Akasha のブログ 

Akasha のブログ 

ソウル・サウンド・ライアー制作 宇宙の音・地球の声(そらほし)WS

Akasha のブログにようこそ

Akashaは、2010年7月に「癒しの森」として、京都府京田辺市に誕生。
みなさんが、真の自分の有り様に気づき、生き生きと生きていくための、さまざまなツールを提供して参りました。8周年を機に、さらに宇宙意識と同調し、活動していくため、ステーション名を「Akasha」と改名させていただきました。

Akashaへのアクセス
https://ameblo.jp/lotus-garden999/entry-11080075467.html

Akashaでは、ドイツのアンドレアス・レーマンが考案した
ソウル・サウンド・ライアー(自分自身や、自然界と音を通じてつながるのに適したライアー)
をご紹介しています。ライアーのオーダーご希望の方、自分で生み出してみたい方は、
お問い合わせください。:
akashasong999@gmail.com tel 090-7760-6354

もうすぐ夏至

 

富士山で祈っている仲間たちを意識しながら

エジプトのギザのピラミッドで夏至の祈りを

捧げてから早2年!

 

今年は、富士山に呼ばれました。

きっと世界各地でも光の柱が立つことでしょう。

 

私たちは、まず2日間

音・音・音

 

音の中で、感覚を研ぎ澄ませていきます。

自分が存在しているのか、いないのか

わからなくなるほどに、

宇宙と一体化していきます。

 

そんな「宇宙の音・地球の声」のワークショップに引き続き

夏至には祈りの機会を

山中湖と富士山を見下ろす場所で持つ予定です。

 

ワークショップは、ほぼ満員御礼ですが、

あと数名ご参加可能です。

宿泊施設と食事の予約が明日までなので

 

参加ご希望の方は、早急にお申し込みくださいませ。

 

〜〜〜〜〜〜〜

 

自然の音に耳を澄ませ

自らの音を発する

時間を過ごしませんか?

 

聴こえている音

聴こえないけど、

響いている音

 

あなたは、そこに、

どんな音を加えますか?

 

それとも、

何も加えないでしょうか?

 

そこに、あなたは

存在するでしょうか

しないでしょうか?

 

一瞬一瞬

あらゆる感覚を使って

周りを感じあう空間

自分が溶けてなくなるような体験

 

自然を近くに感じながら

まる2日間を過ごし

 

そして、その研ぎ澄まされた感覚で

夏至を迎え

 

共に祈りたいと思っています。

 

この瞬間

この地球に

在ることへの感謝

 

共に存在していることへの感謝

 

目に見えない何かの働きで

いま、ここにいる

私たち

 

その目に見えないものは

どこか遠くにあるのではなく

自分の中のどこか奥深くと

つながっている

のかもしれない

 

ソウルサウンドライアー(旧称ヒーリングライアー)を奏でる方

音を扱う方には、体験しておいていただきたい

ことばで説明できない体感が満載の内容です。

ぜひ、この機会をおみのがしなく。

 

宇宙の音・地球の声(そらのおと・ほしのこえ)ワークショップ@富士山(山梨)

6月19日(土)〜20日(日)

初日 10時半〜19時半 

2日目 9時半〜16時半 

初日は、日暮れや星空の下でも、

状況が許せば音を奏でる機会を設けたいと思っています。

終了時間は目安であり、延長される可能性があります。

 

受講料:36900円(今回は33000円より改定しました)

    お友達紹介割引10000円(ご友人をご紹介くださる方の受講料を割引させていただきます)

 

6月21日(月)夏至の祈り@富士山

参加費:無料

お互いを感じあい、自然に響き愛ますので、これまでに

「癒しの音」または「宇宙の音・地球の声」にご参加くださった方と

神聖な、ひとつに溶け合う瞬間を共有して、音を奏でる、あるいは、

声を発したいと思っています。

 

そのため、初めての方が、その場にいらして

一緒に心をあわせてくださることはできますが、

当日、何かをご教示したりするようなことは致しませんので

ご了承ください。

 

会場&宿泊:山中湖・丸久

 宿泊ご希望の方、ロッジで相部屋と

 隣接の宿舎での個室がございます。

 

 

心をひとつにするソウルサウンドファミリーのみなさまとの再会を

楽しみにしています。

21日夏至は、現地にいらっしゃれない方とも

ときをあわせて、祈り合わせいたしましょう。

 

お申し込みメールフォーム

 

