銀座の贅沢な景色

テーマ:

ミニチュア粘土教室日本橋 Lis Mini(リスミニ) です。

 

 

 先日、銀座三越の屋上に行きました。


子供の頃やはりこの三越屋上に家族と来たことがありますが、近年新館もでき、すっかり様変わりして、屋上庭園になりました。

三越のマークの左にはMIKIMOTO、山野楽器の看板が見えます。

ギンザの中でもここは「ザ•ギンザ!」感満載の屋上です。





このお地蔵様、随分大きいけれど、出世地蔵だそうです。


出世するとお地蔵様ってこんなに大きくなるのかしら?


 


お地蔵様の隣は三井家(三越)の守護神だそうです。

どちらもしっかり?お参り、しました♡



見回すと、見覚えのあるシンボルが見えます。



和光の時計台がこんなに近くから、しかも同じ高さの目線で見えて何だか感激。

伝統的な銀座らしさを高いところから眺めたい方にここはおススメスです。




お参りしたから出世できる??かな?


出世とは無縁ですが 、今年も多くの方と素敵なご縁がありますように。











 

ミニチュア粘土教室日本橋 Lis Mini(リスミニ) 

☆レッスン

☆アクセス
☆お問い合わせフォーム
 

 

 

ミニチュア粘土教室日本橋 Lis Mini(リスミニ) です。

 

先日、久しぶりにアロマストーンを作ってみました。

image

 

ちなみに、このエンジェルは、モールドに入れて粘土で作りました。(見えづらいピンクにしてしまいました••(ー ー;))
image
 
以前アロマストーンで作った時、エンジェルは作りがとても繊細で、取り出す時割れたり、空気が入って気泡ができたりして難しかった記憶があります。

 

 

そこで、今回は軽量粘土でチャレンジ。
 
それも袋から出した新しい粘土ではなく、ちょっと乾燥気味の粘土のほうが、型から取り出しやすいのでオススメです。

image

 (何だか、こうして見ると、不気味なかたまり•••)

 

 

 

写真では分かりにくいですが、粘土もすき間なく型に詰めないと、エンジェルのようなお顔の表情がある型は、難しいです。

 

型からはずす時、慎重にはずさないと、お顔や体が伸びて歪んでしまいます。

 

向かって右が失敗、左が成功したエンジェル。

 

お顔もはっきりせず、膝は粘土が足りず凸凹。(写真ではよくわかりませんが)

 

 

翼のエンジェル。

同じく写真では分かりにくいですが、お顔の出来が全然ちがいます。

やはり軽量粘土でもエンジェルは難しいことに変わりありませんでした。

 



改めて、下の写真はアロマストーンです。

 

今回は比較的欠けにくいモールドを選んで作ってみました。

 

型選びはやっぱり大切。


 

 

香りをお伝え出来ないのが残念ですが、現在家の中はアロマの香りにつつまれています。

 

 

ミニチュア粘土教室日本橋 Lis Mini(リスミニ) 

☆レッスン

☆アクセス
☆お問い合わせフォーム
 

 

 


ミニチュア粘土教室日本橋 Lis Mini(リスミニ)です。



ミニチュアのチョコレートに見えるかな?




このチョコレート、以前シルバニアプロジェクトでガーデンウェディングのスイーツビュッフェをつくったものと同じものです。(下の写真)



ミニチュアのチョコレートを作っていた時、ふと•••何かに似てる♡、と気付いてしまいました。



ワイヤーに刺した粘土のボールを手前に置いてみると、やっぱり思った通り、アレに似てました!

チョコレートを作るつもりが、パールやお花を色々くっつけて、


「AKB48」ならぬ、「NND(ねんど)48」じゃなくて5!  (^_^;)デビュー!



