10月5日、ローマ教皇庁立聖音楽院劇場の舞台にて
 
創生神楽御奉納、
 
シーンの始まりに書の御奉納。
 
 
舞台上を裾の長い打掛を羽織り、
 
左手には扇子、右手には筆を持ち
 
そろりそろりとお稽古した通りに歩き、机の前へ座る。
 
ライトで客席だけでなく、
 
筆に墨がどれほど含まれているか?
 
色紙に吸われていく墨の速さ、
 
普段感じられることが見えない。
 
だけど 後戻りはできない、書くしかない。
 
心を込めて、世界の平和と人々の幸せを祈って、精一杯揮毫した。
 
 
1シーン『発』
2シーン『清』
3シーン『練』
4シーン『礼』
5シーン『定』
 
 
 
 
黒子のあやこさんと息を合わせられるかと、
 
1シーン目は少し緊張もあったけれど、
 
 久しぶりに筆を走らせる感覚が幸せで、舞台に立つことが楽しくなってきた。
 
バチカン教皇庁立聖音楽院という素晴らしい場、
 
大勢で一つの舞台を創る、
 
普通ではできない経験をさせていただき感謝でいっぱいです。
 
ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
image
 
image
 
 
image