定休日をいただいていております。
今日は、久しぶりに頭を使う予定があまりなく、打ち合わせの準備もおわっていて、気分の軽い朝でした。
 
なぜか4時半に起きてしまったので、一碧湖に行ってきました。

鴨。
新緑が良い季節です。
 
ニュースを聞きながら散歩しました。
緊急事態宣言の解除等々聞いていました。
未知のことが多いので、いろいろなことに「大きな予防線」を張りながらの判断だと思うのですが、聞いていて違和感も多かったです。
今回のいろいろなことを、共有の「糧」として、良いことも悪いことも反省し、検証し、今後起きうる数多の事象に役立ててもらいたいなと思いました。
 
県でくくることに合理性はあるのか。
 
県境の人たちや、2拠点暮らしをしている皆さん。
我々のような流入地域には、不合理なことが多かったように感じます。
車のナンバープレートに、今後、地域名を入れる必要があるのでしょうか。
テクノロジーの良い点を活用することを容認する世の中になってもらえたらなと思います。
政治な発言は慎むようにしておりますが、今日はちょっとだけ失礼いたしました。
 
 
毎年ご好評をいただいている、「フキのアグロドルチェ」です。
甘酸っぱく煮たフキ。
苦みと甘さで、「口直し」。
毎年、信州の母が送ってくれる下処理済みのフキだけで作っていましたが、今年は顧客のYさんにフキをいただいたので、僕も下処理にチャレンジ。
「茹でて」「1本スジを剥く」までしましたが、軽くギブアップ!
接客や調理補助の合間に、アルバイトスタッフのQちゃんに剥いてもらいました。
 
Yさんにルバーブもいただいたのでジャムにしました。
一晩砂糖をまぶしたので、ルバーブからたくさんの水分が出てきました。
その水分で火にかけてジャムに。
甘さと酸味が心地よい!
上手にできたと自負しております。
 
今年は、タケノコやワラビを使う季節が空白みたいになってしまいましたが、フキもルバーブのおかげで、山菜シーズンの最後を楽しませてもらえた感じがしています。
 
時間がゆっくり流れているように感じています。
経営者としてそれで良いのかと思う反面、そういうことを含めて新たな日常なのかなとも思っています。
いずれにせよ、小さな店なので、柔らかく、世に添いながら、日々店を開け、お迎えしていきたいと思います。
 
K子さんと約束した、夕飯に出かける予定の時間をだいぶオーバーしてしまいました。
「ね~。まだなの?」と、階下から大きな声が聞こえてきたので・・・。
 
 
伊豆高原の雰囲気が伝わるようなブログを時々発信できたらと思っています。
 
テイクアウトや宅配便サービス(リピーター様向け)を行っていますが、基本は「通常営業しています」です。
心穏やかな平常が訪れますように。