らいおん♡ことばのデイサービス行徳☆ご利用者様ブログ

らいおん♡ことばのデイサービス行徳☆ご利用者様ブログ

らいおんハートことばのデイサービス行徳は、市川市行徳にある言語特化型デイです^^ こちらはご利用者様によるブログです。ぜひごらんください!どなたでも、コメントお待ちしております。

 ドローンを使った荷物の宅配を巡り、日本郵便が先週、国内初となる「レベル4飛行」を披露した由。住民や通行人がいる地域で目視することなく無人飛行機させる最高難度のドローン利用という。

 ほかにも物流各社が2025年ごろの宅配ドローン実用化を目指し、課題の洗い出しを急いでいると聞く。人口減で人手不足が進む中、われわれの頭の上をドローンが飛び交う時代はすぐそこか。

 かたや戦場のウクライナの空では連日数百機の「ドローン戦争」とも。民生用と軍事用。恐ろしいほどのドローンの進歩は、どちらが卵で、どちらが鶏なのだろう。

番茶

 

 

騒音対策の切り札!!!

 

   3月初めから私は騒音対策に悩んできました。  その原因は、私の身につけている装具と杖です。  これらの騒音に対して、素晴らしいものがありました。

 

   それは、「ぴたパネル」で、添付の写真を見て下さい。  妻が絨毯売り場で見つけたもので、40cm x 40cm の正方形です。  私の自宅の居間にずっと敷き詰めれば完成です。  ちなみに、月一回の割合でケアマネジャーの人が打ち合わせに来た時に、「ぴたパネル」のカタログの写真を撮っていました。

  

 私は騒音対策でのストレスを感じることは、無いでしょう!

 

  by  ジミ・ヘン

 

 桜の開花が今年もや早い由。♪サクラ咲いたら一年生…という歌が象徴するように桜は長らく入学式と結び付けられてきたが、やがて卒業式の花にあるのかも。けさは出勤時、袴(はかま)姿の少女を何人も。

 2020年以降、コロナ禍に見舞われて思うよはまかせなって花見の宴だったが、さて、今年は。国から脱マスクの勧めもあり7,この調子なら、4年ぶりに花見らしい花見が楽しめるかもしれない。 

 こちらも20年以降、途絶えてままになっているが…。19年まで年々招待客が増えていった首相主催の「桜をみる会」。4年ぐり再開などあるはずもなく、人々の記憶の風化を待つばかりか。

番茶

 

杖!!!

 

     この前のブログで、私は装具の裏側に緩衝材をつけることになりました。  しかし、もう一つ、騒音対策が必要になりました。  それは、です。

 

  またも、私の息子の出番です(笑)  彼は、「シリコンイス脚カバー」を買って、私の杖に取り付けたのです。  添付の写真を見て下さい。  装具の時ほど、防音対策はみられませんでしたが、50%ぐらいの効果はあったかな(?)と思います。

 

  私にとって引っ越しとは、鬼門です(笑)

 

 by  ジミ・ヘン

 

  犬の名前といえばポチとしたもっだったが、なぜポチか。語源には諸説あるが、『犬たちの明治維新 ポチの誕生』(仁科邦夫著)は、ぶち、すなわち斑点を意味するは、バッチがポチに変化したと。

 つまり洋犬がはいってきてからの名前であり、犬はポチ、猫はタマと相場が決まったのは明治後期、尋常小学の唱歌に「ポチとタマ」が採用された1905年ごろではないかと推察している。

 時は流れて昨年、ペットに付けられた名前は犬も猫も「むぎ」が最多だった由。そういえば隣の部屋でかわいらしい友だちも「むぎ」ちゃん2頭に「きなこ」ちゃん、「ココ」ちゃん…。ポチはいないなぁ。

番茶