干支の十二支について | 地域価値創造コンサルタント 須田憲和

地域価値創造コンサルタント 須田憲和

地方自治体と連携した官民パートナーシップにより、地域の価値を創造する活動を展開。地域活性化、地域振興、まちづくり、ブランド構築、農商工連携、6次産業化推進、協議会運営、PR戦略、観光推進、再生可能エネルギー、各種セミナー講師、ファシリテーター等。ブログ

おはようございます!
今日も素晴らしい一日になりますように
【今朝の智恵】58
(干支の十二支について)
十二支(じゅうにし)は、おなじみのように、
子(ね)・丑(うし)・寅(とら)・卯(う)・辰(たつ)・巳(み)・午(うま)・未(ひつじ)・申(さる)・酉(とり)・戌(いぬ)・亥(い)から成り立っています。誰でも自分の生まれ年の干支は知ってますよね。
これら十二支は、昨日の十干が、「太陽の力(行動や社会活動)」を表しているのに対して「月の力」を表していて、「精神や感情」に影響を及ぼすとされています。
ちなみに陰陽五行では、これらが個別に方角や時間の意味も持っている事から、それぞれの力を使うことがあります。
方角も時間も全て12等分します。
子(ね) 北
丑(うし)北北東
寅(とら)北東東
卯(う)東
辰(たつ)南東東
巳(み)南南東
午(うま)南
未(ひつじ)南南西
申(さる)南西西
酉(とり)西
戌(いぬ)北西西
亥(い)北北西
次に時間です。
子(ね) 23時から1時
丑(うし)1時から3時
寅(とら)3時から5時
卯(う)5時から7時
辰(たつ)7時から9時
巳(み)9時から11時
午(うま)11時から13時
未(ひつじ)13時から15時
申(さる)15時から17時
酉(とり)17時から19時
戌(いぬ)19時から21時
亥(い)21時から23時
それぞれの真ん中の時刻を⚫︎⚫︎の正刻といいます。
(0時は子の正刻)
こういう具合です。
ちなみに、お化け?がでる時間を「丑三つどき」といいますよね。
これは何時かと言うと、丑の時間である1時から3時を4つに分けた3個目。すなわち2時から2時30分になるわけです。
何か事を起こす時など、方角と時間を判断する時は、上記の個別の意味を捉えて考えます。
自分の干支が、持っている方角や時間も知ってると良いと思います。
注意点です。
生まれた日にちが、1月1から立春(2月4日頃)までの方の干支は、その年の干支ではなく、前年の干支になりますので、ご注意くださいね。
いつも、いいね!、コメントを頂き有難うございます。
ご返事出来ずに申し訳ございません。
とても感謝しております。
(^_^)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【今朝の智恵(知恵)】シリーズはFacebookで毎朝、連載しております。

ブログには1週間まとめて掲載しております。

今後とも宜しくお願いいたします。

https://www.facebook.com/norikazu.suda

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