サンパウロ駐在 3人と1匹→その後武蔵小杉生活
  • 13Oct
    • アシェット成城(2回目)

      フレンチレストラン アシエット7月に初めて訪れています。その時のブログはこちらhttps://ameblo.jp/lovemighty/entry-12391193906.html今日は9名での会食に使わせていただきました。アミューズはエスカルゴとクリームソースが入ったシューコースは各々で注文できましたが、予約の際に前菜だけは事前に決めていただけると助かるとのことでしたので、シーフードをお願いしておきました。6種海の幸と野菜のオードブル盛り合わせ シンプルランチ(\2,500 前菜、メイン料理(お魚またはお肉料理)、デザート)が1人 Aランチ (\3,000シンプルランチにスープ付き)が5人 Cランチ (\4,500メインがお魚お肉両方)が3人お料理の数が違ってもタイミングよくサーブしてくださいます。コンソメスープ魚介のスープ鴨ムネ肉のエギュイエット、オレンジソース鴨モモ肉のコンフィー、マスタード添え牛フィレ肉のグリエ、赤ワインソース和牛舌のグリエ、ブリビッシュソースオマール海老のグリエ(こちらは¥1,500増)本日の鮮魚 真鯛のソテー前回は牛タンにしましたので、今日は私はお魚を。質の良いオイルでカリカリにグリルされ皮まで美味しいです。このお店のお料理は素材が良いので味付けが濃くないのです。お肉やお魚だけでなくお野菜も味わいがあり素晴らしいと思います。くるみとバナナのケーキ アイスクリーム添え前回のデザートよりもこちらの方が私には好みでした。結構ボリュームありました。コーヒー/紅茶/ハーブティーと小菓子もつきます赤ワインもおいしかったです帰りは多摩川花火大会のための道路規制で大渋滞!例年19時からでしたが10月に開催日を移動した今年は18時からで丁度16時ころは花火に向かう人人人!でした。帰宅したのが17時半。河原まで家から自転車で10分なので私一人開始少し遅れて見に行きました。フィナーレを見れないのは惜しいですが寒いし混むので30分強観て20分前に帰りました。道が混まずすんなり帰れました🎶今年の新種もありましたし雨が降らず良かったですが(終了直後19時過ぎはパラパラとふりましたので)、やっぱり花火は夏がいいなー。ビール、枝豆、浴衣姿…暑いなー、蚊がいるなーとか言いながら見るのが好きです。

      2
      テーマ:
  • 12Oct
    • 江戸東京博物館

      10月11日木曜日 大学時代の友人4人で江戸東京博物館へ行きました。http://edo-tokyo-museum.or.jp/両国駅にありますが、JRとメトロそれぞれだったので、3階のエントランスで待ち合わせました。高床式の倉をイメージしたという建物です。3階でチケットを買ってエレベーターで6階へ行きます。ここが常設展示室の入り口です。1993年(平成5)に開館しましたが、今年2018年4月に半年の休館後の再オープンです。音声ガイドも11言語になり、展示案内板が設置されたりどんどん改善されているようです。入るとすぐに復元した日本橋(長さは半分)を渡るようになっています。その先は寛永時代の町人地や大名屋敷、幕末の江戸城御殿の縮尺模型。 字の展示だけでなく模型などがあるとどの年齢層にも見学しやすいですよね。金を多量に使った女乗り物この写真から分かると思いますが、博物館は吹き抜けの天井が高い造りになっていて、まるで万博のようです。(これはレプリカではありませんよ)5階では江戸のくらしが一層分かりやすく展示されています。外国の方は興味津々のようでした。東京ゾーン(明治・大正・昭和)もあります。私にはとっても嬉しかった団地の様子。小2まで団地に住んでいたのですべてこの通りで懐かしい!常設展のボランティアガイドさんがいらっしゃったり(予約可)、音声ガイドもあります。5階のショップだけでなく1階にミュージアムショップ、墨田区文化観光センター、7階には図書室と映像ライブラリーもあります。時間があればもっともっといろいろ学べます。今日は久しぶりに会った友人との会話の方が楽しくって、解説などを読むよりも目立った展示物を見て回ったくらいの見学になりましたのでう一度でも二度でも来たい場所だと思いました。8月7日から2カ月「東京150年」という特別企画展が開催されていて2日前に終わったので残念!でした。東京府が設置されて今年で150年なのです。でも常設展だけを適当に見るだけで2時間半かかりましたからもし期間中でも見るのは大変だったでしょう。メトロ大江戸線で4つ目の門前仲町へ出ました。深川不動堂の参道です。成田山新勝寺の東京別院なのですね(知らなかった(゚д゚))近為という漬物屋さん何軒か先はこのお漬物やさんの食堂「近為深川一号店」です。友人のお勧めで今日はここを楽しみにしていました。https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131303/13003005/お漬物がお代わり自由!お食事を注文するとお料理が運ばれるまでお漬物を出してくださいます。なくなると又すぐに持って来てくださいます。一つ一つ味が違って、同じお野菜でも切り方ひとつで味わいが違い、日本ならではと思います。袖こぼしがこのお店の一番人気とか。南瓜が想像していた味とは違い、まさに瓜!という感じで新鮮でした。うちで真似してみよう!出来るかな?銀鱈が売り切れということで残念でしたが、「黄金づけ二点盛合わせ定食」の鮭とさわらもとびきり美味しい。切り干し大根のお煮物、じゃこ山椒、お味噌汁もご飯も完璧!お魚に添えられているショウガのお漬物もこれまたおいしい(^^♪深川不動堂本堂がモダンなことに驚きました。開創310年記念事業として平成23年に建立された新しい本堂だそうです。平成23年4月までの旧本堂関東大震災と第二次世界大戦によりそれまでの本堂が焼失してしまったため、千葉県印旛沼のほとりにあった龍腹寺の地蔵堂を昭和26年に移築したそうです。すぐ右側の小道を進むとすぐに富岡八幡宮があります。ご本堂を背にして鳥居に向かって歩いて行くと、右側にはお神輿が祀られています。ダイアモンドが埋め込まれている立派なお神輿です。ガラス越しでうまく写真が撮れなかったので興味のある方はこのサイトをご参考ください。http://www.tomiokahachimangu.or.jp/htmls/maturih2.html左側には力士の碑があります。手が大きくてびっくりです!横綱力士碑明治33年、第12代横綱陣幕久五郎を発起人に歴代横綱を顕彰する碑が建立されました。初代明石志賀之助から67代武蔵丸関までの四股名が刻まれており、高さ3.5メートル、幅3メートル、重量20トン。新横綱誕生時には相撲協会立会いのもと刻名式がおこなわれ、新横綱の土俵入りが奉納されます。そしてまた右側には伊能忠敬の碑がありました。平成13年10月20日に建立されたとのことです。50歳を過ぎてから天文学・測量術を学んだ江戸時代の測量家。深川黒江町(現・門前仲町1丁目)に住み、測量旅行出発にあたっては必ず富岡八幡宮宮を参拝していたという事です。それからカフェと庭園を目指して清澄白河方面へ歩きました。週末には未だに行列が出来ているというブルーボトルコーヒーは混んでいませんでしたが、みんなお腹がいっぱいでカフェはやめました。ARISEという他のコーヒーショップにしようか?とかおいしそうなBrigelaというジェラート屋さんやTEAPONDという紅茶専門店などの店頭を眺めながらお散歩して、清澄庭園の通りまで出たらもう4時半すぎでした。今日はこれだけにして、達成しなかった庭園、カフェ、美味しいという和菓子屋さんやケーキ屋さんなどなどに行くのは次回ということで…今日の5人のうちの一人がもと清澄白河に住んでいて引越した今も江東区に住んでいます。5年前にブルーボトルコーヒーが出てからどんどんこのエリアがオシャレになってカフェ激戦地と言われるようになっているので、今回案内してもらったのです。とても詳しくこのエリアのことを書いているHPを見つけたので興味ある方はこちらをどうぞ。https://suumo.jp/article/oyakudachi/oyaku/sumai_nyumon/machi/kiyosumishirakawa150930/大学のクラブの同窓会は数年に一度開かれていますが、多勢だと話せる人が限られます。今日は5人でたっぷりお話しできました。まったく知らないエリアを土地に闌けている友人が案内してくれてとっても楽しい時間になりました🎶

      テーマ:
  • 10Oct
    • カンボジア 80歳の母との旅行その8(2日目 アブサラダンスショー、ラッキーモール)

