わたしが実家の片づけをしたときのこと | お掃除と整理収納であなたらしい理想の暮らしをお手伝い・創業36年家事代行のリビング・ ラボ【大阪】

お掃除と整理収納であなたらしい理想の暮らしをお手伝い・創業36年家事代行のリビング・ ラボ【大阪】

大阪の家事代行サービス、リビング・ラボの代表・大島愛子&スタッフのブログです。掃除、整理収納、オンライン片付け、家事レッスンなど暮らしを豊かにするお手伝いをしています。
ホームページ http://livinglabo.com/

こんにちは!

リビング・ラボ 整理収納チーム

暮らしの軽量化サポート担当の

村田でございます。

 

 

私の実家は、庭で

タヌキと遭遇するくらいの

少し田舎にありました。

 

 

両親がいなくなり、

住むには広すぎる実家を

手放すことを決めてから、

私達子供が引き継いでまで

使わない物の軽量化を

始めました。

 

 

家の中は、いつも片づいて

いた方だと思います。

収納スペースはたっぷり、

物がたくさん収納できて

いました。

使わない物も並べておく

余裕があったくらいです。

 

だから、物が多いことに

気が付かなかったのです。

 

 

実際に物の軽量化を

始めてから、

家の中に大量の物が

あったことに気が付きました。

それから半年ほど、

物との格闘が続きました。

 

 

粗大ごみに出せるもの、

人に譲ったり、

リサイクルショップや

ボランティアに送ったり、

親の物を私がどうするか、

その行方を決めていきました。

 

 

友人もあれこれと手伝って

くれましたが、

とても、エネルギーと

時間と費用を使いました。

 

 

サクサクと減らせる物も

あれば、

両親が使っていた物を

私が選んで捨てることに

胸がチクリとすることも

少なくはなかったです。

 

 

物を出していくと、懐かしい

気持ちで、あの時こうだったな、

ああだったな・・・と思い出を

振り返ったり、

時には寂しさだったり、

罪悪感だったり。

 

 

その気持ちは、

物が多ければ多いほど、

増すのかもしれません。

 

 

庭のもみじが色づくのを毎年楽しみにしていました

 

 

どれだけ自分が必要な

物だけを選んで生活しても、

いつかは家族に自分の物を

片づけてもらうことになります。

 

 

それまでに、実家に多くの

物があるのであれば、

親と一緒に物の軽量化を

すすめ、残った物を

親がどうしてほしいのか

聞いておくことが出来てたら、

きっと実家の片づけも

スムーズに進むのでは

ないでしょうか。

 

 

 

 

 実家の片づけサービス

 〜親の老後の暮らし軽量化サポート〜

 ■スタートコース ¥21,600円

  3時間 整理収納アドバイザーのスタッフ1名でお伺いします。

  詳細はこちらをご覧下さい→★★★

 

  初回は、ヒアリング+軽量化作業をさせていただきますので、

  軽量化作業は、1カ所小スペースとなります。

 

  ※時間内でできる範囲の目安※

   玄関、洗面所、リビング収納一部分、

   押入れ半分、食器棚などとなります。

    スペース、物の量、物の要・不要の判断時間によって変わってきます。

 

 

 

今なら片づけサポートと同時に

お掃除もセットでお得にご利用いただけます。

 

【2016年12月末まで期間限定】

暮らし軽量化サポート

実家の片づけスタートコース

    +

①水まわりのお掃除3時間セット

   お風呂、洗面所、トイレのお掃除

 

キッチンのお掃除3時間セット

   キッチン全体のお掃除

 

①か②のお掃除、どちらかをお選びください。

 

 期間限定価格  ¥35000(消費税・交通費込み)

 

 こちらからお気軽にお問合せ下さい。

 

 

ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。