子育て応援ブログ~ほのぼの~

カウンセリングサービスのカウンセラーがお届けする子育てブログです。
カウンセラーの実体験などを事例に心理学のエッセンスを毎週金曜日にお届けします。
穏やかママになりたいあなたにお届けします。

大門昌代・子どもの自立を遅らせる一言・助ける一言

テーマ:

こんにちは。

カウンセリングサービス吉村ひろえです。

 

 

「夏を制する者が受験を制するねんで!ママ!!」

高校3年生の娘は気合が入っています。

 

そして、現在大学4回生の息子は大学院に進む意向らしく、よく考えたら我が家に受験生は2人いるということに最近気づきました。

 

ま、専ら受験生のメインは娘ですが、地味~~~に受験生だった息子にもがんばってほしいトコロです合格きらきら

 

受験生をお持ちのお母さん方!

私たちは応援がんばりましょうねニコ旗

 

 

クローバー

 

 

子供って純粋で無垢ですよね。

小さければ小さいほど、ピュアで清らかです。

 

成長に従って好奇心も旺盛になってくるし学習能力も身体能力もグ ングン上がって来て、その知識や運動のコツなどの吸収の仕方は私 たち大人の比ではありません。

 

 

「どこでそんなこと覚えたの?」

 

ということもありますよね。

 

うちの息子は3歳くらいの時に、ドア全開のままのトイレでのん びり用を足してるなぁと思っていたら

 

「まな板の鯉!」

 

と突然叫ぶのでビックリするやら笑えるやらむふ汗

 

 

娘に至っては保育園にお迎えに行ったとき、お友達とおままごとを しながら

 

「もう、うちの旦那は付き合いやとか言って飲みにばっかり行って るんよぉ~~」

 

とぼやいていたことも゜∀゜

 

ギョッとするようなことをたまに口走って親をびっくりさせてくれ ますよね。

 

 

それほど子供たちって、親や周りの大人の ”言うこと・すること” をよく見て知らず知らずのうちにコピーしたり学んだりして吸収し てゆきます。

 

 

と、いうことは。

 

子供をどう扱うか?

 

というのはとても意味の深いことになります。

 

 

毎日忙しい私たち母親は

 

 

■のんびりマイペースな我が子に

 

「早くしなさい!もう、ホントにあんたはとろいんだから」

 

 

■「大きくなったら歌手になりたい!」と夢見る我が子に

 

「そんなのひと握りの人間しかなれないからムリムリ」

 

 

■友達とのコミュニケーションがうまく取れない我が子に

 

「そんなだったら一生お友達出来ないよ?」

 

 

つい、そんな言葉が口をついて出てしまうこともあるかと思います

 

これは躾の一環で、大人になって社会に出た時に我が子が困らないよ うに、恥ずかしい思いをしないように、という思いからということですよね。

 

 

親からすると

 

■もっとテキパキ動かないとみんなから社会から取り残されるよ

 

■そんな夢みたいなこと言ってないで地道に勉強しないと将来困る

 

■言いたいことことも言えずそんなに人見知りだと誰も相手にして くれないよ

 

 

「だから今のうちにちゃんと出来るようにこの子に教えておかない と!」

 

と愛情のつもりなんですが、子供からすると

 

「ボクはとろいんだ」

 

「私の夢は叶わないんだ」

 

「自分は友達も作れないんだ」

 

と自分を否定的に捉えてしまいます。

 

 

 

私たちは 

 

【心と現実を一致させよう】

 

とする心の働きを持っているので

 

【扱われたように振舞う】

 

ようになります。

 

 

この心の働きは、大人も同じです。

 

夫を

 

『頼りがいのある優しい素敵な旦那さまキラキラ

 

と扱うと、そうなりますし

 

『頼りない気の利かない手の掛かる我が家の長男坊(産んだ覚えは ないけれど)ぐすっ

 

と扱うと、夫はあんまり可愛いとは言えない大きな子供のように振舞う存在になったりします。

 

 

子供は純粋な分、扱い通りに体現するのが早いと言えます。

 

 

少しくらいやることが遅くても、夢ばかり見ていても、人との関わ り方が上手くなくても、それは

 

”結果” ではなく ”過程” 

 

です。

 

”今は” 時間がかかっても、現実味がなくても、上手く出来なくても、まだ まだ成長過程なんですね。

 

 

なのでつい、子供の在り方を正そうとして ”出来ない子扱い” してしまうことがあったとしても

 

「でも、いざって時には〇〇くんはサッサと出来る子だから、ま、 今日のところは許しといてあげるよ」

 

「〇〇 ちゃんは夢があってチャレンジ精神旺盛なところがすごいよね。 ママはいつでも応援するから色んなことにチャレンジしてごらん」

 

「〇〇 ちゃんは周りに気を遣う優しい子だから今は上手くお友達と遊べな くても、そのうち気の合うお友達と出会うから大丈夫だよ」

 

そんな風にフォローして ”出来る子” として扱い自信を持たせ、安心させてあげて欲しいな、と思います。

 

 

 

現在高3の我が家の娘。

本人曰く

 

「勉強なんか大嫌い」

「数学なんか苦手やし嫌い」

 

とのことで、しょっちゅうプリプリしていました。

 

でも、 見ていると本人がいうほど勉強嫌いには見えないんですよね。

私が学生の時よりはるかに努力しているし。

数学だって、決して苦手なわけじゃなく少し忍耐が足りないだけかな、と^^;

 

ただ、なにごともすぐに結果が出るわけではないし、「 失敗したらどうしよう」という恐れの方に飲み込まれているときは、ヤル気が出ず ”しなくてよい言い訳” ばかりが出てきます。

 

なので、娘がそんなことをブツブツと言うたびに私は

 

「そうかぁ~? あんたを見てると決して勉強嫌いってわけじゃないと思うな。 なんだかんだ言いながらがんばってるし」

「小学校のときなんか、 算数の方が得意やったし楽しそうに問題解いてたけどなぁ。 やりたくないだけでやれば出来ると思うよ」

 

と、言い続けて来たんですね。

 

そうやすやすと私の言葉に乗ってはくれない娘でしたが、最近はその気になって来てくれているようです。

苦節、約6年。

そんなやり取りは娘が中学生の頃からです。

 

ま、あまりに同じことの繰り返しで

 

「そんなに勉強が嫌なら学校なんて辞めて働きなさいっ!!」

 

と言ったことも幾度となくありますが。

 

 

 

余裕がなくて怒ったりダメ出ししてしまうことはあると思います。

 

けれども ”あなたなら大丈夫よ” と ”子供の力” を見続ける。

 

そうすると、子供自身が ”自分の力” を信じるようになります。

 

子育てって先は長いです。

 

”今” に惑わされず成長する

 

子供を ”力ある者” として育んでゆきたい

 

ですね。

 

芽

 

来週9月2日(金)は 池尾千里カウンセラー がお送りします。
どうぞお楽しみにハート  


 芽

 


ハート 吉村ひろえのカウンセリングを受けるには

ハート 吉村ひろえのカウンセリングルーム


ハート 吉村ひろえのプロフィール&ブログ

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。