新年を迎え、

海での禊、東国三社をお参りし、

あれよあれよという間に節分を迎えるのだ。

過ぎる月日の早さに驚くばかりだ。

もちろん日々のウォーキング、

墨を擦り自分と向き合い、

東京に行けば打ち合わせ、会合と

濃厚な時間を過ごしている。

心優しい素晴らしい人達との時間に感謝でいっぱいである。

この未熟な私を育ててくれるのは、日々の葛藤。

それを生み出すのは人だが、

救ってくれるのも人。

全ては意味がある事と自分を奮い立たせて向き合う。

使命を果たすため。

弥栄である。