癒しという名の洗脳。〜「ありのまま」を嫌悪しろ〜 | あ、モテる方法:大人の恋愛心理戦略〜モテの流儀〜

あ、モテる方法:大人の恋愛心理戦略〜モテの流儀〜

「あの人から好かれたい。」相手の心を揺さぶる人なら誰もが知っている潜在意識のお作法で、好きな人からモテるようになる「恋愛心理ストラテジー」。心理・催眠・NLP・コールドリーディング…すべてはモテるためである。


テーマ:
こんばんは。黒影@恋愛戦略家です。

自分は…周りが期待する以上の期待を、自分にかけているだろうか?

自分がそれをしないで誰がするんだ?

「ありのままでいいんだよ…」

自称セラピストやカウンセラーのホームページに行くと、ふわふわとした柔らかいイメージの写真やイラストに飾られて、心に染みる優しい言葉が踊っている。

「今のままの自分でいいんだよ」
「ありのままの自分を大事にしなさい」

そんな優しい言葉に癒されて、まるで心が洗われるよう…。

そう、オレは今のままでいいんだ。私はありのままの自分でいいんだ…。

ちょっと待て。
キミは本当にそれでいいのか?

そんな生ぬるい、耳ざわりのいい言葉に耳をふさげ!

ありのままなんて嫌悪しろ。


photo by Billy Rowlinson

「今のままでいい」「ありのままでいい」なんて、甘く耳ざわりのいい、まやかしの言葉を嫌悪しろ!

「癒し」なんて、外の世界に求めるな。そこにあるのは麻薬と同じ。

「ありのまま」という優しい毒に侵されて、いつの間にかそれがクセになり、それがなければ生きていけなくなって、そしてさらに、それに気づくことさえもできなくなってしまう。

「ボクはダメなんです…」「私は…苦しいんです」

「うんうん。君は…頑張らなくていいんだ。ありのままでいいんだよ」

…って、いいわけないだろっ!

今の自分がイヤだから、ありのままじゃ満たされないから、変わりたいのに変われないから…今もがき苦しんでいるんだ。

世の中に雨後の筍のごとく溢れるクソみたいな「エセ」セラピストや「エセ」カウンセラーたちは…しょせん高みの見物。

自分はまったく関係ない安全な場所にいて、高みの見物よろしく、優しい言葉で、甘い言葉でキミたちを「今のまま」に縛りつけようとする。

だって、自分は安全な場所にいて、優しい「癒しの言葉」をかけるほうが「いい人」になれるし、一緒に苦しむよりも楽なんだから。

彼らは本当のことを言ってはいない。

成長するには「今のままじゃダメ」だということを。

誰かや何か…自分以外のものに癒しを求めるのは、自分の人生から逃げることだ。

だから、本当にキミを癒せるのは、他の誰でもない、あなた自身なんだ。

今ある、心地良い領域(コンフォートゾーン)を越えて、さらにそれを広げようとするとき…つまり、今までとは違う何かをしようとしたときに、違和感や不安、苦しみを感じる。そして、それを感じた時こそ、実は自分が成長している証拠。

本当の癒しは、今のダメな自分に向き合って、それをもがき苦しみながらも自らの力で乗り越えたときに、始めて手に入れることができるんだ。

「今のままでいい」「ありのままでいい」

世の中の風潮に流されて、そんなふうに思っているのならば、立ち止まってもう一度自分に問いかけろ。

「自分は『本当に』今のまま、ありのままでいいのか?」

黒岩@メンタルコーチ/恋愛戦略家(黒岩弘幸)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス