浅野
カウンセリングサービス心理カウンセラー浅野寿和です。

いつもありがとうございます。

では、今日のコラムです。よろしければどうぞ。


◯我慢の恋愛と忍耐の恋愛、何が違うの?

カウンセリングの中でこのようなご質問をいただくことがあります。

「我慢ばかりの恋愛はつらいからやめようって、聞くんですけど、我慢と忍耐の違いってなんなんでしょう?」

確かに我慢ばかりの恋愛は辛いもの。

ただ、我慢とよくにた意味で捉えられがちな「忍耐」という言葉も存在していますよね。

で、この忍耐にはある程度前向きな意味が含まれてますよ、という話も存在するわけです。

が、その違いがよくわからん、というお声も意外とうかがう事が多いんですよ。

そこで、我慢の恋愛と忍耐の恋愛、ってどう違うのかを今日は簡単にご説明したいと思います。

◯我慢の恋愛とは

「我慢」という言葉はもともと仏教の言葉で「我を張ること、強情なこと」を我慢と呼ぶようになったそうですよ。

つまり、我慢の恋愛とは、我を張ったままで恋愛している状態、恋愛に対して自分のやり方や価値観を突き通そうとして強情になっている状態、と言えるのでしょうね。

ただ、実際の恋愛で我慢ばかり続けていると苦しいし、多くの方が強情でありたいがために我慢の恋愛を続けているわけでもなさそうです。

ということは、どこかで「嫌なことや辛いことを受け身的にひたすら耐えている」とみることができそうですよ。

◯忍耐の恋愛とは

「忍耐」という言葉を辞書で意味を調べてみると、「苦しさ、辛さ、悲しさなどを耐え忍ぶこと」とありますね。

例えば、自分に不都合なことを人にされても、暴力的な仕返しをしたり、現実逃避したりしない、といった意味なのだそうです。

心理的な面から見つめると「今起きていることや、今感じている気持ちがたとえ辛いものであっても、それと向き合っていくこと」と言えそうです。

つまり、忍耐の恋愛とは、今の恋愛ときちんと向き合っている状態を示すことが多いのでしょうね。

もちろんひとつの考え方でしかないのですが。


○「我慢の恋愛」と「忍耐の恋愛」の違いを改めて見つめてみると

「我慢の恋愛」と「忍耐の恋愛」の違いを見てみると

我慢の恋愛は「受け身なスタンスでの恋愛」。
忍耐の恋愛は「主体的な選択でなされている恋愛」。

我慢の恋愛は「苦しさの中でそのつらさから目を背けて自分の気持ちを抑え込む恋愛」
忍耐の恋愛は「苦しい中でもそれを糧として自分の目的に向かっていく恋愛」

となりますね。

同じ意味のようで実は中身はずいぶん違うようですよ。

言い換えると「相手に好かれるためだとか、相手に離れていってほしくないから我慢を続ける恋愛」と

「今がどれだけ切なくても幸せになるために自分の意志で関係をより良くしようと選択し続ける恋愛」では、その中身も目的も変わってきますよね、というお話のようです。

そして、もし「我慢」が、自分が抱えている辛い気持ちから目を背けて、自分の気持ちを抑え込んで耐える」というものであれば、やはり我慢の恋愛は心にも優しくなさそうな感じがしますね。

一方で、「忍耐」は、きちんと自分の意志で、今の関係や自分自身の気持ちと向き合うからこそ、自分自身を成長させてくれるものとして、とても大切なものだと言えそうですね。

 

 

\この記事を書いた人/


心理カウンセラー 浅野寿和(あさのひさお)

カウンセリングサービス所属・「名古屋・東京・大阪・福岡地区(&オンライン)担当」

 

「恋愛」「結婚」「夫婦」「子育て・家族」「自分自身(性格・生き方)」などを、あらゆる心理面からバランス良く分析し解決に導く「ちょっとだけ予約が取りにくい」人気カウンセラー。明快な分析と的確なヒーリングセッションが評判で、20代〜40代のリピーターが多い。

そも屈託のない人柄・語り口から「話すと元気になる・安心できる」と好評をいただく。

年間400件以上の面談カウンセリングを行う実践派かつ現場主義。

 

口癖は「しゃーないですよね」「どんなことにも事情があるよね」。

 

スマホ心理カウンセラー浅野寿和 オフィシャルブログ

ほぼ毎日更新中!「恋愛と男性心理」「自信を培う」「心の解説」など、さまざまなテキストをご覧いただけます。
☆カウンセリングのご案内やワークショップのご案内もこちらからどうぞ!