      プレループで夕日を鑑賞した後はアプサラダンスショー付きの夕食へ。何軒か調べたのですが、ここが妥当と思い日本出発前にラッタ―さんに席の予約をお願いしていました。クーレン2レストラン KOULEN Ⅱ RESTAURANTラッタ―さんは一緒に入って予約の件を伝えて、席まで案内してくださってお別れしました。たった一日なのにとても親しくなれたような気がして、お別れが寂しく感じられましたこんなに広い店内で、予約してくださっていたのは特等席!最前列というか、他のテーブルとは独立したVIP席で恥ずかしいくらいでした💦バイキング 12ドルですが、ドリンクは別です。席に着くとドリンクのメニューを渡されます。食事はビュッフエなので、踊りが始まる前にきちんと取りに行っていないと残り少なくなりますし、踊りを楽しめません。ショーは19:30から約1時間で、私たちは18:30について食事をある程度すませていましたから途中で食事をとりに行かずショーに集中できました。、そのタイミングが良いと思います食事内容は大して良くないという口コミがありましたが、私たちにとっては短い滞在期間ですからカンボジア料理を種類多く体験できればOKですし、実際美味しいと思いました。カンボジア料理でないものも沢山あり妙なお寿司とかパスタやピザやフライドポテトもありましたから、低い口コミをされている方はビュッフェが残り少なくなって良いメニューをとれなかった方々ではないかしら?さて、ステージが始まります。最初は農民の伝統舞踊です。各踊りの前に英語での説明もアナウンスされます。英語が苦手な方は事前に勉強していくと踊りの意味まで分かって楽しめると思いますヨ。漁師の踊りやココナッツダンスは若いエネルギーがあって初々しくて良かったです。(実際の踊り子さんは年配の方もいらっしゃるけれどストーリーと仕草がね(笑)ここからが宮廷舞踊リアムケー伝説・・・ラーマー・ヤナの一場面。森の中をラーマ王とシータが歩くシーンです庶民の踊りとは違ってしっとりと優雅です特等席で、12ドルでは詐欺?と思えるほど堪能させていただきました!ただ、ダンスが終わってデザートをと思いましたら、ほとんど残っていませんでした。カンボジアのデザートはあまり好みではなさそうなので悔しくもないのですが、ビュッフェの際に色々試してみたいと思っていたので…。ほとんどがタピオカ、ココナッツミルク、もち米などとお砂糖で使った何だかレトロなスイーツでした。このレストランのほぼ正面にマーケットがあります。オールドマーケットなどの露店も行きたいですが、ビルのスーパーで都会に住むカンボジア人のくらしを垣間見たいと思っていました。ラッキーモール入り口の正面にスーパーがあります。(2Fにはバーガーなどの飲食、服飾があります)スーパーに売られている野菜や果物を見るだけでも日本との違いを感じたし、パッケージ売りされている肉や魚であっても参考になりました。かわいいパッケージに入った胡椒やクッキーを買いました。ホテルに戻り、カンボジアのお札を表裏写真に撮っておきました。母は疲れたのでホテルにいましたが、丁度泊まったホテルの正面に先月出来た(とラッタ―さんが言っていた)マーケットのネオンが綺麗だったので一人で行ってみました。タラアンコールホテル道を隔てて向かいに出来たマーケット広い空間でしたが、時間が遅いのでファッション系のお店はシャッターを下ろし始めていてバーだけがあいていました。5分ほどぐるっと回ってすぐに戻りました。長い一日でした!2日目なのにカンボジアのブログがその8とは!明日はベンメリアへ混載ツアーで行きます。

      テーマ:
  • 04Oct
    • カンボジア 80歳の母との旅行その7(2日目プレループでの夕日鑑賞)

      アンコールワットを見終えたのが16時近く、それから車で30分強でプレループへ行きました。距離としては短いのでもっと早く着くと思いましたが、渋滞時間がカンボジアにもあるのですね💦プレループへ行ったのは夕日の鑑賞のためです。混載ツアーではプノンバケンの夕日鑑賞となっており、そちらの方がより人気が高いのですが、小高い丘なので坂道を15分くらいは登らなければならないとのことで私たちはラッタ―さんにプレループをお願いしていました。アンコールトムの東に位置する東メボンの真南に建っているので、夕日とアンコールワットが同時に見られるスポットなのです。プレループ961年に、ラージェンドラヴァルマン王によって建てられました。ヒンドゥー教の寺院です。この王は首都をコー・ケーからアンコールに戻した王で、首都が戻って最初に作られた国家寺院がプレ・ループです。プレは「変化」、ループは「体」を意味します。境内で火葬をしていたことに由来しています。中央伽藍に死者を荼毘に付すために使っていた石槽があります。アンコールワットの第3廻廊の階段の凄さだけがうわさされていますが、私にはここの階段の方が怖かったです。幅が広くて一段の高さもあり、なんといっても手すりがありません💦ちょっとふらついて足を踏み外したらと思うとドキドキしました! 登った甲斐があり、上からの見晴らしが良いです。日没は18時ごろ。それまで1時間強待ちました。座れそうな石に座っていましたが、しばらくすると座る箇所はない位人が続々と集まってきました。退屈してぶらっと1周すると、平野と夕日が見渡せる一番人気のポイントには沢山の人がいました。三脚をたてたりカメラを構えたり、みんな同じほうを見つめています。きっと2,3時間前から陣取っていたのでしょうね。そしてついに夕日が沈み始め、あっという間に日没すると、皆何事もなかったかのようにバタバタと解散。こんなものかしら?という感想の人が多かったと思います。日の入りを見押さめるのが目的ですが、それよりも私には夕日自体の方が綺麗に思えました(笑)TUKTUKが沢山待ち構えています。それでは長い一日の観光の締めくくり、アブサラダンスショーの夕食へ向かいます。

      3
      テーマ:
  • 02Oct
    • 迎賓館赤坂離宮

      母と義姉と3人で迎賓館赤坂離宮へ行ってきました。平成28年(2016)4月から一般公開されるようになりました。ネットで予約したものの忙しかったり悪天候だったりでなかなか実現できず、やっと実現しました。そしてなんとこの2018年8月31日から19名以下の個人は事前予約が必要なくなりました。昨日は暑くもなく寒くもなく素晴らしい秋晴れで、お庭を見学するのに最高の日になりました迎賓館赤坂離宮  the State Guest House, Akasaka Palace事前にこの動画を見ておくと予備知識がつくのでおすすめです政府インターネットテレビ 迎賓館赤坂離宮一般公開ガイドhttps://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg13689.html 142本の黒松、樹齢200年スダジイが楽しみになりました。この動画中で分からなかったネオバロックとは:フランスでナポレオン3世の第二帝政の出現(1852)とそのパリ改造計画(1853‐70)を契機として起こったバロック建築様式の復興のこと。かつて紀州徳川家の江戸中屋敷があった場所に明治42年(1909)に東宮御所(皇太子の居所)として建設されました。昭和天皇や今生陛下が一時的に住まわれた以外東宮御所としてあまり使用されることなく、戦後、建物敷地共に国に移管され、国立図書館、内閣法制局、東京オリンピック組織委員会などに使用されていました。戦後十数年たち外国の賓客を国として接遇する施設の必要性が高まり、5年余りの歳月と108億円の経費をかけて改修が行われ、昭和49年(1974)に現在の迎賓館赤坂離宮が完成しました。平成21年(2009)に本館、正門、主庭噴水池などが国宝に指定されました。西門から入り、荷物チェックのあとチケットを買います。大人¥1,500ですが、8月31日(金)から10月6日(土)は、「花鳥の間」にある七宝焼きの特別展示「没後100年 渡辺省亭特別展」をしているので¥2,000。入館料が割高と思うので、パンフレットが立派で嬉しくなりました( *´艸`)。チケットを購入してすぐに前庭への入り口がありますが、ここは拝観後に出口へ向かう際必ず通ることになりますから、先に主庭へ。また、和室別館(事前予約要)を見学される方はこの主庭側からになります。噴水へ向かう右側には記念植樹があります。フォード大統領((1974)、エリザベス女王(1975)、ゴルバチョフ大統領(1991)本館を裏側から撮りました。目で見る方が素敵…写真だと納まらないですね💦関内は撮影禁止なので、パンフレットの写真を載せます。玄関ホール中央階段のイタリア産白色大理石、階段左右の壁面の鏡張りされたフランス産大理石が素敵でした!二階 大ホール8mの高さの天井はイタリア産大理石の8本のコリント式大円柱で支えられています。残念なことに「朝日の間」は天井絵画等の内装の改修工事のため、平成29年2月15日から約2年間閉室で見れませんでした。花鳥の間晩餐会が開かれるお部屋です。最大130名の席が設けられるそうです。木曽産のシメジ材で張り巡らされた内装で、他のお部屋より厳かで落ち着いた印象でした。間の名前は、天井の36枚の絵、欄間のゴブラン織り(タペストリー)、壁面に飾られた30枚の七宝、に花と鳥が描かれていることからです。特別展のパンフレットを頂きました。30枚の七宝は、日本画家 渡辺省亭(せいてい)の下絵を明治期の七宝焼きの天才 涛川惣助(なみかわそうすけ)が焼いたものです。北面には大食器棚があるので、それ以外の面に飾られています(東に8、南に6、西に16)。お花や鳥の細部までが見事に表現されていて驚きでした!それぞれのお花と鳥には何か関連性があるのでしょうか?ごくごく一般的な花の名前しか知らない私…鳥の漢字は難しいし種類の見分けはもっと難しい…その上英語名も書かれているので(?_?)となってしまいますが、とにかく作品の素晴らしさを感ればよしとしました💦「あなたのお気に入りの一枚を見つけてください」とありましたが、一枚には特定できないなあ。私は雀が一番好きなので題材として大きな鳥は選びにくい、そして色合いとバランスを気にしてしまうので以下の4点を。駒鳥に藤  Japanese Robin with Wisteria鶫に黄櫨・竜胆 (つぐみにはぜ・りんどう)  Thrush with Sumac,Gentian田鷸に薄・葦・吾木香 (たしぎにすすき・あし・われもこう)  Snipe with Silver Grass,Reeds,Great Burnet山翡翠・翡翠に柳 やませみ・かわせみにやなぎ  Kingfishers with Willow彩鸞(さいらん)の間来客が最初に案内される控えの間。「朝日の間」の工事中は首脳会談などにも使われます。また現在では調印式、国・公賓のテレビインタビューにも使われています。暖炉が部屋の左右にあり、それぞれのマントルピースと大鏡の上に鸞(らん)があるのがこのお部屋の名前の理由です。鸞は古代中国の想像上の鳥で、国が平和で栄えている時に現れるとされています。室内はアンピール様式で統一されています。アンピール様式は19世紀初頭のナポレオン1世を中心にフランスで流行した室内装飾,工芸,服飾の様式。ナポレオン帝政時代に最も盛んだったためアンピールempire(帝国)の名で呼ばれます。石膏金箔張りが施された鎧、兜、剣などの軍隊調モチーフで装飾されています。羽衣の間歓迎式典や晩さん会の招待客に食前酒をふるまう場として使われる、また演奏会が行われることもある。迎賓館赤坂離宮の中で最も大きなシャンデリア3基、オーケストラボックスで華やかな印象のお部屋でした。水色の天井画も心に残りました。日本の謡曲「羽衣」の「虚空に花ふり音楽聞こえ、霊香(れいきょう)四方に薫ず」という一節をフランス画家が描いたものです。主庭と本館の見学には1時間余りかかりました。HPには所要時間の目安は1時間から1時間半となっていますが、人それぞれでしょう。本館を正面から撮りました。写りが悪いのですが、正面玄関上の飾りの武者が和風です。その横には地球儀を取り囲む霊鳥。本館に背を向けて出口となる門しょう方面へ。この前庭も素晴らしいです。晴天で良かった門しょう (gate and fenceと英語のほうがわかりやすいですね)ベルサイユ宮殿などのフランス宮殿を倣って作られたことが一目で分かります。でももちろん中央上部は菊の紋章です。日常から離れた贅沢な気分を味わえました。今後国賓のニュースなどが放映された時に今までよりもぐっと身近に感じられそうです♪また3人の楽しい思い出が出来ました。

