"Spartacus" Love Theme - Nardis - Bill Evans Solo

<音楽が流れます、音量に注意>

 

 

 

先月に行ったばかりの「はすの屋」

連日の猛暑が続く盛岡。

「冷たい支那麺」を食べに向かった。

 

 

カウンターに座り両手を差し出す。

奥さんが「いらっしゃいませ」と言いながらシュッシュッ。

両手を擦りながら「冷たい支那麺で」と言った。

予告通り来ましたね、という感じに微笑みながら厨房へ。

 

「冷たい支那麺」

 

顔を近づける。

出汁の匂いもない。

 

 

スープをひと口。

 

 

冷たい!

温かい支那麺より深いコク。

続いて麺。

ん?

食感が違う。

ツルツルでシコシコの麺。

「違う麺ですか?」と言うと。

マスク越しに奥さんは、

「洗いが違うんです、回数を多くしてます、どうでしょう?」

「なるほど、夏仕様は違うんですね。スープもたぶん飲み干すと思います。」

微笑む奥さん。

 

 

チャーシューも違っていた。

ホロホロに箸で崩れない。

全く温かい麺の物とは違う。

肉の匂いもなく、固く締まっている感じ。

これも味わい深い。

「夏にピッタリ!とても美味しい!」

 

 

チャーシューの混ぜご飯は、同じ。

 

 

「このメニューは通年でしたっけ?」

奥さんが笑う。

「いつも、支那麺ですものね~」

 

四季を通じ、冷たい方ばかり食べに来る人も。

「分かる気がするなあ~」

すると、すかさず奥さん。

「やっぱり、暑い夏に食べて欲しいんです。」

 

 

次に来たお客さん達は、温かい「支那麺」を食べていた。

 

 

「美味しかったです!」と席を立った。

「とても励みになります。もっと頑張ります。」

「そうだ、散歩の途中に会った時に撮ったワンちゃんの写真、今度持ってきます。」

「わぁ!楽しみにしてます。」

 

 

<その時のワンちゃん・奥さんの「お座り!」で座ってカメラ目線(笑)>

 

写真を持って来た時、どっちを食べようか?

迷う楽しみは幸せだ~

 

<はすの屋の温かい支那麺>

 

透きとおったスープ。

あっさりなのに深いコク。

 

 

チャーシューは、箸で軽く千切れるほど柔らかい。

 

 

 

 

通い続けて、ほぼ二十年。

開店早々から来ていて、初の「冷たい支那麺」

あれ?

いつから始めたのかを聞き忘れた。

夫婦で全国から煮干し、醤油などを取り寄せ二人の味を追い求めた。

ようやく開店した年、平泉中尊寺の古代ハスが八世紀を経て種から復活した。

そして、「はすの屋」と名付けた。

今は、奥さんひとりだが、味は、まだまだ進化している。

4時まで開いているので、昼ご飯を逃しそうになった時などありがたい。

濃紺の大きな暖簾が営業中の印。

今日も満足のランチ。

 

 

 

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へにほんブログ村

にほんブログ村 スイーツブログへにほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへにほんブログ村

美味しいものなんでも大好きグルメなコミュ グルメブログ・テーマ
美味しいものなんでも大好きグルメなコミュ

PVアクセスランキング にほんブログ村