1月7日:成分献血
             血漿献血
      ブラケットとコイン1枚をもらった。

2月4日:成分献血
             血漿献血
             ブラケットとコイン1枚をもらった。

2月18日(神奈川献血ルームで初の献血)

      母が血漿献血ができそうなので

      神奈川のHPを見て

      血漿献血が可能であることを確認して
      実際に予約して行ってみたのですが受付で断られました
      問い合わせしたメールとHPが間違っていたようです
      :成分献血
             血漿献血
             お菓子トとコーヒーセットをもらった。

3月4日:成分献血
             血漿献血
             ふりかけとコイン1枚をもらった。

4月1日:成分献血
             血漿献血
             コイン1枚をもらった。

4月15日:成分献血
             血漿献血
             ハンドタオル

      ドーナツ2個とコイン1枚をもらった。

5月6日(母も予約した):成分献血
             血漿献血

      母は献血できなかった。

      その後献血バスで200mlが出来ました。
6月3日:成分献血
             血漿献血
6月17日:成分献血
             血漿献血
7月1日:成分献血
             血漿献血
8月5日:成分献血
             血漿献血


8月19日
9月2日
10月7日
10月21日
11月4日
12月2日
12月16日


 

コインはお菓子と交換できます

奇数月は1回献血

偶数月は2回献血

第1、3土曜日に行きます

 

土曜出勤を休んですみません。
献血者大募集

 



(A)
 おから 100g
 油揚げ 1枚
 干し椎茸 1枚
 ゴボウ 20g
 にんじん 20g
 ネギ 2/3本
 卵 1個
 ごま油 大1
(B)
 和風だし+椎茸の戻し汁 1カップ
 砂糖 大1/2
 酒 大1
 みりん 大1
 醤油 大1
 塩 少々

 

作り方:

1.シイタケは水で戻して、細切り、ゴボウ、
  ニンジンは洗って皮をとり、2cm長さの細切りにする。
  油揚げは油ぬきをしてたて半分に切ってから2~3cm幅にきる。
2.卵は割ってほぐしておく。
  ネギは、3~4mmの小口切りにする。
3.鍋に油を熱し、1を強火で炒め、
  ゴボウがしんなりしたらBとおからを加えて中火にし、
  混ぜながら煮汁がなくなるまで煮る。
  2を加えて火が通ったら火を止める。

 

 

 

(1回目)

 

 

 

だしの素を大さじ1入れたのでもう少し少なくすれば良かった。

 

 

干ししいたけをお湯でもどしたけど

 

漬ける時間が短かったのかあまり戻らなかった。

 

(3回目)

だしの素を小さじ1入れた。

みりんがあったので

お酒の代わりに1杯多めに入れた。

 

 

材料 
おから・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 150G
バター好きのためのマーガリン・・・・・・・・・・・・・ 50G
小麦粉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 50G
たまご・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1(小)
砂糖・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 50G
ベーキングパウダー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 3G
紅茶の茶葉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 適量


作り方
1.マーガリンに砂糖を加えてよく混ぜる。
たまご、小麦粉、ベーキングパウダー、紅茶、
よく炒ったおからを加え、よく混ぜる。
2.1を長いキューブ型にととのえ、
ラップをして冷蔵庫で1時間ほどねかせる。
3.2を6ミリほどの厚さに切り、
クッキングシートに並べ、
180度に余熱したオーブンで20分ほど焼く。
おからはフライパンでよく炒り、
粗熱をとってから加えてください。
紅茶の茶葉はフォションのアップルティーをつかいました。

 

(1回目)

紅茶はアールグレイティを使った。

オーブントースターで7分焼いた。

13個できた。

ベーキングパウダーは小さじ1/2、1/4を1杯ずつ入れた

- 調理時間 -

60分

 

 

 

 

 

 

 

 

- 材料 -

小豆 250g

塩 小さじ1/2

砂糖 100g

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①煮る(1回目)

  小豆の量に対し4倍の水を入れ

  中火で煮始める。沸騰状態で

  約2分間煮る。

 

 

 

 

 

 

②ゆでこぼし

  煮汁が色づいてきたらあく抜きのため

  煮汁を捨てる。
 実家ではやらない工程

 

 

 

 

③煮る(2回目)

