Lithium Star

Lithium Star

Powered by 230V/50Hz in Sapporo


テーマ:

さて、ギターブログだと自称しているこのブログですが

ライブ撮影やアー写やジャケット撮影などもやるのでカメラ話も多いですw


今年に入って一昔前のフルサイズ機を導入して、

それに伴って交換用レンズも新しく選定しては一つずつ追加しています。

で、今回はテスト撮影の模様をちょびっとだけ公開します。

全て三脚なしの手持ちで気軽に撮ったスナップなので細かいツッコミはなしでね(笑)。


どんな機材も本番にいきなり使用することはできません。

トラブルはもちろん、どのようなクセがありどこが弱点でどうすれば対処できるか。

カメラ本体もレンズもアクセサリー類も納得するまで遊び……いや、使い倒します。


まずはありがちな花壇の花。

自然の色って本当に美しくて感動します。



晴天で太陽光がたっぷり降り注いでいるので色が綺麗に出るように。

拡大してみるとここまで表現されています。



これが中古で1万円で買える標準50mmレンズの性能です。

次に同じく1万円で買える望遠ズームレンズ。

池の鴨を脅かさないように300mmで近付きました。



ズームレンズは単焦点と比べると画質が犠牲になります。

手振れ補正もなく高価なレンズ類も使用しない普及価格帯ならなおさら。

それでも拡大してみるとこんな感じ。



フルサイズ機の情報量の多さはよく判ります。

そしてここからは超広角ズームです。

まず花の写真でも使用した標準レンズ、50mmで撮影したテレビ塔。



見え方が自然で人の目にもっとも近いパースだと言われる画角です。

次が広角ズームの24mm。



一気に景色が広がります。

ステージの最前で全体を写そうとするとこの辺がよく使われます。

そして今回待ちに待ってようやく手に入れたのがこちら。



3万円くらいで入手できる範囲では限界の12mmの世界です。

この強烈なパース感が使い方によって武器にも弱点にもなるわけです。

こちらはテレビ塔と並んで観光名所として有名な赤レンガの旧北海道庁。



これが24mmで、よく見るようなありがちな感じです。

それを全く同じ位置から12mmで撮るとこうなります。



狭くてカメラを構えるポジションもお客さん優先であまり自由度のない

ライブハウスの撮影にはこんなレンズが活躍する場面も多いのです。


中古で、なるべく安く、自分の目的に合った道具を集める。

必要な機材選びからすでに戦いは始まっているんです。

そこはギターにも通じる話ですねw


とりあえずこれから先のライブ撮影、アー写やジャケットの撮影は

これまでより一段クオリティーの上がった写真が提供できると思います。


ただしこれらの機材を暗いライブハウスのステージに持っていくと

とたんに光量との闘いで速いシャッターが切れなかったり、

より大口径のレンズが必要になってきたり、より暗部のノイズ性能が高い

最新機種が必要になったりするのですがそれはまた次の話。


もちろん撮影のスキルは毎日楽しみながら磨いておりますですよ♪


テーマ:

