<音楽が出ます、音量に注意 >

「星の涙 月の祈り」 bluehairs フルin はなまき☆星巡りの夜」

 

 

 

昨晩の呑み会の後、とぼとぼ歩き。

雪が降り続きモノトーンの世界は、少し切なくも静かで美しい。

もう4月になるというのに盛岡は、積もる雪。

身を斬るような冷たい空気の中を歩いたせいか、家に帰ると酔いが醒めてしまった。

眠れない夜の続きにせまる夜明けの気配。

 

そんな時間に、この曲はピタリとはまった。

聴きながら、先日、

花巻に住み、本の編集や街の広報に携わる人とを想い出した。

会った日は、東京から帰ったばかりだった。

「東京へ持って行く花巻のお土産って、なんですか?」と聞いてみた。

 

 

 

 

「先日、花巻の土産は、ドレッシングにしました」

「・・・・えっ?」

「野菜で作った無添加のドレッシングです」と彼は、ニヤリ。

 

帰る時、彼の事務所の庭で中くらいの春を見つけた。

<しかし、翌日から雪>

 

その後、マルカンデパートに。

 

 

<マルカンデパート名物 有名な「ソフトクリーム」>

 

マルカンの1階にあると聞いていた。

 

見るからに美味しそうなドレッシング!

「なるほど、彼と仕事してみたい」と思った。

 

 

 

 

 

 

少し時間があり、ちよっとだけ寄った。

<宮沢賢治の故郷「花巻」 旧橋本家別邸の綺麗な窓>

 

宮沢賢治の設計したそのままに残る花壇。

花壇を仕切るレンガも当時のまま。

復元した花壇はあるが、そのまま残っているのは他に知らない。

<旧橋本家別邸の庭園内の花壇>

 

 

 

 

曲を聴きながら珈琲を淹れた。

MILKをたっぷりと。

銀河鉄道をモチーフにした人生の再生がテーマの「星の涙 月の祈り」

何度もリピートする。

「いいね~花巻」と独り言。

窓の外は、止まない雪。

後、もう少しで新元号が発表される。

昭和に生まれ、過行く平成、そして新しい年号ではどんな暮らしがあるのだろう。

そう言えば、誰かが言っていた。

 

誕生日や記念日はあるが、時間は、関係なく刻まれ流れていく。

「それは真理だなあ」とまた夜明けの独り言。