      1
      テーマ:
  • 28Sep
    • カンボジア 80歳の母との旅行 その6(2日目アンコールワット)

      2日目はタプローム寺院、アンコールトム、昼食のあとに アンコールワットへ行きました。アンコールワットは堀に囲まれているために橋を渡るのですが、修復中だったので浮き橋が作られていました。渡ってまっすぐ行けば正面は西門です。でも混んでいることと、斜めからの景色を見るためにラッタ―さんは右側を選択してくれました。(帰りは正門から)  5つの門←中央(王が通る)、両脇の2つ(兵士が通る)、ずっと端の2つの門(象などが通る)のうち、私たちは象の門から入ったのです(笑)。正面から見ると重なっているので塔が3つに見えますが、5つあります。斜めからも写真を撮る方がおすすめです。アンコールの遺跡群はほとんどが正面は東向きですが、アンコールワットは西になっています。理由は諸説あるようですが、ひとつにはスールヤヴァルマン二世が自分の墓地として創建したからだそうです。正面から陽が当たる綺麗な時をみるためにアンコールトムは午前、アンコールワットは午後に回ることをガイドブックが勧めているのはこの理由です。アンコールトムの南大門にもあったように、大概の門の前には蛇神(ナーガ)があります。アンコールトムのバイヨンと同じく、アンコールワットは宇宙を象徴しています。外側から第一回廊、第二回廊、第三回廊の三層構造になっていて中央祠堂が真ん中です。中央祠堂は世界の中心である須弥山(しゅみせん)を、周囲の回廊はヒマラヤ山脈を、周りの環濠は無限の大洋を表しています。須弥山は天界と人間界の交信の場、蛇神(ナーガ)は神と人間界を繋ぐ架け橋。 王は中央祠堂で死後に神と一体化し神王になると信じたのです。さあ、第一回廊に入ります。第一回廊は東西200m、南北180mあります!回廊の壁画はひとつの物語になっています西側 インド古代の叙事詩『マハーバーラタ』(王族同士の戦闘物語)と『ラーマーヤナ』(ラーマ王子と悪魔ラーヴァナとの戦い物語)が彫られています。南面スールヤヴァルマン二世軍と死後の世界を表した天国と地獄が彫られています。天国と地獄をあらわす場面では3段に分かれているものが多く、一番上の極楽、この世で体裁を受ける場面、下段の地獄となっています。残酷な罰を受ける描写が多くておそろしかった…鞭で打たれたり舌を抜かれたり針でせめられたり東面ヒンドゥー教の天地創世神話『乳海攪拌(にゅうかいかくはん)』、ヴィシュヌ神と阿修羅の戦いが彫られています。北面クリシュナ神と阿修羅の戦いと、アムリタ(不死になれる飲み物)を巡る神々の戦いが描かれています。アンコールワットを作った王様のスールヤヴァルマン2世タイの兵士たちさて、第二回廊へ第二回廊はさほど見るべきものはありません。連子窓そして有名な弟三回廊へ。急こう配+入場制限もある(同時に登れるのは100名まで)ので母は勿論のこと私もどうしようかなと思っていました。階段は角度70度、4階分の高さを登るそうですから。でも神と近づけると信じられてきた場所、それほど混んでいず5分と待たない事もあり登ることにしました!登ると思ったよりも高いです。今までいた第2回廊が小さく見えます。そして何よりも素晴らしかったのはこの眺め正面の西門から350mの参道が良く見えます降りる方が尚更怖いです💦80歳、頑張ったアンコールワットだけでも2300体くらいあると言われるデバターですが、女神と和訳されますが神ではありません。女官や踊り子(天女の舞をするアブサラダンスの)をモデルにしています。仲良く手を組んでいますが、これはアブサラダンスの仕草にあるからだそうです。鏡を持っていますね。アンコールワットに初めて来た外国人は実は日本人だそうです。1632年(江戸時代 寛永9年)に武士の森本一房が落書きを残しています。内容は、父母の菩提を弔う為に渡り仏像4体を奉納する、というようなことです。行きには通らなかった正面の門から出ました。すぐ脇には兵士の通る門があります。ずっとずっと向うに像などの通る門。振り返って最後の記念撮影です。正面からだとやはり搭が3つに見えますね(^_-)-☆4時過ぎだったでしょうか。まだ時間が早いのですが夕日鑑賞の為にプレループへ向かいました。

      テーマ:
  • 26Sep
    • 映画 あん 

      映画 あん ドリアン助川の小説「あん」を監督・河瀨直美が映画化。2015年の作品。http://www.an-movie.com/#top友人のメールの中に、「樹木希林さんが亡くなられましたが、最近の作品で良かったのは「あん」だった」とありました。それで何気なくNETFLIXで検索したらありました。わたしは「あん」を名前だと思っていたのですけれど、sweet beanという題名からやっと餡のことだとわかりました。今日観ました。永瀬正敏、樹木希林、内田伽羅 三人の演技が素晴らしかった。そして、一番感動したのは、このセリフ。私たちはこの世を見るために、聞くために、生まれてきた。この世は、ただそれだけを望んでいた。…だとすれば、何かになれなくても、私たちには生きる意味がある平凡で何をやっても極められない私。そんな私はおばさんになった今でも自分を認められない部分があります。このセリフに救われました。まだご覧になっていない方にはお勧めいたします。

      テーマ:
  • 25Sep
    • 歳とったね(>_<)

