Akasha のブログ 

Akasha のブログ 

ソウル・サウンド・ライアー制作 宇宙の音・地球の声(そらほし)WS

Akasha のブログにようこそ

Akashaは、2010年7月に「癒しの森」として、京都府京田辺市に誕生。
みなさんが、真の自分の有り様に気づき、生き生きと生きていくための、さまざまなツールを提供して参りました。8周年を機に、さらに宇宙意識と同調し、活動していくため、ステーション名を「Akasha」と改名させていただきました。

Akashaへのアクセス
https://ameblo.jp/lotus-garden999/entry-11080075467.html

Akashaでは、ドイツのアンドレアス・レーマンが考案した
ソウル・サウンド・ライアー(自分自身や、自然界と音を通じてつながるのに適したライアー)
をご紹介しています。ライアーのオーダーご希望の方、自分で生み出してみたい方は、
お問い合わせください。:
akashasong999@gmail.com tel 090-7760-6354

 

昨夜満月を眺めていて、

ふと、阪神大震災が起きた日だったことを

思い出しました。

 

毎年、この日がくると

目の前の人が幸せであることを大切にしたい。

それ以上に大事なことなんて何もない!

と思ったことを思い出します。

 

深い悲しみや苦しみを包括した音

シャクティと

 

何もかもを光に変換するような

愛と光の音のサラスヴァティー

 

の2つの音階にあわせた、

2台のハートソングを奏でてみました。

 

 

 

 

 

 

先日1月11日には、

各地から音と光の波動でつながってくださり有難うございました。

当日11時11分の瞬間、私は、阿蘇の中岳草千里の一面雪景色の中で、

独り、祈りのひとときを持つことになりました。

 

当初思い描いていた、押戸石の磐座の前で

みなさんと環になって・・・という

状況とは全く異なっていましたが、

 

その場に鎮まったときの荘厳さ

自らが地球の奥深くにつながったときのマグマのエネルギーと、

みなさんと思いをひとつにして、

宙へ高みへと上昇していくその気配に

涙が止まらない時間を過ごしました。

 

その後、阿蘇の絵本カフェカシュカシュさんに、

急遽場所をご提供いただきまして、

前日から阿蘇に集合してくれていたみなさんと合流し、

6名で環になることができました。

 

当日、駆けつけてくださった方、また、

駆けつけけようとしてくださっていたみなさま、

本当に有難うございました。

 

今回ほど、時空を超えての意図の力を感じたことはありませんでした。

そして、宇宙の意図というのか、魂の意図というのか、

思考を完全に超えたところで、

させていただけることを粛々と行うことに徹するしかないのだ・・・と

確信さられたことでした。

 

自然界からの返礼は、風となり、光となり、

雪が舞いそれはそれは美しいものでした。

 

大変遅くなりましたが、

ここにご報告させていただきます。

 

祈り合わせしてくださったみなさまに

心から御礼申し上げます。

明日11月11日11時11分
阿蘇の押戸岩にて
音を通じて祈りの環をつくります。
現地にいらっしゃれる方、
駐車場から、岩まで、徒歩で
20分ぐらい歩いて登ります。
その時間も見越していらしてください。
駐車場ではなく、丘の上の
岩のところでお会いしましょう。
11時前には環になっていたいですね。
全国から繋がってくださる方も
どうそよろしくお願いします。

いま、九州に向かっています。
明後日 2022年1月11日11時より
いまこの瞬間、平安で愛に満ちていられる感謝の心持ちで、音を通じて祈り、響き愛たいと思っています。

お互いを聴いて聴いて。
側にいない仲間の存在も、感じて感じて、響き愛ましょう。

年始に一斉メールでお知らせしましたが、私は、熊本の阿蘇にて、ライアーの環をつくり祈ります。

現地までいらしてくださる方には、明日、集合場所をお伝えします。
直前になりますが、こちらのブログに記載します。個別のご案内はいたしません。
タオライアーをお持ちの方は、タオを。他のライアーの方ももちろん、連れてきてください。

なるべく白いお洋服でお願いします。


11時には静寂の中にいられるよう、ライアーの調弦の時間を見越してご参集ください。
雪の予報もあるようですが、無理なくできることをいたします。

各地から、同じ時に、意識をあわせて繋がってくださる方も、どうぞよろしくお願い致します。

まずは自分の内奥から、地球の深部へ、そして宇宙の高みへ。

なお、今回は、環になっている様子の写真撮影が入りますことあらかじめ、ご了承下さい。写真は、春に出張予定のライアーを紹介する本に使用する予定です。これまで、祈りのとき写真を撮っておりませんので。

写真は、昨年の夏至に山中湖で集まった様子。
このときも、環になりましたが、写真はありません。







声に興味がある方へ。

毎月定期的に開催されている講座のご案内です。

Zoomを使って行われているので、当日

オンタイムで受けられなくても、録画による補講も可能なので、

興味がある方は、講師の大場先生にご相談ください。

コロナになる前は、不定期でAkashaで

「声の講座」を開催していただいていました。

全国からオンラインで受講できるのは、ありがたいことです。

継続的に参加できなくても、単発の受講も可能です。

 

次回は、1月9日(日)10時半〜12時です。

 

***

 

新年早々のボイス&スピーチワーク

「終わらないリズム」2のご案内です。

無理しない、無駄しない声のための身体づくりと

声を出そうとしないで、出る体を目指しています。

ZOOMでの連続講座ですが、単回でのご参加もOK!

 

 

今回のボイスワークでは

呼吸法として胸腹式呼吸を

胸部をさらに柔軟に動かしていきます。

呼吸は、機能を無理なく使い、

かつ、吐き切らないことが大切です。

苦しくなる一歩手前でやめること、

この無理しない、そして、横隔膜を動かす

腹式呼吸と実際の呼吸機能がある胸部を

動かす胸腹式呼吸をしっかり使っていきましょう。

 

スピーチワークは、日本の現代詩の

ほぼすべてがレシテーションと言われますが、

抒情詩の中のレシテーションの手法をご紹介します。

呼吸とともに空間を響かせる発声の練習です。

 

さらなる詳細・お申込みは

https://chiron-voicework.jimdosite.com/ 

 

お待ちしています!

 

ボイス&スピーチ講師、ST 大場浩子