スカートはこのお花をつけて、パールと合わせ•••我ながら渾身の作品?•••なんだか可愛い♡






最後はちゃんとヘアカットしてミニチュアサイズの一口チョコ、完成♡








自分でもここに辿り着けてホッとしました。




 何だか楽しかった。



 

ミニチュア粘土教室日本橋 Lis Mini(リスミニ) 

☆レッスン

☆アクセス
☆お問い合わせフォーム
 

 


ミニチュア粘土教室日本橋 Lis Mini(リスミニ)です。


今回はミニチュア餅花(もちばな)の作り方についてのご紹介です。


お正月によく目にする、紅白の玉が細い枝に沢山刺さっているアレです。


造花でよく目にします。




先日作ったミニチュア七福神のリースの真ん中にも飾りました。
紅白というだけで縁起が良いイメージ♡


そのミニチュア餅花の作り方を簡単にご紹介。(簡単過ぎるかもしれません(^.^))


簡単なのですが、使う粘土の特徴に合わせて作ると、よりキレイに可愛く作れます。



【材料】

軽量粘土、

ワイヤー(なるべく細いもの)4〜5センチ



今回使用したのはパジコのハーティークレイという滑らかで伸びが良い軽量粘土で、マカロンなどを作るのによく使われます。



樹脂粘土(コスモスやグレイス)でも試しましたが、ハーティーは乾いた時、形が崩れにくく、しかも、他の粘土より多少固くなってもワイヤーで、又は針などで型崩れなく穴が開けやすい粘土です。


ちょっとしたことなのですが、粘土の特徴に合わせて使い分けると作りやすいし、仕上がりが違う気がします♡


パジコハーティークレイ(Amazon)



紅白に着色したハーティーを各色3個ずつ、φ3ミリほどのボール形に丸め、30分以上乾かします。


今回は花材で使用する茶色い極細ワイヤー(♯30)を使用しました。



乾いたボールを1つずつワイヤーに刺して、




最後にゆるく指でカーブをつけ、希望の位置にボンドで目立たないように固定しました。(最初からカーブをつけてもOK。)







左は、私の指です。



短い餅花をもう1本つけても可愛いかもしれませんね。

こんな感じ♡




お正月作品には重宝しそうなミニチュア餅花♡


長さを変えて、沢山作り置きしても色々な作品に使えて良さそうです♡



 

ミニチュア粘土教室日本橋 Lis Mini(リスミニ) 

☆レッスン

☆アクセス
☆お問い合わせフォーム
 

 


ミニチュア粘土教室日本橋 Lis Mini(リスミニ)です。





 

 先日に続き、表参道ランチの後、裏道を散策。

不思議な、バブルのようなお店です。何のお店かな?




ランチのお店からほど近い所にとっても気になる可愛いお店を発見し、迷わず吸い込まれました。


「表参道オルゴール堂」という小樽と同じ系列の有名なオルゴール店でした。

そういえば、小樽観光をした時、ここの本店に行きました。


表参道でオルゴール店なんて、珍しいし、やっぱりオシャレ♡
(お店の方の許可を頂き店内を撮影させて頂きました。ありがとうございました)




ドラえもんの「どこでもドア」の木製オルゴールは、なんとのび太くんの机の上に木製のどら焼きまで置いてあります。


どら焼き♡こいう細かいところ、私のツボです♡




オルゴールのメリーゴーランド♡
なんて可愛い💕



粘土で作りたくなるようなキャンディーハウスのオルゴールです。



お正月風のガラスパーツもありました。

店内では、こうしたガラスパーツなどを組み合わせ、オリジナルのオルゴール作りができるみたいです。



木製パーツは温もりがありますね。



店内ではとっても美しいステンドグラスのスタンンドも販売されてます。今一番作りたいものがミニチュアのステンドグラスなので参考に•••♡


美しい••••♡



見ていると全部欲しくなってしまいましたが、
悩んで、ガラスのガス灯とリスを購入。この2つ、買ってはみたものの、もう少し関連性のあるものも買い足せば良かった、とやや反省。

無理やりですが、バラの一輪挿しと一緒に撮影してみました。

この一輪挿しは、以前、巣鴨のさかつうギャラリーさんのワークショップで作ったものです。


表情がとってもカワイイ♡


久々の表参道散策、楽しかった♡

またこのお店、フラッと行っちゃいそうです。


小さいものがお好きな方なら、きっと楽しめるお店だと思います。





先日作ったイースターのリース



 

ミニチュア粘土教室日本橋 Lis Mini(リスミニ) 

☆レッスン

☆アクセス
☆お問い合わせフォーム