 

 

\カウンセリングサービスの心理カウンセリング/


カウンセリングサービスには、様々な年代・個性・バックボーンを持ったカウンセラーが80名以上在籍!

きっとあなたにフィットしたカウンセラーが見つかります。

 

○カウンセリングのご利用は「カウンセリング予約センター」までお電話ください!

06-6190-5131(受付:12:00~20:30・月曜休・他)

 

また、カウンセリングサービスでは、目からウロコ・なるほど!と学びを深める事ができる心理学ワークショップも開催中。

ワークショップはオンラインでお申し込みいただけます。

心理学ワークショップのご案内

 

 

※カウンセリングはすべて【完全予約制】となっております。

※カウンセリングのお問い合わせ・ご予約は、名古屋・東京地区のカウンセリングも全て「大阪」にあります弊社カウンセリング予約センターにお電話ください。

 

 

 

 

みなさん、こんにちは。

カウンセリングサービスの服部希美です。

 

毎週火曜日の『モテオーラ養成講座』は
三好成子帆南尚美町村ゆきと一緒に担当します。

 

好きな人の顔色をうかがってしまうとき 

 

パートナーであったり、職場の対人関係であったり。
「この人のこと好きだな」とか「仲良くなりたいな」と感じたとき

 

その人の行動や言動が、ひとつひとつ気になりはじめて

 

「なんか、私にだけ冷たいような気がする」

「目が合うと、そらしているような気がする」

 

「私は嫌われているのかもしれない」

 

そんな想像をして、自分の行動がギクシャクしてしまう。

関われなくなってしまう。

 

こういうことってありませんか?

 

また、むこうから話しかけてもらったり、誘われたり

アクションがあれば、少しは安心できるけれど

それも「社交辞令で誘ってくれただけじゃないの?」って疑ってしまい、いつまでたっても安心できない。

 

こういうことってありませんか?

 

誰でも、好きな人から嫌われたくはないもの。

でも「嫌われないように」行動していたら、楽しくもないですし

相手に与える印象が悪くなってしまうことも。

 

でもどうして、そこまで「嫌われていないか」気にしてしまうのでしょうか。

 

いろんなケースが想定されますが、今日はちょっと変わった視点から
紐解いてみたいと思います。

 

 

 

最悪を想像し、回避したくなる心理 


私たちは、自分の心を守るために
予防線を張る、ということをやりがちだったりします。

 

たとえば、大切なテストの勉強。

 

集中して全力で勉強しなくちゃって思うのに
なんだかんだ、よそごとをしてしまったり、いまいち集中できなかったり

 

「そもそも、この分野って私に向いてないと思うんだよね。」

「私、勉強にぜんぜん手をつけてもないしね。」

 

そんなことを、つい、言いたくなる。

 

頭では分かっているのです。

いまできる精一杯をやったほうがいいって。

予防線なんて必要ないぐらい、頑張った方がいいって。

 

でも、こうやって予防線を張ることで

守れるものも・・あったりするわけです。

 

テスト当日。

ぜんぜん分からない問題に遭遇した。

思う以上に、回答できなかった。

結果が、思う以上に悪かった。

 

そんなときに

 

「うんうん。確かに、勉強不足だったもんな」

「最近、忙しかったし」

「私に向いてなかったんだよ」

「もっと勉強していたら、分かったかもしれないな」

 

「だから、仕方がないよね」


「あらかじめ予防線を張っていたこと」ことで
心が守られることって、けっこうあったりするのですね。

 

思い切り準備をしたのに、それでも叶わなかった。ダメだった。

 

そんなときよりも、ダメージが少なくなるような気がして。

 

 

回避は危険から身を守ることはできるけれど、喜びは感じにくい 

 

ただ、、私もその傾向が強かったので感じるのですが><

予防線を張る生き方って、けっこうしんどかったりしませんか?

