令和二年一月十二日、新春の禊。
 
今年も南房総の海で祈ってまいりました。
 
災害のないよう、穏やかな平和な世界でありますよう。
 
一人一人が地球の悲鳴に耳を傾け、
 
地球を元気に戻せるように意識を持ち、
 
皆が幸せに暮らせますよう。
 
雲っていたので富士山は見えませんでしたが
 
水温は高い目で助かりました。
 
やはり海から上がってからは寒かった!!!
 
でも、魂は生まれ変わり、力が湧いてきました。
 
感謝でいっぱいです。
 
 
 
南房総はまだブルーシートが屋根を覆い、台風の傷跡を残したままで胸が痛みました。
 
元の生活が一日も早く戻ることをお祈りしています。
 
皆様にとって実り多い、
 
庚子の歳でありますようお祈り申し上げます。
 
弥栄