関西西宮で自宅占いサロン『COCO』 横山蓮花のブログ

関西西宮で自宅占いサロン『COCO』 横山蓮花のブログ

OSHO禅タロット・西洋占星術・四柱推命を使った対面セッション、ヒプノセラピー、死後探索ワークショップを開催しています。

いつもありがとうございます。
横山蓮花です。

8月10日〜8月16日までお休みさせて頂きます。
休暇期間もお問い合わせ、ご予約のメールなどの返信はできますので、遠慮なくご連絡くださいませ。

どうぞよろしくお願いいたします。

横山蓮花
いつもありがとうございます。
横山蓮花です。

最近、友人に教えてもらったYouTube動画から、岡田斗司夫さんのことを知りました。

ジブリアニメの解説が面白くて、いくつか動画を見ました。

すごく面白いおねがい
経歴も面白いびっくり

興味を持った人についてはホロスコープを読むようにしていますので、今回も勝手にリーディングさせて頂くことにしました。

1958年7月1日
先日、62歳の誕生日を迎えたばかりなんですね!
お誕生日おめでとうございます!

生時不明ですが、アプリの都合上、昼12時を入れています。
時間が不明なので、ハウスは読みません。




①太陽は蟹座8度。

蟹座には22度に水星もあります。
またこの蟹座太陽は山羊座月と180度。
人気、あるのはすごく分かります。
蟹座のルーラーである月が太陽と180度で繋がっていますので、すごくいい感じの蟹座太陽になります。
大衆が求めるものを、直感的に知る人です。

蟹座っぽい体型でもありますね。(蟹座の象意としてふっくらした体型というものがあります。)

蟹座は活動宮ですので、積極的です。
自分からアプローチしていきます。

水の星座ですので、他者の共感を求め、他者から共感されやすいです。
特に月とメジャーな角度を形成していますので、この傾向は強くなると思われます。

②蟹座の太陽と山羊座の月が180度
180度は働きかける角度です。
山羊座の月の無意識の欲求とは、社会においてなんらかのものを構築したいとか、社会において地位を獲得したい、というものでしょう。
その欲求を、太陽が実現しようとします。
蟹座的な他者へ共感、他者からの共感によって、社会での地位を獲得しようとします。

太陽のサビアンシンボルは「水の中の魚へと手を伸ばす小さな裸の少女」
相手の立場に立ったり、同じ目線で物事を判断することが得意です。
感性が豊かで、言葉よりも感覚で表現しようとする。

たしかに岡田さんの視点は感性的な部分もあると感じます。

ですが、実はこの蟹座太陽だけを見たとき、ちょっと意外だな、と感じました。
岡田さんの話し方はとても理知的で分かりやすいので、風の星座(双子座、天秤座、水瓶座)が効いてそうだと勝手に予想していたからです。

ここは小惑星であるベスタとカイロンを表示天体に加えることで、はっきり分かりました。


③木星、ベスタ、カイロンのグランドトライン(120度の三角形)。
木星は天秤座21度。
ベスタは双子座22度。
カイロン水瓶座22度。
わりと誤差の少ない風のグランドトラインです。
小惑星と言えども、これはかなり強めに効いていると思われます。

なぜなら、このグランドトラインに、双子座ベスタに180度の射手座21度土星が加わりカイト呼ばれる複合アスペクトが形成されているからです。

カイトのことは置いておいて、まずグランドトラインから。

ベスタは一点集中、ベスタが象徴している事に集中してそれ以外を犠牲にする事などを表します。

ベスタがあるのは双子座なので、情報収集や発信、コミュニケーションという場における集中となります。

水瓶座にあるカイロンは傷ついたヒーラーとも呼ばれ、そこに傷がある事、その傷を癒したなら、そこがその人の癒しポイントになります。

カイロンのサビアンは水瓶座23度「座って全ての手足を振っている大きな熊」

熊は月を表します。
ここで言う月は無意識や感情、本能、体の癖などの象徴で、無意識的なパターンを自発的に訓練する事で思考と感情が調和してきます。

ここにカイロンがあるといことは、傷があるわけです。
岡田さんって、ちょっと熊ぽいですよね。
コンプレックスかあるのかもしれないですし、本能的が理性に勝ってしまうタイプなのかもしれません。