      日曜日は晴れて23-27度の良いお天気でした暑くもなく涼しくもなく、風もないので河原に行く絶好のチャンス!マイティーは河原のことをドッグランという言葉で覚えてしまっているので、「ドッグラン行こうか?」と聞くと大喜び。さて、河原につくといつもの恒例で「ラバートイを投げて!」とキャンキャン言いましたが、一度追っただけで草を食べ始めました。いつも草を食べますが、ある程度遊んでからなのに…しかも今日は芝刈りがしてあるのでそれほどサラダバー状態ではないのですが、道路端の植え込み付近に生えている雑草に夢中です💦その後4、5回長距離を走りましたが、もうそれで満足げ。昨年は若い頃のようではないにしてももっと走ったしラバートイの引っ張り合いで噛みついたまま離さなかったり体力がありました。今回は今までとは違うなー。この絶好の天候でそうなのですから、寒い日や風の強い日にはもう楽しまないかもしれません。帰ってシャンプーをしました。前回からちょうど1か月。体は汚れていないし体臭もしませんが、歯が気になります。毎夕食後にガーゼで拭いたり、2、3日に一度デンタルガムを与えたり、プラークアタックを塗布したりしていますが、歯ブラシを嫌がるので昨年あたりからかなり悪くなってきました。以前は拭けば割合と綺麗になっていましたが、おそらく上前歯の歯肉が赤く腫れて歯肉炎になり痛いのでしょう、一層ガーゼを嫌がるのでますます悪化。それはもう汚い色で、口臭も気になるようになってしまっています。夫がお風呂場でシャワーをしてくれる時にはなぜか弱腰になるので、もしかしたら歯ブラシを使えるかも?とトライ。だめもとでしたが、かなり磨くことが出来たようです。す・ば・ら・し・い! ありがとう!!!!8月以来やけに毛が抜けて、日に二回してもブラシが満杯になるくらいとれていたのですが、このシャンプー後それがおさまりました。抜けきってちょっとほっそりして見えます。そして、この写真は翌日。河原に行きましたがお散歩より運動量は少なかったくらい+シャンプーで疲れたとしても今までなら翌日には引きずりませんでした。でも今回は翌日も寝てばかり。過ごしやすい気候でほっとしていることもあるのかもしれないけれど、歳をとったのでしょうね(>_<)これが歯ブラシを使えた後の歯の状態。綺麗な歯の子を飼ってらっしゃる方は驚かれるかもしれませんが、これでも見違えるようなんですよー。上前歯の歯肉のあかみも少しおさまった気がします。綺麗にする前はガーゼでこすると血が付いていたんです…  ちなみに下前歯は何本か抜けています私だとさせないので夫にお願いして、これからは歯の為に半月に一回シャンプーにしようかなと思います。寒くなるとシャンプーも大変なので、その前に状態を良くしたいものです。

      テーマ:
  • 24Sep
    • 東京のガイドブック

      今は外国人旅行者向けサイトが沢山あり、事前調査も観光中もスマホで何でも調べられるので便利ですね今回友人が成田についてからの移動や、私が案内するにしてもどこに行きたいかなどの下調べをしてもらうのに実際自分が使ってみて初めて「こんなに便利!」と知りました。様々なサイトの中でも老舗にあたるのがJAPAN-GUIDEらしいです。今回何度か参考にしました。https://www.japan-guide.com/でも、一緒に入る間にスマホを拡大して説明するより紙媒体があった方が良い!浅草観光文化センターに置いてあったのがこれです。TCVB 公益財団法人 東京観光財団の公式ガイドもちろんサイトもあります。http://www.metro.tokyo.jp/english/トップページに東京都全図があります。私の友人はベルギーで生まれ育ち、今はバリに住んでいますが、いろんな国を旅しているので田舎しか知らない人ではありません。それでも日本の混雑には驚き、初日も3日目にお台場へ行くときも新宿で乗り換える時に迷ったので「新宿は大嫌い!」といっていました。渋谷の交差点も見ましたが「わざわざあれを見に行く価値はない」といっていました。他の国では見られない混雑を見て喜ぶ人と、ただ嫌がる人といますよね( *´艸`)で、そういう彼女にまずは都心図で、「東端が宿のある新宿と渋谷・原宿、北西が浅草、南西がお台場」と彼女たちが経験した町の位置を紹介。で、この東京都全図を見せて、中心部はこの一部なのよと説明したらたら唖然(◎_◎;)更に地下鉄のマップを見せたら「もうやめて」という感じでした~こういう風に説明するには紙媒体は良いです!ですが…、困ったなと思うことがありました。メトロは色分けしているので長ったらしい日本名を使うよりBlue LineRed Lineなどと色名で使った方が便利ですが、色分けしにくい線があります(>_<)実際浅草から帰るときに都営浅草線+都営大江戸線を使いましたが、メトロ地図には都営浅草線がplum、大江戸線がpinkと表示されているのに、このガイドブックでは浅草線がpink、大江戸線がmazendaとなっているのです!鉄道会社と東京都観光局がきちんと連携していないとは驚きです!それから、メトロならば地下に入れば多少遠くても使う路線に歩けると思いがちですが、浅草で銀座線と書いてあるところから地下に下りても浅草線には通じていないのです(>_<)  都営浅草線に行くのに私たちがいても階段を何度か上り下りして迷ってしまいました。これはオリンピック開催時にどんなにガイドがいてもたいへんになりそうですね。

      1
      テーマ:
  • 23Sep
    • 外国の友人と浅草、スカイツリーへ

      バリからの友人と到着日には原宿に行きました。翌日は彼女たちだけでお台場へ、今日は私と夫と一緒に浅草とスカイツリー観光です。このところ季節の移り目で曇りと雨の不安定な天気ですね(>_<) 30度以上あるバリから私たちにも寒い20度を下回った一昨日昨日の寒さでLani(お嬢さん)は少し風邪気味という事を聞いていました。今回の旅行目的は、Laniとお友達の2人が明日行われるブラジリアン柔術の試合に参加することですから、体調を崩しては大変!今朝は一時間広尾の道場でお稽古があったので13時半に浅草に待ち合わせにしました。まずは浅草観光文化センターへ。ここは日本人にはあまり必要ないし団体客は来ないので穴場です。浅草観光文化センターhttp://www.city.taito.lg.jp/index/bunka_kanko/oyakudachi/kankocenter/ 2階には何か国語もの浅草や東京のガイドマップ、ちらしがあります。8階の展望テラスに行きたい人がほとんどなのでこの階はガラガラ。そうはいっても2台あるエレベーターは1、2回待たないと乗れないので1階には多少の列が出来ているし、途中階は満員で乗れないことが多いです。オリンピック前後と開催中の外国からのお客様が多い時期には対応できるのかしら?さあ、展望テラスです。吾妻橋と隅田川、スカイツリーが見えます雷門、仲見世、浅草寺が見えます初めて浅草に来る人、特に外国人にはどのくらいの規模なのか?これから観光するのはどういう所でどの位歩くのか?など分かるので、観光前にここから眺めることがおすすめなのです。さあ、観光の始まり。一昨日明治神宮に行ったので、神社と寺の違いなどを説明しながら進みます。一番気に入っていたのがここ。原宿のダイソーに入った時にもそうでしたが、浮世絵風のデザインが魅力のようです。酒井好古堂明治三年創業の浮世絵の専門店。伝法院通りに本店があります。ポストカードやグリーティングカード、うちわなどもあり、気軽に購入できるので浅草のお土産に良いです。彼はお母さんへのお土産としてお茶を買いました。歌舞伎役者の包装でした音をたてておみくじを引いている人たちが目立つので、あれは何?と興味津々。でも説明すると「やらなくていいや」とあっさりしていました。明治神宮に比べると朱塗りが目立って派手でしょ?と言うと、台湾旅行で見たお寺やバリの色彩の派手さと比べてしまう彼女たちは「日本らしくって素敵💛」と感動していました。仲見世の一本外側を通り、伝法院通りに曲がってから又少しだけおみやげ屋さんを見て、東部スカイツリーラインへ。15時に小雨が降る予報でしたが大丈夫そうです。足元でスカイツリーを見上げた時は「おおー!」とかなり盛り上がっていました。Laniの体調の為に今日本当に来れるかどうかわからなかったので予約チケットを買えませんでした。夏休みが終わりみなさんお金が足りない時期でしょうし、雨が降る予報だった時間+3連休の中日の明日が晴天の予報… 待ち時間が長くないようにと祈りつつチケットセンターへ。やったー!待ち時間15分で入れるとのことです!夫は初めてなので3人と一緒に入場。私はその間ソラマチを散策。前に来た時はイーストヤードの4階と5階だけを見ていましたし、彼らが出てきたらその辺りを見せて上げたかったので、サウスヤードの2、3階を見てみました。食料品とフードコートがほとんどでしたが、ポンパドールではここならではのスカイツリー型エピなどの発見が面白かったです。疲れたので少し座ることにしました。3階のフードコートのよつ葉ホワイトコージhttp://www.yotsuba.co.jp/white/北海道カボチャとミルクのミックス シュガーコーン¥330嫌な甘ったるさがなくておいしかったです(^^♪3階から2階が見えるのですが、買った食品を食べられるスペースがあって便利ですね。展望台の出口5階で待ち合わせ。展望台からはかすかに富士山も見えたそうです。今滞在している新宿方面、都庁や昨日観光したお台場なども見れて良かったね。本当は夕食を一緒にしたくて、ベジタリアンに向くお好み焼き店など調べていたのだけど、明日の試合が9時から17時、5試合もでるから今日は早めに引き上げるというので残念。イーストヤード4階の食品サンプルのお店などを見たら喜んだでしょうに…。でもクレープだけは食べたいと、フードコートの同じお店に行って30分ほどお茶しました。Laniの風邪が心配だった私は、体温計、葛根湯、ビタミンC、それからきっと好みだろうと思って梨を浮いてタッパーに持って行っていました。それをここで食べました。体調は改善して薬関係はいりませんでしたが、梨をとても喜んでくれました。17時に別れました。明日試合頑張れ!勝ち負けでなく、ベストを尽くせますように!