 

どこかで自覚、あったりするんですもん。

 

「ああ・・私、言い訳をしているな」

 

もっと、体当たりで頑張ったらいいのに。

 

嫌われているかどうか、ばっかり気にしていないで

好意的に関わること、もっとチャレンジしたらいいのに。

 

そして、そんな自分が・・すごく嫌い。

弱いなって責めてしまう。

そう感じる瞬間があったりして、どんどんと自分を嫌いになっちゃうことも、少なくないようです。

 

そして、ますます・・自分から、関われなくなっていく。

関われない気持ちだけが強化されていってしまうだけ、だったりしますものね。

 

でも。服部はこうも思うのですね。


そんなふうに、予防線を張ってしまう今の自分を嫌ってしまうのも意欲の裏返しだって。

 

心の奥底に真っ直ぐな自分もいるからこそ
自分を責めてしまうのだと思うのです。

 

「ちゃんと向き合っていきたい」

「裏切られても構わない、と思うぐらいに、誰かを信じたい」

「ベストを尽くしたい」

「目の前の人を大切にしたい」

 

そんな気持ちがあるからこそ・・

悩んでしまうのだって。

 

嫌われないように、ではなく、ベストを尽くす 

 


こんなときには、揺れる気持ちも大切に扱ってあげながら

応援してくれる人の手を借りながら

 

「嫌われないようにではなく、ふたりでいい時間を過ごそう」

「嫌われないようにではなく、喜ばせてあげるために何ができるだろう」

 

と思って、関わってみることをオススメします^^

 

どうしても「嫌われているのではないか」と疑ってしまう時って
待ちの姿勢になっていることが多いですからね。

 

とはいえ、大きなことをやろうとする必要はありません。

ポイントは、いまよりも、ちょっと深く関わること。

 

自分から笑顔で挨拶を自分からする。

それができているのであれば、すこし、自分から世間話をしてみる。

すこし、差し入れなどをしてみる・・

 

「こんな私が関わって、よけいに迷惑をかけないだろうか」と感じてしまうかもしれませんが

 

相手がなにをしたら喜ぶのかなって、考えてみる。

実際に、すこし行動をしてみる。

 

自分からできるところから「自分からつながっていく」にはなにができるかな?
って考えてみるといいかもしれませんよ。

 

今の現状が、いいとかダメということではなくて(ここポイントですね!)

あなたが愛そうと精一杯取り組もうとしていることに違いはありませんから

ぜひ、自分の愛に自信を持って、関わってみてくださいね。

 


また、心を守りたい気持ちが強い場合は、あなたの心のケアをしてあげるのもいいと思います。
自分から関わろうとした時に、どんな感情が湧いてくるでしょうか?

 

この心理パターンが必要になっているということは
自分を守らざるをえない理由があったり、

それ以外の関わり方が分からない状態で、もがいてこられて

「私では無理だろう」と無力感を覚えてしまった方も多いかと思います。

 

よかったら、カウンセリングもご活用くださいね。

あなたが大好きな人と、心つながる関係を築くための参考になれば幸いです。

 

こんな記事も書いてます!

 

 

 

 

 

オンラインで1DAYワークショップを開催します〜

8/4(日)オンライン開催
「こころを整え、自分らしく幸せを築く〜本質を生きる〜」

心理ワークショップを開催します!

 

”世界でひとりしかいない、大切なあなたへ”

あなたはいま、心から笑えていますか?
自分のこと、認めてあげられていますか?

やりたいこと、嬉しいこと、楽しいこと・・
自分にやらせてあげられていますか?

 

気の合う人とつながれていますか?

もしも、いま、本心とかけ離れた生き方をしているな、と感じていたり
今の自分を・・自分で嫌っちゃっているとしたら
なんだか、疲れちゃったなって感じているとしたら

心の奥にしまった本来のあなたに
目を向けて、耳やこころを傾けて
大切にしてあげるとき、なのかもしれませんよ。

本質とは、あなたそのもの。
安心できる場所で、互いに認め合いながら
本質とつながって、あなたの現実を幸せなものに変化させていきましょう^^

 

詳しくは下のリンクをタップしてご覧くださいね。
スマホやタブレットでもご参加いただけますよー。

 

服部の面談カウンセリングが、WEB予約できるようになりました!

 

「次は、あなたが幸せになる番です^^」

 

30代からの女性の恋愛・仕事
対人関係、生き方のお悩みを心理でサポート。

どんなお話でも大丈夫。等身大のあなたのお話お聞かせくださいね。

 

オンライン(ZOOM)名古屋(鶴舞)、東京(駒場)にて

対面式のカウンセリングをご提供しております。

WEB予約、予約センターでのお電話、どちらも受け付けております。

 

現在、8月分もご予約受付中です。
初回は無料でご利用いただけます電話カウンセリング(45分)もございます。
ご希望の方はお早めにどうぞ。

 

ガーベラ服部のスケジュール
ガーベラ服部のWEB予約ページ

 

<カウンセリング予約センター>

・TEL:06-6190-5131

・受付時間12:00~20:30
・月曜定休(祝日の場合は翌火)

 

チューリップ赤心理カウンセラー服部希美のブログはこちら

チューリップ赤服部希美のプロフィール

チューリップ赤名古屋(鶴舞)カウンセリングルームのご案内

チューリップ赤東京(駒場)カウンセリングルームのご案内 

 

 

毎週月曜日の「恋愛テクニック」は、「カップル・カウンセリング」と題しまして、パートナーとの関係をより良いものにするため、「男性心理」「女性心理」を紐解きながら、さまざまなご提案を、池尾昌紀池尾千里、夫婦でさせていただいています。

 

今週は、私・池尾千里が書かせていただきます。お読みいただけたらと思います。

 

 

スイカ スイカ スイカ ニコニコ

 

 

私たち人間には、感情があります。しかも、さまざまなものに、豊かに反応する感情を持っています。

豊かにというと、良いことのように聞こえますが、こんな感情、要らない!と感じるような、ネガティブな感情も、たくさんありますよね。

 

感情には、ポジティブもネガティブも、良いもわるいも、区別はありません。さまざまなものに、豊かに反応するという、このエネルギーこそが感情と呼ばれるものです。

 

勝手に湧いてくるものですから、時に、あつかい方、つきあい方に困ることも、あります。

良い気分でいられる感情なら、問題ありませんが、そうでないものは、どうしたら、ここから抜けられるのか、感じないようにできないものかと、ほとほと手を焼いてしまうことも、あるんですよね。

 

今回は、そんなネガティブな感情とのつきあい方を、あれこれお話ししてみたいと思います。

 

 

まず、イヤなものから離れる

 

「イヤなもの」と一括りにしましたが、例えば、好きな人やパートナーとの、ケンカや、失恋、浮気、別れ話、などといった場面であれば、そこから離れて、自分をひとりにさせてあげるということです。

 

もちろん、すぐ逃げ出すわけにもいかないかもしれませんが(時にはそれもありですよ!)ケンカの後、フラれてしまった後、浮気されてしまった後、別れ話をされた後、傷ついて、ヘトヘトの自分を、まずそこから離して、ひとりにさせて、守ってあげましょうということです。

 

相手がいるところでは、出てこなかった感情が、湧いてくるかもしれません。

 

相手とやりとりしないといけないなら、自分の感情だけに、気持ちを向けることは難しいですよね。自分から出てくる感情を、冷静にみつめたり、理性的になったりすることも、なかなかできないと思います。

 

一旦、ひとりになる、という守り方です。

 

ここで、「ひとりは、無理!」という方は、すぐにヘルプを出しましょう。

信頼できる方へ、カウンセラーへ、安心できる場所へ行って、ご自身を守ってくださいね。

 

 

自分の感情に向き合う

 

相手から離れたからこそ、出てくる感情があります。

相手の顔を見ている時には、猛烈な怒りを感じていたけど、ひとりになったら悲しくなってきたり、悲しいと思って泣いていたけど、ひとりになったら、怒りが湧いて、腹が立ってきたり。

 

寂しさや、情けなさや、みじめな感じ、ぽっかり穴が空いたみたいな感じなど、いろんな感情を感じることがあります。感情は、層のようになっていて、ひとりになることで、じっくり一枚一枚感じ、だんだんと深いところを感じることができます。

 

しっかり泣かせてあげる、怒らせてあげる、がっかりさせてあげる・・感じるということをやってみてください。でも、つらい感情を感じるのは、とても苦しいことですから、ここでも、ヘルプが出せそうな方は、出して、ひとりでやらず、誰かとつながりながらをおすすめしますよ。

 

先ほども申し上げましたが、感情はエネルギーなので、とにかく見つけて感じてあげることで、消化することができるんです。重さが減って軽くなったり、いっぱいいっぱいだった心に、少し余裕が生まれたりします。

 

この少しの軽さや余裕ができて、初めて、次へ進んでいけるんです。

 

 

あれこれ考え始める

 

感情の波がおさまってきて、冷静になってくると、思考が回り始めます。考え始めるんです。

 

すると、相手への文句や不満、恨みつらみが、言語化されて噴出してきたり、相手がどう悪くて、自分はどう正しいかを、説明したくなったり、逆に、自分の言動を、過去に遡って反省し始めたりすることもあります。

 

反省は、正しい大きさですると建設的なのですが、自分が全部悪かったんだといった、責めすぎるようなものだと、やりすぎであり、またちがうネガティブな感情を産んでしまいます。

 

起こっていることの原因を考えたり、過去の出来事について考えることは、当然のことと思いますし、必要なことでもあると思います。

 

でも、ここで注意していただきたいのは、まだ、あなたの感情は、傷つき、疲れているということです。感情の揺り戻しがあったりもするでしょう。休息や癒しが必要な時期であるということは、よく覚えておいてくださいね。

 

ゆっくり、ゆっくりですよ。

 

 

思考が堂々巡りを始めたら

 

思考が常に動いていて、堂々巡りになったり、しかも気分が晴れない、ひとりで落ち込んで、疲れてしまうといった時には、ひとりで考えるのをやめて、助けを、もしくは、いろいろなきっかけを、自分の外に求める時です。

 

こんな時ですから、人に会うのが億劫になってる方もいらっしゃると思いますので、いろんなバージョンに分けて書いてみますね。いろいろあげてみますので、しっくりくるものや、気が向くものを取り入れてみていただけたらと思います。

 

「どれもイヤっ!」って、思った方は、それがわかった自分を褒め、さらにペースを落としていきましょう。やらない自分を責めてはいけませんよ。自分の心は何を今、求めているのかなって、目を向けてあげる、または、誰か信頼できる方に、見てもらいましょう。

 

 

家から出ないバージョン

掃除、断捨離、模様替え

カーテン洗う、カーペット洗う など

 

思考を止める時間を作ってみましょう。といっても、掃除している間も、思考は動くのですが、やっていることに、少なからず結果が出るので(部屋がピカピカ、さっぱり、気分が変わるなど)後悔がないでしょう。とくに、ちょっと大きなもの、ふだんやらないものに手をつけると、効果が大きく、目に見えていいでしょう。

 

 

家から出てみるバージョン

散歩、ウィンドウショッピング、お茶、食事 など

 

あまり目的を持たず、ゆるく、自分のために時間を使ってあげる感じです。

好きな場所をのんびり歩いて、自然に身を置き、草花を見たり、風を感じたりするのにも良い時ですし(暑さには気をつけてくださいね)買うでもないけど、ディスプレイされた、洋服、アクセサリー、時計、きれいなお菓子などを、なんとなーく見て歩くのも、いいですね。

 

つかれたら、良さそうなカフェでひと休み。お好きな飲み物やデザートでゆっくりしましょう。お腹が空いたら、食べたいものを食べたいだけ、ご自分に差し上げてください。

 

自分にやさしくする時間は、いつだってとっても大切なものなんです。

 

 

自分に色々体験させるバージョン

美術館、図書館、本、映画、ライブ、漫画、

音楽鑑賞、カラオケ、ドライブ、旅行、神社仏閣めぐり

アロマやお香、マッサージ、エステ、美容院、デパコス、

筋トレ、ヨガ、スポーツ、スポーツ観戦 など

 

何度も申し上げますが、いろいろあげてありますが、しっくりくるものだけでいいですからね。

 

頭の中が「答え」を探している状態の時、なかなか自分の中にみつからなくて苦しみますよね。でも、ほんとは、答えは自分の中にあるんだけれど、うまく掴めない、みつけられないんだと思うんです。

 

じゃあ、どうすればいいかというと、いろんなものに自分を触れさせてみるんです。出会わせてみる。すると、カチッとはまったり、しっくりくる言葉がみつかったり、感覚があったりと、きっかけがもらえることがあるんです。

 

絵の中に何かを感じたり、本の中に、光るフレーズをみつけたり、映画や、音楽や、漫画の中にもあるかもしれません。カラオケで歌ったら、どんな感じだろう。美しい景色を観たら、神様や仏様のそばにいったら、何を感じるんだろう。

 

過去に、なんとも晴れない気分の日があったんです。何をしても気分が変わらずに困ってたんですけれど、ふと、お香を炊いてみたんです。そしたら、パーっと気分が変わって、嗅覚っておもしろいなーって思ったことがありました。それから、アロマや香水など、香りで気持ちを整えることを覚えたことがあります。

 