2021.06.19〜富士山  宇宙の音 地球の声WS/夏至の祈り

【パソコン用】

https://88auto.biz/iyashinomori/touroku/entryform28.htm

【スマホ用】

https://88auto.biz/iyashinomori/touroku/sp/entryform28.htm

 

 

 
 
おはようございます。
新月の朝
新しい畳の香りの中で迎えました。
 
昨日、令和3年6月9日、そう、
ちょうど369の日に
Akashaの畳の表替えが終わりました。
 
10年間、知らぬ間に、畳の隙間から落ちて
溜まっていた埃も綺麗に払い
拭き清められたお部屋は、とても清々しいです。
 
畳替にいたった経緯にも宇宙の采配が!
 
4月のある日、宇治に車を走らせていると、
「畳屋」の看板が目に入りました。
「もう10年。畳も随分傷んでいるし、畳替したいなあ」。
 
その数日後のこと。
いつもAkashaをサポートしてくださる
あるオーナーさんが、みえていたのですが、
帰り際に、「そうそう、これ!美幸さんに」と
封筒を手渡してくださり
「畳替に使ってください!」と
まとまった金額を寄付してくださったのです。
「自由になるお金が入ったので」と!!!!!
 
つい、いつもの癖で
「そんな、受け取れません。
10周年のときにも、助けていただいているし。
お気持ちだけいただきます」と
言いそうになりましたが、
 
「受け取れない私を卒業!!」致しまして、
 
「ちょうど、畳を替えたいなあ!って、
思っていたんです〜〜〜〜〜!!!!
本当に嬉しい〜〜〜〜っ。有難うございます。」と
 
お気持ちを、心からよろこんで、
有り難く有り難く頂戴いたしました。
こんな采配をしてくれる宇宙にも、大感謝!!
 
畳屋さんも、知り合いの大工さんに紹介していただき、
1ミリの誤差をどうするか・・・
の世界を教えていただきました。
 
一番難しいのは、1畳とか、小さいスペースに
キッチリの畳をいれること。
広ければ広いほど、ある程度、融通がきくのだそうで・・・。
 
畳を作ることができる職人さんはいても、
こういう職人技を継承している方は
どんどん少なくなっているみたい。
手作業が機械化されたり
他国の安価なものと競合したりしながら、
形を変えつつも、なんとかのこっている。
畳・・・。
 
畳のあるお家でよかった・・・
これから何世代も先にも、遺していきたなあと
思いました。
 
余談ですが、一昨日、旅から戻って、
さあ、畳でゆっくり・・・と襖をあけたら、
畳がなくて、ガッカリ・・・。
ああ、そうだった・・・という
一幕もありました。旅のお話は、また、のちほど。
他にも、お掃除のお話も、
お伝えしたいことが山ほどあるのです。
 
さて、今日は、この新しくなったお部屋で
6月24日からはじまる
少人数の「ソウルサウンドライアー制作ワークショッップ」の
前彫りがあります。
 
前彫りとは、全日程の参加が難しい方に
事前にAkashaにいらしていただき、
自宅で彫り進めて、制作ワークの期間中に
ライアーを生んでいただけるように、サポートするシステムです。
 
全日程、日常を離れて参加して、深く深く
自分の内側に入っていく体験もしていただきたいのですが、
 
いまは、それは無理。でも、自分でライアーを生み出したい!
という方、ご相談くださいね。
制作ワークショップの詳細、申し込みは、コチラ
 
月末は、夏越の祓え
古神道・龍神ワークショップも開催します。
詳細はコチラ
 
新しい畳の香りの中で、
感謝の中で
お待ちしています!

 

 

6月に予定していた山梨での

ソウルサウンドライアー制作WSの開催は

お申し込みの波がこないので、延期と致しましたが

 

6/24~28 の日程でAkashaで定員5名の

ワークショップを開催致します。

 

期間:6/24(木)〜27(日)ライアー誕生

   6/28(月)  オーナー会

    24日午前10時頃集合してね!

    28日は、進行具合により、午前中まで制作作業をする

   可能性もあります。その場合、すでに生まれている方々は

   奏で方などのレッスンをして、過ごします。

 

講師は、屋久島在住の布川晴代が担当します。

私も、もちろんサポート致します。

 

すでに残席3名ですので、お早めに!