      2
      テーマ:
  • 20Sep
    • 懐かしい友達と原宿へ

      2000年から2006年までベルギーのアントワープに住んでいましたが、その時の友人が日本に来ましたパパはオランダ人、ママはインド人。二人ともベルギーで生まれ育ってアントワープの中心地でスポーツショップ(スケートボード)を開いていましたが、2年前にバリ島に移住。息子の同級生のEthanはカリフォルニアに留学中、6つ離れた妹Lani(ハワイ語でHeavenの意味です♡)がバリでブラジリアン柔術を習っていて今回日本の大会に出るためにやってきたのです。連絡があった1か月前から私はウキウキ。タイトなスケジュールの中でどこに連れて行ってあげられるかいろいろ考えていました。20日の朝7時台に成田につき15:30までAirbnbにチェックインできないという初日でした。ちなみに2日目は自分たちでお台場のデジタルミュージアムへ行きたいとのこと、3日目は朝のトレーニングの後に私たちと浅草へいく約束、4日目が大会、5日目の朝に帰る。うーん…日本で見て欲しいものがいっぱい、東京だけでも山ほどあるのにこれでは何にも見せられないなあという感じです。12年ぶりの感動の再会!聞いていなかったけれど、15歳のLaniのボーイフレンドも一緒でした💦サーファーでもあり、一緒に柔術を習っていて、勿論一緒に大会に出るそうです。東新宿のAirbnbに荷物だけは11:30に預けられ、その後原宿エリアに行くことにしました。まずはお腹が空いているということで、彼女たちはベジタリアンなのだけど、ボーイフレンドが絶対にラーメンを食べたいというので明治神宮前駅のメトロを上がったあたりで並ばないで済むまずまずのお店へ。ここは外に写真入りのメニューがあるので、どれを食べたいか決めてから入る利点がありました。注文と支払いだけ一緒に入って済ませてから外の椅子で待っていました。光麺 原宿店これは本帰国直前に一緒に鉄板焼き屋さんで食事をしたときの写真です3歳前後だった幼い子がこんなに大きくなるなんて…自分が年とるわけです無料で麺量を1.5倍に出来たので勝手にそれを注文してあげちゃったのもあり、かれは満腹―と満足して出てきました!その間30分、Laniはとなりの小さいお店でチーズケーキを購入して食べ、ママは「ここ興味あるわ!」と近くのビルの2Fに上がったまま戻ってこないので探しに行くと「ここ最高だわ~」とお店の雰囲気がかなり気に入ったようす。片隅にあるミニカフェでスムージーを2つ注文していました。1人でラーメン屋の外にいるLaniを私が呼んできてあげました💦HONEY MI  HONEYhttps://honey-mi-honey.com/shoplist/もう3人がバラバラでそれぞれを気にしていないところが日本人には出来ない長所というか短所というか💦それぞれを満足して合流、最初に「疲れているから歩き回れない」と言っていたのに、まったくそれを忘れている( *´艸`)疲れを心配して最初に私は地図を見せて、表参道を歩いてUターンしたら少し脇道に逸れて竹下通りを戻る、と説明したのに、「この道可愛いショップばかり~🎶」とどんどん進んでいくので、ここをずっと歩いて行ったら何処までも続いちゃうんだよ、渋谷まで行っちゃうよーとなだめました。どうしても気になるというカラフルな看板のペット雑貨のお店にだけ入ってみたい!というので狭い外階段を上って行きました。ドアを開けるとトイプーちゃんがお出迎え。とってもかわいいお店でオーナーさんも優しそうな方でしたが、バリで飼っている大きなわんこ2匹には小さいものばかり。残念!JK-ANIMALShttp://www.jk-animals.jp/表参道ヒルズを少しだけ見てから、FLYING TIGER COPENHAGENへ。ここを出た時雨が降り出しました。夕方から降り出すとの予報だったので、たった一日の為に傘を買うのは無駄だから私は3本傘を持って行っていました。良かった~。メイン通りよりわき道に入った方が可愛いお店があるし雰囲気が良い🎶と嬉しそうなので、東急プラザ辺りまではわき道を通りました。若い二人が退屈するといけないので、「次はティーンエイジャー向けの通りに行くね」と竹下通りへ連れて行こうとしながら「ああいう雰囲気は好きじゃないかもなー」と心配していました。平日と言っても混み始める時間ですし傘が必要だし…なのに、心配をよそに、竹下通りの雰囲気にママまで嬉しくなってしまって、レインボーアイスのポスターを見て「これたべよう」とすぐに入って行ってしまった(笑)LONG!LONGER!!LONGEST!!!https://longest.jp/ここはソフトクリームやベイクドポテトのながーいのが有名で、レインボーアイスが食べたいなら他のところの方が良いのになーとか、となりのザクザク(シューやソフト屋さん)の方の方が流行っているのになーとか思ったのだけど…でも充分興味津々な3人。 私も店員さんに「バリから来たのでサービスしてくださいねー」と言ったらトッピングを倍にしてくれました♡Candy屋さんなどちょこちょこ見ながら…おかしなストリートパフォーマンスを撮りに行っちゃったぁーちょっとだけ…とダイソーに入って全部100円って教えたら、日本らしいものが入り口そばにまとまっていたのでもう夢中(笑)  浮世絵風のシールや折り紙等をわーっと買って満足げ( ̄∇ ̄;)家電屋さんで彼が携帯ケースを買った頃には雨は本格化。3時半にチェックインできるのでもう帰った方が良いんじゃ?旅の目的は柔術のトレーニングと大会なのだから…と思ったので「神社は入り口はすぐでも本殿迄15分は歩くからもう帰る?」と聞いたら「ぜーんぜん気にしない、行こう」とママは絶好調。若い二人はちょっと疲れて「(渋谷の)交差点を見たいなあとか言っているのに聞いていません。鳥居の説明、奉納された酒樽の説明、大みそかには本殿迄何時間もの列になることなどを話しながら進みました。昨年台湾旅行をしたそうで、あちらのは金、赤などカラフルで全然違った、これは本当に日本だわっ!と静寂の中で凛とした神宮の美しさに感動してくれました。ここから私には初めてですがメトロ北参道に出た方が近そうなのでトライしました。明治神宮前に戻っても大差なかったかもしれません。大雨の中メトロに入った時はほっとしました。ベジタリアン+甘いもの大好きなので、しあわせのパンケーキとかUrth CafeとかMr.Farmarとか考えていたし、3Dラテアートも喜ぶかな?などと色々考えていたのだけどどこも行かなかったなあ。でも満足してくれたから結果オーライ。明後日は一緒に浅草とスカイツリーです。秋の天気は移ろいやすいのが残念。予報は良かったのに急に涼しくなり雨がちになっています。スカイツリーから日本の秋晴れを明後日は見せてあげたいわ。

      3
      テーマ:
  • 15Sep
    • 武蔵野うどん 一彩 本店

      実家のそばのうどん屋さんに行きました。両親が2年位前に行って案外おいしかったと聞いていたのですが、なかなか機会がありませんでした。武蔵野うどん 一彩 本店https://tabelog.com/tokyo/A1326/A132601/13140351/源兵衛さんの椎茸汁(醤油味)肉入り椎茸汁 肉なし天付きの温うどん普通盛は350gで、小盛、大盛、得盛まであります。トッピングも色々。源兵衛さんの椎茸汁は大分県直送日本唯一の天日干し椎茸を使用とのこと。ふんだんに使われていてこのお値段とは感心です。私はお店の名前が武蔵野うどんとおもっていたのですが、武蔵野うどんというものが讃岐や稲庭のようにあるんですね!東京の多摩地区・埼玉西部発祥の郷土料理。特徴は通常のうどんの麺よりもかなり太く、色が少し茶色がかっていてコシも抜群です。食感は「ワシワシ」という感じ。 食べ応えのある太麺が大好きな私にはヒットでした!お留守番させておいたマイティーもこの後ホームセンターへ行きました。母が、「あそこはペット用のカートがあって一緒にお買い物できるのよ🎶」と。乗せると初めてのことに少しぶるぶる震えていましたが、そのうちに慣れたようです。ペット売り場の小さなわんこ、にゃんこには気付いているのかいないのか?当然臭いがすると思うんだけど反応はしませんでした。たまに通りすがる同じようにカートに乗ったお友達にも吠えることなく良い子でした。雨だったの丁度良かったです。