昔、短い期間でしたが新聞や雑誌の記者をやっていました。

一人で取材に赴き記事を書き写真を撮り編集して入稿する。

めまぐるしいサイクルでね。


その時の相棒はフィルムカメラのCanon EOS-1nでした。

カメラは完全に独学で誰にも教わったことがありません。


記者として求められるのは画質の悪い媒体でも何が写っているのか

はっきりと認識できる写真を納品すること。

そこに芸術性などは皆無でした。


それから写真とは関係のないいくつかの仕事を経てから

自分で給料を決めようとネクタイを外しました。

音楽に関わる仕事を複数しながらフリーランス生活を始めたわけです。


そのうち昔は事務的に触っていたカメラをもう一度勉強し直したいと思い、

父親からお下がりのデジタル一眼EOS-60Dで遊び始めました。

フィルムからデジタルになっての恩恵はいくつもありますが

もっとも大きいのが大量に撮影してすぐにその場で結果を目で確認できること。

EOS-60Dにはデジタル一眼の基本を教えてもらいました。


そして今年、時代はミラーレスカメラへの転換期です。

そのおかげで旧式のデジタル一眼はどんどん手放されるわけで、

自分のように安くフルサイズのシステムを構築したい人間にはとてもありがたい(笑)。

いまのところ現行から二世代前のボディーが1台。

重くてかさばって持ち歩きに不便な三脚が1脚。

撒き餌レンズ(安くて入門用に最適なレンズ)の標準単焦点が1本、

合焦モーターがUSMでもSTMでもない無印の望遠ズームが1本、

そして昨日の夜にポチった型落ちで暗くて安物の広角ズームが1本(←いまここ)。


バンドのアー写とライブ撮影のためのチョイスで、

その中でも格安の中古で入手しやすいものだけを選んでいます。

ゆくゆくはより明るいレンズと暗い環境にも強い高性能なボディーで

ノイズの目立つステージ写真にも対応できるようになればと考えています。

その前にストロボやソフトボックスなど必要な物はいっぱいあるんですけどね。





上の花壇の写真は出勤途中にiPhone SEで撮ったもの。

古い型落ちのスマホでもこれくらいの写真が撮れる時代です。

わざわざ大きくて重いデジタル一眼を使うのですから

スマホでは撮れないような写真を残したいものです。


まあ一番欲しいのは腕とセンスなんですけどね~♪


テーマ:

2019年のファースト・クオーターが終了しました。

恐ろしいいきおいで時間が過去にすっ飛んで行きます。

みなさんはお元気でしたか?


自分は今年に入っていろんなことに挑戦しています。


まずその1。

10年ぶりくらいにオフィスワークを始めました。

これまでフリーランスで複数の仕事をしてきましたが

果たしていまの自分に会社勤めができるのだろうか???と思い、

昼間はオフィスで、夜はいままで通りフリーランスのお仕事をしています。


その2。

ギターチューナー仕事のためのデモギターを作っています。

使用しているのはなんとあのギターですw

配線材とハンダだけでどれくらい音が変わるのか?

ピックアップやポット、コンデンサーまでフルチューンだとどうなるか?

そんなデモ機を製作中です。


その3。

デジカメを新調しました。

撮影仕事も本格的に進めるためにフルサイズ機を導入しました。

これまでの自己流の技術や知識を見直してゼロから勉強し直しています。

ただカメラボディー本体の選択はかなり自分らしい結果になったと思いますw

必要なレンズはこれから集める予定です。


その4。

今年、国家資格をとる予定です。

ギターの機材にも直結する知識を磨くために勉強を始めました。

バリバリ文系の自分にはこれまたゼロからのスタートです。

うまく合格すれば合法的にあんなことやこんなことができる予定。

資格なんて全く興味がなかったので一念発起しました。




(こちらの画像は拾い物。ただ機種は今回導入したものです)


ここ数年、身近な仲間にあれこれと偉そうにアドバイスをしたり

ハッパをかけたりすることが多いのに果たして自分は何か挑戦しているだろうか?

そう疑問に思って、ここ数年自分があえてやらなかったことに目を向けて

新しい挑戦にいどんでいるつもりです。


歳をとると口だけ達者で腰が重くなったり、何でもついダメ出ししたり

あまりよくない方向に行きがちなのが普通だと思います。


でもいつでも柔軟でオープンな心と身体でいたいです。


上に挙げた挑戦はもうすでに始まっていてみなさんにもその経過を報告する予定です。

ほんの思い付きで飛び込んだら運命的な出会いがあったり。

初心に返って勉強し始めたら新しい魅力や面白さにあらためて気付いたり。


これまでのスタイルを捨ててみるのは勇気がいることですが

いざやってみると本当に予想できなかったことばかりです。


ここ数か月ブログに浮上できなかった分、5月以降はサービス増量で更新します。

どうか楽しみにしていて下さい♪

あ、そうそう。ヘッダー画像も更新しました(笑)

Ameba人気のブログ