<音楽が出ます、音量に注意>

 

 

花巻市の棚田のてっぺんにある白い一軒家、

「粉ひきのゴーシュ」

記憶を辿ってみたら3年振り。

「そうそう、午後2時頃には売り切れてしまうんだった。」

 

<パン屋「粉ひきのゴーシュ」>

 

 

 

ちょうどオーナーが玄関の傍にいた。

「カフェは閉めてて、パンだけですが」

大きく頷いて中へ。

ランチタイムに着いたがカフェは、一時的に閉めていた

 

 

紅いドアが迎える。

初めて来た時、

ドアの中が想像できず、ワクワクだった。

 

 

パンの種類も多い店だ。

まだ、少し残っていた。

「すいません、これだけになってました」

と言いながら、りんごジュースを出してくれた奥さん。

 

今日は入れないが、カフェの北の窓からは一面の緑。

 

 

西の窓からは、陽射しと田園風景。

しだいに蘇る三年前の夏。

窓際に座り、緑を眺めながらのランチだった。

光と風と美味しいパン、

そして気さくなオーナー夫妻。

記憶が動画の様に動き出す。

 

 

 

パンを買い込んで、盛岡へ

「あっ!」

だいぶ走ってから気がついた。

また、店の名の「ゴーシュ」の由来を聞き忘れた。

次回の楽しみにしよう。

 

 

<宮沢賢治の「セロ弾きのゴーシュ」のあらすじ>

町の楽団で、セロ(チェロ)を弾いていたゴーシュ。

音楽会に向け「第6交響曲」の練習中だが、

楽長から叱られてばかり。

そんな時、カッコウなどの動物たちから毎夜、演奏をせがまれる。

カッコウとの反復練習、タヌキから学んだ楽器のこと、

ネズミの母親からのアドバイス。

おかげで、音楽会は大成功。

アンコールに楽長が指名したのはゴーシュだった。

ゴーシュは、動物たちのことを想いながら、

「印度の虎狩り」という曲を夢中で弾いた。

そして、楽長や団員などからも賞賛を浴びた。

 

この作品は、賢治が亡くなった翌年に発表された。

 

 

<ゴーシュのパン>

 

「パンドゥミー」

「全粒粉バターロール」

「お塩のパン」に「レモンのパン」も買った。

ほのかに甘いパンや丁度いい塩味のパン。

一つ一つ、香りがよく、口の中で弾む。

どれも噛むのが楽しい。

 

 

素材にこだわり、

オーナー夫妻の身体に優しいパン作り。

三年振りのパンは、変わらず美味しかった。

 

 

 

今日は、お墓参りで花巻に行ってきた。

お墓のそばに桔梗が咲いていた。

萎む花あり、

これぞとばかりに咲き誇る紫あり。

蕾あり。

父や母、色んな顔を想い出す。

今は、樺で迎え火を焚くこともない。

盛岡の古い街並みで続く、

迎え火を見に行ってみよう。

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
にほんブログ村 にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村