      テーマ:
  • 10Sep
    • うさこのぬいぐるみ

      今年5月の結婚記念日に母から うさぎのぬいぐるみ をプレゼントしてもらったと書きました。https://ameblo.jp/lovemighty/entry-12383900366.html手作りという嬉しさを感じると共に、おぼろたおるの触り心地が良くて、幼い頃からタオルが大好きだった私は童心に返って喜びました。母は器用ですがわたしは全くダメ… でも教えてもらえるなら有難いなあ…とお願いして、8月の最終週の2回、うさこ作り講習が実現しました左が初代うさこ、右が今回私が作ったうさこ。体は大して違わないのに、最後の表情作りで全く違った雰囲気になりました。目の位置を下げて口角をあげただけなのにね(^_-)-☆  あと、耳に綿を入れたので私のはピンとたっていて、足を付ける角度も変えました。後ろ姿も個性があります(笑) 取り敢えずのリボンをつけて帰ったので、自宅でめぼしいリボンを探していた時にお花の髪飾りも見つけました。丁度良い大きさでした今回のは実は3代目。2代目は孫に(私にとっては姪)に母が8月初めにお誕生日プレゼントで作っていました。お顔は初代とそっくり、でも大きさが違ったそうです。そして派手なスカートが何とも言えない!あ、手の角度も違いますね。さて、器用な母が家にある材料で工夫して作ったそうですが、そのもととなったのは下の写真です。愚息が2歳時でしょうか?私は勿論このぬいぐるみを覚えていて、3歳でベルギーに越し、帰国し、ブラジルに越し、また戻ってきた今、どこかにしまってあるかしら?と探したけれど出てきません。その頃のアルバムを見ても写っていません。たしかにベルギー時代は持っていたと思うのですが…そしてそれも母が手作りしてくれたと思っていた私ですが、母は「あれはどなたかに頂いたものなの?買ったの?」というのです。今となっては大元が分からなくなってしまいました(>_<)次にもし自分だけで作ってみたら、あれ?と分らなくなる部分があるかもしれません。でもいつか4代目を作ってみたいと思っています。

      1
      テーマ:
  • 09Sep
    • 大学部活の同窓会  青山 ブノアにて

      大学の部活の同窓会がありました。2年前に銀座で開かれて以来です。今回は青山のビストロ  BONOITブノア です。 ラ・ポルト青山の10階。http://www.benoit-tokyo.com/フランス各地方の伝統的な料理をモダンにした日常使いのできるフランス料理、とのことで楽しみでした。広い店内にビックリ!12時からで私は5分前につきましたが、余裕のあった店内は15分もすると満席になり再度ビックリ。11名の団体だったので幹事さんが早めの予約で正面奥の良い席をキープしていてくれました。アミューズはチーズ風味のシュー(た、たこ焼きに見える(゚д゚)!前菜のマス   サーモンではなくマスですが、「なんとかマスという新鮮なマスで全く臭みがないのでマリネにもしていません、そのままのお味をご堪能ください」、とのことでした。←お店の方が熱心に語られているのにがやがやおしゃべりしているのと、歳のせいですぐに忘れます💦お野菜との彩りが素敵でうれしくなります。パンプキンスープ リコッタ添え豚頬肉の煮込み「頬肉といえば牛とお思いでしょうが、これを召し上がったらもう牛には戻れませんよ」とのことでしたが、ほんとうに柔らかく美味しかったです。沖縄県石垣島産パイナップルのポシェ日本で食べられているパイナップルの99%はフィリピンからの輸入だそうですが、こちらは石垣島産だそうです。糖度が半端ではなく、そのパイナップルとフロマージュブランの上にはショウガのシロップ、その上にはバジルのシャーベット。「これをパーツではなく一度に口になさると絶妙なコンビネーションですよ」と。バジルが爽やかで、ショウガはかなりインパクトありました!辛さではなくてお酢が使ってあるのでしょうか?むせてしまうほどでした…席で写真を撮っていただきたいとお願いしましたら逆光(;´Д`) 階段でになりました。あっという間の3時間でした。たくさん笑いました。次回の幹事さんお二人、よろしくね、それまでみんな元気でね!

      テーマ:
  • 06Sep
    • アクアパーク品川 9回目(年間パス又作りました)

      前回の年間パスでは一年で8回行きました。その後いろいろな事があって行けず、今日やっと2回目の年間パスを作って見学してくることが出来ました。帰宅してから自分のブログを検索したら、最後は2017年9月5日だったと分かり、丁度一年経っていたんです!せいぜい半年くらい行ってなかったつもりが…昨年の7/8から10/1のテーマも「花火 HaNa Bi」だったんですね。今年も花火ですけれど、昨年よりも朱色が際立って提灯のイメージが強いと思いました。万一と思って持って行ったら、有効期限切れでもパスを作ったことがある人は写真だけ取り直しで詳細を書き込む必要はありませんでした。一人も待ち人いなくてすぐできて良かった2015年にエプソンからマクセルに変わってリニューアルしたのですが、昨年のカード(右)から分かるように企業名はロゴに入っていませんでした。今年になってからかな?MAXELLという企業名を積極的に出すようになったようです。そしてイルカちゃんの写真になりましたただ、一昨年から比べると昨年にかなりメディアで取り上げられて子供も学生の利用者が急増したと思います。嬉しいような、混むのはちょっと不便のような、複雑な思いです…花火というテーマにしたがって、各エリアごとにもネーミングされていました。舞花火-まいはなび  エントランスすぐでは花火とちょうちんでお出迎えアトリウムエリアは金魚花火-きんぎょはなび昨年の方が立派な金魚がいました…コーラルカフェバーは、傘花火-かさはなびデートで浴衣を着てくるとムード満点でしょうね♡コーラルカフェバーの小さな円形の水槽の中の魚は時々変わります。今回いたのはハナヒゲウツボ Ribbon eelという英名の方が素敵ですね( *´艸`)ボロカサゴ綺麗なピンク色ちなみに英名はWeedy scorpionfish   雑草のような、サソリに似たお魚  って感じ?ジェリーフィッシュランブル少し待つと下の写真のようにテーマらしい色合いになりましたこの後フレンドリースクエアでのアシカのミニパフォーマンスが15:30、ドルフィンパフォーマンスが16:00だったので、まずスタジアムに行って混み具合を見たらガラガラ。直前でも座れると分かってアクアジャングルに行きました。会いたかったマダガスカルヒルヤモリ元気でしたかぁ?今日はガラス面に張り付いて動きませんね💦アシカパフォーマンス昨年ずっと同じ内容だったのですが、今回は芸が少し変わりましたこの姿勢の良さ、私も見習いたい(;^_^A何気なく見えますが、重い体重を支えてこの姿勢は大変と思われます!ドルフィンパフォーマンス昼のバージョンはjuice!!!!! 大好きなカマイルカちゃんたちを見てアドレナリンが放出ナタリー、リップの名コンビとロロ。あと一頭の名前がいつも聞き取れません…夜の星花火ーDigital Fireworks は 7:30P.M./8:30P.M.なので今回は諦めました。昼よりアートっぽさが濃いので次回は是非見たいです。リトルパラダイスでは特別展は開催されていませんでした。4回目に訪れた時のブログにこの魚の名前が分からないと自分で書いていました。https://ameblo.jp/lovemighty/entry-12231694356.html今回は説明があって分かりましたよ(^^♪アマノガワテンジクダイ   メスが産んだ卵をオスが口の中で守り育てる習性があるそうです!体の黒い部分にある白い水玉模様が天の川のようなのでこの名前がついたそうです。沖縄の海の中を思い出す色彩です。16:30のペンギンパフォーマンスまでほんの少し時間があったのでまたヤモリを見に行きました。今度は天井に張り付いていました。昆虫ゼリーを食べるしぐさが以前かわいかったのでそういう動きをしてくれるとうれしいのだけど…動いたと思ったら方向を変えただけでした💦 また近いうちに会いに来るからねー。メスのアシカがこんな形になっていましたぁー気持よいのかなあ?なんだかマイティーの寝顔にも似ているぞペンギンパフォーマンスペンギンは動作が可愛いので動画を撮りました。https://youtu.be/w0JdrHtXFN8本当に久しぶりでした。夫は来たことがないのでいつか一緒に楽しみたいなあ。でも週末は超混むのです!空いている平日にいつか…。

      テーマ:
  • 05Sep
    • カンボジア 80歳の母との旅行 その5(像のテラス、ライ王のテラス、昼食)