でもその劣等感こそが、人の深みを読む目線を作っているとも言えるのかなと感じます。


木星は繋がる天体に対して拡大と恩恵を与えます。
120度で繋がるカイロンとベスタに対して、強すぎることも弱すぎることもない拡大恩恵を与えています。

岡田さんにとっては、カイロンとベスタはラッキーポイントだと言うことになるんですね。

グランドトラインは同じエレメントの星座の中で、グルグルと調和的に循環していくアスペクトです。

グルグルと循環しますので、グランドトラインだけだと自己満足にはまり、他者に対して働きかけるような積極性はでてきません。

ですが、岡田さんのホロスコープの場合、この調和的なグランドトラインにベスター土星の180度オポジションが加わり、カイトを形成しています。

180度は働きかける角度ですので、積極性が生まれるんですね。

グランドトラインの、木星、ベスタ、カイロンの中でグルグル回っているエネルギーが、土星に対して注がれます。


土星は射手座21度。
射手座はその人が生きている世界から遠いところのことを表します。
海外や旅行、哲学や法律、学問、研究など。

土星がある場所は元々は苦手なポイントです。
苦手なんですが、あえてそこを努力すると、その部分こそがその人の強みになります。
土星は継続力も表しますので、やればやるほど成果が出ます。
岡田さんのwikipediaに、元奥さんから論理的な考え方を学んだそうですが、それまで論理の整わない屁理屈を言っていた、と自身が語っていたとのこと。

論理的な思考を努力して身につけたということは、射手座にある土星にぴったり合致します。


岡田さんのアニメ作品の解説動画を拝見していると明らかですが、ただアニメを素直に楽しむという視点ではないんですよね。
その作品の奥に隠された意図や作り手の人物像、文化的なベースを、つまり射手座的な世界観について、執拗に調べ、推測し、検証し、解説してくれるんです。
これも射手座土星的だとすごく感じます。

④ 双子座の金星が乙女座の冥王星と90度スクエア

岡田さんの生き様の中で、興味深いと感じたことの一つに、同時に複数の女性を愛する志向性があるというものです。

そのことが露呈した時の2015年の会見動画を見て、面白いなと感じました。
なんでも、その時点で同時に9人の彼女さんがおられたとか。

金星は愛や喜び、楽しみを表しますが、結婚していない若い女性の象徴でもあります。

冥王星は究極体験、限界を超えたところを表します。

なので、金星と冥王星がスクエアだと、もう普通の恋愛関係では満足できません。

恋愛において究極の体験をしたいのです。

ほっこりして落ち着くねラブみたいな穏やかな愛情関係ではときめかないのです。


金星にとってメジャーなアスペクトを取っているのは、冥王星だけなので、その傾向は強くなると思います。

金星は双子座ですので、いろんな人とコミュニケーションするのが大好きです。

双子座は好奇心のままに動き、飽きたらお終い、という所もありますので、ある程度自由な関係でないとうまくいかないのでしょう。

冥王星が繋がっているので、性的な事に対するこだわりは強そうです。
冥王星は性も表します。

岡田さんではありませんが、金星と冥王星のスクエアを持っている男性のホロスコープを見たことがありますが、その男性も複数の女性を同時に愛するタイプの人でした。



また、金星はその人が心地よく感じる分野も表しますので、双子座金星、乙女座冥王星から察するに、双子座も乙女座も支配星が水星ですから、やはり情報を愛するのです。

しかも、普通の情報では満足できません。

冥王星的な情報を愛します。 

松村潔先生の「アスペクト解釈大辞典」には下のように書かれています。

「冥王星は太陽系の外との扉ですので、太陽系を人体と例えると、人外のものとの通路を作ります。」

アニメには人外のものが多くでてきます。

岡田さんは、人外のものとの関わりの扉が常にオープンしているんですね。

松村先生は、金星冥王星スクエアの男性を、リングや、らせんの「貞子」のような女性を好む、と書いていました。

貞子さん、普通なら怖いですよね。
冥王星って、覗き込んでも闇しか見えない深い穴を覗き込むみたいな怖さがあります。
底が知れない怖さというか。

貞子はまさに冥王星的な若い女性です。

興味深いですね!

