昨日連盟のHPで知ったんですが、OSG予選の通過者に東北の秘蔵っ子の名前がなくて少し驚きました。




体調不良で欠席だったのか、はたまた大番狂わせがおきたのかわかりませんが、東北ブロックも昨年より定員が減り激戦だったんでしょうね。誰にでも平等にチャンスはあるわけで、勝負が全て終わるまで誰一人確約なんてされてない証拠。




過去の実績があろうと当日勝ち抜いた子のみに与えられるBANDAIへの切符!





今年の大阪予選においては予選通過者のボーダーライン(4勝1敗の石数)が午前は220石、午後は231でした。大体毎年200石越えるとギリギリ最後の一人に選ばれるかな?で、210石越えると安心ってイメージでしたがこれって多くないッスカρ(・・、)





午後においては(負けた対局は32石以下故に)勝ち試合平均50石以上がボーダーなんすよねぇ。他会場の結果はわかりませんが、大阪においては昨年より遥かにレベルの高かった予選って事が改めて実感できました。





昨年の【あっくんフィーバー】から続く全国の小学生オセラーの増加が、ただ人口が増えただけでなく、地元関西においては実力も底上げされてきているという顕著な結果に表れていました。





予選で「ただ4勝するだけ」ではもはや勝ち抜けない時代になってるんでしょうね。




どこかのロッカールームで

「大阪ブロック半端ないって!みんなメッチャ石取ってるやん。
予選通過の人って勝ち試合でほとんど50石以上取ってるし。
初心者でそんなに石たくさん取られへんやん普通、取れるんやったら言っといてよ!
自分なんか210石取っていても予選落ちやし、あー220石取っとけばよかったー!」

っていう声が聞こえてきたかどーかは謎です(笑)






これが小学生オセラー戦国時代の幕開けにすぎなかったりして!?