筋トレ、ヨガ、スポーツなど、身体を動かすことで、メンタルが整うのも事実ですね。

私もヨガをやっていますが、行く時は、めんどうだなと思うけれど、行かなければよかったと思ったことは一度もないので、運動しない私でも、これだけは続いています。すっきりするだけでなく、身体にいいことができたというのも、いい気分なんだと思います。

 

 

そして、人に会う

ここにくるまでに、信頼できる方に、お会いになったり、連絡を取ったりした方もいらっしゃると思いますが、なかなか、人に会うことが難しかったり、ヘルプを出すのが苦手という方も、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ひとりで立ち直れることもあります。

もう大丈夫なところまで、ひとりで行けることもあるんです。

 

でも、誰かに頼ってもいいんだなって許可は、いつも出しておいてくださいね。お守りです。

 

 

ただ、聞いてもらう。

ただ、一緒に居てもらう。

行きたい場所に、一緒に行ってもらう。

 

 

人がそばにいるって、実際会っている場合でも、連絡を取る場合でも、温度があるんですよね。それは、つながっているからです。つながりは、あったかいんですよ。

 

悩みを相談しても、しなくても、あったかいのは、変わらないんです。

だから、ひとりぼっちで、問題が大きくなりそうだったり、押しつぶされてしまいそうになったら、誰かとつながるといいんです。

 

私たち人間は、良い人なんです。「助けてください」って言われたら、「どうしました?」って力になりたいんです。知らない人にも、そうなんですから、あなたを知っている人なら、なおさらお役に立ちたいと思うんじゃないでしょうか。あなたが苦しんでいたら、胸が痛むことでしょう。

 

あなたの大切な人が、あなたに助けてって言えずに、苦しんでいたらって考えたら・・。

 

やさしいあなたを、やさしい誰かが、助けようとしてくれています。いつだって。

 

ネガティブ感情とのつきあい方、あれこれ、書いてみました。

ネガティブも、あなたの感情の一部、嫌わず、やさしく大切にしてあげてくださいね。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

みなさまのパートナーシップ、応援しております。

 

 

来週7月29日(月)は、池尾昌紀が担当します。

どうぞお楽しみになさってくださいね。 

 

 

池尾千里

 

 

 

 

 

 

池尾家・夫婦カウンセリング

 

おひとりでお越しいただくことはもちろん、

お客さまのパートナーとご一緒に

カウンセリングを受けていただくこともできます。

 

男性カウンセラーと女性カウンセラー、

双方からのバランスの良いカウンセリングを

ご提供させていただきます。

詳しくはこちらから>>> 

 

ご希望の方は、ご予約の際に

「池尾家・夫婦カウンセリング」

お申し出くださいませ。

 

2時間 ¥28,600-(税込)
1時間 ¥14,300-(税込) 

 

カウンセリングのご予約・お問い合わせはこちらまで。
TEL:06-6190-5131 
定休日:月曜日(初日の場合は翌日代休) 
受付時間:12:00~20:30 
カウンセリングサービス>>>

 

 

 

ラジオ出演してますっ  



毎月1回(第4土曜日)出演している 
FMおだわら『marble talk』
次回の出演は、
7/27(土)10:10頃からです。

下記のバナーのリンクから、
全国でお聴きいただけます。


FMおだわら


みなさまからお寄せいただいた
ご相談にお答えする
『marble 相談室』
下記よりご相談受付中です。

 
メールアドレス(fmo@fm-odawara.com
または、番組フォーム
fm-odawara.com/?page_id=11889)へ
"marble相談室"と明記してお送りください。


どうぞお気軽に使ってみてね

 

 

 

空がきれいすぎました。おねがい飛び出すハート

 

*****************

7・8月のご予約受付中です クローバー

<池尾千里の面談カウンセリング>

2時間 ¥23,100-(税込)

1時間 ¥11,500-(税込)

<池尾千里の電話カウンセリング>

4回セット ¥14,300-(税込)

単発 ¥5,280-(税込)

<池尾家・夫婦カウンセリング>

2時間 ¥28,600-(税込)

1時間 ¥14,300-(税込)

電話も、ZOOMを使ってできます。お申し出くださいね。

カウンセリングのご予約・お問い合わせはこちらまで。

TEL:06-6190-5131

定休日:月曜日(祝日の場合は翌日代休)

受付時間:12:00~20:30

カウンセリングサービス>>>

*****************