 

また、ご用意できるライアーににつきましては、

すでにAkashaでご縁を待っているもの以外は

ドイツから到着次第、ご参加確定となります。

万一、期日までにライアーのキットが届かない場合は

日程を変更して、ライアーを生み出していただけるよう

調整致しますこと、ご了承ください。

 

お申し込みは以下のフォームよりお願いします。

 

【パソコン用】

https://88auto.biz/iyashinomori/touroku/entryform31.htm

 

【スマホ用】

https://88auto.biz/iyashinomori/touroku/sp/entryform31.htm


制作ワークショップの様子や、

ライアーの種類や音源については、

↓のリンクでご確認ください。

 

 

 

同じく、6月には、さいたまでも少人数の制作ワークショップを

開催します。公募はしておりませんが、参加ご希望の方は

akasha.workshop@gmail.com までお問い合わせください。

 

なお、8月31日からは、札幌でのライアー制作ワークショップも

開催予定です。こちらも詳細発表はまだですが、以下に少し

ご紹介がございます!お申し込みはもう受付はじまっておりますので

ご覧ください。

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=146299740871475&id=100064743506684

 

 

週末の2日間、
初日は、気づけば朝10時から、夜の9時まで
日曜日も、あっという間に夕方6時まで
音・音・音
 
音っていうけれど
音って、何?
 
自分が発する音
誰かが発する音
 
意識的な音
無意識的な音
 
いろんなことを
体験していきました。

 

 

 

 

毎回、集まるメンバーによって
起きることというか
テーマが異なります。
 
今回は思考的な選択と
意識(感覚)的な選択の
微妙な違い、バランスのようなことを
音を通じてたくさん感じていただけたかと思います。
 
桜の花の満開の頃に生まれたライアーたちを
連れてのお里帰りメンバーも多く、
初日の夜のライアーの奏で方講座も
熱心に受けてくださり、
2日目の総仕上げ
ライアーの音が美しく響いたかな!???
 
 
今回は、声のことは、ほとんどできなかったので、
また、声も組み込んだバージョンも
開催したいです!!
 
 
次回のそらほしは、富士山の前で開催!!
会場も武道場で広いので、楽しみ!!

私は、テレビをみない。

自宅にはテレビをおいていない。

そして、新聞もとっていない。

ので、世の中の状況は、

自分で調べなければわからない。

 

調べるというアクションをとらなければ、

日常に、何も問題はなく、

いたって平和な時間を過ごすことができる。

 

突然水が止まったり

電気が止まったら

びっくりするだろうけれど、

 

日常で、「水がなくなるかもしれない」という

心配をすることもない。

要するに、気に病むことがない。

 

いま、世の中で起きていることは

「気に病む原因の種まき」

のように思われてならない。

 

コロナの感染者が何人になった。

どこで何人が亡くなったと

毎日のように報道されて

コロナが「さも命をうばうモンスターのように」なっている。

 

でも、本当にそうなのだろうか?

1年間に病気で亡くなる人の数が、

何万倍にも増えたわけではないよね。

 

インドでは、いま、爆発的にコロナの患者が増えているというけれど

その背景に、インドはコロナの予防接種を受けた人の数が

非常に多かったというのはおかしくはないか?

 

世界で先陣をきって、

コロナの予防接種を導入したイスラエルで

いま、何が起きているのか?

 

空爆。

殺し合い。

 

ボタンを押して爆弾を飛ばしただけで、

いったい何人の命が失われるのか?

そのボタンを押す権利が、どこの誰にあるのか?

人の命をそんな風にうばうことを

おかしいと思わない精神状態にするものは、

何?

 

私たちが恐れなければならないのは、

コロナという、

実態のわからないウイルスではなくて

 

人の命を

人間が操作して奪うことを

許している

異常な精神状態を生み出す

ことではないだろうか?

 

いま、この瞬間

 

私たちは、誰もが

生きる権利

生きている権利を

平等に与えられているはず

 

この地球という星で

私たちが生きていくのに必要な

水も、空気も、光も

無償で与えられているのだから

 

いま、

私が、

この瞬間に

満ちていて

幸せであるように

 

この星に

命を受けた

全ての存在が

満ちていれば

 

人から何かを

奪うようなことには

ならない。

 

自分が

そのことに気付いていれば

いいだけなんだよね。

 

そして、

気付いている人が

ひとり

また

ひとりと

増えていけば

いいだけなんだよね

 

私の中には

何があっても

奪われることのない

平安がある。

 

私は

そこから、

音を奏でている・・・

 

たとえ

外の世界で

何が起きようとも・・・