しむ。

年に何度か秋田まで食べに行く。

桜山で食べられるのは嬉しい。

鶏がたくさん入っていた。

スープはあっさりと仕上げている。

うどんをすくうと、ほんのりごま油のいい香り。

優しい味とはこのこと。

 

 

リピート間違いなし。

 

食べ終え、一緒の方から資料を受け取り別れた。

来た道を戻ると、まだ一家がいた。

 

 

蟻と戯れる子猫。

地べたを抑える足、じゃなくて可愛らしい手。

 

 

母親の所に集まってきた。

だんだん胸が熱くなる。

色々なことを思った。

地球では人間同士の戦いが絶えない。

独裁者の目に子猫たちはどう映るんだろう。

 

 

おや、母乳なのか、お昼寝なのだろうか?

安心しきった子猫たち。

母親だけは厳しい目つきで辺りを警戒。

近寄ると立ち上がりそうだ。

 

 

飼い主がいるのだろうか?

そうでなければ無事に保護されることを願うばかり。

盛岡は保護活動が盛んで、

重い病気の猫以外は殺処分ゼロの街。

「殺処分」と言う言葉が死語になるが来ればいい。

 

毎日癒されている我が家の猫君に、

おやつを買って帰らねば。

 

 

アサヌマショウテン参道店内

 〒020-0023 岩手県盛岡市内丸5−6

通称「桜山」の一角にあります。

営業時間 11時〜14時

定休日 土、日、祝日

スープがなくなりしだい終了。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へにほんブログ村

にほんブログ村 スイーツブログへにほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへにほんブログ村

美味しいものなんでも大好きグルメなコミュ グルメブログ・テーマ
美味しいものなんでも大好きグルメなコミュ