   鍋に戻し6倍の量の水を加え

   沸騰したら弱火で30分程度で煮込む。
 実家ではやらない工程

   目安は指先でつぶして簡単に潰れる程度。

   そして、煮汁は豆の半分程度まで捨て

   好みの硬さにして砂糖、塩を加え水分を飛ばす。 ___  __ を入れ替えました。

 

 

 

 

④完成

 

(22回目)

余ったあんこでおはぎを作ってもらった。

なかよし新聞 外伝 ブログ版-たい焼きの作り方


材料(8~10個分)
薄力粉・・・・・・・・・・・・・・・・・・150g
ベーキングパウダー・・・・・・大さじ2/3
玉子・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1個
牛乳・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・180ml
砂糖・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・40g
粒あん・・・・・・・・・・・・・・・・・・250g


作り方
1.薄力粉とベーキングパウダーを合わせ、
  2~3回ふるっておきます。
2.玉子を割りほぐし、
  砂糖を加え混ぜ合わせ、
  牛乳を加えよく混ぜます。
3.②に①の粉を入れ、
  練らないように混ぜます。
4.たい焼き器を温め、
  両面に油を薄く塗り③のタネを流し込み、
  粒あんを平均に入れ、
  あんこがかくれるように
  上からタネをかけます。
5.火力を中火から弱火に調整し、
  両面を返しながら焼きます。


ホットケーキミックス粉でチャレンジ!「おやつらんど」たい焼き器(2匹) を使用


(1回目)

・あんで8個作った。


(2回目)

カスタードクリーム(1) を作って10個作った

1個ずつが少し薄くなってしまった。

8個の方が丁度いいかも


(6回目)

おはぎに余ったあんを使って作りました。


(7回目)

おばあちゃんと姪っ子が遊びに来たので作った。


(8回目)

おはぎに余ったあんを使って作りました。


(9回目)

クリームで作った。

生地の牛乳の代わりに水を使った。

ベーキングパウダーが少し足らなかった。


(14回目)

パンケーキの材料で作ってみたけ

ど生地が薄くなってしまい

うまく作れなかった。

(15回目)

最近、ふるわないで作っていたので

少しだまになったりなまぽかった。


材料
桃………………………………1個
レモン果汁……………………大さじ1
卵………………………………3個
砂糖……………………………50g
薄力粉…………………………90g
ベーキングパウダー…………小さじ1
サラダ油………………………大さじ3
ホイップクリーム……………適量
(お好みで)


作り方
1.桃は皮をむき、種を外して手でつぶし、
レモン果汁を混ぜる。
2.薄力粉、ベーキングパウダーを一緒にふるっておく。
オーブンを170℃に予熱する。
3.卵は卵黄と卵白に分ける。
4.卵黄に砂糖の半量を混ぜてハンドミキサーで攪拌する。
サラダ油、①の桃の順で加えて混ぜ、
白っぽくなるまで攪拌する。
5.卵白に残りの砂糖を加え、
ハンドミキサーで角が立つまでしっかりと攪拌する。
6.④に②の粉を木べらで
すくうようにしながらよく混ぜ合わせる。
7.型ごと瓶などに逆さにさして冷ます。
型から外して食べやすい大きさに切り、
ホイップクリームをお好みで添える。
 

 

(コメント)

南部鉄器 パン焼器 24033を使った

ホワイトデーで作った。

桃の缶詰を使ったのでレモン果汁は使わなかった。

ホイップクリームも使わなかった。

砂糖は減らして大さじ4使った。

35分焼いた。

 

 

炒りおからを作る
フライパンで炒める場合
目安:おから200gに対して約5分炒める。
フライパンにおからを入れ、
木べらでかき混ぜながら弱火で炒める。
ポイント おからのかたまりをつぶしながら水分を飛ばす。
電子レンジで炒める場合
目安:おから200gに対して約2~3分加熱。
1.耐熱容器に生おからを広げ、
  ふんわりラップをする。
2.500~600Wの電子レンジで加熱する。
ポイント レンジで炒ったあと、
     スプーンなどでかたまりをつぶします。

 

 

 

オリーブ油おから
おから8:オリーブ油1の比率で作ります。
黒こしょうはお好みで量を調整してください。
材料(つくりやすい量)
生おから・・・・・・・・・300g
オリーブ油・・・・・・・50g
黒こしょう・・・・・・・小さじ1