⑤牡羊座火星とリリスが合。

ホロスコープを作る前から、岡田さんはリリスが効いているだろうな、と予測していました。

リリスはその人の隠しておきたい欲望やちょっと恥ずかしいマニアックな指向性などを表します。
どんな事にエロスを感じるか、なども表します。

火星は行動スタイルや攻撃性、情熱などを表します。

リリスと火星が合だと、その人のエネルギーがリリスに向かうので、すっごくマニアックなことに情熱を感じるということになります。


双子座金星が牡羊座リリスと51度。


51度はそこに向かって走り、それをやめられないというアスペクト。

リリス的なマニアックなことに金星の愛着する気持ちが走りやめられない。

火星、金星ともにリリス的なことにエネルギーを注いているんですね。


リリスは、金星、火星の他にも、

太陽と90度(オーブ6度)
天王星と120度(オーブ5度)
木星と180度(オーブ7度)
土星とトライン(オーブ7度)

というように、岡田さんに大きく影響している天体にリリスは繋がっています。

さすがオタキングです。
リリスはオタク的なマニアックさに通じているように思います。





また、2015年1月の女性問題は、お相手の女性に暴露されたことが原因とのことでした。

気になったので、その時点でのトランジットも確認してみました。



内側の円が出生図、外側が2015年1月1日のトランジットです。

出生図にある、金星と冥王星の90度に、トランジットの土星が加わり、Tスクエアという複合アスペクトを形成しています。

トランジット土星と出生図冥王星が90度で、トランジット土星と出生図金星が180度です。

金星は岡田さんの恋人を表します。
その金星に対して、2015年1月の土星が180度でプレッシャーをかけていました。

この金星は元々冥王星と90度であり、普通の精神状態の女性ではありません。

そこに、土星の抑圧と制限がかかり、かなりその女性としては辛い状況だったのではないかと思われます。

金星が表す岡田さんの恋人たちですが、土星の影響で数人お別れ…ということになった可能性もあると思います。

土星は減らす、削減という意味でありますから。

また、土星は困難によって学び成長する、という側面もありますので、岡田さんはこの時、ご自分の愛のあり方について、学びがあったのではないでしょうか。





今回は、一ファンとして、岡田斗司夫さんのホロスコープを読んでみました。

面白いなと思うのは、岡田さんはオタキングと名乗ってるんですよね。

蟹座太陽の王としては、戦国武将の織田信長、アレキサンダー大王などがいるのですが、一代で成り上がるキングとは、蟹座が多いのかも、と思いました。

キングといえば、獅子座、のイメージが前はあったのですが、意外と蟹座太陽さんは大衆のトップに立つ人物になりやすいのかもしれません。




関西、西宮市の自宅サロンにて、対面鑑定、ウェブ鑑定を行っております。


最後まで読んでいただき、ありがとうございましたラブ


ブルース・モーエン公認ワークショップ 

レベル1「死後探索コース」(二日コース) の開催情報です。



《開催予定》


ご希望日で随時開始します。



お気軽にお問い合わせください。

(ren.renca☆gmail.com ☆を@に変えてください。)





ブルース・モーエン 公認ワークショップってどんなもの?
 

このワークショップでは、亡くなった方とのコミュニケーション方からはじまり、非物質な世界を自分自身で体験し、探索していく方法を学んでいきます。

「死後探索」シリーズの著者である、ブルース・モーエン氏が、ヘミシンクでの体験をもとに、このシンプルで簡単なメソッドを開発しました。

公認ワークショップではエクササイズを通して、実際に体験しながら、非物質的な世界の探索する方法を身につけていくことができます。

このメソッドを学ぶことで得られる可能性があるものとは以下の通りです。

右差し非物質的存在(ガイド・ヘルパー・すでに亡くなった人など)とコンタクトをとること

右差し人間以外の生命体(地球外生命体・動物の意識・植物の意識・地球の意識など)とのコンタクトをとること

右差し死への恐れの除去

右差し愛の体験

右差し自分で自分を癒す方法

このメソッドでは、以下のステップを踏みながら、様々な方法を学んでいきます。

・レベル1 死後探索(二日間)


死後探索とはどういうもの?


皆さんは死後の世界を探索する、と聞いて、どんなものを想像されますか?
このワークショップに参加する前の私が頭で描いたのは、イタコや霊能者の事でした。
霊とコミュニケーションすることは、イタコや霊能者のような特別な才能や修行などが必要だと思っていました。

ですが、ブルース・モーエンが開発した方法だと、特別な才能や修行は必要ありません。

そして、亡くなった人とコミュニケーションしたり、今生が終わった後に行く世界がどんなものなのかをご自分自身で体験することができます。

そして、ワークショップの後、一人で死後探索をすることができるようになります。

私自身、もともと特別な才能は持っていませんでした。

でも、ちゃんとできるのです。
どんな人にでもできるというのが、ブルース・モーエンメソッドの特徴です。


・私たちが肉体の人生を終えた後にどうなるのか、どこに行くのか知りたい。

・亡くなった親しい人がどこに行って、どうしているのか知りたい。

・ガイドやヘルパーと呼ばれる非物質的な存在とコミュニケーションしたい

・自分の世界観を変えたい。

上記のような考えを持っている方には最適のメソッドです。


私が体験した死後の世界は、おどろおどろしいものではありませんでした。
それを身をもって体験できたのは、私の世界観を変えました。
やがて来る死を、もはや恐れなくてもよくなったというのは、私にとっては思いがけないギフトでした。
死への恐れがない分、今を十分に楽しみ、生きることができるからです。


死後探索ワークショップで得られるものは、亡くなった人とコミュニケーションするテクニックや、リトリーバル(死後、囚われている人を助けること)の方法だけではありません。

私たちの生き方を変える可能性のある学びなのです。

私と一緒に、この未知の世界を探検してみませんか?


このワークショップに参加したら何ができるの?


① 亡くなった人に会いに行き、コミュニケーションすることができます。

すでに亡くなった愛する人や友人、ペットなどに会いに行くこともできます。

②リトリーバル(救出)

自分が死んでしまったことに気づいていない場合や、他にもなんらかの理由で、囚われてしまっている人もいます。そういう存在とコミュニケーションして、救出することができます。
実際の救出はヘルパーと呼ばれる非物質的な存在が助けてくれますので、私たちは囚われている故人に話しかけ注意を引き、ヘルパーに紹介するだけでOKです。

③ 自分以外の参加者が提供する故人に会いに行き、情報収集をします。

レベル1の最後のエクササイズ(練習)では、互いに検証できる故人の名前を提供しあい、前情報がない状態で故人に会いに行きます。
後で検証することで、自分の体験が本物だったという確証を持つことができるようになります。

④ 自宅で死後探索を続けることができます。

ワークショップは二日間です。
エクササイズも時間に限りがあります。
このワークショップの目的の一つが、自分で家で死後探索をできるようになることです。
ワークショップ後、何度も練習を重ねることで、ご自分の非物質的な知覚への信頼が増していくでしょう。

⑤現世と過去世の自己ヒーリングに繋がっていきます

次の段階でレベル2、レベル3を受講することで、生まれる前に負った傷(前世の自分)のヒーリングや、現世の自分の傷を、自分自身でヒーリングすることができるようになります。
また、もう必要ではなくなった思い込みや癖を変えていくことも学んでいきます。


公認ワークショップ  レベル1
「死後探索コース」

開催日
このページ上部の開催予定をご覧ください。

時間:
午前10時~午後18時(二日間)

会場:  
兵庫県西宮市門戸西町の自宅サロンCOCO
詳しい住所については、お申し込み時お知らせします。
  →自宅サロンCOCOの様子はこちらです。

参加費:  
通常料金46,000
→特別料金40,000円

再受講は、通常料金の半額の23,000円になります。

参加資格:
どなたでもご参加頂けます。

※精神疾患などで通院・投薬中の方はお申し込み時にお知らせください。

この死後探索レベル1ワークショップに参加された方は、レベル2のワークショップに参加ができます。



お申し込み・お問い合わせ方法:
ren.renca★gmail.com(★を@に変えてください)まで、Eメールにてお申し込みください。
内容は以下のワークショップ申し込みフォームをコピーしてお使いください。
一両日中にお返事致します。
万が一返信がない場合は、お手数ですが、一度お知らせください。(メーラーの不調やウイルス対策のためにメールが届かない場合があります。)

申込む前に内容についてもっと知りたい方も、同じアドレス宛にメールにてご質問下さい。


コピーしてお使いください*****
【ワークショップ 申込みフォーム】 

①参加コース :死後探索レベル1コース
②開催日 : 
③氏名(漢字) :
④氏名(ふりがな) :
⑤氏名(アルファベット表記) :

⑥性別 :
⑦生年月日・年齢 :
⑧郵便番号 :
⑨住所 :
⑩電話 :
⑪FAX : 
⑫メールアドレス :
⑬情報入手方法 : メール ・ HP ・ ブログ ・ 紹介 (       )さんより
⑭(他トレーナーからの再受講の場合)他のトレーナーからの再受講で再受講割引をご希望の方は、参加トレーナーと受講年月日をお知らせください。


コピーここまで*****



このワークショップの内容はブルース・モーエン著「死後探索マニュアル」(ハート出版)に収められていますが、最新のブルースのワークショップに基づいて、内容は一部変更されています。

初めての方は、この本を読まずに参加いただいた方がいいとのことです。(ワークショップ後に読むことを推奨されています。)