      バイヨンの後は車中から象のテラス・ライ王のテラスを見学。象のテラスはリアン・チョル・ドムレイと呼ばれ、高さ3m、長さは300m以上もあるとても大きなテラス。行進する象のレリーフが飾られています。このテラスは王宮があったとされる場所の前にあり、戦いに勝って凱旋する兵士だけが通れた勝利の門からまっすぐ王宮に向かった場所にあります。象のレリーフのほか、馬や白鳥、ガルーダなども刻まれています。ライ王のテラスはリアン・スダィッ・コムロンと呼ばれます。たくさんの壁画が刻まれていて、女神や剣を持つ神や冥界の神などの神々、蛇や象や蟹などの姿もあります。ライ王のテラスという名は、このテラスにある像に由来しているという説(手に指がなくライ病を連想させる)、ライ病を患ったとされる王の伝説に由来するという説などがあります。三島由紀夫はここを実際に訪れて、「癩王のテラス」という戯曲を書いています。その後昼食。おそらく日本の団体ツアーでは使わないようなお店でした。欧米人観光客はたくさんいらっしゃいましたが。Neary Khmer Angkor初め空いていましたが、そのうちほとんど席が埋まりました。立派な写真入りのメニュー。現地の料理、中国風、欧米風…ありとあらゆるものがあります。混んでいて立派なメニューの割には美味しくはなかったです。一皿2人分くらいでボリュームはあります。でもゆっくりと涼しいところで休めるだけでもありがたい。シーフード焼きそば(5.5US$) はシーフードは悪くなく野菜も沢山なのにインスタント油麺の味で残念(;´Д`)Flied rice vegetables with tofu (4.5US$)は高野豆腐のようなお豆腐が沢山入っていました。味は良かったです。焼きそばはタイ料理のようなものだと思っていたのですが、あとから「カンボジアの焼きそばはインスタント麺と調味料を使ったものが多い」と知りました。きちんとしたレストランでないとそうなのでしょうね。ちょっとがっかりしましたが、庶民のことを知れました。お料理とジンジャーエール2つでUS$14でした。欧米人には人気のようだったので、私たちがたのんだものがはずれだったのかもしれません。さて、1時間以上ゆっくりしてアンコールワットへ向かいました。

      テーマ:
  • 04Sep
    • カンボジア 80歳の母との旅行 その4(2日目アンコールトム)

      タ・プロームの次はアンコール・トムに向かいました。皆さん、アンコールの意味をご存知ですか?「王の都市」を意味します。そして、ワットは寺院、トムは大きいを意味するので、「アンコールワット」は「王都の寺院」、「アンコールトム」は「大きい王都」になります。ではなぜ遺跡群がシェムリアップに分布しているのでしょうか? インドの宇宙観が基本になっているので、北方の聖山プノン・クーレンをヒマラヤに見立て、シェムリアップ川はガンジス川、そこから聖なる都市アンコールを経て太陽に見立てられたトンレサップ湖へと流れていくという構造なんです。アンコール・トム12世紀後半にジャヤーヴァルマン7世により建築された城砦都市です。一辺が3kmの堀と、高さ8mの城壁に囲まれています。東に2つ、西南北に各1つの合計5つの門があります。南大門は23mで左右に54体ずつ神様と阿修羅像が配置されています。大蛇(ナーガー)を左側は神様が、右側は阿修羅が引っ張っています。南大門南大門は一番立派に作られていて保存状態も一番良好だそうですが、手前の像は悪い状態に見えました。東の門は死者の門(死者を送り出)と勝利の門(凱旋門)で、普段は使わない門だったということでした。アンコールトムは広大なのでここからバイヨン寺院までは車でも10分くらいかかります。ラッタ―さんはしきりに道路の混み具合や駐車場が空いているかを気にしていましたが、ここはまだ余裕がありました。母とラッタ―さんがお手洗いに行っている間日陰を選んで居ましたが、結構暑くなってきました駐車場の奥には一派な仏像がありました。観光地ですねーバイヨン寺院はクメール語で「美しい塔」という意味。須弥山をイメージしているんだとラッタ―さんが教えてくれました。日本人なのにその意味が分からなかった私…はずかしい須弥山(しゅみせん):インドの世界観が仏教に取り入れられたもので、世界の中心にそびえるという高山。この山を中心に七重に山が取り巻き、山と山との間に七つの海があり、いちばん外側の海を鉄囲(てっちせん)が囲む。この外海の四方に四大州が広がり、その南の州に人間が住むとする。頂上は帝釈天の地で、四天王や諸天が階層を異にして住み、日月が周囲を回転するという。バイヨンは一番外側から、第一廻廊、第二廻廊、中央部の祀堂となっています。大半の観光客は中央の四面搭に夢中ですが、私たちは第一廻廊の壁画を見ることにかなり時間をかけました。東西160m、南北140mあります。ラッタ―さんが分かりやすく教えて下さり、当時の戦争、生活や娯楽などを知ることが出来面白かったです。網での漁、狩り、炊事、闘鶏、将棋や相撲、出産の場面などもありました。チャンパ軍とのトンレサップ湖での激戦(チャンパ王国 - 2世紀から19世紀にかけてベトナム南部にあった国家)クメール人の特徴は短髪と長い耳たぶちなみに髪が長く(丸めてまとめている)、あごひげが長いのは中国人だそうです草木が多かったので馬ではなく像が最強の乗り物だったそうです戦時には家族を連れて移動するので荷物も食料も運んでいますふんどし姿はカンボジアの少数民族網での漁豚を丸のまま鍋に入れて調理する様子出産商いの様子(左側で、女子が魚を測って男に販売している)闘鶏これは良く分からないけれど、お酒を飲む夫に妻が泣いているのかな?(笑)第一廻廊の壁画の後は中央部へ進みました。アンコールワットはヒンドゥー教色が強いですが、アンコールトムは大乗仏教の宇宙観で作られているとされます。戦国の世のために平和を願う意識が強く、「クメールの微笑」」と呼ばれる観世音菩薩の四面像がいたるところに見られます。塔は49基、仏は196(現在は173体)だそうです。カンボジアの紙幣にも使われているいる一番有名な観世音菩薩像1177年ころのアンコールはチャンパ軍に制圧されていて、それを開放したのがクメールの覇者と呼ばれるジャヤバルマン7世。このときに建設されたのが都城アンコールトムです。このほか寺院や道路、さまざまな施設を建立し、クメール帝国の礎となったののもこの時代です。菩薩だけでなく、アバターも美しいです。口角が上がって微笑んでいます。   東向きの遺跡なので観光は午前がオススメとガイドブックにかかれていますから、この時間の観光客が多いです。又バイヨン寺院は宇宙の中心と言われ、正午に中央搭の真上から太陽の光が降りてきてそれにあたると元気がもらえるそうですよ!中央搭は入っても何もないのでどうしても四面搭に目が行ってしまいますので、これからアンコールトムに行かれる方は正午に中央搭に入って陽にあたってみてくださいね。人気のある像の前には写真を撮る人が列をなしています!菩薩だけに見入ってしまいますが、至る所にガルーダなどもあります。ちなみに、アンコールワットの第3廻廊は急で有名ですが、バイヨンの中心にいくにもこれくらいの段がありますので、足腰の悪い方にはきついかもしれません。ここから象のテラスとライ王のテラスを車中から見て昼食をとりに行きました。

      1
      テーマ:
  • 03Sep
    • カンボジア 80歳の母との旅行 3 (2日目タプローム寺院)