 


作り方
1.生おからは、耐熱容器に入れて
  かるくラップをしてレンジで約3分加熱する。
2.①にオリーブ油と黒こしょうを加えて混ぜ合わせる。
保存方法
できるだけつくり置きはせず、
あまったら密閉袋に入れて冷蔵庫で保存し、
2~3日で使い切ってください。
バター感覚で使えるので、
トーストにぬるだけでもおいしくいただけます。
その際は、オリーブ油おからに
塩でかるく味をつけましょう。


材料(2人分)

 オリーブ油おから・・・・・・・・大さじ5
 薄力粉・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ5
 塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
牛乳・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ2
黒こしょう・・・・・・・・・・・・・・・・適量


作り方
1.ボウルにAを入れて混ぜ合わせる。
2.①に牛乳を少しずつ入れてひとまとめにする。
  平たく伸ばし、3~4cm角に切り、
  黒こしょうをふる。
3.オーブントースターでクッキングシールを敷き、
  ②を並べ、10~15分焼く。

 

 

 

 


「からだの中からキレイにやせるおからレシピ100」
(東京書店)からの抜粋

 

(コメント)

平たく伸ばせないので

手で形を整えた。

分量は3倍で作った。

おからは200gで作った。

7分焼いた。

 

 

 

なかよし新聞 外伝 ブログ版-おからパンケーキ



材料

小麦粉又はオールパーパス(中力粉)でも 100g

砂糖 40g

BP 小さじ1と1/2

おから(生) 60g

豆乳(または牛乳)*コツ・ポイント参照 180ml




作り方

1.粉類をボウルに入れて、泡立器でしっかり混ぜておく。

  豆乳(牛乳)とおからを別の容器で混ぜておく。

2.粉類のボウルに、おからと豆乳を混ぜた物を、

  一気に加え、泡立器でがーっと混ぜる。

  一気に混ぜるとダマになりにくいので、

  思い切って!粉っぽさが消えたな、と思ったらストップ。

3.あとはホットケーキを焼く要領で焼いてください。

  卵が入っていないので、生地は色白です。

  ちょっと焦げ目が付くくらいの焼き加減が美味しい♪

4.豆乳の量を少し改正しました。




(5.18.'10) 以前の200 mlでもOKです。

おからの水分量の違いによって調節。




コツ・ポイント

粉と液を混ぜる時にダマにならないように思いきって一気に混ぜてください。

ふわっと分厚いホットケーキではなく、

ぺろんとしたパンケーキ風です。

*もっと厚みが欲しい場合(ホットケーキ風)、

牛乳の量を150mlくらいに減らしてください。





(コメント)
(5回目)
・南部鉄器のパン焼き器でも2倍の分量で片面焼きで
 23分焼きました。
 冷めてからひっくり返せばうまく焼けました。

なかよし新聞 外伝 ブログ版-もちもちどら焼き

材料(直径4cm×10個分)
白玉粉・・・・・・・50g
水・・・・・・・・・・・50ml
小麦粉・・・・・・・30g
卵・・・・・・・・・・・1個
砂糖・・・・・・・・・30g
みりん・・・・・・・小さじ1
粒あん・・・・・・・100g


作り方
1.ボウルに白玉粉を入れ、
  分量の水を少しずつ入れながら混ぜる。
2.別のボウルに卵を入れ、
  砂糖を加えて泡立て器で
  白っぽくなるまですり混ぜる。
3.小麦粉をざるなどでふるい入れ、
  粉気がなくなるまで混ぜる。
  ①を加えて混ぜる。
4.フッ素樹脂加工のフライパンを弱火で加熱する。
  フライパンをぬれぶきんの上に
  数秒おいて熱のむらをとり、コンロに戻す。
5.③を大さじ1流し、丸く形作る。
  焼き色がつき、表面にプツプツと穴が開いてきたら、
  裏返して1~2分焼く。合計20枚焼く。
  乾燥を防ぐため、ラップをかけて冷ます。
6.粒あんを10等分して丸め、
  平らにする。⑤に挟む。

 

 

(コメント)

 

みりんは使わなかった。

(2回目)

フライパンが痛んでいるので

うまく焼き色がつかなかった。