      2/11(日)のスケジュールホテルで朝食8:00 Rathaさんお迎え(ガイド代2人分=US$160)アンコール遺跡チケット購入(US$37x2人分)してアンコールトム、タプローム → 昼食(実費) →アンコールワット→夕日→レストラン「クーレン」(ダンス付ビュッフェ)へ送っていただく(ショーは19:30から)*参考までにもともとの団体ツアー (アンコール1日観光フルコース)のスケジュールも載せておきます。これが母にきつそうだったので、タクシーで回る個人ガイドにしたのです。朝日鑑賞とディナーはなしで一人80ドルですから割高になりましたが、結果としてとても良かったです。【05:00頃】 感動のアンコールワット朝日鑑賞    ↓……ホテルに戻って朝食……    ↓【09:00頃】 アンコールトム観光 南大門、バイヨン寺院、象のテラス、ライ王のテラス、ピミアナカス等    ↓【11:00頃】 タプローム観光    ↓……市内レストランでランチ……    ↓【14:00頃】 アンコールワット観光    ↓【17:00頃】 『プレループ』にて夕日鑑賞    ↓……アプサラ舞踊ショー付きのディナー…… 色々なHPを検索してカンボジア日本語ガイドさんで評判の良い方を選び、だいぶ前からメールで予約しておきました。検索している時にツアーの値段が格安で口コミも良いホットホリデーというところが良いかな?と思っていた時にこの会社はかなり怪しくて現地でガイドが現れなかったという詐欺被害にあった人が多いことに気付きました。そういう被害に遭うのが怖いですから事前に何度もやりとりして信頼できる方にしておきました。ラッター さんのHP:https://cambodia-guide-ratha.jimdo.com/%E3%83%84%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88/ブログも書いておられます:https://ameblo.jp/cambodia-guide-ratha/トリップアドバイザーで評価も見れます:https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g297390-d8658480-Reviews-Cambodia_Japenese_Guide_Ratha_Day_Tour-Siem_Reap_Siem_Reap_Province.htmlさて、いよいよ本題。ラッタ―さんとホテルのフロントで会って、まずはチケットを買いに行きます。アンコール遺跡群観光にはチケットが必要です。ここで購入します。いくつも窓口があるのにかなりの列です。でもラッタ―さんのおかげで(どういう決まりがあるのか分かりませんが)ほとんど待ち人がいない窓口ですぐに購入できました。1人ずつ写真を撮ってカードを作るので数分はかかります。旅行前にアンコール遺跡観光をした人のアドバイスに、「首にかける名札入れが便利」とありました。私はサングラス用ペンダントなども首にかけていますからデイバックに安全ピンで付けました。この方が熱い中首にかけてうっとおしくもなく良かったですチケット購入後すぐに遺跡へ向かいます。主要道路から外れるとガラッと景色が変わりました。現地の生活が垣間見れます。上に書いたように混載ツアーではアンコールトム、タプローム、昼食後にアンコールワットという周り方が多いようです。ラッタ―さんは兎に角それぞれの駐車場待ちなどが無いよう、また観光中に列をなしたりして嫌な思いをしないよう、道の混み具合から今日はタプロームからにしようと決めてくださいました。アンコールトムの東約3キロメートルに位置します。遺跡に近いところは下の写真のように少し現地のお土産屋が集まっています。でも日本人が止まって買い物をする雰囲気では全くありません。欧米のバックパッカーでもきついかもしれません。アンコール遺跡群はカンボジアの人にとっても観光地ですからそういうお客さん対象でしょう。タ・プローム Ta Prohm梵天の古老 という意味です。12世紀末にジャヤーヴァルマン7世が、母を弔うために建てたものとされています。ガジュマルの浸食がとても激しく発見当初の様子に近い形で保存されています。当初は僧侶5000人と踊り子600人が住んでいたそうです。仏教寺院として建てられましたが、仏像のレリーフで削り取られたものが見つかるなど後にヒンドゥー教に改宗したものと考えられています。アンジェリーナ・ジョリー主演の2001年の映画「トゥーム・レイダー」を撮影した場所ということで有名です。 私たちは東搭門から入りましたが、車を止めた場所から遺跡までは思ったより長い道でした。1km位です。まっすぐで分かりやすいですが、まだ午前9時台なのに日は強いですし、赤土で細かい砂や小石が私のスポーツサンダルには入り込みました。なのですぐにショートソックスを履きました。(こういうこともあるかと備えておいて正解でした!)ラッタ―さんは母を気遣いながらも一日の工程を混雑を避けて効率よく回ることを考えてスタスタと歩くので、最初の遺跡見学前からすでに心配になった私でした。でも遺跡につくとゆっくりになりましたし母も大丈夫でした。このまっすぐの道のちょうど中間あたりに楽隊がいました。他の観光スポットでは見なかったのでここでカンボジアらしさを垣間見れて良かったです。https://youtu.be/ETQG5YaH55s 民族音楽を聴くと、この国に来ているんだなーって気持ちになりますよね。ラッタ―さんがこの木を見て「わたしはある場所に土地を買ってこの木の苗を植えて育てている。環境問題への貢献と、貧しくて教育を受けられない子供への援助をしている」と言っていました。  旅行後に調べると、インド、セイロンからビルマ、タイなどを経てインドシナ、フィリピン、スマトラ、ボルネオ、バリに及んで分布。種の数は76種を数えるとされています。この属の木材を産する地域では、最も有用な市場材として用いられ、輸出量も多いそうです。使用例としては、 土台、柱、梁、羽目板、水廻り場所の床板、屋外のデッキ 、 トラックの車両用材、緩衝材、合板用原木。 防腐処理をして、枕木、埠頭、橋など。代表的な市場名 ・アピトン(Apitong):フィリピン ・クルイン(Keruing):インドネシア、マラヤ、サラワク ・チュテール(Chhoeuteal):カンボジア ・ヤン(Yang):タイ ・ガージュン(Gurjun):インド、ミャンマー、バングラデシュ ・ヤウ(Dau):ベトナム さて、遺跡につきました。大きなガジュマルは、樹齢300年にもなると言われ、現在も少しずつ成長しています。乾季に栄養を求めて石の間に根を張り、雨季に水分を吸って膨らむことで石を持ち上げるそうです。夢中になって写真を撮る母を撮る私(笑)ラッタ―さんがここが絵になるんだよと撮ってくれましたガイドさんに教えてもらわなければ気付きませんでした。木がアバター(女神)をもとり囲んでしまっています。銃弾のあと  ガジュマルだけでなく、この寺院のアバターは美しいです。「お尻」に見えるんだよ、とこれもラッタ―さんが教えてくれました。ほんとだっ!別名「締め殺しの木」とも言われるガジュマルが、長い年月をかけて寺院を締め付けている様子を、寺院の荒廃する様子と共に体感しました。ここからアンコールトムに向かいます。

      テーマ:
  • 01Sep
    • 三ノ輪で昭和レトロを感じた

      9月1日  荒川区へ行く用事があり、三ノ輪に美味しいラーメンがあるというので行ってみました。都電荒川線に乗ったのは息子が小さい時に荒川遊園へ行って以来と思います。もう15年経っている自家用車で行ったので近くのコインパーキングへ停めるとすぐに荒川線が見えました。可愛らしい💕そこからすぐにラーメン屋さんがあるのですが、シャッターが閉まっている貼紙に「海外進出準備のために4日までお休み」と書いてありました。海外にまで出るというのならまた次近くに来たら是非!と期待が高まりました。コインパーキングに停めてすぐ戻るのでは勿体ない…少しその先まで行ってめぼしいところでお昼にしましょうと進みました。何だか昭和レトロなお店が多くてウキウキします。 ここの看板には驚きました。「空室あります  一泊¥1,200 極楽旅館」その先はアーケードになっていました。ジョイフル三ノ輪というそうです。うちの近くでは武蔵新城が似ているかな?でももっとレトロだわ!オオムラパンというお店。幼稚園の頃にうちの近所にもこういう所ショーケースのパン屋さんがあったなあ🎶そのうちに異様なにおいが鼻につき始めました   魚屋?どこ?と思いながら臭いのもとを通り過ぎました。それは意外にも青果店でした!藤野青果店帰宅してもしや食べログにも出ているかと検索したらありました!興味のある方はこの口コミをご覧くださいね。https://tabelog.com/tokyo/A1324/A132401/13205944/dtlrvwlst/B251875547/?lid=unpickup_reviewその後お蕎麦屋さんがあったのですが、外観が古くて不衛生っぽく見えたのでやめました。ここも帰って調べたら、なんと創業は大正元年(1912年)。昭和29年(1954年)に建てられた店舗は荒川区の文化財の指定を受けているようです。砂場の総本家!評判が良くて、ここに入るべきだった!結局お昼ごはんに入ったのは中華屋さん 松楽五目湯麵スープが美味しい!干しシイタケやゴマの味がします。日本のラーメン屋さんでは出せない味がしました。麺も細めで腰のある茹で具合でした。XO醤入りもやし麺湯麵よりもヘルシーかと思いきや、餡かけになっているので結構油が使われています。あっつあつで猫舌の私はすぐに食べれない程でした。湯麵同様干しシイタケなどの味がして、たっぷりのモヤシ、玉ねぎ、にんじん、ネギ、豚肉の細切りが入っていました。ランチタイムだから単品にもデザートが付いていました。真っ黒いセリー。仙草ゼリーだと思います。シソ科で解毒作用があるので体に良いと聞いています。夫は苦手のようで半分残しましたが、暑気あたり、のどの渇きにもよいよといったら食べました(笑)思わぬことで三ノ輪を楽しむことが出来ました。次回はもう少し広い範囲を散歩したいな

      1
      テーマ:
  • 29Aug
    • 伊豆高原プリン

      息子が先週伊豆に行き、お土産を買ってきてくれました。以前は熱海に行って熱海プリンでした。今回は伊豆高原プリン。今年の7月7日にオープンしたばかりだそうです。http://izu-pudding.com/6種類あって、私達にはストロベリーチーズと麦焦がしを。6個購入するとお洒落な保冷バッグに入れてくれるそうです。 「正直熱海プリンの方が美味しかった。今度のは甘ったるすぎて」と甘いものはいくらでもOKな息子が言うので、あっさりしていそうな麦焦がしを私はいただきました。おいしい!底の方には黒豆も入っていて、甘みもあっさり。夫が食べたストロベリーはすっきりしていそうに見えてチーズクリームがこってりしていました。よく見ると蓋にカロリー表示もあり、その違いにビックリ!240kcalと123kcal   麦焦がしの方があっさりしているわけですね。ご馳走様でした。

      テーマ:

プロフィール

aki

性別:
女性
血液型:
B型
お住まいの地域:
神奈川県
自己紹介:
東京都出身 神奈川県在住 主婦 夫、一男、1犬と同居 ヨガインストラクター、整体師、グラスアートイン...

続きを見る >

フォロー

月別

一覧を見る

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス